2017年 05月 17日

ひとまず終了

今日は1ヶ月半ぶりの、都立病院リウマチ科の診察日。
先月27日に乳がん検診と関節のエコー検査だけ行っていて、その前25日の検査は循環器内科の診察のためのものでしたが、それらを総合的に判断してもらうための診察です。

e0133780_19240996.jpg
診察室前の待合室、これでここも最後かなぁ?と撮っておきました。

昨年末から調子の悪くなった母の様子は、自分の時と様子が似ている部分もあったので、膠原病、リウマチを疑って、ここのリウマチ科にやって来たのですが、結局その心配は無し。
ステロイド治療を必要とする状態ではなく、やはり循環器系の疾患、心臓の問題のみという事で、先月の循環器内科と同じく、こちらも終了となりました。

ロトルアQE病院のペイトリ先生の写真も見せて、今度向こうで先生のことも話しておきますよと伝えた女性医師は、やはり名字からの想像通り沖縄の方でした。
「私は結局何もしなくて、お母さんの力で良くなりましたね」って謙遜されてましたが、ここまで総合的に見てくださり、心臓疾患も見つけてくれて、とても助かりました。

とりあえず心臓に問題ありますけど、体も楽に動くようになり、肺の問題もなくなり、この調子のまま薬で調整しながら元気に過ごしていくしかないです。
精神的なものもかなり大きいので、家の片付け掃除はもう適当にして、外に出かける機会を増やさないといけないですね!

e0133780_19381048.jpg
という事で会計も終了。
今日の診察は、たったの70円。
1割負担なので、それでも700円って事か?

なんと、都立病院の、こんなIT化進んだシステムなのに、前回27日の検査料1個請求し忘れたという事で、350円分追加払いとなりましたけど!

e0133780_19402273.jpg
出口です。
もう入り口にはなりませんように。


e0133780_19405123.jpg
新緑の青もみじ。
これまた、秋の紅葉を見ることになんてならないように。

e0133780_19413887.jpg
駐車場に向かって歩きます。

e0133780_19415600.jpg
3階屋上駐車場。




ちょうど時間は12時です。
帰り道にジョリーパスタに寄ったら大混雑。
並ぶの面倒なのでパス。
そのまま進んで、こちらで餃子定食にしました。
e0133780_19422311.jpg
朝は病院内のローソンで買ったサンドイッチを半分こしただけなので、お腹ペコペコ。
真ん中割って撮りましたけど上手く撮れてなかった。
中は柔らかジューシー、外はパリパリ、絶妙の味。
ここの餃子、オススメです。

e0133780_19444162.jpg
モノレールの万願寺駅近く。
今年創業35年、腰のだいぶ曲がってしまったおやじさんが頑張って営業されてます。
餃子の発送も行ってますよ。
屋根の看板に書いてる通り、「高幡餃子」で検索すると出てきます♪


そう、比較しては申し訳ないですけど、今月1日、映画の安い日に南大沢でワイルド・スピードを見た帰り、学生の頃に友達と入って以来の2回目、餃子のO将。
当時は駅のすぐ横のカウンター席の店内だった記憶がありますけど、とても美味しくてお土産に生餃子を持ち帰り、帰宅ラッシュの車内に匂いを発散させ顰蹙かいましたが。
e0133780_19482763.jpg
ファミレスみたいになった今の味、期待を込めて撮りましたけど、今いち…。
全部含めて、スーパーで売ってるのと大差ない感じ。
30年?の月日、遠い昔の思い出は消え去りました…。


ついでに、先週水曜日の水道工事。
外回りの配管準備が出来て家の中、台所の水道管取り替えです。
e0133780_22233519.jpg
サンダーバードのジェットモグラを思い出しました。

e0133780_22291923.jpg
これで、まだ中に残ったままの鉄管を根こそぎ削ります。
掃除機ですぐに吸い取り。

e0133780_22295735.jpg
鉄管が無くなりました。

e0133780_22301563.jpg
向こう側の端っこだけ残ってます。

e0133780_22304115.jpg
外とつながりました。
左側はお湯のパイプ、これはそのままです。

e0133780_22310115.jpg
これを元に戻して終わりです。

e0133780_22311715.jpg
外はこんな感じ。
すぐ下に、塩ビ管がスタンバってます。

木曜日に外回りのコンクリートや保温材も巻いて終了でした。



e0133780_22314167.jpg
こちら、佐渡島で買ったお菓子。
e0133780_22332706.jpg
お土産物屋さんの試食で美味しかったので、近所へのお土産で買って帰りましたけど、美味しいのであげるのがもったいなくなり…、自分達で食べました。
栗のお菓子です。


e0133780_22342214.jpg
日曜日の母の日のデザート。
下は白ワインのゼリーです。


e0133780_22344956.jpg
こちら、高尾山のお菓子。
とても嬉しいいただきもの♪

e0133780_22351006.jpg
天狗様を食べちゃいました。


一昨日夕方ですが、コタツのパソコン前でぼーっとしていたらチャイムです。
出てみると、職人ルックのお兄ちゃんが、「屋根の修理で近所に来てますが、うちの親方が、お宅の屋根の瓦が傾いて落ちるかもしれないので、大した手間じゃないので帰りがけに見てあげると言ってますけど、どうしますか?」と。

通常なら、すぐお断りするところですけど、何しろ古い屋根です。
あながち嘘とも言えません。

あくまで無料と言うので、「その後に修理が必要と言われても、支払い出来ないので困るんですが、それでも良いって事なら、とりあえず親方と話してから考えますよ」

みたいなことを言って、
「お宅は何処で工事してるの?」と聞いたんですけど、ここら辺りからこのお兄ちゃん、しどろもどろになってきました。

平たく言えば、非常に怪しい。

まあでも、とにかく壊れていてもおかしくない屋根。

いったん親方に話を聞いてきたようで、すぐにまたやって来て、同じ会話。

「今日もしかしたら来られないかもしれなく、明日朝になるかもしれないけど、電話番号は?」
とか聞いてくるので、

今日も明日も家に居るからいつでも大丈夫ですよ。

と答え、とにかく親方と話すから。

って伝え、彼はとぼとぼ帰り、こちらは2階の部屋の窓から屋根に上ってみました。

e0133780_22352801.jpg
屋根の半月板が取れそうと言っていたのは、どこの事だろう?

e0133780_22422267.jpg
この辺りの曲がった部分?

それにしても汚い屋根…。
あーあー、果たしていつまでもつことか。

15分後くらいに親方も一緒に来ました。
親方っていうので、年配かと思ったら、彼も40歳前後くらいです。

ちゃんと作業用の車には会社名あるし、親方が全然怪しそうじゃありません。
とりあえずハシゴ運んで上ってもらい、軽く叩いてまっすぐにしてくれました。

あと何年住むかの話になるんで、修理必要といえば必要、やった方が良いですが、難しい判断ですねって話で、ほんとその通り。

まあ、名刺だけいただいてそのまま帰っていただきましたが、屋根修理となると100万くらいはかかりますもんね。
足場組むだけで10万単位で飛んできますから、中途半端な修理じゃもったいないですし。

帰る時にハシゴの積み方で、怪しく思えたお兄ちゃんは、何度も親方に怒鳴られてましたが…。
彼は怪しいんじゃなくて、まだまだ「ひよっこ」だったんですね。


その後ネットで調べると、「近所の修理に来てて、お宅の屋根が危ないから」って、詐欺の常套文句のようですが、彼らみたいなちゃんとした人達もいるんですよね。

それはそうとして、悩みはほんと多いです。
お金もそうですが、そもそも家の大きな修理を、住んでる人間が思ったように出来ない状態が何年も続いてますから。

なんて嫌な話もひとまず終了。

無事に都立病院も「卒業」したことですし、これからもっと、

楽しく生きていかないと♪


by masaya-iwata | 2017-05-17 23:07 | 日本 | Comments(0)


<< 6日の百草園と7日の高尾山☆岩...      ひの新選組まつり(14日)での... >>