2017年 06月 19日

我が家の紫陽花と、昨日のブルーノートの話の追加

というタイトルを付けて検索してみると、同じものがたくさん出てきますね!

今朝は母をリハビリに送り出し、洗濯を干してから、ここ数日とても綺麗な紫陽花の写真を、朝の内に撮っておこうと庭を回って東側の物置前へ。
e0133780_17103334.jpg
わずか1個だけ咲いていて、後は全部つぼみです。
って、これをつぼみと呼ぶのかな?
e0133780_17120507.jpg


e0133780_17185855.jpg
ほったらかしですけど、場所が良いのか、毎年綺麗に咲いてどんどん増えていきます。


裏も綺麗です。
e0133780_17194752.jpg
先月水道工事の頃とはまったく違ってます。

e0133780_17205498.jpg
こちらはいくつか咲いてました。
狭いので歩くと体に花粉が付いてきます。


e0133780_17212705.jpg
そのまま西側へ行くと、こちらは白です。
やっぱり青いつぼみ?は丸まったまま。
まだしばらくの間、楽しめそうですけど、台所の窓は磨りガラスですし、東側も普段まったく見てません。
裏の家も雨戸を締めたままですから、ちら見をするくらい、あとはひっそり咲くにまかせたままですね。

e0133780_17291079.jpg
西側から。

e0133780_17293370.jpg
涼し気な色。

ああ、そういえば、福島の世界のガラス館で買ったグラス、水色の方が、洗い物の水切りかごでちょこっと倒れただけで割れてしまいました…。
最初から、ちょっと薄すぎるなぁーと思っていて、洗う時でも注意していたんですけどね…。
とっても残念。
今度買う時は、もうちょっと厚いガラスのを選ぼう。
他の食器と洗い物を分けるのは面倒ですしね。


e0133780_17333681.jpg
再び東側の紫陽花でした。




昨日の朝の更新で、ブルーノート東京の話題ですが、ミュージシャンの名前を何人か書いた中で、ルー・マリーニって人が居ました。
その時に書くのを忘れた内容があり、あとから追加しようかどうしようかなーと思いながら、夜中にYouTubeを見ていたら、なんとお薦め動画にちょうど、その書こうとしていた内容の動画が出てきました。

それは、映画の「ブルースブラザーズ」のワンシーンなんですが、ここ数年、YouTubeでブルースブラザーズ関連の動画は見てませんでしたから、どうしていきなりお薦めに出てきたのか?

昨日更新を書いてる時、何度かルー・マリーニでGoogle検索したことで、YouTubeに関連付けられてお薦めになったとしか考えられないです。
なんて便利!と思う反面、すごいクリックデータを収集されてるなぁーと驚きますよね。
まあ、抜かれて困るプライバシーは無いので気にはなりませんけども!

iPhoneも同じく、最初はiCloudとの同期をはずしてましたが、つい最近、写真データをWiFiの時のみ同期するようにしておきました。
って、この設定も良く分かってはないんですけどね。

それで、Macの「写真」を開いてみたら、なんとiPhoneの写真が全部取り込まれてました。
ということは、NZの自宅のMacでも、電源入れてしばらく後、写真を開いたら自動的に取り込まれるんでしょうか?
なんとも便利というか不思議な事に世の中なってます!


話がそれました。
ルー・マリーニに戻って、彼を知らない人でも、映画好きの方なら、このシーンは覚えているはず。
ジョン・ランディス監督の「ブルースブラザーズ」。
何度でも見たい名作ですよね。
以前ずっと、DVDほしいなーと探してて、中古か高いのしかなかったので忘れていたら、今、amazonで見たら、ブルー・レイで1,373円で買えますね。

うーーん、まあ、でも、昔の記憶だけで良いかなぁー…。

ちなみに、ジョン・ランディス監督は、この映画の数年後に、マイケル・ジャクソンのスリラーのPVを作ってるんですよ。


って、また話がそれました。
そう、この中で、アレサ・フランクリンの歌う、Think。
旦那がバンドに戻るっていうので、そんなろくでもないことしないで、よく考えろ!と、怒りながら歌うシーンですけど、ここで、厨房から出てきてアルトサックス吹いてるのが彼なんです!

ちょうどその動画が、昨晩お薦め動画に現れたんです。
なので、わざわざこんなに行数をとっての紹介となりました。

それにしても、Googleで、「アレサ・フランクリン Think」と検索すると、最初に出てくるのがYouTubeの映画のワンシーン動画なんですからね。
5百万回以上再生されてます。
著作権とかってどうなってるんでしょうね?

この動画も、最後もうちょっと流してほしいですし、もう1個別の動画の方が少し長めにあるんですけど、こっちは画面が小さいです。
でも、少しでも長いシーンの方が良いので、こっちの小さい画面の方にします。
こっちでも4百万回再生ですからね!

(3分33秒)



ギターのマット・マーフィーが店を立ち去ったところで終わってますけど、この後、アレサ・フランクリンがルー・マリーニを睨んで、あんたもさっさと行けば!とかなんとか言って、そそくさーと店を出てくってシーンまでアップしてほしかったですね!

という話でした♪




by masaya-iwata | 2017-06-19 18:33 | 日本 | Comments(0)


<< 鋸山と東京湾      13日の小石川後楽園続きの続き... >>