<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

久しぶりにも恵まれて♪

今日のニュージーランドも荒れていました。
北島の一番南側、ウェリントン周辺、そして南島は特に西海岸を中心に、「State of Emergency (非常事態宣言)」が各地で発令され、被害続出だったようです。
大型低気圧は、クライストチャーチ付近から南太平洋に移動したようですので、これから落ち着きそうですが、それにしても異常気象です・・・。

ロトルアはというと、予報より天気は良く、曇ってはいましたが風も穏やかで悪くはありません。
そんな中で、久しぶりのガイド仕事が始まりました。

旅行社ツアーから、母娘さんお二人のご案内です。
今日はバス到着をお出迎え。
飛行機と違って急なキャンセルはありませんので、安心して待っていられます。

バス停でもある、「ロトルア観光局(Tourism Rotorua)/ アイ サイト(i site)」には、以前にもご紹介したと思いますが足湯があります。
e0133780_17171683.jpg
浸かりながら、待ちはしませんでしたけど!

e0133780_1733341.jpg

定刻5分遅れで、オークランドからのバスが到着。

さあ、ロトルア午後観光の始まりです。

まずは、すぐ近くのロトルア湖畔。
ここ数日の雨でどうなっているだろうと思ったら、ご覧のように水が溢れていました。
e0133780_17182722.jpg
いつものように、黒鳥がたくさんお出迎えです。

そして、こいつ、いや、カモメたちもお待ちかね。
バス到着後、ランチにパニーニ(サンドイッチのようなもの)をお買いになり、湖畔で召し上がりながらの観光でしたので、到着時からカモメが物欲しそうに周りに集まっていました。

ちょっとお裾分けした途端、辺りは大騒ぎ。
e0133780_17192667.jpg


ガバメント・ガーデンズでも晴れ間が大分見えてきました。
そして、テプイアに近づくと、間欠泉の湯気が盛大に見えています。
急いで近くまで行くと、ご覧のように、大サービスの活躍振り。

e0133780_1721739.jpg








今日はいつもより長い時間噴き出しています。

e0133780_17214470.jpg


見晴台からも良い眺め。

観光が昨日じゃなくて良かったです。

e0133780_17221949.jpg
マッドプール、坊主地獄もご覧のように雨の影響大です。

ちょっとジュクジュクすぎて、いつものボコボコ状態まで行きませんでしたが、このくらいが控えめで良いかもしれません。

e0133780_1723885.jpg

お客さんは羊と会うのを何より楽しみにされていたそうで、アグロドームではとても喜ばれていました。

e0133780_1724616.jpg


ショーが終わって、いつものように子羊たちと遊んで・・・。

大満足の内に観光も終わり、ホテルにお送りする頃になって雨です。
ちょうど良いタイミングでお天気に恵まれた、久しぶりのご案内となりました。

ところで、今日はどこに寄っても、皆から「久しぶり!」と声をかけられました。
観光前、昨日の郵便物を持って郵便局に行った時にも、局員から「お久しぶり(Long time no see!)」、なーんて・・・。
郵便局はそんなに久しぶりでもないんですけど、たまたまその人と顔を合わせていなかっただけかな?

ま、でも、それだけ皆が顔を覚えてくれているというのも、なんだか嬉しいもんです。
ほんと、もっとたくさん日本から観光にいらしてくださると良いんですけど (_ _).。oO

by masaya-iwata | 2008-07-31 17:37 | 観光 | Comments(0)
2008年 07月 30日

ピリピリ☆

大荒れのニュージーランドです。
タスマン海側(NZの西海岸)をゆっくり南下している大型の低気圧が大雨、強風をもたらし、各地で土砂崩れや洪水の被害が多発しています。
家が吹き飛ばされたり、トラックが横倒しになったり、倒木による断線で停電などなど・・・、ほんとにひどい状況です。
まだゆっくり西海岸を低気圧が移動していますので、各地で警戒警報が出されています。
この異常気象、どうしてしまったんでしょう・・・。

ロトルアはというと、雨と風はひどいものの、大きな被害はないようです。
ニュースでも、「用事のない人は家にいるように」と呼びかけており、外に出ていないので様子が分かりませんでしたが、午前10時半頃、郵便ポストが気になって門まで出てみました。

郵便物のほとんどは郵便局の私書箱に届くようにしていますが、たまに家のポストに入ってくる郵便もあります。
それに、ここ最近、New Zealand Herald(ヘラルド)という、オークランドの大新聞が、サービスで気まぐれにポストに入ってくるんです。
今日入っていても濡れて読めないよなぁー、と思っていたら、案の定入っていました・・・。

e0133780_1921295.jpgこの住宅地は、町から離れていますので、郵便配達の車がヘラルドも配っているようです。

新聞がびっしょり濡れていました。

排水管の詰まりも取り除いていたので、雨水が調子よく流れていってくれています。

e0133780_193420.jpg


そんな中、今日は家で発送支度をしました。

e0133780_19324554.jpg
これ、ピリピリという調味料です。

昨年の11月にNZ旅行にいらして、スーパーマーケットで購入されたこのピリピリをとても気に入られ、ネット検索をされた方が、私のHPを見つけてメール連絡をしてくださいました。

日本に送る場合は送料がネックになり、重くて安い品は、とても高い品物になってしまいます。
元々「おまけ」的感覚で載せていますので、この品だけではお送りしていませんでした。
ただ、数もまとめて20本という事なので、それなら大丈夫だろうと、メール連絡をやり取りしていました。

先週、スーパーマーケットをはしごして、20本買い揃えておきました。
e0133780_196326.jpg
並べてみて蓋の色が2種類ある事に気がつきましたが、なんか壮大な眺めです!?

今週夏休みでご旅行中という事で、到着日時を合わせて今日梱包しました。
ガラス瓶なので割れないようにプチプチで包み、しっかり箱詰め。

e0133780_1964978.jpge0133780_197043.jpg

こちらにいらした時、スーパーマーケットでのお買い物も、とても楽しかった記憶の一つだったと書かれていました。
こういったご連絡をいただけるのは、本当に嬉しい事です。

明日郵便局から航空便で発送し、1週間かからずに届くと思います。
これから9千キロを旅するピリピリ達。
ニュージーランドの思い出も、また届けてあげてね o(^-^)o

by masaya-iwata | 2008-07-30 19:17 | 「食」、のような | Comments(0)
2008年 07月 29日

アート・ペッパーな一日♪

昨晩は寒かった事もあり早く寝たせいか、トイレに起きた午前3時過ぎから目が覚めてしまい、しばらくオーディオの本などベッドで読んでいました。
その内、音楽が聞きたくなり、5時過ぎからリビングに来てソファで丸まりながら大音響。
ほんと、ここに住んでいて一番良かったと思う事は、お隣は遙か遠くという事です。

まだ外は真っ暗、霧に包まれた深夜のような雰囲気には、アート・ペッパー。

そう、今日はニュージーランドとは関係ない音楽の話題ですが、その最初がアート・ペッパー。
学生時代から好きな、アメリカ人・白人アルトサックス奏者です。

e0133780_2251188.jpg
「モダン・アート」

録音は1956年、1957年。
LP時代、日本では幻の名盤と言われていたそうです。

「ブルース・イン」という、アルトサックスとベースだけによる、スローで渋い曲から始まります。
控えめでいながら、どんどん湧き出てくる熱くメロウなフレーズ、とても艶のあるサックスの音色にただしびれるのみです。

このCDアルバム、制作年によっていろいろなバージョンで売られているようです。
たまたま、このアルバムは、アメリカ輸入盤で、全13曲入ったもの。
LPには8曲かな?だったようですが。

LPがCD化されて良い事は、未収録の曲が追加されたり、「リマスター、デジタル・リマスタリング」など、元々の音源を今の技術で良い音に編集し直す事です。
ただ、そのため、元の雰囲気が無くなる欠点もありますが、概ね、現在のステレオに合った、いわゆる「良い音」で聞けるのでありがたい事ではあります。

ただ問題は、LPにあったアルバムの雰囲気が台無しになってしまう事も・・・。

e0133780_14523564.jpg
本来このアルバムは、「ブルース・イン」という曲で始まり、「ブルース・アウト」という曲で終わるという構成だったようですが(名前もその方が合ってますし)、ご覧のように、5曲目にブルース・アウトが入り、その後さらに曲は続いていきます・・・!

しかも、「アウト」で終わったはずの次の曲が「When You're Smiling(君微笑めば)」。
(この曲は誰でも聞いた事があると思います)

10曲目の「サマータイム」は、突然それまでの曲と雰囲気が変わりますが、これは未発表曲となっていました(これがまた、とても良い演奏です)。

11曲目から13曲目までは、突然音が変わります。
それまで、何となくピアノが「ポロポロ」、アルトサックスが前に出て、その後ろに下がっている感じもしていましたが、突然全パートがはっきり聞こえるようになります。
何でかな?と思ったら、これも同時期に録音されていたアルバムの、他曲の別テイク(演奏)がステレオ録音で入っているからでした。
10曲目まではモノラル録音だったようですが、気がつきませんでしたし、これがなかなか良いんです。

今まで「モノラルよりステレオ」なんて漠然と思っていたのですが、「モノラルで聴く演奏の距離感も良いなぁ」と、改めて感じるところもあります。
e0133780_1457211.jpg
ちなみに、11-13曲を70年代後半に収録して発表したのは日本と書かれています。
日本のジャズファンのおかげで良い音楽がたくさん聞けるという事ですね。

ジャネット・サイデルでも楽しんだコール・ポーターの曲を、また聴き直してみるのも良い感じです。
音楽も映画も本も、何年経っても新たな発見がありますよね。


・・・なんて、早朝、日の出前、そんな事を思いながら、仕事でも無いのに『アルバム評』なる物を(もっともらしく)考える事が出来るのも、「自由業」の自由たる所以かなぁと・・・。
思いながらも、アート・ペッパーのサックスがただ脳みそを溶かすように響き渡ります。

そうそう、この全13曲入りの「モダン・アート」。
1枚通しての編集には問題ありますけど、それ以上にたくさん良い曲が聴けるという意味ではとてもお薦めの一枚。


午前7時過ぎ、朝靄の風景です。
e0133780_14582481.jpg

遠くモコイア島の様子が綺麗でした。
e0133780_1458527.jpg

結局今日は一日こんな感じ。

夕方遅くなって雨脚と風の音が強くなってきました。
低気圧がまた北西から、時速36kmで近づいてきているようです。
気象サービスのHPが表示されにくくなっています。
今晩から明日、荒れた天気になりそうです。

by masaya-iwata | 2008-07-29 15:37 | 音楽 | Comments(0)
2008年 07月 28日

平和な空模様

今日は予報通り、晴れたり曇ったり、小雨が降ったりの空です。
明日から金曜まで雨マークになっていますが、予報が外れてくれると良いです・・・。

何となく外に出ると、小さなポッポッポという音が空から聞こえてきます。
小型飛行機の訓練飛行のようです。

すぐにまたやって来ました。
真ん中少し下の黒い点です。
e0133780_13552387.jpg

e0133780_13554063.jpg
小さな飛行機は、家の手前でくるりと回ってファイナル・アプローチに入る事が多いので、後ろ姿だけになってしまいます。

パイパーチェロキーかな?
ロトルア空港にいるのか、オークランドからやってきたのか分かりませんけど、良い景色の中でも生徒は手に汗で操縦桿を握っているんでしょうね。


しばらく後に、プーンという軽快な音と共に、やっぱり手前でNZ航空の飛行機がターンしていきました。
e0133780_13574629.jpg

e0133780_1358380.jpg

オークランドから定刻14:45到着のNZ2363便が10分早くやって来ました。

ビーチクラフト1900Dです。
この飛行機、シート数を19席にしています。
CAAの規則(ニュージーランドの航空法)では、19席以下の小型旅客機にはフライト・アテンダントをつける必要がありませんので、わざとその席数にしているそうです。
アテンダントの代わりに、フライト・クルー、つまりパイロットがお客さんの面倒を見ます。

片側1列の座席が左右に並び、真ん中からコックピットが飛行中でも見えるようになっています。

今年の2月8日に、この型の飛行機でハイジャック事件がありましたが(いい旅・夢日記2月9日参照)、コックピットに何も障壁が無い事が問題にはなっているようです。

でも、先月この飛行機に乗った人が「何も無かった」と言っていたので、今の内なら、座席からパイロット席とフロントガラス越しに空が見えるという面白い体験が出来るかもしれません!


いったん部屋に戻ってしばらく後、外に出てしばらく待っていると、ゴーと少し控えめな音でNZ8588便、定刻14:55到着予定が10分少々遅れてやって来ました。

e0133780_13591411.jpg
BOMBARDIER(ボンバルディア) Q300
50座席です。

QはQuiet(静かな)という単語のQ
その名の通り、静かに降りてきました。

e0133780_13595838.jpg
ウェリントンからは、この型の飛行機が良く飛んできます。

下から見ると分かりにくいですが、クライストチャーチからロトルアにやってくるターボプロップ機ATR72よりも小さな飛行機です。


お次は、真ん中少し左側に黒い物体。
こちらは定刻何時到着、何便だろう?
e0133780_1405019.jpg

e0133780_1412118.jpg

不定期お気楽便のブラックバードでした。

さすがにアップで上手く撮るのは難しいです (^-^)/~~~

by masaya-iwata | 2008-07-28 14:17 | 航空機 | Comments(0)
2008年 07月 27日

嵐の爪痕??

ニュースによると、北島北部の沿岸部各地で大型低気圧通過による被害がもたらされたそうです。
オークランドの5万世帯を含む、13万世帯が停電との事。
マウント・マウンガヌイの沿岸では9mの高波もあったそうですし、北部で1時間に31mmの降雨量を記録した地域もあったそう。

低気圧は勢力を保ったまま東の太平洋上に抜けましたが、こちらは南半球です。
前に何度か書きましたが、低気圧の時計回りの風向きのため、冷たい南風が南極方面から吹き付けます。
特に南島では寒い夜になりそうです。

ロトルアは、思ったよりひどくありませんでした。
夜中の風も、そうひどくはならず、無事停電にもなりませんでした。
唯一、我が家の被害と言えば、ガレージーの横に積み上げた薪が崩れた事でしょうか・・・。
e0133780_168179.jpg

明日は晴れ間も見えるようですが、火曜から水曜にかけて、また同じように荒れた天気になるとの予報です・・・。

by masaya-iwata | 2008-07-27 16:17 | 日常 | Comments(0)
2008年 07月 26日

荒れてます!

ゴーゴーすごい風の音が、暖炉の煙突を通して聞こえてきます。
夕方から暖炉をつけましたが、外の風で空気を吸い上げられるので、一番弱い状態に調節孔を合わせても火は勢いよく燃えています。
また停電になったら大変!
慌てて炊飯器のスイッチを入れ、更新も急がないと (^-^;)

日中は予報より荒れるのが遅くなり、お昼過ぎても雨は降っていますが、そうひどくありませんでした。

町に用事があったので、「緑の傘」を当てにして森も走ってきました。

e0133780_16214238.jpg
レッドウッド森林公園の入り口、こんな分度器があります。

こちらでは、道路を走っていると、よくこのような分度器を森林地帯の側で見かけます。

e0133780_16221425.jpg
これは、山火事注意報になります。

乾燥して危険な状態になると、分度器の針は赤い方を指します。
今日はもちろんひどい雨。
まったく危険な状況は無いので、針も緑・Low(低い)を示しています。

この針は自動で動く程高度な機械ではありません。手動ですよ。


駐車場に、アイの他かろうじて一台。
e0133780_16232442.jpg
土曜と言えど、こんな日は誰も来ない?
と思いますが、これ、たまたまのタイミングなだけです。
カッパを羽織って歩きに来る人や、犬の散歩など、いつもよりもちろん少ないですが、人出はありました!

天気予報では、低気圧の中心は960hPaの「爆弾低気圧」と言っています・・・・!
今、北島の北の方、ベイオブアイランズ地方を通ってオークランドへ向かっているそうです。
場所によっては、風速130km/h:日本流に言えば、秒速36mの所もあるそうです。
風速36mと言えば、日本の台風と同じですからね。

さっきからテレビの映像が、何度か中断しています。
ほんとに停電になるかも。。。
急いで更新をアップしないと!
あ、それと夕飯支度だ (@_@)
それでは (^-^)/~~~

by masaya-iwata | 2008-07-26 16:33 | 森と湖 | Comments(0)
2008年 07月 25日

少し節約

今日は昼過ぎまでとても良い天気でした。
お昼前、書類仕事をしていたら、かすかに「ゴー」と音が聞こえてきましたので、テラスにデジカメを持って出てパチリ。

e0133780_17151115.jpg
ニュージーランド航空、NZ5376便です。
クライストチャーチからやってきたATR72

68人乗りのターボプロップ双発機です。

観光シーズンも大勢の日本人客を乗せ大活躍の飛行機。

e0133780_17163373.jpg
お昼過ぎにまた、「ゴー」。

今度はカンタス、QF2782便でした。
やっぱりクライストチャーチからです。
ボーイング737-300。

そう、これを見てふと気がつきました。

昨日、「やけに低空を飛ぶ軍用機」と思ったのですが、ハーキュリーズの方が737-300より、全長こそ4m程短いものの、翼の端から端までの全幅で11mも長いです。
最大離陸重量も、737-300の56トンに対して、ハーキュリーズは70トン。
当然、主翼面積も全く違います。

つまり、ハーキュリーズの方が「でかい!」

ですから、同じ高さを飛んでいても、近くに見えたんだなぁーと気がつきました (-0-;)


夕方が近づくにつれて、せっかくの良い天気も、だんだん雲が多くなってきました。
午後4時過ぎのロトルア湖畔
e0133780_17231617.jpg

いつものように、たくさんの鳥たちが集まっていました。
今日はお天気の続いていた午後でしたから、人出も多かったです。
e0133780_1724427.jpg
今日は「考えるカモメ君」だけご紹介して、他の写真はまた後日に。


お昼のニュースで、ガソリン代が少し下がったと言っていました。
シェルが4セント値下げしたのに合わせて、各社も同じく下げたそうです。
スーパーで貰った1リットル10セントの割引券が29日で期限切れになりますので、まだ給油ランプは点いていませんけど、プジョーのディーゼルを満タンにしてきました。

さすが我らがシェル p(^-^)q
e0133780_1725018.jpg
それでも、レギュラーガソリンは1リットル$2.069(約175円)。
ディーゼルは$1.839(約155円)です。

e0133780_17253898.jpg

満タンにすると、後で損するかなぁ?

とも思ったのですが、めんどくさいのでやっぱり満タンにしました。

e0133780_17263388.jpg


56.01リットルで、$103です。

ディーゼルですら、この出費・・・。

e0133780_1727474.jpg



でも、割引券ありますもんね。

赤線の上に書いてるように、$0.10 (10セント) のディスカウント。



$5.60(約470円)節約できました。


天気はこの後、どんどん悪くなっているようです。
北島の左上、北西から大型の低気圧が接近しているそうです。
確か天気予報では、この低気圧は968hPaまで発達するような事を?言っていました。
明日は大雨注意報、そして「GALE(ゲイル)」:強風です。
e0133780_17283142.gif予報サイトは、こんなマークになっています。
孫悟空みたいなマークです。

明日は荒れた一日になりそうです・・・。

by masaya-iwata | 2008-07-25 17:37 | 生活 | Comments(0)
2008年 07月 24日

軍用機晴れ◎

今日は朝からとんでもなく良い天気になりました。
天気予報も、今日になって快晴マークに変わりました。
天気図を見ると、低気圧が南太平洋に抜けただけで、高気圧は遙か南の海上です。
ここまで晴れるとは予想できなかったんでしょう。
嬉しい洗濯日和です。

午後3時過ぎ、そろそろ日差しも弱まってきたので洗濯を取り込んでいました。
すると、突然の爆音です。
慌てて、部屋にデジカメを取りに行きました。

この爆音はまたやって来ます。

e0133780_16322484.jpg


西の空遠くに、小さな黒い点が見えています。

e0133780_16325880.jpg



北の空に回り込んできました。

e0133780_16333340.jpg




枯れ枝の影から姿を現します。

e0133780_1634147.jpg




やって来ました。

e0133780_16343140.jpg
RNZAF (Royal New Zealand Air Force) : ニュージーランド空軍の輸送機、C-130 ハーキュリーズのようです。
e0133780_16345599.jpg

NZ空軍所有のロッキード社C-130(03)は、カナダの工場から主翼と機器類の改良を終えて戻り、数日前にテスト飛行も完了したそうです。
この改良により、機体寿命が15年延びるそうですが、総予算は$233 million(約190億円)・・・。

2機がカナダで改良を終えてるそうですが、全5機のハーキュリーズの改良を終えるのは2010年の予定が大幅に遅れて、2017年になるそうです。
残りの3機は、NZ南島のブレナムで改良作業をするそうです。

最初に改良を終えたのが03番機のようですが、こちらは02番機と書かれています。
これは、改良終えてテスト中なのか、まだ改良前の機体なのか?
そこまでは調べても分からなかったですが、何となく改良前ではないのかな?という気がします。

今日は3回ではなく、4回タッチアンドゴー(滑走路で離着陸の練習)を行っていました。
そういえば、去年の11月にも飛んでいたのを、2月にご紹介したと思います。

この原油高の中、いくらのジェット燃料を使ったんだろう!
e0133780_16363833.jpg
それにしても、軍用機のパイロットは民間機と違って、ノイズアベイトメント(騒音対策)など気にしないのか??
低空のアプローチしか出来ないのか?全く分かりませんが、やたらに低いところを降りてきます。

e0133780_1637113.jpg

家のすぐ上ですからね・・・・!



パイロットから、こちらがはっきり見えていると思います。

e0133780_16374366.jpg



なんだかんだ言っても、見ていてわくわく
o(^-^)o

軍用機はかっこいいです!

e0133780_1638959.jpg




牧場の木の上を抜けていきました。

e0133780_16384177.jpg


もう一枚、門の横からも撮ってみました。

そんな訳で、久しぶりに軍用機を見ましたので、デジカメで撮りまくったミリタリー特集?になりました。

午後5時10分、晴れ渡った空に澄んだ夕日が沈んでいきます。
e0133780_16391955.jpg

明日も晴れそう ☆*:・°♪

by masaya-iwata | 2008-07-24 17:03 | 航空機 | Comments(0)
2008年 07月 23日

しっとり♪森のシダ

今日は3つの中心を持つ低気圧にすっぽり覆われてしまい、天気図もひどい状況です。
低気圧・北風(南半球)でも冬の雨。やっぱり寒いです。

それにしても良く降る雨です。水不足なんて心配していたのがまるで嘘のよう。
いつも思いますが、ニュージーランドは最終的にバランスが取れる(帳尻が合う)ようになっていて、ほんと上手くできています。

そんな雨でも森のシダにとっては嬉しいですよね。
e0133780_16513155.jpg

e0133780_16514969.jpg


しっとり濡れる緑の様子は、とても気持ちいいです。

雨でも、緑の傘がありますからね。
午後4時でも、散歩やジョギングの人達がいつものように集まっていました。
e0133780_16523093.jpg
右横にアイが半分だけ見えてます (^^)

森の空気をたっぷり吸って、すっきり気分で帰り道、スクールバスが前を走っていました。
漢字で「冷房車」と書かれたステッカーがリアウィンドウに貼られています。

追い越し車線で前に行き、右折車線に入って左側を抜かれざま、スクールバスの横の写真を撮ってみました。

e0133780_16531237.jpg
ローマ字で、HOEI KOTSU(ホーエイ・コウツウ)

その下に、漢字で薄く
「豊栄交通」
と書かれているのが読めますか?

調べてみたら、豊田市にある会社でした。
あ、もちろん中古車でNZに渡ってきた車ですよ。
こちらでは、このようにステッカーを取らずに、そのまま日本と同じ状態で走っている車が多いです。

ここにもまた、余生をNZで過ごす日本車が活躍しています p(^-^)q

by masaya-iwata | 2008-07-23 17:07 | 森と湖 | Comments(0)
2008年 07月 22日

蛍光灯ライフ♪

今日は朝からとても寒い雨でした。
さすがに暖炉で暖かくしています。
午後遅くに少し晴れましたが、夕方になってまた曇ってきました。

午前中、余ったパンを庭に撒いたら、お腹を空かせた雀があっという間に集まってきました。
e0133780_1543273.jpg
窓を開けるとすぐ逃げてしまうので、カーテンを開けてこっそり撮影です。

今日は(も?)大した話題ではありませんが、昨日帰宅してから一仕事のお話しです。

e0133780_15435883.jpg
こちらの最近の住宅では、天井に埋め込みの「ダウンライト」が一般的です。

そして、欧米の家と同じく白熱灯が主流ですが、ここ数年エコ(節電と長寿命)のため電球型蛍光灯に徐々に変わりつつあります。

e0133780_15443735.jpgこちらが昨日買ってきた蛍光灯、その名も「Energy Saver」と節電を謳っています。

少し前までは、スーパーマーケットでも在庫が余っていたのですが(白熱灯より高いため)、ここ数ヶ月、ガソリン高や食品高が一気に襲ってきたのに合わせるように、スーパーでもいつも品薄状態になっています。
昨日は、選択の余地無く「5個パック」を買ってきました。

我が家も数年前に一度蛍光灯に取り替えましたが、ちょっと問題がありました。
もう随分前に、白熱灯の明るさを調節するスイッチ、「ディマー・スイッチ」に付け替えていたからです。

e0133780_15455753.jpg
やはり部屋のムード作りに明るさ調節はとても良いですものね。

ところが、こちらで売られている電球型蛍光灯は、明るさ調節用に対応していないんです。
このまま点けても大丈夫ですが、常に「ブーン」と雑音が出て、長寿命のはずの蛍光灯も割合早くに切れてしまいました。

そのため、また白熱灯に戻していました。

しかし、毎月の電気代も知らない内に値上げしていますし、ムードよりも節約ですしね。
そんな訳で、昨日は帰宅して蛍光灯に取り替えてから、一度やった事だし簡単だろう?と、元々のスイッチへと交換作業に取りかかりました。

e0133780_154923.jpg
まずは、ガレージでブレーカーを下ろします。

どこがどこ?ってさっぱり分からないので、左から順番に落としていったら、最後、右から2番目がやっとリビングのブレーカーと分かりました・・・。

さて、問題は、リビングのスイッチは2つで交互に点けたり消したり出来る事です。
一つはガレージや玄関に続く方で、台所のスイッチと兼用。
もう一つが廊下側にある、ディマー・スイッチと付け替えた方です。

e0133780_15501448.jpg


台所と兼用の方は、ご覧のように配線が入り乱れています。

こっちでなくて良かったって感じですが、何でここを開けたかというと、参考にならないかな?と思ったからです。

e0133780_15505350.jpgこちらが付け替える方のスイッチですが、線は赤青黄の3本。
この3本をどこにつなげたらいいのか分からなくなってしまいました・・・!

黒い方の本体の穴は4個ですが、3つの穴に元々のネジが付いていましたので、それを目安に配線作業。

ディマー・スイッチに付け替える時も苦労したのですが、元々のスイッチを外す時メモしておかなかったがまずかったです・・・。

大したことじゃないだろうと思いながら、つなげてはガレージでブレーカーを戻して・・・、を繰り返しても、ちっとも2つのスイッチが連動しません。

その内、ブレーカーを落とすのが面倒になって、線を直結して火花を飛ばしながら、片方のスイッチとのつながりを調べました。
(結局、こちら側はどこがどうつながっても、大丈夫な構造になっていると分かりましたので。)

すぐ終わると思ったので、ジョギング後に汗をかいたウェアを脱いでシャワーを浴びる前、寒いのを我慢しながら作業でしたが、その内フリース・スウェットを着て本腰を入れて取りかかり、やっと終了・・・。

時間のかかった原因は、元から穴に付いていたネジを違う穴にはめていたからでした。
もう10年も前の事なので、片付けるときのことなどすっかり忘れてますし・・・。

e0133780_15552972.jpg
結局右上の写真のように、青赤黄の順番だと分かった訳です。

一番目立つ大きな穴はトラップ、「罠」だった訳でした・・・。


そして、元からのつまらない形のスイッチに戻りました。
節電のためなら仕方ない・・・。

e0133780_15563320.jpg
ダウンライト3つとも、電球型蛍光灯に替え、残りの2個も台所に付けました。

台所は、前から1つは電球型蛍光灯にしていたので、買った数もぴったりでした。

1時間半 (@_@)

e0133780_15571450.jpg

もう一回スイッチを。


上のダイアル付きスイッチは、暖炉で暖まった部屋の空気を、廊下に運ぶ換気扇のスイッチです。

e0133780_15574530.jpg
20Wの消費電力で100W相当*3の明るさになりました。

明るいリビング。

日本の一般的蛍光灯と違って、「Warm White」と呼ばれる、白熱灯のような黄色みがかった明るさです。


蛍光灯ライフがやっと始まりました♪

by masaya-iwata | 2008-07-22 16:17 | 生活 | Comments(0)