<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

さよならの前に☆5分間のショータイム♪

最後になって、ほんと慌ただしくなってます。
リハビリ病棟の個室が平和すぎたんですね。

昨晩、寝る支度を終え、スヤスヤ体制に入ったところで、何やらわさわさ声がしたと思ったら、突然ベッドに、カーテンの向こう側から、ドシンと衝撃・・・。

もう、いったい、患者をなんだと思ってるんだ・・・!

一人だった部屋に、他の病室からベッドごと患者さんが入ったようです。
しばらく後に静かになり、スースーその人の寝息も聞こえてきました。

今の自分の、患者としての状態は、睡眠もとても大事なんですけどね・・・。
今までの自分の移動時間も、変な時間に唐突でしたし、患者より病院事情が優先されるのは、どこも一緒なんでしょうね。

それもでも、采配しているのは「人」なんですから、その「人」に、もっと思慮があれば、物事スムーズに進むものだと思います。
こういう「人」としての資質って、家庭、教育、社会含めて、子供の頃からの、小さなひとつひとつの積み重ねで形成されていくものですよね。

話が逸れついでに、先に話題にしてしまうと、今日の朝から担当のナースさん、マオリのお姉さん看護師さんですが、良く言えば気さくな人、悪く言えば雑な人って感じ♪
ざっくばらんな人だから、本音会話だったのでしょうが、

『無くした物は出てきた?』

「無くしたんじゃなくて、盗られたんだよ。」

と答えると、

『あー、この人じゃないけど』と、夜中に目の前のベッドに入った患者さんを指さし、

『この人じゃなく、ここに居た、マオリの若い患者、あれが犯人だよね』って、いともあっさり。

『でも、犯行を証明できないから、どうしようもなくてね』って。

証明の仕方はいくらでもあると思いますが、まあ、それはもう、どうでも良いので置いといて、

「入院は繰り返してるの?」

『皮膚疾患で、何度か繰り返し入院していて、あの兄弟も悪いんだよね』って・・・。

なんだ、常習犯って事ね・・・。
他のナースさんも、気付いてはいても、誰も言いはしなかった事です。
(盗られる前の)予感と(盗られた後の)予想が当たっていました。

今回見事に、そのタイミングにはまってしまった訳です。
もう、特にブログの話題にしようとは思っていませんでしたが、朝の会話でなんだかまた思い出しちゃいました。

それにしても、病人から泥棒ばかりしてるから、厄まで盗っちゃって自分の病気も治らないんでしょうねぇ。
良いおばあちゃんに恵まれなかった、可哀想な人です・・・。

友達連中もなんだか臭っていて嫌な雰囲気と書きましたが、お見舞いの中には、お母さんみたいな人も一緒に居る事もあったんですよね。

本人とも話してますが、人はそんなに悪くはない。

そう、もう、これは善悪の問題じゃなくて、習慣、育ち、環境なんですよね。

この話を語ると長くなるので、はしょります。
「パパラギ」の話から、南国の人達の慣習、物質文明との対比、その辺りの意見を書こうかと思いましたが、ご自身でご想像ください。

「人の物が欲しい」、人間の原始的欲求だからこそ、昔から宗教でも、「人の物は盗るな」と戒められてきたんですよね。
でも、環境によっては、この考えに道徳観は伴わなくなります。
ある意味、マオリもそう。
常識あるマオリの人も多いのですし、通常の生活ではそういう人達との出会いの方が多いのですが、、残念ながら、まだ多数は違います。
それが、学校で頻発する子供達の盗難事件の根でもありますし。
このように育っているので、本人に罪悪感はほとんど無い。
なので、その部分を抜かせば、悪い人間でもない。
下手をすると、「素朴な人達」と、肯定的に受け取られます。
これは問題ですよね。

これを正すのが教育です。
ところが、これも一般的に言われている事でもあるので、私見というだけではなく、語弊はないかと思いますが、征服国「イギリス」に、そこまでのモラルは、残念ながらありません。

日本人のモラルは素晴らしいですよ。
なのに、いつまで、今の政治、教育、社会、マスコミ、宗教、日本人は許しているんでしょう。

ついでに、もう一つ、
「自然の豊かな国に暮らす人の心は、必ずしも豊かとは限らない」

日本人は、もっと自分たち民族に誇りを持ちましょう。

物質文明、大いに結構な事です。
物を考え、生みだし、制御し、そして大切にする。
物を大切にする心、人を思いやる心も、そこから始まると思います。
と、はしょっても、長くなりました。

今朝は6時前にいつもの検査。
夜明けの空が窓の外で綺麗に動き始めています。

まだ退院は明日ですけど、さよならの前に、記録に残しておこう。
外科病棟の一番奥、ラウンジには、まだ看護ベッドがありましたが、今朝は誰も居なかったので、開かない窓ガラス越しに、外の景色を撮りました。

やっと、本題開始♪
今日は、大きなサイズの連発ですよ!

午前7時25分、日の出前、
クリックして大きな画面でどうぞ(CLICK)♪
e0133780_15584176.jpg
外は寒そう。
湖面に薄もやが立ちこめています。
病院内は、サーマル・ヒーティングで快適。
Tシャツに膝丈スウェットですからね。

e0133780_163512.jpg
2月の遊覧飛行の様子も、早く特集でご紹介しないといけないですね!

e0133780_1654189.jpg
オヒネムツ、セントフェース・チャーチも湯気もうもう。

26分、いよいよ朝日が顔を出しました。
e0133780_1671569.jpg


もうちょっとアップで。
e0133780_1675546.jpg


さらにアップで。
こちらは、クリックの大きな画面でどうぞ(CLICK)♪
e0133780_1691834.jpg


27分、朝日の道しるべ。
こちらも、クリックの大きな画面でどうぞ(CLICK)♪
e0133780_1614554.jpg


28分、さらに顔を出す朝日。
こちらも、クリックの大きな画面でどうぞ(CLICK)♪
e0133780_16164236.jpg


湖面に作られた未来への道♪
e0133780_16205939.jpg
空へと続いています♪

30分、完全に朝日が顔を浮かべました。
こちらも、クリックの大きな画面でどうぞ(CLICK)♪
e0133780_1625041.jpg


午前7時半、ロトルア湖の景色です。
こちらも、クリックの大きな画面でどうぞ(CLICK)♪
e0133780_16391252.jpg


我が家から、夕日は見られますが、朝日は大分昇ってからになります。
こんな機会も滅多にない事でした。
本当は、家に帰って、iMac で写真を載せた方が綺麗なのですが、ロトルア病院最後の夜、ここからアップでした♪

今日はリハビリも散歩もやめておきました。

8時半前、昨日の「にべもない」ナースさんがまたやって来て、非常に感じ悪く、

『今日退院になったから』ですって・・・。

こっちは人間、患者なんです。

「それは無理、もう、昨日の段階で、明日の退院と、手配連絡を済ませたから、だめ」
と断りました。

それでも、ぶつぶつ『どうして?』などど言ってましたが、そんなの知った事じゃないです♪

『なら、明日の朝には退院ね』って事で、明日になりました。
当たり前だろうが!

このナースさん、何かに似てると思ったら、ネコ娘に似てました♪

回診の前に、帰る前の質問事項と思って、途中まで考えていた9時前、昨日の新しい先生がやって来ちゃいました。
リチャードは来ないようです。
持ち帰りの確認をしたり、PEGチューブの様子を再確認して貰ったり。
先程のネコ娘ナースさんとの会話を報告したら、その先生は、

『もちろん退院は明日だから、こっちからも言っておく』との事。

何しろ、ドクターだって、退院の予定を伝えるだけで、肝心のこれからのプランの説明をしないんですから。
おそらく、そういう事を、明日にまとめて伝えるつもりなんで、今日はドクターも準備出来ていないんでしょう。

つい、日本人的感覚で、先に予定を見越して考えてしまう癖が、未だに抜けず、NZ人に対してもそのように接してしまいます。

朝退院といっても、手続きその他、きっとのんびり待ち時間あるんでしょう。

いずれにしろ、忘れ事項無いよう、考えておかないといけないです。

ちなみに、今日の午後部品が届き、状況を知らせるとメール連絡の入った三菱からは、何も届きませんでした・・・。
あー、そんなもんです、NZライフ。

さ、今日はバリバリ、と思っていたのですが、とても眠いです。
その後、流動食を摂りながら、DVDドラマの最終回をぼっと見て、お昼過ぎ、うとうとから活動しようかなという時、お子さん達の風邪も回復し、やっと時間が出来たと、友達が来てくれました。

ちょうど、退院のメール連絡を書き始めようとしていた時でした。

お子さんと一緒に作ってくれた折り鶴♪
e0133780_16585886.jpg
どうもありがとう・・・。
とっても嬉しいです。

明日は手伝いの友達が居ると伝えましたが、都合良ければ一緒に手伝いに来てくれるとまで・・・。
ありがたいです、本当に。

それから、退院メール連絡。
思い付く限り、次々とメールを書いて送信。
かなり時間がかかりましたが、退院後に来ていただいたら申し訳ないので、漏れの無いようにと、帰省中のガイド友達にも送信しておきました。

早めの更新と思い、写真処理を終えた所で、「もしもーし」と声が。
ついさっきメールを出した、ゴルファー友達も、ゴルフ帰りに様子を見に来てくれました。
最後の夕方に会う事が出来、これからは、町への寄り道で、こちらが遊びに行くようになるかな。

本当に大勢の皆さん、長い入院中に支えていただき、ありがとうございました。

さて、これから5回目の流動食とシャワー。
その後、荷物整理もしておかないと。

昨晩入ったおじさんは、午後に退院されました。
なんだかこの部屋、退院部屋みたい!

今日中に退院と言われた割に、部屋はまた一人。
ベッドは空いてるじゃないですか・・・。
一人部屋で、夜に荷物整理になりそうです。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

あと一晩。
ロトルア病院、ありがとう。
もう少しよろしくね。
今日もありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-31 17:33 | 闘病 | Comments(0)
2011年 05月 30日

いよいよ放出☆発射♪

同室の病人は、こうあって欲しいっていう典型のような、ほんとに良いマオリのおじいさんで、夜中はいびきもまったくなし、お見舞い家族も良い人達、適度に話をして、いつもニコニコ。
昨晩は少し早めに寝て、夜中何度か起きましたけど、安心感もあり、いつもより良く眠れました♪

そのおじいさんも、先程退院され、今晩も一人の夜になりそうです。

今朝はちょっと曇り空。
朝日が隙間から覗き、空が少し赤くなった7時45分。
e0133780_14304485.jpg
ツバメも飛んでいます♪
すぐ下は、カフェ。
結局ここでコーヒーを飲む事は一度も無かったです。

体調は悪くありませんが、なんだか体がだるい朝。
首も意識して持ち上げ、ちゃんと安定して歩けますけど、腕がとても重くてだるい。
少ない筋肉で体を動かせるようになったので、動くたびに心拍数も上がり、運動量も多くなります。
そのせいで、体も疲れるんでしょう。
多分これは良い傾向ですね。

リハビリはしっかり。
1時間ゆっくり運動をして、薬の時間。
外は曇っていますし、回診が何時来るか分からないので、散歩はやめて、ベッドでうとうと音楽でした。

ドクターが来たら、いろいろ話す事を紙に書いておこうかなと思いながらも、つい何もせず。
眠いなーと、12時過ぎ、かなり、ぼーっとしている時に、突然リチャードが、新しい先生連れて回診にやってきました。

「今日はちょっと眠いけど、体調は良いよ」と話すと、

『何で眠い?夜に眠れない?』
と聞くので、

「2時間置きくらいにトイレに目が覚めるのは、入院して以来の事で、習慣になっているから、それは問題ないけど、今晩はいつもより少し良く眠れたから、逆にちょっと眠くなったんだと思う。」

と、話しました。

「いつもより少し良く寝たら、体がほっとしたせいか、急に疲れが出た」
こういう意味で、すぐに理解できませんか?

割合、日本人同士だと、こういう会話ですぐに通じる気もしますが、自分の場合だけかな?

とにかく、リチャードには全然通じず、しかも、細かいニュアンスを話す状態には、まだ体が無理なので、リチャードも、意味不明となると、すぐに話をスルーしちゃいます・・・。

まあいいやと思い、とりあえず自分の体調を上から説明。

「耳、詰まったまま。」
すぐに器械で検査してくれ、異常は無しって事。
やはり耳抜きが出来ないので、練習で鼻を摘んで息を詰めてみたりと、気長に待つしかない。
この耳のせいで、人の話が聞きにくく、自分の声も反響して、相手に伝わっているか良く分からず、とっても不便な状態です・・・。

「喉、まだ痰や唾液が絡む。」
「咳が前より出るようになった。」
これは話したんですけど、なんか忙しいのか、ほとんど無視されました。

「右胸、たまに圧迫感を感じる。」
聴診器を当てて診てくれましたが、異常なし。
肺炎になっていたらどうしようと思いましたが、その心配は無かったです。

「胃、たまにぎゅーっと絞られる感じになる。」
PEGチューブからの漏れが治りませんが、これはこまめに拭き取るしかなさそうです。
ガーゼを当ててなるだけ乾燥させておくようにと。
仕方ない。
胃のストレス感も、しばらく我慢しかないようです。

あとどのくらい、食べるの挑戦しないで、我慢していた方がよいか聞いたら、
『2-3週間くらい』と、あっさり、がっかりさせる返答を貰いました。

2週間後くらいに、前回不合格になった、
Videofluoroscopic Swallowing Study (VFSS)
嚥下造影検査を、また受けてからって事で・・・。

「足や喉のリハビリ、もうフィジオの人が来てくれないけど、新しい運動も採り入れたいから、また話がしたい」

と、話をしたんですが、いきなり、リチャードは、

「We will discharge you on Wendnesday」ですって。
「水曜に退院です」って事です。

『それ以降は外来で来てやりましょう。』

また話が飛びます!
外来で来て、リハビリをするって事か・・・?

うーむ、車がまだ、いつ三菱から戻ってくるか分からないし、どうしよう。
急にまたややこしい話しを振ってきますから、考えるのが面倒になりました、というか、考えても意味無いです。

退院となると、薬、流動食、その他いろいろ持って帰る物や、聞かなくてはいけない事もたくさんの気もしますが、そういう話はいつするんだろう?
なんとなく、リチャードは、外来で次は2週間後くらいに、とか、さりげなく言ったような気もするし。

あー、病人にはもっと段取り良く、分かりやすく言ってくれ・・・。

お客さんの事なら徹底的に聞きますが、自分の事だと、もう、反響する自分の声でも話すのがめんどくさくなり、まあ、なんとかなるでしょう、と、話を切り上げました。

そう、もう一つ、プレドニゾンの分量を、そろそろ減らせないかと聞きましたが、
『12週間は同じ分量で』
という事でした。

あと4週間ちょっと、ステロイド剤は、日本の服用量を超えた、パワフル療法が続きます。

リチャードは、どうも今日は忙しいようです。
気もそぞろという感じで、去っていきました。
それだけ、容体も良いという事でしょう。

血液検査の結果ですが、血液中のタンパク質、確か、アルブミンとか言ったような気がしますが、間違っているかもしれません。
数値の意味も分かりませんが、一般の人が40のところ、現在37。
タンパク質の状態も、ほとんど正常に戻っているとの事。

それからCK値は、100まで落ちたそう。
もう、血液の状態は、完全に通常に戻ったと言えます♪

果たして、明日は回診に誰が来て、どうなるだろう?

ちょうど同じタイミングで、三菱からメールが来ました。
『部品は明日の午後に届く、見積もりは届かないと分からないので、また連絡する』って事でした。

肝心の、出来上がりの予定が分かりません。

折り返し、
「退院が水曜の予定だけど、水曜に出来上がりますか」という事を含めて、いくつか連絡しました。

水曜日に車が出来れば、退院、車、クレジットカード、支払い、免許証再交付、全部一気にやるしかないかな・・・、と思ったんです。
忙しそうだけど、なんとかしないと。

ただ、それでも、水曜が忙しければ、退院を木曜にずらしたりも簡単だと思っていたんです。
ところが、ちょっと後に、ナースさんが来て、
「You will be discharged on Wednesday」と、また話が始まりました。

この時の目的は、帰宅した後、ソシアルワーカーという、身の回りのお世話をするサービスを必要とするか?という話でした。
以前ならともかく、今は料理の心配はいりませんし(2-3週間も・・・)、掃除と言っても、そんなにこまめに掃除の必要はなし、洗濯も、部屋やデッキに干せば問題ないし、シーツも替えがありますから。

考えたら、「必要ないな」という事で、返事しました。

「三菱次第では、水曜じゃなく、木曜に退院の方が都合が良いかもしれないので、出来たらそうしたい」と、話すと、

『病室のベッド数が不足する場合もあるから、それは分からない。必要ならタクシーの手配も出来るから』と、にべもない返答です。

ロトルア・ジャングル病院、もう本性見えてますから、これは今回、ほんとに「放出」「排出」にかかっているな・・・。
もう、水曜は決定的そう。

この予定で進めていくしかないです。

ちなみに、先程からの英語。

discharge

たくさん意味がありますが、
放出、排出、免除、解任、荷下ろし、放電、そして発射なんて意味もあるんですよ。

文字通り、病院から、どっかーんと、追い出される語感の英語ですよね!

もちろん、「退院する」っていう場合にも使われる、ちゃんとした英語で、今回こういう表現で使われると、入院してから初めて知りました。

そんな事を考えながら、少し寝ようかなと思った2時半前、ハンドルロックの友達がふらっと寄ってくれました。

状況を話すと、
『一日で全部やるのは無理ですよ!』と、一言。

水曜日は空いているそうなので、その日は退院だけにして、友達が家に送ってくれるとの事。
車は、別の日にあらためて取りに行くという事で。

考えたらその方が良さそうだ。

すぐにまた、三菱にメール。
水曜日でなくても、そちらの予定に合わせて構わないと。

そして、近所のおばさんにもメール。
三菱に車を取りに行く時、都合の良い時間に、送って欲しいと。

段取りはとりあえず終了。

そんな訳で、水曜退院・ディスチャージ計画、いよいよ発射♪

なんて言っても、ちっとも「祝退院♪」という気分ではありませんよね。
治って病院を出て行く訳ではないですし、まだ体もちゃんと動かず、病院の方が安心とも言えるし。
あくまで、「勇気ある撤退♪」って感じでしょうか?

入院翌日から、『来週には退院』なんて言われ続け、いつ家に帰されるか、ずっとびくびくもしていた訳ですし、最後にいろいろ・・・とね・・・!

そんな訳で、ほんとの「おめでとう」は、来年、ロトルアマラソン完走を果たしてからでしょうか♪
それまでこの言葉は取っておきますね!

それにしても、腕がだるいです。
すっかり筋肉も落ち、見るも情けない細腕・・・。
e0133780_17244849.jpg
ツバメも飛び回っています。
この細腕でも、シャンプーも出来るようになったし、着替えも大分楽に出来るようになりました。
頑張ってくれています。
しっかり筋肉増殖、高カロリー高タンパクで、力を貸してあげないと。

ところで、家から古いDVDドラマを持ってきていますが、こんなのを見ています。
e0133780_17305128.jpg
「世界の中心で、愛をさけぶ」
2004年のドラマなので、もう7年近くにもなるんですね。
以前見た時にも、印象には残ったと思いますが、本質はきっと見えていなかったセリフ。

「何かを失うことは、何かを得ること」

今回見ていて、何度か繰り返されるこのセリフが、大きな実体を伴って胸に突き刺さりました。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

午前中、日本人のカウンセラーの方が、様子を見に来てくださいました。
午後もタイミング良く友達が。
そして明後日にお世話になります。
皆さんに、本当に良くしていただき、今日も感謝の一日でした。

明日は、荷物整理や、家に持ち帰る必要事項など、いろいろ考えないと。
あと二晩。
ありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-30 18:03 | 闘病 | Comments(2)
2011年 05月 29日

ツバメの助けを♪

静かな夜は、まあまあの睡眠。
今朝は少し早めにカメラを持って2階へ。
e0133780_14541724.jpg
7時29分。
もうちょっと早く撮りたかったんですけど、今朝の目的の場所、入院当初にも撮影した、外科病棟の一番奥にあるラウンジに入ろうとしたら、何故だかラウンジに看護ベッドがあり、人がソファに腰掛けていましたので、遠慮しました。

それにしても、今日は見事な空♪

体調もまずまず。

撮影の前、7時前くらいに、突然ルームメートが入りました。
他の病室から移ったそうですが、糖尿病のマオリのおじいさん。
話をしましたが、感じの良さそうなおじいさんで、オヒネムツ生まれ、ずっと住んでいるそう。
以前ヘリコプターをしていた頃の、マオリの家族の事を話したら、やっぱり知っていました。
ウルウェラ国立公園、ルアタフナ、マウンガポハツの話などもしたら、

『日本人なのに、良い経験してきたね♪』

と、嬉しそうに会話が弾みましたが、途中で、

『耳が糖尿で聞こえにくいから、良く分からない』って・・・。

こちらも、途中から(英語の)マオリ発音が分かりにくくなり、お互い、話半分で会話してました♪

あと1個ベッドが空いています。
明日、月曜になって怪しい患者が戻ってこなければ良いんですが・・・。

リハビリ運動をしっかりして、薬の時間。
早めに散歩に行った方が良いなという予感で、9時過ぎから外へ。
同室のマオリおじいさん家族がお見舞いに来ていますが、皆、感じ良い人達で安心。
共同部屋の病室は、いつも、こうあって欲しいですよね。

e0133780_15113995.jpg
平日はいっぱいの駐車場もがらがら。
日本の病院も週末って空くんでしょうか?
他の病室もたくさん空いています。
週末だから入院せずに家に帰るって、そういうもんでしたっけ、病院って!?

今朝は逆コースで、ゲートに向かって下っていきます。
途中から上に回り込み、北東側の一番奥へ。
e0133780_1516128.jpg
ガゼボから、ロトルア湖の眺め。
もろに逆光ですけど!

振り返ると、ここは丘の頂上です。
e0133780_15184314.jpg
測量点が設置されていました。

少し奥の、高くなっているところから、ロトルア湖とモコイア島の眺め、
e0133780_15224581.jpg
9時25分。

南側、給水タンク、
e0133780_1524574.jpg
ずっと遠くの丘の上が、ティヒオトンガの住宅地。
ポリテクの上にあります。

その左側、湯煙は、
e0133780_1527227.jpg
テプイアのポフツ間欠泉ですよ♪

ぐるっと歩いて、リハビリ病棟前を通り北西側、
e0133780_15293221.jpg
手前で湯気のたくさん上っている辺りが、マオリおじいさんの住む、オヒネムツの住宅地です。
遠くの半島が、一昨晩退院されたおじさんの住む、カワハ・ポイントです。

今朝は風もほとんどなく、とっても良い気持ち。
皆さん最高の日曜を楽しまれた事でしょうね。

部屋に戻って2回目の流動食を摂ろうとしたら、予感通り♪ お刺身おじさんがお見舞いに来てくださいました。
もう、初めて来てくださってから、3回目の日曜日なんですものね。
来週の日曜日、自分はどこにいるのだろうなぁ・・・。
今日もありがとうございました!

昼寝の後は、古いDVDドラマを見ながらぼんやり。

この病室の窓の外は、ツバメがたくさん飛び回っているんですよ。
カメラに収めるのが難しいのですが、ひっきりなしに、たくさんのツバメ達が自由自在にツバメ返し。
e0133780_15373641.jpg
たくさん飛んでいる様子を収めるのが、とっても難しいですけど・・・。
午後2時半過ぎ、ドラマを横目に、ツバメを狙ってみました。

e0133780_15392660.jpg
『スーイ』

e0133780_1541481.jpg
『ヒラリ』

e0133780_15424258.jpg
ジェット機みたい♪

e0133780_1543452.jpg
『ヒュイーン』

そう、飲み下す事を、「嚥下」って書きますよね。
口偏に「燕」です。

英語で飲み込む事も、「Swallow(スワロー)」
スワローは、ツバメの意味もありますよね。

調べてみると、英語の由来は、両者に関連性はなく偶然であり、漢字の方も同じく、「えん」という音を借りただけの事のようで、「咽下」と表記もするようです。

偶然とはいえ、同じ「ツバメ」ですし、親鳥が旺盛な食欲の雛に餌を与えるところを連想もしますよね。
これだけのツバメが、こんなに近くをたくさん飛び回っているんですもの。
この喉も早く治って貰って、食べたり飲んだり出来るようになりたい♪
ツバメさん、助けてね!

e0133780_15444143.jpg
『ガッテン♪』

しばらく後に、チャクラの友達が、久し振りの友達と一緒に、ハムラナ・神秘の水を汲んで持ってきてくれました♪
e0133780_1618895.jpg
ツバメも一緒に♪
ここのところ、しばらく口から飲んでいませんでしたが、早速、お二人お帰りの後、久し振りに少しだけ飲んでみました。
むせることなく、無事に飲めた!
今日もわざわざ、ありがとうございました♪

さらにしばらく後、お仕事でとても忙しいのに、入院当初以来の久し振り友達が、息子さんと一緒に来てくれました。
息子も今や18歳、最初に会った頃は3,4歳でしたからね。
ゴルフも、もうそろそろシングル狙えそう。
すっかり男前に成長しています。
これは、将来、遼君を凌ぐかも♪

とっても平穏、のんびりで、皆んなの顔も見られ、嬉しい一日が過ごせました。

これからシャワーにして、5回目の流動食。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

明日の回診で、プレドニゾンの量はいつまで変わらないのか、聞いてみようかな。
そろそろ、ステロイド剤、減らしても良いと思うのですが。

今週は無事平穏に過ごせますよう、お願いします☆

by masaya-iwata | 2011-05-29 16:37 | 闘病 | Comments(0)
2011年 05月 28日

野生動物的♪入院生活

怪しげな同室患者も居なくなり、開放的に過ごしていた夜、もう一人の感じの良いおじさんに、奥さんもいらしてて、いろいろ話をしました。

ブログでも写真紹介している、カワハ・ポイントにお住まいだそう。
すっかり着替えているので、帰るんですか?と聞いたら、退院だそう。
後からナースさんに聞いたら、病状はあまり良くないようで、ほんとは入院なんですけど、本人が早く帰りたいって。
家族の居る人は、やはり我が家が良いんでしょうね・・・。

せっかくの良い隣人でしたが、これで部屋に一人。
とっても静かな夜になりました。
週末ですから、病室のあちこち空いているようで、とても静か。
突然平和が訪れました♪

明日もこのまま平穏でしょうし、出来る事なら、月曜からも静かであって欲しいなぁ・・・。

静かな夜でしたが、夜中に何度も目が覚めました。

ここは、「ロトルア・ジャングル病院」ですからね!
野生動物の睡眠時間は短い♪

物音に敏感になり、開けたままのドアから、廊下の足音がするだけで起きてしまいます。
何度かトイレにも、ついでに行ったり、結局、熟睡は出来ませんでした。

5時過ぎからうとうと、6時前の血圧・体温・血中酸素濃度、いつもの検診で起きました。

7時過ぎ、もうしばらく日の出を待って、階段を上り、上の階からの眺めです。
e0133780_1524496.jpg
午前7時半、とっても気持ち良い日の出。

ベッドに戻ると一気に眠気が襲います。
PC作業しながらうとうとして、9時前からリハビリ開始♪

マイペースでゆっくり1時間。
首の調子は昨日よりも良いです。
今朝は歩いていても、軽く首が上がりました。

薬や流動食を終え、のんびり散歩に出ました。
昼前ですし、怪しい同室も居ないので、パソコンは置いていても大丈夫そう。
それ以外を持って、外の空気。
雲が出てきましたが、日差しは暖か、でも、とても冷たい風です。
e0133780_15114369.jpg


ブラックバードのメスがやってきました。
e0133780_1514281.jpg

「おはよう」と、目と目を合わせて♪
e0133780_1517067.jpg

そろそろ、家のオリーブにも、ブラックバードが来ているだろうな。

リハビリ病棟の建物を周り、奥の駐車場も回り込んで、ぐるっと一周してきました。
冷たい風で、帽子を飛ばされそうです。

ちょっと疲れましたが、15分の気持ちいい散歩。
スローに、始動再開でした。

野生動物はこまめに睡眠。
ベッドを倒して、横寝で1時間くらいお昼寝。
流動食、トイレの後に、帰省から戻ってきた友達が、もう一人の友達とお土産を持ってきてくれました。
日本は暑かったそう。
もう梅雨入りですってね。

日本から嬉しいジャズの雑誌と新茶のお土産、もう一人の友達からはテレビ番組のDVD♪
e0133780_15393089.jpg
どうもありがとうございます♪

しばらくDVDドラマを見てのんびりしていると、お刺身おじさんから聞いてきたと、ロトルア在住30年以上の方が、お見舞いにいらしてくれました。
お会いしたのはこれで2回目ですが、1時間近く話をしたかな。
嬉しく、楽しい、あっという間の時間でした。

帰り際に、もう一人突然の訪問。
久し振りに、シェフ友達が、ブログを読んで様子を見に来てくれました。
彼と前にあったのは、体調がどん底に近い辺りでしたから、あれからの回復ぶりに驚いていました。

午前中に、いつもの日本人カウンセラーの方も様子を見に来てくださいましたし、本当に嬉しい毎日過ごせています。
今日も皆さん、ご心配くださりありがとうございました。

今また、強烈な睡魔です・・・。

あれ?
急にネットに繋がらなくなったので、シャワーを浴びてきました。
土曜の午後7時過ぎ、モバイル回線も混雑だったんでしょうか。

5回目の流動食を摂りながら、午後7時50分、接続可能となりました。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

今晩もとっても静かな夜、昨晩よりは飼育動物に近づきたい・・・。
今日も一日、ありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-28 17:07 | 闘病 | Comments(0)
2011年 05月 27日

休養の後は☆テイクオフ♪

この2日間、さすがに疲れました。
夜中に何度かトイレに起き、5時過ぎからうとうと、6時に起床。
一昨日まで、それなりに毎朝の回復を実感していたのですが、今朝はいきなりだるい・・・。
首を上げて歩けますけど、やはりがくんとうなだれます。

健康な時でも、盗難に遭えば疲れますよね。
この状況で、このくらいで済んでいるんですから、良い方なのかな。

メールやコメント返信をして、リハビリはお休み。
休養日としました。

・・・って、入院していたら、本来は毎日が休養日ですよね!?

10時前に、若先生ポールが回診に来てくれました。
PEGチューブを調整し、ゆっくり過ごしてねと。
とっても申し訳なさそうに、「災難だったね・・・」と、この2日間を労ってくれました。

その後、2回続けて、栄養士の人が、流動食の確認とアドバイスに来てくれました。
栄養が一番大事ですものね。
皆さん良くしてくれて、ありがたいことです。

体重を量りましたが、67.15kgに落ちちゃいました。
流動食摂取後、ほぼ横ばいの体重でしたが、この2日間で1kg少々痩せました・・・。

後は、午後の採血まで用事無しです。
DVDドラマを見たり、音楽を聴きながらうとうとし、昼前からベッドを倒して、横寝でお昼寝。
午前中、同室マオリの仲間もわさわさ来ていたので、カーテンはピッタリ閉めています。

PCやCDウォークマンを片付けるのも面倒なので、体のすぐ脇、枕やタオルを置いて、簡単に持ち運べないようには用心して寝ました。
もう一人、ビジネスマン風、きちんとしたおじさんで、ナースさんが頻繁に看護にあたる患者さんも同室に居ますから、大丈夫でしょう。

1時過ぎに起きた時、ちょうどハンドルロック貸してくれた友達が寄ってくれました。
昨日の報告をして、いろいろおしゃべり。

その内、ゴルファー友達も来てくれました。

大変な時に、心配して様子を見に来てくれるのって、やっぱり嬉しいです。
多分、選択肢があって、こういう際、訪問は遠慮するって考えもあるとは思うんです。
でも、自分の場合は、来てくれると嬉しいですね。
そして、こういう時の人間関係って、今後にも大きく影響してくると思います。

今後、自分が訪問する立場になった場合、この経験が生かせるかな。

立て続けの訪問のおかげで、3回目の流動食を忘れていて、午前10時半の2回目以降、午後3時に3回目を摂りましたが!

でも、そんな事より、心に栄養補給でした♪

e0133780_15171768.jpg
元気も出てきたので、見送りがてら、外に出ました。
この時はとても良い天気、でも降ったり止んだりの午前からお昼過ぎだったようです。
空気がとっても爽やか。

ちょうど右下のレスキューヘリの周りに人が居ます。
出動でしょうか。
e0133780_15214738.jpg

お、エンジンスタートです。
タービンエンジンのスタート音、モーターのうなる音から、点火プラグの、カチカチカチという音、ヒュイーンという音が幾層にも加わり、ゴーっと始動。
もう、聞いていて、体がぞくぞくしてきます。

アメリカにいた頃、一度だけインストラクターと同乗フライトで、ジェットレンジャーのスタート経験しましたが、いつか一人でまた、やってみたいなぁ。

テクテク下って、ヘリパッド脇まで近づきました♪
e0133780_1538482.jpg
ローターがゆっくり回り始めています。

BayTrust Rescue Helicopter Rotorua
ベイ・トラスト・レスキュー・ヘリコプター・ロトルア

機体は、AS350BA
ユーロコプター AS350 エキュレイユ
フランスの会社で、とてもポピュラーな機種。
単発エンジンです。
パイロット友達の話によると、NZでも病院発着のレスキューヘリは、双発エンジンのみに規制されるようになるそう。
そうなると、寄付金だけで運営がまかなえるのか?
難しい問題だそうです。

ユーロコプター社の合弁前、元々はフランスのアエロスパシアル社の名前から、ASの文字、そして、アメリカでは、「エイスター・AStar」と呼ばれています。
NZでは、イギリスからの流れで、「スクワロー ・Squirrel(リスの意味)」と呼ばれています。

ベイ・トラスト・レスキュー・ヘリコプターのHPによると、この機体の、
巡航速度 120kts (222km/h)
航続距離 600km (約3時間)

例えば、オークランドまでは、50分のフライト、タウポまでは18分だそう。
早い!

e0133780_1611494.jpg
最後の点検中のパイロット。

やはりパイロット友達からの情報ですが、このロトルア・レスキューヘリの年間フライト時間、さぞやたくさんだと思われるでしょうが、せいぜい100時間程度だそうです。
そのため、パイロットが定着しないそう。

2週間ぶりのフライトが、突然夜中に、なんてこともありますからね。
一番の問題は、これだけのベテランパイロットでも、思い出すのに手間取ってしまうそうです。

私も、毎日ガイド仕事をしていれば、考える前に勝手に案内の言葉が出てきます
でも、2週間も空いてしまうと、前日に、「明日は何をしゃべろうか?」と予習(復習)しますから、同じ様なものでしょうね♪

e0133780_168792.jpg
ふわっとホバリング。
上手です♪
救命の人が、ギャラリー(私一人)に視線を送っています♪

くるりとお尻を向けて、
e0133780_16101644.jpg
あれ?
随分ゆっくりターンをしています。
もしかして、私を気にしているのかな?
一応、居ても良い場所に立っていますが、気流を受けないよう、スリスリ下がりましたが・・・。

e0133780_16142335.jpg
気持ち良い空へ、テイクオフ♪

初冬の景色を眼下に見ながら、
e0133780_16161199.jpg


飛んでいきました。
e0133780_16165166.jpg
行ってらっしゃい。

飛びたいなぁ。

2日間の停滞、後退を、今日の休養で取り戻せたかな。
私も明日からテイクオフしないと。

部屋に戻って3回目の流動食を摂ろうとしていたら、ガイド事務所友達までお見舞いに来てくれました。
明日から帰省の忙しい時に、ちょっと様子を見に。
ほんと、皆んなどうもありがとう!

昼寝する前に、どうやら同室のマオリ患者、出て行ったようです。
これで、臭いからも解放され、ちょっとは安心して部屋で過ごせます。
カーテンも、午後から久し振りに、ベッドの前を半分まで開けました。
開放的気分です。

シャワーの時くらい、パソコン持ち歩かなくても良さそうです。

アイも預けたままですし、週末はずっと病室です。
ゆっくり回復、リハビリも再開し、元気に飛ばないと♪

これからシャワー、その後5回目の流動食にします。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

今日は平穏な一日、どうもありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-27 16:37 | 闘病 | Comments(2)
2011年 05月 26日

事後処理

夜中に3人目が入ってきましたが、耳栓無しでも割と平穏な夜。
トイレに起きた深夜1時半、アイの様子を見に、下におりました。
保安員と目があったので挨拶すると、
『今、見回り行って、大丈夫だったよ』と言われたので、小雨の中、それでも見に行くには失礼かなと思い、お礼を言って部屋に戻りました。
3時半過ぎにも起きましたが、行きたいところを我慢。
午前5時、今度は見に行って無事を確認

そのままうとうと6時に起きました。
睡眠は少ない訳ではありませんけど、さすがに昨日の疲れが残っていますね。

そう、「首がバロメーター」なんです。
毎朝、快調に上がってきた首が、今朝はうなだれ気味・・・。
せっかくの回復記録が、今朝でストップでした。

コメントやメールをありがとうございます。
今日は忙しくて、今晩も更新で手一杯と思いますが、明日お返事しますね。
精神的には、まったく落ち込んでいませんので、うなだれた首は、単に、筋肉の問題ですから♪

流動食が終わったついでの7時半頃にも、さっと、アイの無事を確認、
8時過ぎに、ハンドルロックを貸してくれた友達が、
『車、無事だよー』と、様子を見に来てくれました。
バーゲンセールの前に寄ってくれたんです♪

こんなにいつも良くしてくれるなんて、本当に嬉しい事です。

8時半過ぎ、なんと、警察から電話がありました。
これから病院に行くというので、病室に来て貰いました。

事情を全部説明。
事実関係だけの報告ですが、部屋に入ってきた時から、様子は見ていますので、2人の警官とも、やはり同室の人を見て、「・・・?」と、目で会話。

その後、彼に「職質」してましたが、せいぜいそこまででしょうね、NZの警察ですから。
これがテレビドラマなら、彼の使ったコップなどを何気なく持ち帰り、アイの中の指紋と照合すれば、もしくは、部屋の中の、財布、荷物、キーホルダーの指紋の方が確実ですね。
鑑識の米沢さんの出番を待つまでもなく、白黒一発解決でしたでしょう・・・。

現実は無理。
事件はお宮入りですね。
これがNZ、ロトルアです。

そう、とりあえず、車の指紋を採ると言っていましたので、着替えは終わっているので、パソコンを持って行ける状態にして、後を追いかけようと思った時に、タイミング悪く、リチャードとポールが回診に来ちゃったんです。

リチャードは開口一番、「退院したくなったら、しても良いからね」と。

病室移動事件の後に、この災難ですから、嫌になったと思った様子。

ただ、このタイミングでそんな微妙な話題を・・・。

切り上げるのに手間取っている間に、警官見失いました。

リチャードとの話も途中でしたから、重たいパソコン抱えて、下と上を行ったり来たり。
結局、警官2人は、消失でした・・・。

その後、まだ同じ階にいた、リチャードを見つけ、もう一度予定の確認。

『無理に退院させようってつもりじゃないから、大丈夫なら、このまま、週末もまだ居て欲しいから』と。

だいたい、来週か再来週のどこかを目処にして、退院後は必要時に通院、2週間後くらいに治療入院が必要な際、また来て短期入院。

さらに、QE病院のペイトリ先生の所にも、その辺りに行って貰おうかと。

という感じです。

ポールとは話をしませんでしたが、一昨日の心配が、仇になった感じかなぁ。
わざわざ、周りに、スーツケースをナースさんに預けるところを見せちゃったんですものね・・・。

ほんと、あれが命取りでした。
せめて一昨晩、スーツケースを枕のすぐ側に置いておけばなぁ・・・。

そんな訳で、病院外に散歩に行く時はパソコンも持参、流動食を冷蔵庫に取りに行く際は、それ以外の大事な物をバック下げて移動する生活が始まりました。

これもリハビリの一環ですね。
以前は重くて無理でしたから。

午後に外出と思っていましたが、もう、午前中の用事は終わりです。
流動食をスーツケースに入れ、少ない荷物をさっとまとめ、着替えもして、11時半前に出発。

一応、警察に向かいました。
e0133780_1711536.jpg
こんな日本語表示もあるんですけど、頼りにならない警察ですから、良く覚えておきましょう♪

「これから、三菱に、車の鍵交換で預けるので、午前中の指紋の話しもあるから、一応報告に来た」と伝えました。
また、必要事項を記入し、担当者から連絡入れるからと。

携帯は一度も鳴っていません・・・。

お次は三菱。
e0133780_1751429.jpg
事情を説明し、車を夕方に預ける事と、鍵交換部品発注の依頼。

『結構高いよ・・・』
と言われ、いくら?と聞くと、
『まだ分からないけど、800ドルくらいかな』と。

日本円で5万5千円くらい?

痛いねぇ、また出費。
ま、落ち込んではいませんが、財布直撃がきついですね。
収支の合わないロトルア生活♪

昨日寄らなかった私書箱で、郵便を拾って、家に。
e0133780_17103374.jpg
昨晩からずっと雨ですから・・・。
服は濡れるし、運転も慎重に。
いつもより背もたれを倒し、首がヘッドレストに当たるように運転すれば楽ちんです。

Skypeで、実家と長話し、作業開始。

クレジットカードを止めましたから、自動落としにしている支払先に電話。
キャンセルし、今月の支払いは、窓口で直接支払いに変更。

新たにクレジットカードを受け取ってから、また自動落としの手続きをと。

ちなみに、今日新しいクレジットカードが発行され、これから郵送手続きになるそうです。

また支払い再手続き手数料もかかるでしょうし、手間と無駄な出費の連続。
ほんと、事後処理は大変ですよね・・・。

e0133780_1718848.jpg
そしてPC作業。
やっと会社登録継続手続きが出来ます。
ものすごく簡単な作業なんですが、今年から、前以上にネット処理化が進み、そのために、ログインアカウントの設定、その他たくさんの手続き画面。
小さな文字を、今日は力のない首で、思考力もままならず、やっとこさっとこ「入力可能状態」まで持って行き、本申請は5分で終わっちゃいました。

さらに、ご近所のおばさんから借りている、パットメセニーをダビング。
その時、タイミング良く、おばさんから電話です。

「ちょうどダビングしたから、これから持って行くね」と。

おばさんも、事後処理を心配してくれています。
『ほんと、ろくでもない犯人だ』と。

キッチン・ダイニングで話しましたが、シチューの仕込み中・・・、
とーーーっても魅惑的香り・・・。

家に戻って、CDとDVDドラマを揃え、出発。
e0133780_17262742.jpg
おばさんとおじさんの成果♪
とっても綺麗。
ありがとう!

もう一度郵便局に寄って、クレジットカードの代わりの支払いを済ませ、三菱に寄ります。

800ドルまではかからないようですが、まだ詳細は分かりません。
来週前半くらいには出来るかな?

メカニックのお兄ちゃんに病院まで送って貰います。
そのお兄ちゃん、ロトルア病院で彼女が7週間も入院しているそう。
外科病棟ですが、結石が大きいのかな?
お腹を切って、それが何やら手こずっているとか、寝る姿勢も厳しく、大変だそう。
しょっちゅうお見舞いに来てるから、慣れた見送りって事でした。

5時に到着、すぐにシャワー。
e0133780_17362166.jpg
荷物そのまま、全部持ち込めるからです。
この生活もすぐに馴染むかな。

今晩は、午後9時・・・、かなり遅い5回目の流動食も終わり、なんだか、回復の進展はまったくなし・・・、事後処理でハードな一日が終わりそうです。

まだお腹が膨れたままなので、しばらくしてから寝ようかな。

ここはジャングル・ロトルア病院、用心、今更でしたね。
これからも無事に過ごせますように。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

今日もありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-26 18:17 | 闘病 | Comments(0)
2011年 05月 25日

盗難・・・★

昨日、失望から実現の循環なんて書いたら、あっという間に失望がやってきちゃいました。
クレジットカード、免許証、そして車(アイ)のキーを盗まれました・・・。

これを恐れていたので、今日は荷物整理も兼ねて家に帰宅予定でした。
昼前、荷物を整理しようと、スーツケースをデスクの下から出して、中を開けました。

スーツケースの上には、帽子や他の物を置き、さらに、見えにくいように、椅子をデスクの前に置き、その椅子の上には枕2つを置いてます。
朝起きた時もそのままの状態でしたし、スーツケースの様子も同じ。

しかし、中身は、財布を入れた黒い小袋が一番上に。

黒い小袋は、さらに大きなバックに入れて丸く包み、そのバックは着替えの一番下にして、スーツケースの下に隠すようにしまっていたんです。

e0133780_18195920.jpg
これは、ナースさん達に報告して、全荷物の点検で開けている所です。

昨日、町から帰り、荷物を片付けてからは、病室から、トイレとシャワー以外は出ていません。
トイレも短い時間ですし、シャワーもなるだけ急いで午後8時頃浴びたので、15分はかかっていません。

ですから、夜中、寝ている時だと思うのですが・・・。

不思議なのは、なんでスーツケースを、知っているかのように狙ったのか?
普通は、ベッドサイドのキャビネットを狙うと思います。
実際そこには、デジカメ、携帯電話2つありましたが、無事でした。
パソコンもCDウォークマンも、ベッド横ですが無事。

あまりに人間に近いので、さすがに盗れなかったのか?

スーツケースはデスクの下で、寝ている時に反対を向いていましたから、分かっていればすぐに取り出しは可能ですけど。

なんででも、その着替え類の下に、財布があるって知っていたの?

さらに、泥棒として変なのは、財布はそのまま、不要なカードもそのまま。
ショッピングカード、コピーのプリペイカードなども。
抜き取られたのは、現金70ドルくらい、確か領収書整理した後で、現金のみだったと思います。
それと、クレジットカード、免許証です。

もう一つ、黒い小袋の中に入れていた、アイのキー。
三菱のキーホルダーから、リモコンキーのみを盗んでいました。
さらに、そのキーホルダーに、家のキーホルダーをわざわざ、繋げていたんです。
車のキーと家のキーは、一緒に繋げていませんでしたから。

こんな様子です。
e0133780_18313170.jpg
わざわざ、家のキーホルダーの、筒ネジを回し、三菱のキーホルダーに繋げているんです。
つまり、家のキーも盗られていなかった。

慌てて、ナースさんと駐車場に行くと、アイはありました。
ただ、駐車スペースが一つ隣です。
誰かが乗りました・・・。
さらに、フロントガラスにサンシェードを付けていますが、それが裏表逆に付けられていました。
キーがないので中には入れません。
外から見る限り、中の物は無事のようです。

アイはきちんと駐車スペースの真ん中にあり、傷も無し。

ゴルファー友達に電話して、ヘルプを頼みました。

午前中に、久し振りに、友達が見舞いに来てくれ、その時は、盗まれたと知らずに、不安な話をしていたんですけどね・・・。

クレジットカードは、電話をしてストップと再発行。
まだ使われていませんでした。

結局午後2時前になってしまいましたが、急いで3回目の流動食を少なめ、水をしっかり採り、病院出発。

最初、財布の中に、会社の銀行カードも入れていたと思い込んでいたので、ニュージーランド銀行に寄ります。
e0133780_18435727.jpg
会社のカードもストップし、再発行頼みました。

家に戻ります。
e0133780_18452164.jpg
これは帰る時の写真ですが、友達の車です。
帰宅前に、近所のおばさんに事情説明。
アイの中に、ガレージのキーだけ入れていたんです・・・。
まあでも、自宅を特定できる物は何もありませんから、家は大丈夫なはずですが。
こちらは、免許証に、住所記載をしなくても大丈夫なんです。
こういう盗難の場合の対策としてです。
今回役に立ちました。

家では、洗濯、それから会計銀行処理、クレジットカードの支払いをネットで。
カード類を調べると、確か、イースターホリデーの後、不要なカードは家に保管していて、会社の銀行カードもありました。
再発行の必要は無かったです・・・!

USBのインターネット接続の問題も、家から電話して、無事新規512MB の追加も出来ました。

会社登記の更新は間に合わなかった・・・

ちなみに、牧場も庭も、近所のおばさん夫婦によって、見事に芝刈りされていました♪

急いで町に戻り、午後4時半、警察に寄ります。
昼に、病院に警察官が居たそうなのですが、病院スタッフから報告はしたものの、別の事件で忙しかったそうで、後回しになったため、警察は自分で夕方行く事にしたんです。

家から持ってきた、アイのスペアーキー持参で、当然、病院にまだあるであろう・・・?アイが心配で、警官連れて一緒に行こうと思いましたが、今日は無理だって・・・。
警察も店仕舞いのようです・・・。

さらに免許証の盗難は、警察ではなく、免許発行機関を委託されているAA(自動車連盟)へ。
とりあえず、そっちに先に行きましたが、再発行料は$38.20 と真っ先に言われ、必要書類と必要証明類の説明を受けました・・・。

警察に戻っても、おじさん警官、らちがあきません。
『クレジットカード盗られて、財布はそのまま?そんなのあり得ない。誰が盗ったんだ?』

あほかお前は!
誰が盗ったか分かっていたら、警察いらないだろうが!

「泥棒が誰かなんて、知る訳がないでしょ!」さすがに怒って答えました。
「問題は、免許証の盗難、車を誰かが乗り回した事、その車がまだ無事に駐車場にあるか心配である事、そのキーをまだ泥棒が持っている事でしょうが!」
と、かすれた声で、どなって言いました・・・。

結局それから10分程、コンピューター処理で待たされ『明日電話するから、警官もその時に病院に行く』って事です・・・。

まあ、警察に期待できないですから、指紋なんて採っても無意味でしょう・・・。

車を、近くの友達の家に止めさせて貰おうと、午前中に来てくれた友達に電話して来て貰いましたが、ちょうどその時、別の、良く来てくれる友達が、病院のボランティア・カウンセラースタッフ(日本人)から聞いたのか、ハンドルロック片手に持ってきてくれました。

これがあるなら、運転は出来ないから良いかな、って事で、アイにハンドルロックをしました。

ちなみに、会計処理をしたばかりなので、アイの走行距離は分かっていました。
3kmしか走っていません。
何をしたんだろう。
昼にはエンジンは冷たかったので、やはり夜に運転したのでしょうけど。

また、車の中も全部無事でした。
iPodをFMに飛ばすアダプターを、グローブボックスに入れていましたが、それもそのまま。
ガレージのキーも無事でした。

あ、ホッとした事と言えば、スーツケースに入れていた、CD類も全部無事。
これは、ほんと生きた心地でした。

バックアップ用のHDDもそのままでした。

手際の良さが玄人で、結局70ドルのみの現金泥棒。
ほんと不思議な泥棒です。

ハンドルロックはしましたが、車の中には入れます・・・。
気持ち悪いですし、不安なので、午後8時の夜間保安員が配置になるのを待って、お願いに行ってきました。

その後、今晩は、パソコンその他を持参でシャワールームへ・・・。
e0133780_1964026.jpg
明日からもこれになりそう。
つい数日前までは、重くてこんなに持てませんでした。

今晩は、パソコンはスーツケースにしまって、ベッドのすぐ脇、窓奥のコーナー、キャビネットの裏に置いておこうと思います。
これなら寝ている時にすぐ顔の横、狭くて通るのも大変ですから、睡眠薬でも嗅がされない限りは問題ないでしょう。
いちいち片付けるのが面倒になりましたが・・・。

もちろん、今晩は耳栓無しですね・・・。

ふと思い付きましたが、なんで昨晩、スーツケースを狙ったのか?

もしかして、昨日の昼に出かける際、ナースさんにスーツケースを預けるところを見られていたからか?
そうなると、まあ、疑ってはいけないんでしょうが、ますます同室の人が怪しくなります・・・。
今日の昼前に、大勢、危なそうな友達が遊びに来ていましたし(部屋が汗で臭かったです)。

昼に部屋にいましたが、こちらも何も話しませんでした。
夜にたまたま目があったので、

「今日何が起こったか知ってる?」

『ナースから聞いた』

「カード盗っても意味無いし、免許証だって同じく(NZに、他人の免許証からの偽造技術なんてほとんど無いですし、また私の写真は日本人ですからね)、車もセキュリティースタッフに話したので、これも無意味だし、現金70ドルだけ盗ったら良いのに、なんて無駄な泥棒だろう。
これじゃ、NZは最低な国って事になるよね。
ちなみに、夜中、怪しい人間に気が付かなかった?
あなたの荷物は大丈夫だった?」

などなど、ちょっと牽制で、話しておきました。

彼は、『携帯電話しか持ってない』って事でしたが。

もちろん、彼が(もしくはその友達が)犯人とは限りませんから、丁寧にしか話しませんけど。

しかし、昨晩は、3回トイレに起き、耳栓はしていましたが、熟睡って訳ではなかったんですけどね。
今朝の体調もとても良く、首も楽でした。
ただ、眠くて、朝はちょっと二度寝というか、うとうとで、朝のリハビリも遅めに短くだったんです。

さらに、今日は、昨日外出時に必要だった、首のカラー・コルセットは不要だったんです。
どんどん体は良くなっているんですよね。

さらに、いろいろな手続きの電話も、全部自分でして、ちゃんと相手に伝わっていました。
これはすごい、声の回復進歩です。

夕方病院に戻った時、エレベーターから立ち去るリチャードを見かけたので、「リチャード!」とかすれ声で叫びながら、小走りで追いかけましたからね!
報告しておかないと、と思って。

なんだか、胃ろう、PEGフィーデングは続いていますが、もう退院問題無さそうですよ。
こんな状態で、この災難でした。

実質被害は、70ドルの現金、カード類の再発行手数料、それから問題は、アイのキーです。

誰かがアイのキーを持っている。
明日、三菱に行って、相談してみないと。
キーを交換するって、いくらかかるんだろう・・・。
この出費が一番大きいですね・・・。

もちろん、今後、アイが盗まれない事を切に祈っていますが・・・。

明日、また帰宅になりそうですが、どうなるかな。

そんなこんなで、今日は流動食も少なく。
流動食 複合食物繊維 1.1リットル  1,650kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

友達の協力に感謝します。
今晩から無事過ごせますように☆

by masaya-iwata | 2011-05-25 20:03 | 闘病 | Comments(8)
2011年 05月 24日

→失望→決心→修正→希望→実現→♪

相変わらず、ステロイド剤の影響で、夜中にトイレに起きますけど、耳栓効果でマイペースで休めました。
例のおじいさんは、夜中いつの間にか、引越になり?
部屋には、やや不安なマオリのお兄ちゃん・・・。
本人もですが、お見舞いに来る人達も・・・。
ますます、カーテンをしっかり締め切った状態になり、変な印象でしょうが、そんな事を気にしていられません・・・。

環境は悪くなりましたが、体調はいつも良好♪
早起きで眠いんですけど、筋肉は今朝も蘇っています♪

以前の部屋はどうなってるのかな?と思って下を見ると、カーテンが閉まっています・・・。

あれ?
誰か入った。

がっがり、流動食を摂り、朝のリハビリ運動中、やっぱり人が入っていました。
e0133780_1445819.jpg
あーあー・・・。
こりゃだめだ。
リハビリ病棟に戻っても、共同部屋では意味がないですし、ずっと使っていた元の部屋が、綺麗ですしベストです。

それももう無理。
もう諦めですね。

これはもう、リハビリは一人でこなし、早くここを出よう。
フィジオのお姉さんの写真を撮れると思っていましたが、機会を逸して残念。

お世話になってるロトルア病院ですが、終盤にかかって失望です。

部屋を空けるのも、不安が大きくなりました・・・。

さて、計画。
今日の午後、散歩を兼ねて、保険料金の支払いに行ってこよう。
そして会計処理を終わらせ、明日に銀行ネット処理、クレジットカードの支払い処理も。
会社登記の継続手続きも、そろそろ期限ですので、これも処理。
これらを、家に帰って、洗濯と一緒に行おう。
今日、保険屋に行けば、明日の時間短縮にもなるし。

荷物も、明日多めに家に持って帰り、ここの荷物を少し減らそう。

最初にも書いた気がしますが、病院が居心地良すぎるというのも、良くなかったですものね。
慎重になったリチャードですが、退院の声がかかったら、即答でOKしよう。
もうここも潮時でしょう♪

ナースさんに、早速外出計画を報告。
昨日の写真のリズさん、とっても感じよく、かつ、臨機応変、気の利く良い人なんですよ。

回診は無いんだなと思っていたら、10時半頃、若先生のポールが一人やって来ました。
PEGチューブの漏れを修正です。
いろいろしてくれましたが、結局一日経って、やはり漏れますね。
ただ、外に漏れているだけで、体の中には漏れるような構造になっていないとの事ですから、とりあえず、Tシャツが汚れないかな?って心配だけで済みそうです。

ポールに、
「昨日の午後は、いつ病室移動かと期待して待っていたけど、もう部屋に人が入っちゃったから、がっかりだね・・・」

『病棟マネージャーと相談したのだけど、結局、こちらは内科、向こうはリハビリで、変更は無理って事になってしまった。申し訳ないけど、ペイシェントしてくれ』
って事でした。
ペイシェント(患者)だから、ペイシェント(我慢)。
辛抱、忍耐、努力、そして我慢。

熊五郎よりは、言い方も丁寧♪
ロトルア病院よ、ここまで良くやってくれた。
まだ先は長いけど・・・、とりあえず、リハビリ一人で頑張ろう。

結局、事実として残ったのは、ロトルア病院のリハビリ病棟マネージャーは、「・・・・」という事が、数は少なくとも、日本へ広まったという事でしょうか!?

さて、さらに、ポール。
『外出するんだって?いつでも出かけて大丈夫だからね。
君はほんとに、よく頑張ってる♪
ところで、外出の時、パソコンは、閉まってナースに預けた方が良いから、ぼくからも伝えておくよ』
と、小声で話してくれました。

まあ、病院のセキュリティーが悪いのは、日本も同じそうですが、自分の出来る事を積極的に話してくれるポールには、さらに好感度大です。

その後、ナースさんが2人も来て、荷物の件を話してくれました。
どんだけ危ない病院なんだ!?

午後1時半、パソコン、CD、CDウォークマン、ヘッドフォンなどをスーツケースにしまいます。
e0133780_1521523.jpg
作業が増え、時間がかかりますが、これもリハビリ。
ナースさんに、鍵付きの部屋に保管して貰い、さあ、出発♪

午前中は快晴でしたが、午後は少し雲。
でも、歩いていると汗ばむくらい。

e0133780_15235061.jpg
カフェも人が結構居ました。
偶然、喉のトレーニングのアジア系スタッフの人が、カフェでお茶してましたので、手を振って挨拶でした。

町の中心部、シティーフォーカス。
e0133780_15261926.jpg

テクテク。

到着♪
e0133780_1527689.jpg
保険会社です。
会社の保険支払い・・・。
まったく仕事がないのに、保険は支払い、大赤字・・・。

そう、この会社の保険ですが、車の保険とは別です。
ちゃんと、会社としての、損害賠償、対人、対物、携行品など、それぞれ100万ドルで保険に入っているんですよ。
日本の感覚なら当たり前ですけど、NZでは、事故の場合、国が補償するACCという制度があるため、大きな会社でも、「自己責任」という事で、この保険に入っていない場合も多いんです。

我が社は!お客さんが少なく、ほとんど無駄な保険になっていますが、やはりご案内するのは「日本人」ですから、こういう辺りもきちんと配慮しています。

日本からいらっしゃる皆さんは、このような姿勢もちゃんと見極めて、ツアーを申し込まれる相手を判断してくださると嬉しいですよね♪

と、スカイキウィの宣伝でした♪

帰り道、先日来てくれた友達の働く、小さなコーヒースタンドで少し立ち話。
美味しい珈琲が飲めなくて残念・・・。

緩い上り坂を歩き、少し通り越して、クイラウ公園。
e0133780_15401970.jpg
紅葉の後ろの大きな木は、シャクナゲですよ。

ショートカットで、芝生の丘を上り、長い敷地の上り坂、1時間ちょっとで無事帰還♪
e0133780_15422764.jpg
アイの隣に、BMW Z4 ロードスター♪
かっこいい。
アイの方が背が高いです♪

ちょっと疲れましたが、良いリハビリになりました。
なぜか、首を立てて歩くと、喉に唾液のようにたくさん詰まり、これが息苦しい原因になります。
これって、喉の炎症を治そうと、体液が分泌されているんでしょうか・・・?

夕方、ご近所のおばさんが寄ってくれました。
外出中にも一度来てくれたそうです。
芝刈りのお礼をして、ご近所の話し。
最近住宅地に泥棒が入ったそうで・・・、ほんと、なんでこういう輩がまだ地球上に存在するんでしょうかね・・・。
留守宅にも一層目を光らせてくれています。
そろそろ帰宅しないといけないですよね。
おばさん、ほんとにいつもありがとうございます。(って、日本語読めないですけど♪)

ちょうど7時になりました。
この後、会計事務処理を進めて、明日に備えよう。
それから5回目の流動食とシャワー。

あ、そうだ、今日のタイトルでした。
まあ、病室移動なんて、小さな問題ですけど、人生って、大なり小なり、何かに失望し、そこから考え決心し、方向性を修正して、新たな希望を持って、実現に努力する。
そしてまた失望し、新たに実現へ。

→失望→決心→修正→希望→実現→この循環が、「生きる」って事ですよね。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

今日も回復の一日、ありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-24 16:07 | 闘病 | Comments(0)
2011年 05月 23日

丈夫な胃袋に感謝・・・

また耳栓効果がありました。
耳の詰まりが気になりましたが、耳栓で悪化する事もなく静かな夜。
トイレに3回起きましたけど、自分のペースで眠れたので、まずまずの目覚めでした。

流動食の後、早速運動開始。
新しく足のストレッチも足して、1時間ゆっくり、筋肉が昨日より動きます。
まだ、指はだめなんですけどね。
首は、深夜に起きたときより、朝の方が、すっと軽かった。
睡眠はほんと重要です。

外で芝刈りの音。
e0133780_1552851.jpg
中庭で芝刈りおじさんでした。

ご近所のおばさんからメールで、週末に夫婦で、家の芝刈りと庭の簡単な草むしりをしてくれたそうです。
とっても助かりました。
これで一月以上は心配ないでしょう。
お礼は何にしたらいいかなぁ。

運動終わりくらいに、リチャードとポールが回診に来てくれました。
PEGチューブから漏れがあるので、この数日調整していますが、なかなか治りません。
今朝も調整。
まだこれは続きそうです。

病室の事も話すと、リチャードも、前のリハビリ病棟の方が良いと思うとの事で、話をしてくれると言ってくれました。
ここでは、フィジオの人も来ませんし、実際、今日はジムに行けませんでした。

話をした時は、やや安心したのですが、結局、今日は午後になっても、お呼びがかからず。

おまけに、夕方3人目が入り、満室になっちゃいました。
また、ここで耳栓の夜になります。
3人目は、ベッドでもベースボールキャップをかぶったままの、マオリのお兄ちゃん。

うーむ、微妙・・・。

明日、回診来るのかな・・・。
今度は、すぐに戻してくれるよう、確約して貰わないと。

体の調子が、毎日のように良くなっている事を伝え、ベッドからも自分で起き上がって見せたら、驚いて、喜んでくれました。

リチャードは、

『どう?1週間後くらいに退院でも、体の心配は無さそう?運転も大丈夫そうかな?』

「流動食は一人で大丈夫だし、PEGチューブの調整さえ問題なければ、OKだと思う」

今回は今までと違って、自分でも大丈夫そうな感覚。
家に帰ると寒いし、電動ベッドはありませんが・・・♪
それは、違う問題♪
それに、リチャードの、「1週間後くらい」という、言葉の余裕が、以前と違い慎重で、嬉しいです。

リチャードが、ベッド脇の流動食、Nutrison の袋を見て、おもむろに質問します。

『これ、いつからここに置いてるの・・・?』

「これは、昨日の午後に開封して、今朝も残り使ったから、もう18時間くらい?」

『・・・! これは、開封したら、冷蔵庫に保存しないといけないんだよ!』

って、何を今更・・・。

『栄養士もナースも誰も言わなかったから、こっちが悪いんだけど・・・』

って、もう遅いよー。

確かに、自分でも、この袋は、開封(開栓)後に、外に置きっぱなしで良いのかな?と、思った事はありますが、それを見てるナースさんも、何も言わないので、常温保存は1日くらいOKだと思っていました。

昨日のお腹の痛みは、腹痛と違いますから、このせいではありませんけどね。

やれやれ・・・、キウィ流にどっぷり翻弄されています・・・。
それにしても、丈夫な胃で良かったぁ♪

リチャードは、栄養士にこの件を伝える事と、病室の移動を手配する事を言って部屋を出ましたが、午後に栄養士さんが来てくれただけで終わっちゃいました・・・。

ちなみに、若先生のポールは、リチャードが居る時は、いつも置物みたいに静かです♪

耳の詰まりもリチャードに聞きましたが、やはり喉から来てると思われるので、しばらく我慢しかないですね。
病室も我慢。
耐えろ!です・・・。

という事で、散歩に出かけます。
e0133780_15582259.jpg
午前9時20分。
カワハ・ポイント方向。
湖面がとても綺麗でした。

テクテク、北側に歩きます。
首も昨日より安定、今日は足元も見る、中間のポジションになるだけ挑戦しながら歩いてみました。
なかなか良い感じです♪

リハビリ病棟の近く。
e0133780_169557.jpg
花も綺麗。

e0133780_1694187.jpg
名前を忘れちゃった・・・。

いつもより下って、敷地から出ちゃおう♪
階段途中からの眺め。
e0133780_16114164.jpg


この階段を下りました♪
e0133780_16122092.jpg


再び上に戻って、ロトルア湖、オヒネムツ、セントフェース・チャーチの眺め。
e0133780_16132826.jpg


部屋に戻って、薬の時間。
今日から、胃酸抑制薬・オメプラゾールの分量が、40mgから20mgに減りました。

またリハビリ病棟に戻れるかなぁと思いながら、せっかくなのでナースさんの記念撮影。
左がナースさん、右は見習い中です。
e0133780_16164861.jpg
こちらは白衣じゃないし、写っていませんが、下はズボンです。
日本では、まず見かけないタイプのナースさんですよね!?

ナースさんに、キッチンの暗証番号を教えて貰い、夕方、取りに行きます。
e0133780_16214651.jpg
やっと正常に戻りました。

e0133780_16225481.jpg
水もここで補充できます。

このキッチン、鍵の開け方にこつがあるようで、自分で出来ませんでした。
たまたま近くにいたナースさんに聞いて開けて貰いましたが、
『ここは、ナースしか開けない事になってるけど、誰が教えた?』と、高圧的に聞くので、「名前は知らないよ」と、軽く流しておきました。

「この流動食は、冷蔵保存が義務づけられていて、もう1週間以上も、ナースから何も言われずに、外に置いたままにしていたんだけど、そっちの方が問題じゃない?」
と言ったら、それ以上何も言われませんでした♪

ほんと、他人にルールを強要する前に、自分たちの義務を、責任感を持って遂行する事に専念して欲しいもんですよね、世の中♪

e0133780_16311084.jpg
早く、口から食べたいー!
4回目の流動食でした。

これから5回目、そしてシャワーにします。
朝の残り200ml は捨てましたので、今日はお腹も膨れているし、最後は100ml だけにしておこう。

そうそう、夕方、用事のついでに、観光施設で働く友達が、1ヶ月近く前、留守中で入れ違いのままでしたが、様子を見に寄ってくれました♪
メールの返事も出来ないままで、申し訳なかったです。
今日はありがとうね。
またお客さんをご案内して、外で元気に話をしたいです!
来てくれて、本当にありがとう♪

流動食 複合食物繊維 1.3リットル  1,950kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール20mg
アザチオプリン175mg

今日もありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-05-23 16:37 | 闘病 | Comments(0)
2011年 05月 22日

寝不足★息切れ

やはり1ヶ月も個室にいたので、入院当初のように、夜中眠れません。
昨晩は12時前に寝た後、同室患者の看護の気配で午前3時半に起き、そのまま眠れませんでした。
PC付けてメールの返事を書いたりして、明け方また、目をつぶりますが、まどろんだだけ。
午前7時に流動食開始でした。

超寝不足ですが、朝の体調は、今朝もベター。
首は、さらに安定していて、腕はやや筋肉痛。
昨日の運動が効いたかな?

今朝はもっとしっかり、運動です。
びっくりしたのは、ベッドを平らにして寝ころび、首の運動を一通りした最後、寝た状態からそのまま、手を使わずに体を前に起こす事が出来ました♪
ものすごい進歩です。

そう、昨晩もシャワーが、いつもより少し早く終わりました。

体はすごいですね。
毎日少しずつ、筋肉が蘇っているのを、忠実に行動に反映させています。

体が再生している瞬間に、毎日立ち会っている。
こんな経験は、こんな状況にならないと出来ない事ですよね。
多分、普通に動くようになったら忘れてしまう事。
「後から懐かしく思い返すんだろうなぁ」、なんて気持ちの余裕まで♪

やや疲れを感じますけど、足や腕その他も、今朝はじっくり行いました。
もうCK値は正常な状態ですから、リハビリが何よりの課題。

普通に動いていたときから考えると、なんとも情けない運動ですが、頑張らないと。
カーテンを閉めた空間で、足をよろよろさせながら、数を数えて真剣勝負。
負けてたまるか。

1時間くらい、休みながらゆっくり。
同室患者にお見舞いの人が来たので、部屋を空けて大丈夫だなと、カメラを持って、階段を下り、外に出ました。

今朝は日の出前、快晴だったのですが、日の出の時間、一面の雲でした。
その雲が、スーッと晴れていく、午前9時半過ぎの西の空。
e0133780_15191053.jpg

満月から下弦に向かうお月様が、まだ空に浮かんでいます。
e0133780_15215369.jpg


今朝は、首をずっと固定させたまま歩く事が出来ています。
良い感じ♪
まだ、中間の姿勢が出来ないので、首を固定させると、歩くときに足元の確認が出来ないので、階段だけは、うなだれ姿勢で上り下りですけど。

アスファルトの道をそろそろと、転ばないよう、首座り歩きで、北側まで歩きます。
リハビリ病棟のダイニング・ラウンジ外近くまで行って、ロトルア湖の様子を撮影。
e0133780_15263324.jpg
眩しい!
けど、綺麗。
もう1ヶ月半の入院。
すごい現実だなぁ。

部屋に戻って、すぐに薬の時間。
2回目の流動食。

さすがにここで、息切れしました。
PCは付けても、DVDドラマを眺めるだけ。
メールもする気力が出ません。

うとうとしていると、お刺身おじさんが、先週の日曜に続いて来てくださいました。
病院嫌いなのに、心配して、リハビリ病棟で引っ越し先を聞いてこちらに回ってくれました。
少ししんどいので、話の聞き役という感じに。
今朝も良い話を聞かせくださり、受け答えで、つい、目が潤み声が上ずってしまいます。

私とおじさんの宗教は違いますけど、宗教心って、弱っている時じゃなくても、人生において、不可欠なものだと思います。
別に、宗教を、大げさに捉えなくても良いと思います。
これは私見ですけどね。
ご先祖を敬い感謝するだけでも、十分に宗教心が養われると思います。

昼前から横寝で昼寝。

午後1時過ぎ、3回目の流動食の時間ですが、PEGチューブ辺りを中心にずしっと鈍痛。
その内、腰まで痛くなり、パナドールのヘルプを頼みます。
ナースさんを待つ間、あまりに痛くて、ベッドに腰掛けて、痛みをやり過ごしていました・・・。

鎮痛剤とハムラナ神秘の水を注入。
なるだけ飲むのを控えているおかげか、すぐに効いてくれました。

1時間くらいのんびり過ごし、2時過ぎになって3回目の流動食。
さらに、DVDドラマでぼっと過ごしていると、やっと調子回復。

睡眠は大事ですよね、やっぱり。
今晩は眠れるかなぁ。
耳栓行ってみようかなぁ。
まだ耳の調子は良くありませんけど。

突然、ガイド事務所友達が来てくれました。
彼もほんと、様子を心配してきてくれます。
引越メールを読んで、来てくれました。

ちょうどまた、USBインターネットの追加30ドルの更新が、先週木曜に完了できず、そろそろ以前の残量が減った今日なら出来るだろうという事で、まだ電話の出来ない自分に代わって、かけて貰いました。

これがまた、難航・・・。
便利な物ですが、やたらに苦労しています・・・。

長電話の末、やっと出来たと思うのですが、先程から残量チェックをしていると、ちゃんと反映されているのか、良く分からない表示が返ってきます。
もしかしたら、明日か明後日、突然、容量切れを迎えて、すぐに回復できなくなるかもしれません。

メールや更新が止まったら、ネットトラブルだと思っていてくださいね。
体調は、順調に行ってますから。

やがて、仕事からいったん帰った友達も来てくれました。
「ワンタンスープ友達」以外に、何か呼び名はないかな!?

元気も取り戻せました。
人からパワーって貰えるもんですね。
私も、元の元気に戻ったら、人にパワーを与えるような生き方をしないと。

おじさん、友達2人、今日も本当にありがとうございました。

これから5回目の流動食、そしてシャワーにします。

流動食 複合食物繊維 1.5リットル  2,250kcal

プレドニゾン80mg
オメプラゾール1カプセル(相当分の液体)
アザチオプリン175mg

皆さんも、明日から新しい週、良い毎日が過ごせますように☆

by masaya-iwata | 2011-05-22 16:07 | 闘病 | Comments(3)