2017年 06月 21日

昨日の鋸山と東京湾フェリー再び

予報通り今日はひどい天気になりました。
今、東京湾フェリーのサイトを見たら、お昼過ぎから荒天のため欠航となってますね!

昨日と同じ写真も入れて、金谷への日帰りドライブの話です。

毎度同じく、出発が遅くなってしまったので、中央高速から首都高を通りアクアラインへ向かいます。
e0133780_17094403.jpg
羽田空港管制塔。


そして海ほたる。
e0133780_17100224.jpg
ご機嫌な顔の訳は、この直前までゴールデン・レトリバーと遊んでいたからです。
まだ2歳でも、大人しくてハンサムなゴールデンでした。
ジョンにも海ほたる見せてあげたかったんですが、結局その機会のないままでした。


天気予報曰く、貴重な晴れ日には違いないですけど、やはり夏空の海は視界不良ですよね。
e0133780_17142811.jpg
一日中、富士山はまったく見えませんでした。

高速はスイスイでしたので、家を出てからまだ1時間半ちょっとしかかかってません。
金谷まであと40分、余裕でお昼前に到着です。

e0133780_17170127.jpg
2月の終わり頃にもここで記念写真撮りました。
ブログを見返すと、2月24日でした。
まだダウンジャケット着てますね。

あれから4ヶ月、このブログ、まったくNZ情報になってませんよね…。

あの時のタイトルと同じく、今回もまた、思いつき…。
突然前夜に連絡したので、ご迷惑をかけてしまいました。


もうそろそろ金谷港。
e0133780_17210734.jpg
JR内房線の、このローカルさが良いですよね。
電車旅をしたのはもう10年くらい前になるのかな。


e0133780_17232956.jpg
フェリーが見えてきました。

e0133780_17234349.jpg
フェリーターミナル横の、ザ・フィッシュで待ち合わせ。

e0133780_17244008.jpg
地魚の漬け丼。


e0133780_17250896.jpg
海鮮丼。

佐渡島以来の美味しいお刺身でした。



e0133780_17265439.jpg
上だけ見てると外国のフィッシュマーケットみたい。


海を眺めに外へ。
e0133780_17325058.jpg

e0133780_17331833.jpg
e0133780_17334053.jpg
海の水は綺麗でした。
でも、釣りのおじさん達が、今日は濁ってるって言っていたので、昨日のニュースで青潮来てるって言ってましたよと伝えたら納得してました。

e0133780_17345383.jpg
鋸山。
この後ここへ向かいます。

e0133780_17351100.jpg
あれがロープウェイですね、って話をしていたら、さっきのおじさんが親しげに話しかけてきました。
地元育ちのようで、昔はあの山の上から紙飛行機作って飛ばしてたとか、昔は孔雀を揃って飛ばしてたとか、あれやこれやと。
観光客用の地図までくれました。

おじさんの話によると、有料道路を使っても、上に行けるとのことですが、これが3千円かかるとか。
ロープウェイは1千円だから、有料道路は高すぎだよ!、みたいに言われたんです。

その時は、なるほどーと聞きながら、やはりロープウェイで上ったほうが良いなって話していたんですが、これがなんと、大嘘の大失敗だと、ついさっき調べてみて分かりました!!

結論から言うと、鋸山ドライブ観光では、ロープウェイも有料道路も使わず、無料で行ける日本寺東口に駐車して、そこから上って観光するのが一番良いです。
その話はまた追々と。


e0133780_17404673.jpg
4ヶ月も経ってしまったお土産をやっとお渡しして、ここでお別れでした。


e0133780_17414031.jpg
さ、ロープウェイ。

e0133780_17415704.jpg
階段の多い一日でした!

e0133780_17421659.jpg
ロープウェイは往復930円。
JAF割引だと団体料金と同じ830円になりました。


2時半発、どんどん人が入ってきて、満員電車なみ(他の乗客曰く)の混雑となりました。

e0133780_17532691.jpg
とりあえず横からの景色だけは見えます。
後ろは優しそうな白人男性。


e0133780_18585656.jpg
海は霞んで見えにくい。

e0133780_18592212.jpg
到着間際、切り立った岩壁の間に入ります。


5分程の乗車時間、空いていれば良かったんでしょうが、混んでいたので、あまりロープウェイのメリットが無かった。
これがまず、ロープウェイを使わなかったほうが良かった最初の理由。


駅を下りて、さぁ出発。

e0133780_18595492.jpg
いきなりこの階段!

後から分かったのが、建物内の普通の階段、それでも3階分ありますけど、それを上って、屋上から遊歩道に出れば、少しは楽でした。

e0133780_19065821.jpg
その見晴らしエリアに行くのも、階段でなく、岩盤の坂を上ってです!
一番奥に、フェリーターミナルが見えてます。

ここを左に平らに進めば、ロープウェイ駅の屋上につながっていたんですよね。
帰りはここから屋上へ行きました。

駅構内には、最終ロープウェイの時間17時って書かれていて、そんなに遅くならないだろうと思ってましたが…。
e0133780_19081793.jpg
見晴らしエリアの後も、岩でガタガタ続く道をずっと歩きます。
これはほんとに、最終時間になるかも。

写真を撮れるってことは、まだ楽な道って事です。
もっとひどい場所は手を繋いで歩いたので、カメラは使えませんから!


e0133780_19101458.jpg
右側の階段を下り、って、これがまたかなり長く、不規則な階段で下りるのも一苦労。
つまり、帰りはここを上らないといけないです!

左側が、日本寺西口脇の駐車場。
有料道路を使えば、ここまで来られます。

これは影響かなり大きい!
地元のおじさんの言う通り、3千円払ったとしても、こちらまで来た方が良かった。

さらに、先程ネットで検索してみると、ここの有料道路の代金、1千円なんです…!
もちろん往復。
駐車料金もかかりません。

e0133780_19160687.jpg
すぐ背中が西口。

時間と疲労度、そして混雑していた場合のロープウェイからの眺めを考えると、車の人はここまで来た方が良いですね。

さらにもう一つ、この西口を入ってすぐ右に下り階段があり、そこをずっと進むと、この写真にある、日本一の磨崖大仏があるんです。
その大仏の近くに、先に書いた、東口があります。

もし大仏も眺めるなら、結局東口近くまで下りて、また上らないといけないという事になるので、全部を歩くなら、東口を利用した方が良いという結論でした。
もちろん車利用の場合です。

…、なんてことは、事前に調べておけば分かったこと。
思いつきで行ったら、こういう失敗がありますよね…。


とりあえず、目的の地獄のぞきへ頑張ろう!
実は、ここまでの、先程のガタガタ道ですれ違ったご夫婦の奥さんの方から、行くのは無理よーって言われたんだですけどね。

時刻は3時。
20分程で行けるようですが、40分かかったとして、まだロープウェイには間に合いそう。

e0133780_19280625.jpg
ひたすら階段。


随分上ったなーと思っても。
e0133780_19302941.jpg
まだこれだけ。
西口が見えてます…。



e0133780_19305667.jpg
比較的傾斜の緩い階段でしたから、それなりでここまで到着。
右側の階段が行先ですけど、ここを左に曲がると「1分」の寄り道です。

e0133780_19315688.jpg
あ、ここはテレビで見たことがある。

よくもこれだけの岩を切り崩しましたよね。

e0133780_19331065.jpg
少しゴツゴツしてますが、とりあえず一人で歩けます。

e0133780_19341521.jpg
ここから先の、僅かな区間が、岩場です。
ここを歩くのに時間がかかりました。

e0133780_19352758.jpg
百尺観音。
大きい!

e0133780_19360306.jpg
すごーい空間です。


先程の分岐点へ戻り、再び階段を上ります。
e0133780_19362318.jpg
休憩含めて15分の寄り道となりました!


ここからの階段は、ひたすら階段。
急な場所もありますが、こつこつ上ればなんて事ない。
途中で、同じロープウェイに乗っていた若いカップルと会って、あとどのくらいか聞いたら、もうすぐって事で、頑張って到着。


e0133780_19412615.jpg
奥が地獄のぞきの場所?
全体が山頂展望台で、皆んな同じように、地獄を見下ろすような景色なので、どこでも同じですけど!

奥へ進んで、
e0133780_19421171.jpg

e0133780_19425352.jpg
高速道路。

もう少し奥へ進みます。
やはり岩を削ったような狭い道。


見晴らしエリアへ出ると、そこで待ち構えていた若者グループの男性が、写真を撮ってくれました。
e0133780_19431761.jpg
奥にフェリーターミナルが見えてます。

あれこれ指示されながら、結局4枚も撮ってくれました!

e0133780_19453671.jpg
右側飛び出ている岩が、先程の写真の、地獄のぞきを反対側からです。


e0133780_19464436.jpg
戻りながら、ここにも行ってみよう。

e0133780_19471665.jpg
高速道路と、フェリーターミナルも見えてます。

ここを山側の方に戻ると、ほんとは、下る道があり、千五百羅漢道を通ったりしながら大仏様を拝めるんです。
でも、かなり下り道、そしてまた上り道ですから、時間を考えても無理です。
なので、「人口景色」は諦め、再び自然の眺めを楽しみました♪

e0133780_19494803.jpg
地獄のぞきから眺めた、高速道路の方向。

e0133780_19501407.jpg
最初に撮った、見晴らしエリアがこの正面です。
右下が、百尺観音前の広場ですよ。


って、もちろんここは自分だけ。
e0133780_19510255.jpg
この岩の坂道は、さすがに母は上れませんから!




ずっと下って、西口まで。

大仏へ下りてみようかなーとちらっと思い、ちょうど上ってこられたご夫婦に尋ねたら、やっぱりかなり下らないといけないそう。

西口を出て、自動販売機で果汁100%のパイナップルジュースを飲んで、先程の上り階段を歩き、ガタガタ道を再び歩いて、ロープウェイ駅の屋上です。

e0133780_19513515.jpg
さっきの西口駐車場です。
左奥が、山頂展望台の最初の場所かな?


時刻は4時15分、あれれ、最終5時には十分すぎました。

e0133780_19540084.jpg
風がとっても気持ち良いです。

4時半発のロープウェイに乗りました。
e0133780_19544585.jpg
下りは空いてました。

この時間でまだ上ってくる人がいるんですから、どうするんでしょうか!?
さっきのガタガタ道を歩いてる時も、数組とすれ違いましたからね。
その人達はロープウェイしか足が無いはずですから、地獄のぞきまで行って帰って、最終5時に間に合うんでしょうか?

e0133780_19560915.jpg
やっぱりこの眺めはすごいですよね。



まだフェリーの時間まで余裕があるので、道路側から大仏を見られないかな?と、南へ下ってみました。
有料道路を通り過ぎる時、ちらっと3千円とかって価格表示が見えましたが、「大型」って書かれてました。

東口駐車場まで行ってみましたが、道路からはまったく見えませんでした。
その時、時刻は4時50分。
閉門まであと10分。

諦めてすぐに帰りましたが、ここでまた失敗。
まだ受付の人が居たので、西口で使った日本寺拝観料600円のチケットで再度入場し、大仏様をすぐに見られるのか聞いてみれば良かったです。


そんなこんなで、4時50分くらいにフェリーターミナルへ。
買い物などをして、5時20分発のフェリーへ。
e0133780_19563082.jpg
2月25日にも通った場所。

あ、そういえば、まだこの時の1泊2日のドライブの様子、ほんの少ししか更新してませんでしたね!

e0133780_20024131.jpg
あの時は、甲板で景色を眺めてましたが、今回は最上階の席、すぐに海で楽ちんです。

e0133780_20031905.jpg
出港。

ここでコーヒーを飲みながら、昨日の更新でした。



e0133780_20033213.jpg
同じフェリーとすれ違いました。

e0133780_20040172.jpg
すごい場所に灯台作ってますね。


e0133780_20041441.jpg
そろそろ久里浜港に到着です。
このフェリーからの夕日の様子は、ブログではまだで、フェイスブックに載せたんでしたね。
こちらの方向に富士山も見えてました。


e0133780_20053089.jpg
到着です。

e0133780_20054475.jpg
乗船客が右側から下り、車の人は駐車階まで。


e0133780_20061768.jpg
4ヶ月前に比べて日が長くなりました。


高速入り口までしばらく走りますが、フェリーで隣に停まっていた車がすぐ横にいました。
e0133780_20064550.jpg
品川ナンバー。
お金持ちそう!


保土ヶ谷バイパスで少し渋滞にはまりましたが、ほぼ順調に走って、多摩ニュータウンのリンガーハットで夕食。
e0133780_20083123.jpg
母は、冷やしちゃんぽんを初めて頼んでみました。

e0133780_20092678.jpg
これが、冷やし中華とちゃんぽんの中間の味、麺も締まっていて美味しかったです。


という事で、昨日の様子でした。


by masaya-iwata | 2017-06-21 20:17 | 日本 | Comments(0)


<< 勝鬨橋から隅田川散歩      鋸山と東京湾 >>