<   2009年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 28日

石狩のシンボル、でした・・・。

今朝はどんよりした東京の空模様です。
すっきりした景色を思い出そうと、小樽からの続きをご紹介します。

小樽の旅館を出発し、車で1時間弱で到着した場所がここ。
e0133780_7131748.jpg
前方には石狩湾が広がっています。

e0133780_716229.jpg
ビジターセンター、さらに遠くが小樽の町並みです。
板の上を歩いて、きちんと散策できるように整備されています。
目的はもちろん、地面に群生しているこの植物ですよね。
何でしょう?
e0133780_7203067.jpg
ハマナスなんです!

この日は、小樽から富良野までの移動日。
まっすぐ高速道路を使っていくのも面白くないので、石狩湾沿いに進む「オロロンライン」を通っていこうと計画していました。
ただ、移動距離もあるので、留萌まで行くのは難しそう。
浜益の少し先、雄冬岬まで行ってから内陸に入り、一路東、富良野を目指そうという、漠然とした計画しか立てていませんでした。
小樽での前夜、大沼公園の観光局で貰った案内パンフレットを眺めていたら、「はまなすの丘公園」という場所を発見。

「知床の岬にハマナスの咲く頃」っていつ頃なんだろう??
と、ハマナスの花も見たこともないのですが、せっかくなので寄ってみようと思った場所でした。
e0133780_730305.jpg
そう、説明板の通り、開花期は6-7月・・・。
もうとっくに花は終わり、プチトマトみたいな実がしっかり付いていました。
確かにバラ科ですよね。

ハマナスってこういう感じだったんだー、と思いながらも、どんな花が咲くのかは、さっきネットで調べてやっと分かったという所です・・・!

散策路入り口に石碑があったので、記念撮影。
e0133780_7292719.jpg
手前に草があって、正面から撮れないので、少し下がって望遠にして撮りました。
赤白模様の灯台も一緒に、何となく撮っただけだったのですが・・・。
これも、今さっき調べて初めて知りましたが、この灯台は「石狩灯台」。
1892年開設以来、100年以上の歴史を誇る石狩のシンボルだそうです。
何気なく撮った石碑のアップ写真も、よく見てみると。
e0133780_7375144.jpg
「喜びも悲しみも幾年月」
映画の撮影舞台になったんだそうです。
元々は白黒の縞模様だったそうですが、1957年撮影時、カラー映画のはしりで色彩感を出すために赤白模様に塗り替えたそうです。
石狩市のカントリーサインにも、この灯台とハマナスが描かれていました。

そんな場所とは露知らず・・・。
もっと風景写真をたくさん撮っておけば良かったです。
でも、後からネットですぐに調べられる、便利な時代ですよね。

e0133780_7461934.jpg
本線に戻って、石狩川を渡り、オロロンラインで海岸線を北上していきました。
それにしても、小樽から1時間弱、札幌からでもそのくらい?と思いますが、そんな便利な場所にこんな良いところが。
通り道には、移住のための新興住宅地があちこちにありました。
きっと冬は厳しい場所なんでしょうが、ここで食べる石狩鍋は最高なんだろうなー♪

by masaya-iwata | 2009-09-28 08:07 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 27日

サルサな夜♪

一昨日のMALTAに続いて、昨晩も「ライブツアー」でした。
銀座で撮り忘れた夜景を、表参道ではしっかり撮ってきました。
e0133780_1447393.jpg
青山通り。

ここを左折して骨董通りへ向かいます。
少しひなびた感じの通りですが、まわりに続くのは高級ブティックだそう。
まったく縁のない場所ですけど・・・!
ビルの谷間に街灯のように灯る月明かり。
e0133780_1448436.jpg

昨晩は上弦の月でしたね。
e0133780_14493530.jpg
ロトルアではちゃんと逆さまに見えたでしょうか?
そういえば、時差は今日から4時間になったんでしたっけ?
もうちょっと早くに更新したかったんですけど、ちょっと前に書き終わって更新前にデータが全部消えてしまったので・・・、今、書き直し中です。
今晩は間に合わないかも・・・?

昨晩訪れたのは、(今年、今月、今回帰省時)2回目になるブルーノート東京♪
e0133780_14542938.jpg
今回は2ndステージのみ。
写真を撮りながらのんびりてくてく歩いて、開場時間の8時少し前に受付到着の33番目の整理番号でした。

お目当ては、エディー・パルミエリ。
e0133780_1457109.jpg
NYサルサ。
ニューヨーク・ラテンミュージックの大御所です。
キューバンミュージック、ルンバ、プエルトリコのダンス音楽がニューヨークで洗練されたダンサブルな音楽♪
同じようなリズムがうねるように繰り返される強烈なグルーブ感で、ほろ酔い気分の心と体が熱くなります。
こういう音楽には、やっぱりビールじゃなくて、ラム酒のカクテルが合いますね♪♪
ステージの向こうにカリブ海が見えました!

e0133780_1563859.jpg
今回は演奏終わって、ぶれずに写真を撮れました。
狭いステージに11人も並びますし、33番目の整理券では真ん中の自由席も空いていなかったので、会場右端のテーブル席でしたが、ふかふかソファーで一段高いところからステージや会場を見渡せ、とっても良かったです。
そして、最終日の最終公演、サルサですから、演奏中もちらほら周りで踊る人たちも!
踊っているのはどうみても普通の「おっさん」で、お相手は40代前後くらいの女性とですが、これがなかなか上手で見ていても楽しかったです。
いったい普段は何者なんだろう !?
目の前2人の女性は、昨年、東京フォーラムにもたくさんいた「両手万歳腰振りダンス」で、後半からは立ちっぱなし。
おそらく日本のライブ会場に行けばどこでも見かける女の子達でしょうが・・・、演奏する男性ミュージシャンにはきっと嬉しい存在でしょうね☆

こちらは、今回も「敬老記念感謝企画」で70才以上が無料ですから、母と一緒に座ってのりのり音楽を楽しみました♪♪♪

ちなみに、ブルーノート東京のHPで、まだしばらくの間、エディー・パルミエリの紹介が見られると思います。
興味のある方はこちらをクリックしてみてくださいね。
http://www.bluenote.co.jp/jp/sp/090922.html

by masaya-iwata | 2009-09-27 15:33 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 26日

イエ~ツ!

今日も蒸し暑い東京です。
今年は去年に比べて少ない「ライブツアー♪」ですが、2回目のツアーはMALTA。
昨晩、銀座に見に行ってきました。
e0133780_15485410.jpg
「銀座スイング」
有楽町駅すぐ側、銀座インズの2、2階にあります。
ここだけだと、なんだか寂しい町ビルの中って感じに見えちゃいますが・・・、この下の階にはHMVもずらーっと並ぶ、賑やかなファッションビルなんです。
銀座の夜景も撮っておけば良かった。
e0133780_1553341.jpg
毎日いろいろな人がライブを行っています。
真ん中上にいるのが、MALTAです!
ビジターでも見ることが出来ますが、メンバーになっていればとってもお得な値段でライブを楽しむことが出来ます。
東京に、ではなくても、日本に住んでいればメンバーになりたい「銀座スイング」ですね♪

一昨年、この場所でMALTAを見て、CDと本を買いましたが、昨年は横浜のBAR BAR BARに見に行き、やっぱりCDを3枚買いました。
今年もまた買っちゃいました。
e0133780_15583247.jpg
1stと2ndステージの合間にテーブルからパシャっと。
e0133780_15591022.jpg
この、「イエ~ツ!」のサインも5枚目となりました♪

毎年恒例になったMALTAライブ。
ご機嫌な演奏で、10時半過ぎまで楽しみました!

さて、小樽以降の「北海道ツアー」の話題はちょっと休憩します。
今週月曜にシャンプーをして綺麗になったジョンです。
e0133780_1681457.jpg


ジョンに続いて、今朝はプジョーもシャンプーです。
e0133780_1691125.jpg


綺麗になって、ロトルアのプジョーと同じ時に買っていた蹄鉄のカーバッジを装着しました。
e0133780_1610282.jpg
蝶ねじや裏板を持ち帰っていましたから、取り付けは簡単でした。
場所はぎりぎり。
ここしかない、という所にすっぽりはまりました。

e0133780_16112487.jpg
馬とライオンと、ちょっとしょぼくれたジョンです♪♪

by masaya-iwata | 2009-09-26 16:17 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 25日

開港150周年

今日も朝から良い天気。
また夏みたいな暑い午後になっています。

真狩村から小樽まで時間がかかってしまいましたが、やっと更新再開です♪
小樽運河、午後6時15分頃の様子です。
e0133780_1518459.jpg


運河脇から眺めた様子。
e0133780_15204449.jpg


小樽はお店の閉まる時間が午後6時でしたので、買い物しそびれてしまいました。
運河前の交差点からの眺めです。
e0133780_15232837.jpg
夜景だけを急いで楽しんだ小樽の夜でした。

さて、また函館に話を戻しますが、今年は開港150周年です。
こちらは、金森赤レンガ倉庫街の夕暮れ前の様子です。
e0133780_1526655.jpg

こちらは、午後5時45分頃、赤レンガ倉庫から港を眺めた様子です。
e0133780_15275975.jpg

そうそう、先日、旧イギリス領事館前で撮った赤い実の付いた木ですけど、あれは、ナナカマドでした。
漢字で書くと、七竈。
竈に七回くべても燃え残るほど堅い木なんだそうです。
バラ科という事で、実も家のつるバラのとなんだか似てました。
もう一回登場です。
e0133780_21224052.jpg


開港150周年・・・。明治維新前、幕末の時代ですものね。
1853年黒船来航、1859年「安政の5カ国条約」により鎖国状態だった日本が5つの港を開港。
2009年7月1日が函館開港150周年記念日。

同じく1859年7月1日開港。行ってきました横浜港です。
こちらは、横浜の赤レンガ倉庫。午後7時15分頃の様子です。
e0133780_155123.jpg

函館と違って、中は若者向きのファッション類のお店で、レストランの方が主でした。
この中にブルーノート東京と提携しているモーションブルーも入っています。
e0133780_1559199.jpg


赤レンガ倉庫とみなとみらいの様子。
e0133780_161229.jpg

人も大勢、とても明るい横浜の夜。
e0133780_1622893.jpg


横浜、函館と2つ訪れることが出来ました。
もしかしたら神戸にも行けるかも?

by masaya-iwata | 2009-09-25 16:07 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 21日

千の風と細川たかし♪

今朝はどんより曇り空の東京です。
でも、Tシャツで過ごせるというのは楽で良いです。

北海道続きですが、今日は函館から小樽までの道中のご紹介。

新千歳空港からのJRで、一度通り過ぎた場所ですが、
e0133780_781523.jpg

どこかというと、
e0133780_793524.jpg
こちらの別荘で作曲されたそうで、駅前の観光局ではずっと音楽がかかっていましたが、この場所では静かに景色を楽しめる、
e0133780_7104877.jpg
「千の風になって」誕生の地でもある、大沼公園ですね。

正面の山は駒ヶ岳。
クリックして大きな画面でご覧くださいね。
e0133780_7134799.jpg


この日の運転は大変でした・・・。
前日の夕食でビールと焼酎を飲みましたが(大した量ではありませんけど)、旅館の温泉にあったサウナが久しぶりなので、朝、夕方、そして夕食後飲んですぐ後にサウナへ入ったのが悪かった・・・。
水風呂をばさっと浴びたときに、頭の中でピキンと音がし、頭痛が始まりました。
10時過ぎには寝ましたけど、翌日もきつかったです。
お酒とサウナは一緒にしたらダメですよねぇ・・・。

そんな感じでお昼頃になんとか到着したのはここ。
e0133780_7204769.jpg
高台にそびえるこの建物は、
e0133780_7212311.jpg
「ザ・ウィンザーホテル」です。
「ザ」とわざわざ付けてまで書きたくなるような、威風堂々の佇まい。
e0133780_726294.jpg
サミット会場にもなりましたね。

え?泊まってませんよ。
見てるだけ、ですね!
e0133780_7265268.jpg
ロビー2階から眺める洞爺湖の景色。
お見事です♪
e0133780_7273894.jpg
普通に眺める景色が、とても普通に見えてしまいます。

洞爺湖は、面積70.4k㎡、湖周43kmのようです。(いくつか違う数字が調べると出てきますけど)
同じカルデラ湖のロトルア湖と、大きさは少しだけ小さく、湖周は少しだけ長いと、よく似た湖です。
ただ、真ん中の島が、洞爺湖の方がずっと大きく、さらに、水深もずっと深いです。
そのせいか、上から見てると周りの圧迫感もあって、ロトルア湖より小さく見えました。
でも、雰囲気はこちらの方が神秘的な感じもします。

洞爺湖から羊蹄山の西側をまわり、小樽へ向かいます。
途中通過するのは、かの有名な場所、
e0133780_737761.jpg
ちょっと雲のかかった羊蹄山ですが、ここはどこでしょう。
e0133780_7373531.jpg
記念像の土台にはこんな仕掛けが。
手形を押すと、熱唱が始まります。
歌っているのは、
e0133780_7381487.jpg
真狩村の英雄、細川たかしと羊蹄山の風景です。

そして車は小樽へと向かいました♪

by masaya-iwata | 2009-09-21 07:37 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 20日

函館が続きます

今日は朝から良い天気でしたね。
肌寒かった早朝ですが、すぐに気温も上がり、Tシャツでちょうど良い気温。
どこも行楽日和でたくさんの人出だったことでしょう。
そんな天気の中、ずっと部屋にこもって、レコード録音というインドアな一日を過ごしました。
e0133780_213215.jpg
先日作ったキャビネットに入りきらなかったレコードです。
録音も大変。
なかなか貴重なレコードも多く、どれから録音しようか悩みます。
そんなに多いという枚数ではないですけど、高校、大学とあまりお金を持っていない頃にしては、よく買いそろえたもんだと思います。
中古でなく、全部新品ですから。
ただいま録音中のレコードは、TELARC版、小澤征爾の四季です。
本当はいつもレコードで聞きたいですけどね・・・。

夕方、ジョンの散歩で夕陽を撮りました。
e0133780_21124983.jpg

今日も富士山が綺麗です。
e0133780_21132890.jpg


さて、今晩もまた、函館写真の続きをご紹介です。
15日火曜日、天気予報は曇り・雨でしたが、朝から良いお天気になりました。
e0133780_2115528.jpg
元町カトリック教会。
そういえば、日本は電線が多いですよね。
e0133780_21164369.jpg
有名な坂。
八幡坂。
すぐ近くで、男性ガイドさんが学生風のお客さん達に、「チャーミーグリーンの坂ですけど、知りませんよねぇー・・・」と話しながら案内していましたが、もう知らない人も増えましたよね!
ちなみに、右横にある消火栓、黄色い色と、このハニワみたいな形が函館独特の物だそうです。

e0133780_2121263.jpg
旧函館区公会堂。
メンテナンス中とかで、中には入れませんでした。

こちらは旧イギリス領事館前の木です。
e0133780_21221289.jpg
見事に実がなっていましたが、これは何の木だろう?
e0133780_21224052.jpg
ご存知の方は教えてくださいね。

e0133780_21231711.jpg
ここまで足を伸ばす方は少ないでしょう。
トラピスト修道院です。
e0133780_2125025.jpg
見学は予約が必要でしたし、「女子禁制」ですから、ここから眺めただけでした。
e0133780_21264171.jpg
ネイピアのミッションエステートワイナリーになんとなく似た景色です。
そうそう、レンタカーはプリウスでした。


e0133780_21281193.jpg
こちらは町からも近く、団体観光客も大勢訪れます。
e0133780_21285595.jpg
トラピスチヌ修道院。
こちらは女子修道院です。

お次は初めて上った、五稜郭タワーです。
e0133780_2130257.jpg
前回函館に来たときにはまだ建っていなかった新タワー。
高さ107m。
展望2階、90mから眺めた五稜郭公園です。
e0133780_21354768.jpg


タワー入り口の目の前にある、ラーメン屋さん、麺厨房あじさいで塩チャーシューを食べました!
e0133780_2139234.jpg

途中から崩れてきたお天気で、雨も降ってきましたが、食べ終わった頃には止んでくれました。

いったん宿に帰り、軽く風呂に入ってから買い物に出ます。
先に、函館山を回り込んだ所にある、立待岬に寄りました。
e0133780_2140835.jpg


そして、金森赤レンガ倉庫でお買い物♪
e0133780_21424062.jpg


2泊すると、のんびりでもいろいろ観光することが出来て良かったです。

by masaya-iwata | 2009-09-20 21:37 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 19日

美味しい到着♪

ただいま、レコードを録音しながら更新中です。
家にあるレコード類を埋もれさせておくのが勿体ないので、思い立ってCDレコーダーを買ってきました。
e0133780_1928870.jpg
TEACのCDレコーダー。
朝にネットで調べたときは、業務用の方がデータ用の安いブランクCDに録音できるのでお得となっていましたが、近所のムラウチ電気に寄ってみると、音楽用ブランクCDにしか録音出来ない家庭用のCDレコーダーの方がずっと安く、差額を考えてもこっちがお得かなということで、またしても即決買いでした。
財布の紐は緩みっぱなしです・・・。
e0133780_19331353.jpg
そんな感じで、時間のあるときにせっせとCD録音です。
ロトルアに帰ってからの楽しみが増えました♪

さて、北海道から美味しい荷物が到着しました。
朝一番に届いたのが、こちら。
e0133780_1939180.jpg
富良野メロン♪♪
17日の夕方、富良野のファーム富田から発送を頼んだメロンです。
まだ食べ頃まで4,5日かかります。
楽しみ!

1時間後に到着したのは、函館朝市からの海の幸!
15日の朝、北海道2日目は、宿の朝食を軽めにして、バスに乗って函館駅横にある朝市に行ってきました。
目的の一つはこちらです。
e0133780_19413457.jpg
きくよ食堂。
母と同じ名前なんですよね。
4年前に初めて来たんですけど、本当に両親を連れてくる事になるとは思っていませんでした!
記念にボールペンをいただきました♪
e0133780_1943979.jpg
やっぱり以前と同じく、うに・いくら丼!
向こうに見えるのは、イカそうめんです♪

買い物はこちらで。
e0133780_19442734.jpg

吉田鮮魚店。
前の晩、函館湾に漁り火がたくさん灯っていましたが、とれたてのイカです!
そして、「お父さんが漬けた」という、イクラ♪
すぐ近くの高島水産で買った松前漬けとウニを一緒に同封して貰い、今日の日付指定で配送手配を頼みました。
もし「不漁だったら連絡します」という事でしたが、見事なイカ達が届きました。
e0133780_19511710.jpg
本当は7杯入っていました。
写真を撮る前に2杯ご近所にお裾分けしてしまいました・・・。
e0133780_19532136.jpg
クール宅急便で全部見事に届きました。
やっぱり日本人の商売は信用できます・・・!

夕方に姉がやってきて、イカをさばいてくれました。
e0133780_1954397.jpg

すごーく新鮮。当たり前ですけど!
e0133780_19551070.jpg

着々と解体作業が進みます。
e0133780_19554723.jpg
後日塩辛も作ってもらいます♪
e0133780_19562127.jpg
さあ、これからお刺身です♪♪♪

by masaya-iwata | 2009-09-19 20:07 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 18日

百万ドルの夜景♪

北海道旅行から帰ってきました!
飛行機のチケットを取ってから予定が変わったため、千歳に降りてからスーパー北斗で函館へ向かうという、ちょっと無駄な動きをしましたが、電車の旅もまた良かったです。

帰ってすぐの今晩は、函館での数枚をご紹介します!

宿は「平成館しおさい亭」。
部屋の窓からの眺めが最高です。
e0133780_2042310.jpg
午後5時20分、夕陽に光る、函館山です。

その少し前、チェックインして少し経った頃、窓の周りをうろつくカモメ達に気がつきました。
e0133780_20441654.jpg
「こんにちは。」
ロトルアとちょっと違うカモメ君。
ばっちり目が合いました♪

まだレンタカーを借りる前だったので、宿のオプションでの函館山夜景ツアーに行ってきました。
短い時間でしたが、バスでの道のり、ガイドの説明を聞きながらのナイトツアーです。
普段自分がしゃべっている訳ですけど、こうやってガイド付きのバスにお客さんとして乗ったのは初めてだったかも?
20才そこそこ?の可愛いガイドさんが「一生懸命ご案内させていただきます」と熱心にやってくれると、普段の自分のガイドでは、お客さんに申し訳ないよなぁーと、妙なところで自信を無くしました・・・。

まあ、それは置いておいて、説明によると、日本三大夜景といえば、函館、神戸・大阪、そして長崎だそうですが、世界三大夜景も、函館、そして、ナポリ、香港なんだそうです。

そして、ロープウェーに乗って、函館山からの百万ドルの夜景(半分・・・)です!
クリックして大きな画面でご覧くださいね。
e0133780_20511350.jpg
何しろ、びっしりの人混みをかき分け、三脚も使わずに撮った写真にしては、まあまあの出来じゃないでしょうか!?

こちらは、翌日、金森赤レンガ倉庫での夕暮れの写真です。
こちらも、撮影スポットで人が大勢(ほとんどカップルでしたが・・・)。
e0133780_2056384.jpg


こんなところで、今日はこの辺で!
今まで食べ過ぎ(飲み過ぎ)でしたので、今晩は簡単にこれから夕飯。
ヤキソバにビール・・・♪

by masaya-iwata | 2009-09-18 21:03 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 13日

日曜大工♪

帰省してから1週間経ちました。
晴れ曇り雨と、いろいろ天気が変わりましたが、今までの9月より涼しい毎日ですね。

先週の日曜ですが、帰省早々、最初の買い物は八王子のムラウチ電気でした。
今は、ムラウチジョーシンと変わったようです。
ステレオにつなげていたCD・MDラジカセが壊れていたので、新しい物を探しましたが、せっかくアンプがあるので、ラジカセではなく、コンポにしました。
実家では、MDもよく使っているようなので、CD・MDプレーヤーとなると、選択の余地がなくなります。
e0133780_1138183.jpg
MARANTZのCM6001
39,800円
NZドルにすると、650ドルくらいかな。
旅行中の身ですから財布の紐はとっても緩いですし、オーディオ製品は節約対象外!
ポンと買ってきました。

さて、セッティングするとなると、部屋の大掃除をしたくなります。
ベッドのある部屋なので、埃もものすごい状態。
いったん全部引っ張り出し、徹底的に掃除をして配置換えを敢行しました。

そこで必要になるのがキャビネットです。
日本の楽しい場所、ホームセンター。今年もやっぱり足を運びます。
e0133780_1147138.jpg
キウィも工作好きですけど、日本は物の量が遙かに違いますからね。
e0133780_11475659.jpg
「毎日が日曜状態」ですから、今年も日曜大工です。
e0133780_11495758.jpg
日本が良いなと思うのが、このカットサービス。
NZでも、自分で電動のこぎり台を買えば良いんですけど、正確に切るためには、かなり大がかりな機械が必要ですものね。
そんなにしょっちゅう工作する訳じゃないので、高い機械を買うのはちょっと気が引けます。
その点、日本ではとっても気軽にカットを頼めます。
しかも正確です。
昨年ロトルアで、同じようなサービスを頼んだら、1カット1ドルで誤差1mmは平気でありましたからね・・・!
こちらは1カット50円、そして正確です!

さらに羨ましいのが、大規模ホームセンターがいくつもあります。
玄関の靴箱のヒンジが壊れていたので、新しいのを探しましたが、カインズにはなかったので、他の店に行こうとしたら、通り道にこんな大きなショッピングセンターを発見。
e0133780_11563722.jpg
実家から多摩ニュータウンはすぐ近くですから、とても便利です。
e0133780_11573131.jpg
こちらはホームセンターコーナンです。
e0133780_11581070.jpg
カインズもすごいと思ってましたが、こっちはさらにすごいです。
NZと比べると、日本は合板の品揃えが良いですね。
ただ、今回は、安く仕上げようと思って、MDFボードにしましたが、MDFボードはNZの方が品揃えが豊富です。
e0133780_11594095.jpg
工具を見てるとうきうきしてきます。
ほんと楽しい場所だなぁ。

e0133780_12049100.jpg
さて、昨日の夕方ですが、レコードキャビネットの製作開始。
MDFボードも、NZのより綺麗かも?
e0133780_121345.jpg
何十年ぶり?に、のみを引っ張り出してきましたが、刃がぼろぼろでしたので、研ぐのに時間がかかりました!
座ぐりなんて懐かしい作業も。
e0133780_1285245.jpg

とんとん作業は進みます。
板取の都合で、裏板と片側の側板を2分割にしました。

e0133780_12104060.jpg
去年の10月、日本から買って帰れば良かったと思った、「日本のかんな」です。
新しいのを買ってきました。
2枚合わせの板がぴったり揃わないので、かんなで微調整。
やっぱり日本の工具は良いです!
紙ヤスリで仕上げをして。
e0133780_1213384.jpg
出来た!

色は面倒なので、このままで。
e0133780_12135685.jpg
下にあるのは、昔からのキャビネット。
上が作ったばかりのキャビネット。とりあえず何枚か入れてみました。
まだ入りきらないレコードがたくさんですが、これで大分すっきり整理出来ます。
右側のアンプも、コの字型に簡単ラックを作りました。
アンプとレコードプレーヤーは大学生の頃に買った物。テープデッキは高校時代です。
全部現役、使い勝手よく復活しました!
オーディオの詳しい紹介はまた今度しますね。

さて、明日から旅行に出るので、次の更新は金曜の夜になるかも?
しばらくの間、お別れです。
それでは、また♪♪

by masaya-iwata | 2009-09-13 12:37 | 日本 | Comments(0)
2009年 09月 12日

ブルーノート東京♪

今日は曇り空の東京です。
午後は雨になるのかな?
今年は少し帰るのが遅かったので、蒸し暑い日本の夏を逃してしまい、ちょっと残念です。

一昨日の夕方からですが、毎年恒例行事になった「ブルーノート東京」へ行ってきたので、そのご紹介です。
場所は表参道。
B3出口を降りてすぐの所に、カレーうどんの店があるんですよ。
e0133780_8134743.jpg
「カレーうどん千吉」
値段も700円くらい。
ご飯も付いてきます。なかなか美味しいんですよ。
ブルーノートでも食事出来ますけど、先にこっちで腹ごしらえしちゃいました。
e0133780_817194.jpg
都会の空も綺麗です。
てくてく歩いて、到着!
e0133780_8175150.jpg

昨年と違って、今回は人も少なめ。
開場時間5時半ちょっと前に着きましたが、7番目の入場です。
今回も、1st、2nd、両ステージ予約なので、2ndの方は2番目の整理券でした。

開演まで1時間半弱です。
何か注文しないと格好悪いので、ビールとおつまみを。

e0133780_8315165.jpg
ハイネケンの生ビールが来たとたんにハプニング!
テーブル上のキャンドルライトに引っかけたのか?お盆から盛大に生ビールを直撃されてしまいました!
かなりの量でジーンズと服がびっしょり。

「申し訳ありません」と丁重にお詫びしてくれますが、紳士服のコナカとイトーヨーカドーファッションに身を包んだこちらも、「大丈夫ですから」と恐縮です。
なんて、コナカ・イトーヨーカドーもおしゃれファッションですけど!

e0133780_832249.jpg
タオルをたくさん持ってきて貰い、拭いてなんとか大丈夫。
そのまま開演を待ちます。

なかなか埋まらない座席ですが、外人2名が、相席でという事で隣に来ました。
こういう所で「外人」を見ると、ミュージシャンに見えてきます。

何となく耳をそばだてていると、発音はアメリカ人。
その内、一人が居なくなり、残りの1人と話してみると、英会話学校の先生という事でした。
ロサンジェルス在住、大学はオレゴンを出たと言うことで、自分のアメリカ時代と話が合いました。
そして、今日のメンバーのピアニストとは30年来の友達との事。
・・・で、今、横に座っていた人がそのピアニストだったんです!

実は、今日のメンバー、サックスのアーニー・ワッツ以外は知りません・・・・!
e0133780_984521.jpg

チャーリー・ヘイデン・クァルテット・ウェスト-CHARLIE HADEN QUARTET WEST
ピアニストは、右から2番目のAlan Broadbent アラン・ブロードベント
実物は写真よりずっと若く、もっとスリムでした。
リーダーでベーシストのチャーリー・ヘイデンは、とても有名な人なのでしょうが、おそらく地味なプレーヤーかな?という感じで、自分は全く知らず・・・。
いやいや、勉強不足でした。
そのチャーリー・ヘイデンは、一番左の人ですが、写真よりはもうちょっと年配。
72才ですからね。
演奏は、やっぱり地味目で、1stステージは、正直途中で寝そうになりました・・・。

2ndまでの合間、やっぱり夜の方が雰囲気があります。
e0133780_9152789.jpg

受付で、ピアニスト、アラン・ブロードベントのCDを買いました。
再度会場に入り、先程と違う席に座り、きょろきょろ見ていたら、横の方にいました。
アランと、先程の英会話学校の先生がテーブル席の横で立ち話をしています。
係の人に急いでペンを借りて、CD片手に挨拶に行きました。
英会話学校の先生に話しかけたのですが、最初に応じたのは、影で見えなかった座席に座っていた、「御大」チャーリー・ヘイデンです。
CDを見るなり「お?サインかー。ハハハ」という感じで鷹揚に答えてくれたのですが、これはまずい・・・!
買ったCDは、彼のではなくて、ピアニスト、アランの方です・・・。
e0133780_935476.jpg

もごもごと、何かお詫びの説明をしてる間に、チャーリーも「なんだ、アランのCDか!」とアランを指さし、アランが「そうそう、おまえは引っ込んでろ」みたいに冗談で言ってくれたので助かりましたが・・・、すごく失礼な事をしちゃいました・・!
ちゃんと、御大のCDも買っておけば良かった・・・。

ま、ともかく、アランは、「それは嬉しい事をありがとう」と、とても喜んでサインをしてくれました。
e0133780_9362223.jpg
ボールペンだったので、下手したらいたずら書きに見えちゃいますが。
滅多に無いことですが、良い経験になりました。

そして、係の人にペンを返すと、ホールチーフの女性社員の方が、「先程のお詫びに」と、ボックスシートに案内してくれました。
自由席より後方にあり、一段高いところのフカフカ革張りソファーの座席です。
今まで、「やっぱりステージ近くが最高」と思っていましたが(ステージ近くは全部自由席です)、完全に間違いでした。
最高なのはボックスシート。だてに高い訳じゃありません!
何より、音響が抜群に良いです。
音響効果を考えたコンサートホールと違い、ライブハウスはコンクリートむき出し、PA(スピーカーシステム)で固められた会場内は、いくら音響を考えているとはいえ、楽器からの直接音と、PAからの反響とで音が濁ります。
その点、ボックスシートにチューニングされた、とても高そうなJBLスピーカーから、完璧な音が聞こえてきます。
演奏も、最終日の最終ステージという事で、これまた最高。
1stよりも大満足な結果となりました。

e0133780_10134825.jpg
演奏終わって帰る前、ボックスシートからステージを撮りましたが、まだ会場内が暗すぎました・・・。
そこで、ブルーノート東京のHPから写真を拝借します。
e0133780_10145631.jpg
こんな感じ。
危険な場所を知ってしまいました・・・!

そうそう、演奏ですが、テナー・サックスのアーニー・ワッツは、確か?昔、「ミスター・プラクティス」とも呼ばれた「練習の鬼」な人。
今回も、豪快かつ繊細に吹きまくります。
通常のテナー・サックスの音域よりも高い音から一気に最低音まで淀みなく吹ききるのはさすがです。
ピアノのアラン・ブロードベントは、繊細かつ華麗なタッチ。
ちょっと演奏スタイルがビル・エバンスに似ています。
そして、多分ですけど、クラシックもやっていたのでは?という感じで、曲調がメロディアスに変わると、手首がクラシックピアニストのスタイルになっていました。
とても上手なピアニストです。
CDも買って良かった♪

ちなみに、今月9月は、「敬老の日」ご招待プランとなり、70才以上のミュージック・チャージが無料になります!
e0133780_10374310.jpg
今年も、昨年に続き、母を連れてのブルーノート東京でした♪♪

by masaya-iwata | 2009-09-12 10:37 | 日本 | Comments(0)