<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

昨年秋分の日の皇居一周

今日も眠い一日で、家でずっと寝て過ごしてました。
なんだかこの感じ、3月謎の微熱でずっと寝ていた頃を思い出します。
とっても嫌な感じ…。
熱は平熱なので、あの頃と違うんでしょうし、あの頃は更新も出来なかったので、気のせいかな。
とても遅い時間からスタートですが、頑張って更新して、変な気を払わないと。
そんな訳で、今日は写真をはしょったつもりですが、それでも枚数が多いです。

今朝は62.2kgでした。
ずっと胃痛が続いてましたが、先程から大分収まったようです。

天気も回復してきました。
11時40分。
e0133780_1933621.jpg
ブラックバード君も景色を眺めています。
もうすっかり綺麗になりましたね♪
e0133780_1943598.jpg
『やっと綺麗に揃ったよ♫』

午後3時、
e0133780_1955766.jpg
ぽかぽか陽気で、芝も一気に伸びそうです。

午後5時36分、
e0133780_1974873.jpg
窓に反射する夕日。

薄雲の向こうに夕日が隠れています。
e0133780_1983247.jpg


e0133780_199160.jpg
この後、厚い雲に隠れてそのまま沈んでいきました。

とにかく怠くて、ソファで寝てましたが、DVDドラマもうとうと見てました。
刑事ドラマが多いので、いつも出てくるのが警視庁。
昨年撮った写真を思い出し、ついでに皇居前を一周しようと思って写真整理をしたら37枚になっちゃいました。
これでも、大分削ったんですけども…。
箱根ミニミニ一人駅伝は、昨年ブログにご紹介したと思いますが、皇居1周はまだでしたしね。

先日、C&Cカレーの事を書いたら、メールとコメントでお返事いただけましたので♪、こちらの景色は今どうなっているかな? なんて思いながら、古い話題ですが、東京のご紹介です。

昨年9月23日、秋分の日、ランニングウェアで品川から山手線に乗って東京駅へ。
こんな格好で電車に初めて乗りました。
東京駅から皇居前へ。
和田倉濠の白鳥を見ながら歩いて行きます。
e0133780_19215364.jpg
ここの白鳥は年中いるのかな??
e0133780_19225412.jpg
内堀通り、大勢のランナーです。
真ん中左奥が、警視庁ですね。
ぐるっと回って最後にご対面です。

皇居を左手に、反時計回りに1周スタート。
e0133780_19243037.jpg
桔梗濠、巽櫓。

e0133780_19335860.jpg
大手門前をさくさく走ります。
e0133780_1935138.jpg
こんな感じで。
祝日や、道路規制のおかげもあり、車は全然気になりませんし、とても快適です。
右手には、
e0133780_19364010.jpg
気象庁。

e0133780_19381473.jpg
和気清麻呂像、サクッと走り抜けます。
e0133780_1939792.jpg
平川門。
誰か知らない人♪
日本はマスクの人が多いですよね。

竹橋を左に回り、右手には東京国立近代美術館。
e0133780_1948778.jpg


振り返って、気象庁の方向、綺麗なお濠を眺めながら走ります。
e0133780_19514889.jpg


北の丸公園入り口。
e0133780_19541327.jpg
このまま右手に入ると、日本武道館へも行けますが、この日はこのまま真っ直ぐ。
ちなみに、靖国神社はさらに左斜め奥の方。

少し走って左手皇居側、
e0133780_195855.jpg
乾門でリラックスのお巡りさん、って、皇宮護衛官と呼ぶのかな。

e0133780_202393.jpg
すぐ右手に、東京国立近代美術館工芸館。

千鳥ヶ淵が見えてきました。
e0133780_2084530.jpg
東京駅と反対側、皇居の西側に回って行きます。
e0133780_20115937.jpg
千鳥ヶ淵公園。
桜の季節に来たいですね。
e0133780_2014873.jpg
裸の男3人衆?
日本の観光地・名所、各地にある裸婦像とか、ちっとも理解出来ないんですけど…。

e0133780_20174218.jpg
半蔵門。
背中方向は四谷方面です。
この辺りは、昔、車でもよく通ったところ。
20年近く前、ちょうど箱根駅伝復路の際、歩いて東京駅まで行ったことがあったなぁ。

e0133780_2021433.jpg
桜田濠から「桜田門」が見えてきました♪
e0133780_20233022.jpg
だんだん近付いてきます。
国立劇場、そして最高裁判所。
e0133780_2025540.jpg


桜田門も見えてきます。
e0133780_2027356.jpg
三宅坂を走り抜けて国会前。
e0133780_20281259.jpg

国会議事堂は工事中…。
外壁洗浄工事みたいです。
e0133780_20321754.jpg
もう終わって、綺麗になったんでしょうね。
e0133780_20335744.jpg
『残念だったねぇ』
カラス君に、「来年また見に来るね」と約束したのですが、行けるかなぁ…。

そしていよいよ!
e0133780_2036481.jpg
警視庁。
テレビドラマでお馴染みの光景。
ここ、2回入ったことがあるんです。
捕まったわけじゃないですよ、16年前、NZ居住権申請のための無犯罪証明書の取得のためでした。
もうすっかり中の様子は忘れちゃいました。

左に曲がって、桜田門、
e0133780_20412583.jpg
くぐって中へ入ります。

e0133780_20424195.jpg
綺麗に敷き詰められた玉砂利。
そう、ここを走ると、
e0133780_20461394.jpg
前方の小屋、じゃないか、詰所から護衛官がすっ飛んで来ちゃいます。
外人さんが注意されてました♪

左手には二重橋。
e0133780_2048971.jpg

振り返ると、右手に警視庁、
e0133780_20493454.jpg
正面奥は、
e0133780_2050054.jpg
東京タワー♪

進行方向左側が皇居。
e0133780_20513385.jpg


ぐるっと一周して、
e0133780_20504662.jpg
ゴールです。

e0133780_2181717.jpg
左側が東京駅方向。
左から下、右から上へ回りました。
5kmくらいだそうですが、この時は、二重橋の辺りから歩きましたし、もうちょっと短かったかも。
とても走りやすく、楽しい皇居一周でした。
今度はいつ走れるかなぁ。

東京駅へ向かいます。
友達へのサービスショット♪
e0133780_20552698.jpg


東京駅も残念ながら復元工事中。
e0133780_20582537.jpg

今はどうなっているんだろう?
e0133780_20585767.jpg
まだですよね?

江戸時代はどんな様子だったんでしょう。
電車や地下鉄ばかりでしたが、地図を眺めているとそれぞれ近いですし、歩いて回るのも楽しそうです。

プレドニゾン25mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

すっかり遅くなってしまいました☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-31 21:17 | 闘病 | Comments(2)
2011年 08月 30日

書いてみるもんです

カレーを食べ過ぎたのかな?
昨晩寝ている間から、今もずっと胃に鈍痛が続いてます。
とうとう、雑菌でも入ったのかな?
まあ、これで激痛にでもなれば、救急で飛び込んで緊急手術でもしてくれるんでしょうが?
そうなれば、医者も少しは悔い改めるかな!?
あと1週間ちょっとの辛抱です。

今朝は63kg、昨晩は食べませんでしたから、体重やや減少でした。
実家からの荷物が私書箱に届いていると、追跡調査で分かっていましたので、お昼前に取りに行きました。
本当は今週、ホームセンターで買い物もしたかったんですけど、私書箱の郵便局へ出るのもとても遠くに感じて、出かける気になれません。
なので、すぐに帰るつもりで出発。

久し振りに郵便局の人と話すと、皆んな様態を心配してくれてます。
とは言っても、顔を見るなり、『ずっと元気そうね?』と言ってくれるので、返事をするのもなかなか複雑気分。
声をかける方にしても、複雑なんでしょうけどね♪
e0133780_18223878.jpg
無事到着。
そして、ロトルア病院から手紙です。
もしかして? 
整形外科からの予約票でした。
これは意外、もう無視されていると思っていたので、まさかの予約、5日ですって。

昨日ブログに文句を書いたのが通じたんだろうな!?

29日発信なので、先週金曜日に書いたメールのおかげでしょうか。
いずれにしろ、以心伝心はならず、なんでも書いてみるもんですね。

しかし、診察時に参考にするMRI画像は4週間も古いもの。
どこまで期待できるんだろう?

ふと背中に気配を感じました。
隣にものすごく汚れた車が止まっていたんですけど、
e0133780_1837372.jpg
あ、ゴールデンです♪
ビールの段ボール箱が散らかり、外も中もぐちゃぐちゃでしたが、毛並みがとっても綺麗。
飼い主の行方をじっと見てます…。
ワンちゃんは、健気だなぁ、ほんと。

今日は一日曇りと小雨模様。
帰り道、飛行場にちょっと寄りました。
e0133780_18445393.jpg
11時52分、定刻より3分早く、クライストチャーチへ向けてATRが離陸でした。
モコイア島が霞んでいます。
もうしばらくしたら、ロトルア空港閉鎖でしょうね、と、友達が言ってました。
そう、ロトルア空港には、ILS、計器着陸装置が無いんですよね、確か?
今日も昼の時間帯、バスも無く、迎えの車も無く、観光客のいない静かな飛行場のようでした。

ベッドでは7時間は寝たのですが、今日も眠いです。
実家から届いたDVDでドラマを見ながら、その内にソファでぐっすり。
夜になって、メールを見ると、またしても悪魔の囁きが…。
amazonから毎晩メールが届きますが、 なるだけ見ないように、さっと流していました。
今日はうっかり、リンクをクリックして調べ始めちゃいました。
e0133780_1857376.jpg
リスト。
ピアノを弾く人と話すと、大抵の人が、「リスト…」、と、間をおいて感慨深げに遠い目をするんですよね。
まだ聞いたことはないので、いつか聞こうかな?と思ってましたが、ついクリックして検索始めちゃいました。
あー、最近、せっかく頭はジャズに変わっていたのになぁ。
e0133780_1903639.jpg
ホルヘ・ボレット
リスト弾きで有名なようですし、トップから3枚並んでいます。
4枚目、ジョルジュ・シフラ
リストと同じハンガリー人で、リストの再来とも呼ばれているそう。
コメントを読むと、皆んな良い事ばかり書いていて、どれも欲しくなるんですよね。
サンプルを聞いてみると、シフラの演奏がよく感じますが、ボレットもしっとりしていていい感じ。
あー、危ない危ない…。

メールに戻って、村治佳織の新譜、予約発売にはDVDも付いてるそう。これも良いなぁ。

amazon、商売上手だなぁー。
と言いながら、amazonで調べてhmvで買うことが多いんですけどね♪
amazonの方が1枚でも早く到着ですが、選べばhmvの方が安い事が多いので、急がない身には嬉しいです。

クラシックに逸れる前に、もっとジャズも買いたいけど、クラシックにはまると抜けられなくなります。
その内リスト、もっと先には、マタイ受難曲も待ってます。
そんなこんなで、ネットでうろうろしてるのが、一番安上がりで楽しいかな。

目下最大の悩みです♪

プレドニゾン25mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

6月に買って、まだ2,3回しかかけてなかったラヴェルのピアノ曲を流してます。
ピアノ曲や室内楽、好みはまだ少人数の方かな。
あっという間に、日本は夏休みが終わりますね。
去年の今頃は、成田から実家に移動中だったなぁ…☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-30 19:37 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 29日

なんだかよく分からない

あんまり寝る時間が不規則なのも良くないかなと、昨晩は0時半過ぎにはベッドに入りました。
昼寝したにも関わらず、夜も眠くて、本は数行だけ読んで、すぐに眠りました。
何度か足の痛みで目が覚めますが、またすぐに眠れます。

以前と同じ様に、寝ている最中、足を動かせるようになったみたいですが、逆効果でさらに痛くなってしまいました。
7時半過ぎに目が覚め、、足を引きずって一カーテンを開け、またベッドに戻ります。
スクールバス待ちの子供達が、下の通り、遠くに見えています。

足だけじゃなく、軽い頭痛と目眩までしてきました。
しばらく寝ますが、月曜はゴミの日、最近はゴミ車が午前中に来てしまうので、気になって9時頃に起きてきました。

今朝の体重は63.5kg、昨晩のカレーと、キャベツとモヤシの味噌汁がそのまま溜まってます。
63kg超えたのは、4ヶ月以上ぶりですが、余計に体が重く感じます。
ドクターに体重は増やせと言われましたが、まだ増やさない方が良いんじゃないかと思えます。

あ、今日は更新を書く体調じゃないんですけど、病気記録の意味で書いてますから、ニュージーランド情報でも新規情報もない、ほとんどの人にはつまらない内容です。

今日からプレドニゾンは25mgです。
来週は20mgに減らし、それ以降、ステロイドは20mgを維持する予定です。
血液検査の様子を見ながら、さらに減らす時期を考えるようです。
脱ステロイド、それから治癒を目指すのが、誰しも描く悲願の事のようですが、自分もまさに同じ心理状態、皆んな状況は多かれ少なかれ同じようです。

次に医者と会う機会に、これから行う検査結果の全てを、自分にも送ってもらうよう手配を頼むつもりです。医者がダメなら、直接担当課、もしくは病院へ。
血液検査の結果も自分でモニターしたいですし、すでに3週間過ぎ遅すぎ感もありますが、MRI結果資料も手元に置いておきたいですしね。
入院中は願望を込めて書いていましたが、医者まで信頼できないNZ人気質、さすがに参ったので、自分でデータ分析出来るようにしないと。

それにしても、ゴミ収集の人達、ニュージーランドで一番真面目に規則正しく働いているんじゃないでしょうか?
何しろ、ゴミの日がクリスマスでも元日でも、必ずやってきます。もちろん休日手当で働いているんでしょうが。
最近は午前中やって来るようになったので、遅れないように急いでゴミ出しですが、ついでに冷凍庫の物体も整理してしまおう。
何年か振りに、とてもすっきりした冷凍庫、これで少し電気代も浮くかな?

その代わりに、ゴミ袋がとても重くなり、この道程がとても長かったです。
e0133780_18351934.jpg
今日はどんより空。
最高気温は14℃、最低気温は8℃、毎年、「三寒四温」って書いていたような気がしましたが、今年は一気に春になってしまったようです。
このまま暖かい週になるようですが、週末の予報は、最低気温−1℃になってますね。
またいったん冬に戻るのかな?

それにしても、今日は足が痛いです。
歩くのも大変ですが、歩く時に椅子を転がす必要があった時に比べると、悪くはありません。
これって良くなっているのかな?
ソファで寝ていても、左足を上げようと思えば、なんとか出来ます。
以前は足を上げられませんでしたから。
でも、ちっとも良くなってる気にはなれないですし、なんだろう?
体って、だんだん馴染んできて、ハードルが常に高くなるものなんでしょうか?

いずれにしろ、椅子に座ってから動く時、ソファから起きて動く時、満足に動かず、よちよち歩きになってしまいますし、痛いです。
いつも寝る時だけの湿布を、昼にも貼りました。

e0133780_18493781.jpg
お昼前に散歩中のフリッツ君、ドテッとしだした彼は、目を合わせなくなってきました!

目眩は続くし、怠さもあります、でも、食欲はあるんです。
昨日のカレーで、カレースパの昼ごはん、カレーそばの夕方、食べては寝てなので、明日はまた体重増えているかも。

ベッドで寝ようかと思いましたが、寝返りうって足を動かしそうでしたので、ソファでじっと寝てました。
寝ないで起きておこうとも思いましたが、ソファでないと足が痛いですし、眠気に勝てません。
でも、寝過ぎのせいもあるのかな?
起きても頭痛が治らないので、まだ残っている液状のパナドールを飲んでおきました。
風邪かな?とも思ったのですが、熱は平熱です。
特に風邪になるような寒さでもないですし、ソファで寝ている時は、湯たんぽ2つ、足裏と足の付根に抱えて寝ていましたし。

午後4時53分、
e0133780_18573787.jpg
温暖前線が絡みあった結果の、いくつもの雲の層。
これはこれでまた、きれいな空の景色でした。

回復するための体力温存を、体が要求していているので眠いのかな?
足も、だんだん動かせるようになってきたから、痛みを感じるようになってきたのかな?
胃から漏れるのが気になりながらも、食欲があるのは、体が求めているからなんでしょう、でも、怠さはちっとも抜けないし。なんか食べてる物が良くないのかな?
自分の体ながら、よく分からない状態です。

お腹は、精神的なこともあって、いつも心配事を抱えているような、胃の重さを感じたままです。
これは来週までの辛抱であってほしいな。
入院してからそろそろ5ヶ月、発症してから半年、まだまだ時間がかかるんでしょうが、20年も普通の社会生活を送っていないので、このブランクは非常に厳しいです。
希望に燃えてた入院生活が懐かしい。

プレドニゾン25mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

そういえば、今日は声を出していなかったな。
明日は出かけられる体調になってますように☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-29 19:37 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 28日

ポーク一丁♪

今日も遅寝早起きでしたが、ぼーっと過ごす一日。
またしても睡眠の一日となりました。
午前10時半、
e0133780_16441291.jpg

最高気温15℃、ぽかぽか春の良い天気。

ブラックバード君も衣替えが整ってきたようです。
e0133780_16462558.jpg
『どう? あともうちょっとでしょ?』

いろいろやりたい事はあるんですけど、全部後回し…。
半分取れたままのPEGチューブは、テープで固定していても、シャワーやお風呂の時に、少し動いて緩んでしまうようです。
今朝はいつもよりお腹から漏れていて、どうにも気持ち悪いです。
自分でチューブを回しても良いんですけど、回すと痛いし、回す方向がはっきり分からないので、とりあえずそのまま。
まあ、普通は時計回りが締める方向だとは思うんですけどね。

いずれにしろ、専門医が漏れていても大丈夫と言っているので、実際はそんなもんなんでしょう。
案外人間は、雑にしてても問題ないって事ですよね。

3日ぶりにソファで昼寝、起きてから気分高揚に、カレー作りです。
今日はポークで♪
e0133780_16564485.jpg
一切れ半使いました。
美味しそうでしょ。
しばらくビーフカレーが続いていたので、先日買ってきました。

ポークカレーというと想い出すのが、もう、遙か大昔、京王線新宿駅からJR(当時は国鉄時代だったような)へ向かう途中にあるカレー屋さん、C&Cカレー。
ポークカレーを頼んだ時のお兄さんの声、『ポークいっちょ~う!』が、すごく良い響きで、その声を聞きたくて、友達も皆んなポークカレーを頼んでました。
ビーフやチキンだと、微妙にノリが悪くなるんです。
あのお兄さんは、今、どうしてるんだろう。

午後4時56分、雲が出ていると、綺麗な景色に事欠きません。
クリックの大きな画面でご覧くださいね。(CLICK on photo)
e0133780_174535.jpg
逆光ですから、実際はもっと明るい景色です。
なかなか、現実の色に合わせる作業も難しいです。

5時28分、厚い雲に阻まれて、早くに夕日が隠れてしまいました。
こちらも、クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1772610.jpg

西の向こう、タスマン海に温暖前線がかかっていて、厚い雲がこちらに流れてきています。
この後、空は一面、雲に覆われていきました。

今日も少しのセロリとトマト、タマネギとニンジンは3個使って赤ワインも入れ、2時間くらいコトコト。
e0133780_17114757.jpg
ポークがビーフ色になりました。
カレールーを入れようかなと探すと、友達がお土産でくれた甘口でした。
その内、他の辛口カレーと混ぜて使おうかなと(カレールーを混ぜるのも美味しいですものね)置いてましたが、これで行くしかない。

どうせ漏れてるなら、思いっ切り辛いカレーにして、胃ろうにも気合を入れてやろうと思っていたんです。
どうしようかな? と、食在庫を探します。
鷹の爪が冷蔵庫にあったと思ったら、見つからないので、代わりの物を見つけました。
e0133780_1717312.jpg
ちょっと古くなっちゃいましたが、いつか使おうと置いていたもの。
絵だけ見てて、辛いんだろうなぁーと思ってましたが、何なのかはまったく分からないまま…。

ちなみに、甘口カレーですが、NZ人は辛いのが苦手ですから、お土産用にいくつか友達が持ってきていたもののお裾分けだったんです。
ですから、通常のレストランで、HOT(辛い)、と書かれていても、そんなに心配はいらないですし、辛口マニアは物足りないでしょう。

バーモントカレー、ありがとうね♪

中身はどんなだろう?と開けてみると、
e0133780_17221892.jpg
あれ?
確かに唐辛子は入ってますが、これは何だろう?
袋をよく見ると、Dips(ディップソース、たれ)って書いてます。
袋の裏に説明が書かれてますが、文字が小さくてちっとも読む気になれません。
お湯を足してドロドロさせるんでしょう、きっと。

かじってみると、やや辛い、味は、悪くはないです。
まあ、カレーは何を入れても美味しくなるってもんですから、試してみよう。

ジャガイモと一緒に炒めて、
e0133780_17264573.jpg

ちょっと焦げちゃったけど、水を入れると、
e0133780_17272330.jpg
なんかいい感じ♪

そして出来上がり。
e0133780_1728013.jpg
トロトロしてて、見た目は「お母さんのカレー」風ですね。
中辛より甘めって感じですけど、味はバッチリ。
ご飯も炊けたし、これから食べよう♪

今朝は62.9kg。
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

明日からプレドニゾンは25mgに減ります。
オメプラゾールの加減がなかなか分からず、まだ喉に絡む感じが残っています。
でも、喉はほんと、回復してきました。
以前はまったく出なかった、甲高い裏声も出せるようになりましたし。
かすれ声も、少し戻ってきたかな。
あとは、お腹、そして左足…。
ポーク・パワーいっちょう、よろしくね☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-28 18:07 | 闘病 | Comments(2)
2011年 08月 27日

必然的に生涯現役のみ (♪ハンク・ジョーンズ)

昨晩ネットで膠原病に関してのWebを読んでいてショックを受けました。
皮膚筋炎を含む膠原病患者は、まず100%、生命保険に入れないでしょうと…。
考えたら当たり前だったのでしょうが、ダメだとあらためて宣告されるのも酷なもんです。

会社勤めの頃、「保険のおばさん」が社内によくいらして、忘れてしまいましたが、何か入ったのかもしれません。
でも、あれから何年?支払いも何もしてませんから、退社時にやめたのか、最初から入っていなかったのか?もう覚えていませんけど。

退社後、アメリカ時代は、保険なんて考えてる時ではなかったです。
NZ時代、ヘリコプターの頃、どうしようかな?と考えたことはありますが、ヘリパイの保険はとても高いでしょうし、もともと金銭的余裕もなく、それだけで頭から外れました。
ガイドを始めてからも、どうせ独り者だし、入っても意味ないか?と、やっぱり入らないまま今に至ってます。

そして、生命保険。
独り者ですけど、単に縁がなかっただけで、独身主義者ではありません。
特に変わった人間ではないと思いますし? 特別何かが劣っている訳でもないはずですし。
縁は異なもの? どこの世界の事よ。

そう、でも、もし結婚できたとしたら、嫁さんには生命保険をたくさんかけて、ってそれじゃサスペンスドラマですが、
そうじゃなくて、自分には生命保険をたくさんかけて、もしもの時に相手に残してあげようと、まあ、漠然とですけど思い描いてはいました。
それがもう、願望だけになってしまいましたから。
まあ、保険に入れない方は多いでしょうから、こういう書き方は問題があるかもしれませんけど、自分ごとに限って言わせてもらえば、お金にすら変わらない身になってしまったのかと…。
ショックでしたね。

少し古い記事を読んだので、最近では病気でも入れる保険があるのかもしれませんが、通常より制約はきっと多いんでしょうね?
入ろうと思った時にはもう遅し、ですよね、なんでも。

あ、また文章続きになりました。
一応、ここまでは「前ふり」です♪

今朝はまた、早起きしちゃいました。
土曜の朝なので、周りはまだ寝ているようです。
晴れていたので、洗濯を始め、家で影になっているデッキにそろそろ日が当たる9時半過ぎ、デッキに出てたくさんの洗濯物を干しました。
下の通りでは、右に左に、住宅地の人達がランニングをしています。
カメラを取り出したら、こちら側に走ってきました。
e0133780_1626241.jpg
あー、早く走りたい…。

干した途端に、空が曇ってきちゃいました。
e0133780_16461442.jpg
今日はいっぱいあって、裾がデッキに付いちゃうので、高床にしてみました。

電話があって、友達が午後に遊びに来てくれるそうです♪
久し振りの来客。
まったく掃除機がけをしていなかったので、ちょうど良かった。
先に、机の上の領収書を会計簿に整理してすっきりさせ、部屋を綺麗に。
お昼を食べ終わってしばらくしたら、仕事帰りに飛行場から足を延ばして来てくれました。

外は晴れたり曇ったり、少し部屋が寒いと思ったら、いくつか窓を開けたままで、冷たい風が部屋を抜けていました。

夕方、友達が帰り、洗濯取り込み、さすがに今日は乾きません、いつもの洗濯干し部屋に干しました。

午後6時40分、西側低くに残る雲、それ以外は快晴の空に、夕日が傾いて行きました。
e0133780_16515096.jpg
急いで書くと、小学生の夏休みの日記みたいな文章ですね。

「生涯現役」
ガイドをするようになり、NZ人のドライバーガイドの人達・仕事仲間を見ていて感じるようになった、好きな言葉です。
あ、ここから「中ふり?」です。
仕事仲間で好きなおじいさんが居らっしゃいますが、実に楽しそうに、元気にいつもお客さんをご案内しています。
こちらのご年配はとても元気ですけど、とっくに引退する年齢で、現役で活躍されている方が、ガイドに限らず多いです。
そうは言っても、仕事仲間で、健康上の理由で運転の仕事を辞められた方も何人かいらっしゃいます。
やはり、健康あっての「現役」ではありますけどね。

でも、自分もずっと現役でありたい。
今の病気になる前から、ずっとそう思っていました。
いつまでも現場に居て、同じ事を続ける。
「ずっと続ける」、それが良いんです。

やっと本題。
「生涯現役」、まさにこの人というのが、ジャズ・ピアニストのハンク・ジョーンズです。
残念ながら、昨年5月、91歳でお亡くなりになりました。
その2ヶ月ちょっと前、2月はブルーノート東京をはじめ、日本公演を行っていたんですから!

実は、今までそんなに聞きたいという程でもなかったのですが、6月にCDを鬼買いした時、ハンク・ジョーンズ(一番左の人)のこの2枚も選んでました。
e0133780_17163087.jpg
左が、Collaboration(コラボレーション)
右が、At the Village Vanguard(アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード)

1918年生まれ、10代からピアノ演奏で活躍、1940年代から本格的な活動。
なにしろ、あの、ジョン・F・ケネディ元大統領の誕生パーティーで、マリリン・モンローが「ハッピィ・バースディ~♪」と歌った映像はご覧になったことがあると思いますが、その時ピアノを演奏していたのがこの人、1962年のことです。

1976年、「グレート・ジャズ・トリオ(GJT)」というトリオでの活動を始めますが、亡くなるまでメンバー交代を何度か繰り返し、昨年日本公演時は、ベース27歳、ドラムス29歳、ハンクは91歳という、平均年齢にすると49歳という!、なんともすごい組み合わせで活動され、まだ今後の活動もスケジュールがいっぱいだったそうです。

右側の、アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガードというアルバムが、初代GJT、ニューヨークの名門ジャズクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブです。
ベースはロン・カーター、サントリー・ウィスキーのCMでもおなじみの物静かな黒人ベーシスト。
25年近く前、そのヴィレッジ・ヴァンガードで、腕組みポーズのロン・カーターと一緒に写真を撮って貰いましたから(自慢です♪)
今でも実家に置いてあるかなぁ。
ドラムスは、トニー・ウィリアムス。ドラム界に多大な影響を与えたドラマー。
この3人のGJTを迎えて、ナベサダが「アイム・オールド・ファッション」という有名なアルバムを作ったのが1976年の事です。
ちなみに、私がジャズを聞くきっかけになったのが、ナベサダ、当時はフュージョンですけど、78年の「カリフォルニア・シャワー」でした♪

話が逸れましたが、このライブアルバム、いきなりすごい迫力です。特にドラムが。
とてもいいアルバムですが、今日の話題に合わせると、左側の方に重きがあるでしょうか。

「コラボレーション」、おじいさん2人ですが、左がハンク・ジョーンズ、右は弟のエルビン・ジョーンズです。
3兄弟ジャズ・ミュージシャンで、エルビン・ジョーンズは三男、次男にはサド・ジョーンズというトランペッターが いましたが、63歳で亡くなっています。
このアルバムは、2002年に録音された2枚のアルバムの未発表テイクを集めたもので、三男、エルビン・ジョーンズの追悼アルバムとして2004年にリリースされたものです。
2004年に76歳で亡くなられました。
ハンク・ジョーンズは一人残ってしまったんです。
このアルバムのライナーノーツに、その思い、寂しさが語られています。

でも、アルバムの演奏は、とてもパワフルです。
どちらかというと、エルビン・ジョーンズの方が活躍は派手ですし、日本でも人気があったと思います。共演した日本ジャズマンも多いです。
少し元気に欠けるという評もありますけど、それは全盛期と比べた場合で、アルバム中の「枯葉」の演奏なんて、驚きの74歳(録音当時)、ちっとも枯れてない枯葉ですよ。
ハンク・ジョーンズは当時83歳、とてもそうは思えない、とても瑞々しい演奏です。

90歳でも、練習は毎日2,3時間、多い時で4,5時間はしていたそう。
自分の演奏に変化を感じるようになったのが(音楽的に質の高いという意味で)、70を過ぎてから。
ステージでは、常に、前回よりもいい演奏をする、ベストを尽くすことを考えている、って、いつまでも新人のような気持ち。
ものすごい現役魂ですよね。

そう、ベーシストは、リチャード・デイヴィス、この人がまた、名前の響きと同じ様に、実にご機嫌なベースを奏でるんです。
アメリカ発音で、「リチャード・デイヴィス」、とてもリズミカルな響きなんですよ。

そんな訳で、3人揃っての写真を。
e0133780_18272370.jpg

いい曲ばかりですが、さりげなくお洒落な演奏の、サテンドールなんか気に入ってます。

そして、YouTube ですが、アルバムよりも、一昨年のブルーノート東京での様子がアップされていますので、こちらの方が良いかな。
最後のライブは昨年でしたが、ドラムのみ変わってます。
ベースのデヴィット・ウォンは、顔を見ると東洋系、中国系アメリカ人でしょうか?
なんでも、先程ご紹介のロン・カーターの弟子だそうです。

何曲かアップされていますが、アップテンポの、アイ・ガット・リズムにしてみました。
I got rhythm 、ガーシュウィンの名曲です。



他にもたくさん、いい演奏が綺麗な画面でアップされてますので、興味ある方はもっと続けてご覧になってみてください♪
例えば、上の枠の下側の、YouTubeと書かれている所にマウスを持って行くと、Tubeの文字が赤くなりますが、そこをクリックすると、YouTubeのWeb画面が現れます。
右側に関連動画がたくさん並んでいますから、そちらから見られます。
(枠の一番右側の、矢印4本の場所をクリックすると、大画面で見られますよ。戻るには、もう一度右側の矢印4本をクリックするか、【esc】キーを押します。)

おそらく関連動画の一番上に、日本人ピアニスト、上原ひろみの同じ曲も紹介されていると思いますが、比較してみると、とっても興味深いですよ。

という事で、今日も長々、興味のない方には失礼しました♪(ってここまで読んでませんよね!)

今朝も62.7kg。
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

偉大なジャズ・ミュージシャンと並べて書くのは大変おこがましい事ですが、保険も入れず財産もないこれから、どうやっても生涯現役で過ごしていかないといけないです♪
そのためにも、少しでも多く、健康を取り戻さないと☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-27 19:37 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 26日

よく遊ぶ病院の鳥さんたち

最近、他の闘病ブログを読み、ランキングクリックへ協力するのが、毎朝の日課になっています。
今朝も、数の少ない同じ皮膚筋炎の方の闘病ブログを読みましたが、ステロイドの副作用で同じ様な事を書かれていました。

今朝って書いてますが、お昼前ですね、実は…。
昨日の午後もよく寝たんですけど、昨晩は午前2時頃ベッドに行き、そのままあっという間に眠りました。
朝方、「トイレに行こうか、どうしようかな?」と、うとうとしていましたが、そのまま寝続け、起きてみたら11時過ぎ。
不眠症の人が聞いたら、羨ましい話なんでしょうが…、それにしてもほんと、この怠さと眠気、気力の無さはきついですね…。

ネットニュースも読んだりした後、28日締切の、会社会計・消費税申告をネットで終え、机の上に溜まってしまった銀行書類などをファイリング。
それからやっと、町へ出かけました。

e0133780_1613338.jpg
私書箱確認。
わ!
ロトルア病院からついに手紙が届きました。
プジョーに戻って開封してみると、外科外来からの手紙です。
予約日が、9月6日火曜日です。

え?
再来週じゃん…。
ひどいなぁ…。
まあでも、あれだけ催促しての結果がこれですから、あと11日の辛抱でしょう。
手紙には、『これを受け取ったら、連絡先など再確認のため、必ず電話するように』と書かれています。
『急な変更で連絡することもあるので、了承ください』というような事も、長々と書かれています。
こういうの、上から目線、なんでしょうが、病院様の云う事ですから仰せの通り。
帰ってから電話しようと、さらに町へ。

まずはシェルへ。
e0133780_1694255.jpg
カウントダウンのリッター6セント割引券が29日までですから、ランプ前ですけど、アイと同じく、プジョーにも給油でした。
e0133780_16111858.jpg
ディーゼルは、1リットル $1.439(約93円くらい)。
ディーゼルの場合、Road User Charges 道路使用料というような意味合いの税金を別に収める必要があります。
距離で購入するのですが、今年2月に5千キロ分を買って、$475.48 (約3万円)でした。
ガソリンエンジンよりも燃費は良いですし、単価もディーゼルの方が安いですが、点検費用や車自体の価格を全て考えると、ディーゼルの方がお財布にもエコとは、一概に言えないかもしれませんね。この辺りは、ちゃんと計算してみないと分かりませんけど。
まあでも、スタンドに行った際の出費が抑えられるという点では、ディーゼルで良かった感というのは、とっても大きいです。

この後、ついでに空気圧もチェックしてから、一昨日行くのを忘れた処方箋薬局へ。
e0133780_16303110.jpg
ロトルア病院近くの、セントラル・ファーマシー。

待っている間に、店内の様子をどうぞ。
トゥイやコル(シダの新芽)の写真も見られるように、大きなサイズにしました。クリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_16324853.jpg
正面奥が、処方薬を貰うところですが、店内は薬以外にも、化粧品その他、いろいろ売られています。
振り返ると、これ。ですから、この写真立てが売られているんですよね。
こちらもクリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_16351286.jpg
富士フィルムのDPEですね。
NZでのデジカメ類も。
富士の他にも、ニコン、キャノン、パナソニック、ソニーなど、日本メーカー揃いです。
圧倒的に機種は少ないですけど。

ちなみに、こちらでは多分、DPEと言っても通じないかもしれません。
プリントサービスとか言えばいいのかな?
もう、デジカメの時代ですから、日本と同じく、SDカードなどのメディアを入れて、自分で印刷する機械も置かれていますね。

免疫抑制薬のアザチオプリンを3ヶ月分、3ドルで購入でした。
ゆくゆくは、ステロイド剤のプレドニゾンに取って代わる、大事な大事なお薬です。

e0133780_16465527.jpg
せっかくなので、レイクフロントへ。
今日も高気圧に覆われた、ぽかぽか良い天気。
最高気温14℃、この時間帯がちょうどその頃。
e0133780_16491597.jpg
すっかり春の、のどかさです。

湖では、皆んな良く遊んでいます。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_16501539.jpg
『ボクたちのご飯、忘れてるのかなぁ』
自分達の遊びに夢中で、カモメたちは餌も貰えず、不満顔です♫

不満顔は、黒鳥たちも同じです。
こちらもクリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_16561693.jpg
お腹をすかせた黒鳥軍団♪
藻の除去作業が功を奏して、湖畔が綺麗になりましたね。

こちらも同じく、カモメ軍団。
e0133780_16582721.jpg
カメラを向けるだけで、餌は無し♪
私もそうですけどね!
奥の建物が、QE病院ですよ。

それにしても、この写真撮影のポーズ、国籍問わず、同じ光景で楽しいですね。
e0133780_1701458.jpg
早くお客さんを案内して、このポーズで綺麗な景色や楽しい写真をたくさん撮っていただいきたいです…。

カウントダウンで買い物をして帰宅です。
早速病院へ電話しました。

連絡先や日付を確認した後、「6日はPEGの手術だと思うのですが、その内容で間違い無いですよね?」
と聞いてみました。
日帰りで帰るのか?とか、もし、来週中にキャンセル待ちが出来れば、早くに回してもらえるかとか、いろいろ聞いたり頼んだりしようと思っていたからです。

すると、受付の人は、

『6日は、手術じゃなくて、ドクターのコンサルテーション(診察、問診)だけですよ。ドクターが、PEGを外す必要があるかどうかを、判断するんです』

「おい、どの口が言うてるねん」(頭にこだまする友達の声)

あーだめだ、一気に怒り心頭…。突然、友達が憑依してきちゃいました。
しかし、ほんとになめられたもんだよなぁ。

とりあえず深呼吸して、再質問、

「2週間前に、内視鏡手術でPEGの取り外しに失敗したんですが、今度の外科手術はそのための、取り外し手術です。胃からも漏れているし、緊急なんですけど、6日に出来ないんですか?」

すると、

『それは大変だけど…、ドクターは6日まで居ないので、連絡取れないんです』

「なめとんか?」
あー、友達に助けてほしい。

ドクターはきっとホリデーでしょう。
連絡遅かったのも、そのせいだったのかも。

6日の診察時、ドクターが緊急と判断すれば、手術の手配はすぐにしてはくれるそうですが…、とても心配なのは、緊急と思いながらも、そのドクターが、
『いやー、実はまた、明日から1週間ホリデーなんだよねぇ』なんて言い出しそう。
いったい、いつ、この使えない、中途なPEGが外せるんだろう。

とりあえず電話を切り、少し頭を冷やしてからリチャードにメールしておきました。
外科のドクターに連絡が取れないので、そちらから一言メッセージで、「手術は緊急だから、6日のコンサルテーション以降、早急に手術の手配をお願いします」と伝えておいてと。

それと、整形外科からの手紙がまだ来ないことも書いておきましたが、こちらの人達は一度に2つのことを出来無いので、おそらくそっちは音沙汰なしでしょう。
一つでも出来れば御の字ですから。

病院へ電話をする前、ご近所のおばさんに、手紙の報告をしないといけないと思い、先にそちらへ電話してましたが、留守でした。

しばらく後に折り返し電話でした。

「病院から手紙が届いたので電話をしたんですが…」

『それは良かった!』

「電話した後、病院へ確認して分かったんですけど、ちっとも良くないんです」
と、上に書いた内容のほとんどを説明をしました。

すると、おばさん一言、

『Hopeless(ホープレス)』
まあ、いわゆる、「救いようのない、アホ」って意味ですね♪

ほんと、最初から分かっていれば、ご近所のおじさんに主治医になって欲しかった。

景色だけは素晴らしいNZ♪
e0133780_17583936.jpg
午後5時39分。
今日は夕焼け景色にはなりませんでした。

今朝は62.7kg。
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

カウントダウンで、シャンパン・ハムがスペシャルだったので、今晩は炒飯にしようかな。

それにしても、こっちのお医者さん、ほんと良く遊びます。
e0133780_1812636.jpg
『ぼくも生まれ変わったらキウィのお医者さんになろうかなぁ』
カモメさんも羨む、鳥さんたちのお話でした☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-26 18:33 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 25日

もう、春の雲

今朝は7時過ぎにパチっと目が覚め、張り切って活動気分の起床です。

外は曇り空、
そろそろスクールバスが来る時間、7時48分。
e0133780_16511292.jpg
遠くの雲がキウィに見えていたのですが、撮る時になって形が崩れちゃいました。

さて、何から活動しようかなと思いながら、いつものようにネットニュースを眺めていましたが、その内に頭はぼんやり…、またしても眠気です。
どんどん活動機能が低下中。

こりゃだめだ。

意気揚々でも、体がついていきません。
椅子から動く気になれず、頭を使う気にもならず、仕方ないので、座ったままでYouTubeを眺めてウトウトしてました。
その時は、「今日は音楽の話題だな」と思っていたのですが、結局まとめる気力も萎んでしまいました…。

やっと立ち上がってソファに移動、睡眠。
あっという間に午後4時17分。
外はぽかぽか、良い天気。
e0133780_1701961.jpg
キャンバスに描かれたような雲の景色です。

高い所は刷毛で掃いたよう、低い所はぽかりのどかな雲。
こちらは南の空。
e0133780_1763471.jpg
すっかり春の空ですね。

上ばかり見ていたら、ブラックバード君たちが居たのに気が付きませんでした、
e0133780_1713959.jpg
冬毛の抜けてる、いつものブラックバード君は、逃げるのもワンテンポ遅れます。

e0133780_17171947.jpg
北の空では、雲の川から魚が飛び跳ねてます。

5時12分、西の空低く、雲の隙間にお日様が隠れてます
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1720772.jpg
逆光で暗くなっていますから、実際はまだ明るい景色です。

5時41分、そろそろ夕日が沈んでいきます。
北の雲が赤く染まります。
e0133780_17251452.jpg


日はどんどん長くなっていきます。
e0133780_17271510.jpg
一人静かに、ただ、ただ、ゆっくりの一日でした…。

e0133780_17241193.jpg
さらに南側に沈んでいきます。

e0133780_17313478.jpg
4時45分、西の空にストンと隠れました。

このまま終わるのかな?と思って、カーテンを締めてしばらくすると、外が赤く染まっているのに気が付きました。
久し振りに見る、夕焼け空です。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_17333441.jpg


今朝は62.6kg。
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

明日は薬を買ってこないと。
使えない胃ろうからの漏れと匂いが、ほんと気持ち悪いです。
自分で外す方法があれば良いのになぁ☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-25 18:03 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 24日

病院の鶏たち

ここ最近、「ありがとう」の言葉が消えちゃってます…。
入院していた頃の方が、心も体も健康だったなぁー…。
東の空は晴れていますが、西はどんより曇り空。
寝ぐせじゃなくて、毛の生え変わり中だったブラックバード君が、曇ったロトルア湖の景色を眺めています。
e0133780_171669.jpg
もう少し、カメラを下から、景色と一緒に撮ろうと思ったら、警戒されて逃げられちゃいました。

今日は待ち過ぎの診察日、QE病院で、リューマチ医の大家(「おおや」さんじゃないですよ、「たいか」、つまり「迷医」じゃなくて、【名医】です)、ドクター・ペイ鳥、じゃなくて、ペイトリ先生の診察があります。
期待しないまでも、調べ物はしておこうと、最近では久し振りの早起き、7時半前に起きて、パソコン前で英語の勉強してました。

それと、お金の計算。固定資産税とクレジットカードの支払なので、昨晩行ったやりくり計算の見直しをしていました。

11時40分からの診察です。
いつも時間ギリギリで間に合わなくなりそうなところ、今日は10時40分には家を出発。
10時半に出ようと思っていたのが良かったです。

まずは私書箱確認。今日もロトルア病院からの手紙は無し。

町に行って、ニュージーランド銀行、BNZへ。
e0133780_1753256.jpg
ショッピングセンターの一番町側にあります。
建物の向こう側が、大型ディスカウントショップのウェアハウス。
BNZは間借り中で、新しい建物が、この右側に建設中です。
その内、ご紹介出来ると思いますが、それにしても、あちらこちら、NZはなぜだか?景気が良いです。

残り少ない貯金から一気にお金を引き出します。
あー、景気が悪いのは在新西蘭日本人のみ…?

そうそう、銀行には、スターウォーズにも出演、何度かブログでもご紹介したハリウッドスター、テムエラ・モリソンが居ました。
ロトルア出身のマオリ俳優です。
おじは、故・Sir(サー)ハワード・モリソン。
モリソン一家はロトルアに多く、ヘリコプター時代のマオリ家族の人達も親戚でした。
(マオリの人達は、親戚の幅が、日本で考える以上に広く密接です!)

もちろん、銀行内で写真は撮れないので、文章だけでご紹介ですが…、いずれにしろ撮れない!
何しろ、ハリウッドスターですけど、上下水色のジャージ、お洒落なスウェットじゃなくて、昔々の懐かしい「ジャージ」姿で、頭は私といい勝負の丸刈りです!
どう見ても、私より向こうの方が病人に見えてしまいます…。
彼は、あっちこっちで、ごく普通に現れますから、きっと知らない間にすれ違っている人も多いでしょう♪
そういえば、以前書いた年齢の話ですが、テムエラ・モリソンは私と「同じ学年」って事ですね。
ジョン・キー首相やオバマ大統領と同じ年、トム・クルーズの一つ上。
日本で言うと、とんねるずと同じ年♪
スクリーンでは、とてもカッコイイですが、普段は、それなりの「おっさん」ですね♫
でも、桁違いのお金持ちかぁ…。

実を言うと、上の写真を、あと15m程左側に移動させると、私より先に外に出て、ATMで並んでいる彼の写真を撮れたのですが、なんだかパパラッチみたいな気がしたので、やめときました…。

クレジットカードの支払も一緒に終えて、大金を胸に、こちらへ。
e0133780_17321948.jpg
「ぼったくりの館」
通称、ロトルア市役所です。
明日が支払い締切日ですので、人の流れが多かったです。

4回分割払いもありますが、一括で支払うと、2%割引です。
金額も大きいので、ドカンと支払い、「もってけ◯◯ー!」

そう、別に意味なく悪口を書いている訳ではありません。
ロトルアは非常に問題ありの市政ですから。
役所の人が、「取れるところから取る」と平気で言うくらい…。
先住民勢力の強い町で、住む地区によって負担額が明らかに違います。
当然、私の住んでいる地区は「取れる地域」と正式認定されてますから、今は、10年ちょっと前の倍の固定資産税を支払っています…。

向こう側には、ガバメント・ガーデンズ、チューダータワーも見えています。
e0133780_1739287.jpg
立派に改装されてる、通称、ロトルア市役所でした♪

市役所の前には、Daffodil
e0133780_17505987.jpg
ラッパスイセン。
NZでは、明後日が Daffodil dayです。
がん患者、がん治療開発の支援のため、この、ラッパスイセンを象徴として募金キャンペーンを行うのが、「ダッフォディルの日」。

皮膚筋炎の日も、いつか出来るのかなぁ?

さ、続けて行ってみよう。
QE病院到着、駐車場から入口横。
e0133780_187731.jpg
前回来院時、4月にもご紹介しましたが、こちらは南側、建物は北側、逆光になって写真の取り難い場所です。

正面はロトルアの町、カメラをあと15m左に移動させると、ロトルアで一番のB&B、「ベストイン」がありますから♪

右を向いて、玄関です。
e0133780_1810292.jpg


前回は、確かこの階段を上がるのが怖くて、左のスロープを回りました。
今日は松葉杖でゆっくり階段を上がります。

e0133780_18121748.jpg
玄関を入ると、左手に案内版。
興味のある方は、目を凝らしてご覧ください♪

真っ直ぐ行くと、左側が受付、
e0133780_18125623.jpg
正面奥に診察室が続き、ペイトリ先生の診察室は正面左奥になります。

右を向くと、
e0133780_1815823.jpg
エリザベス2世女王。
QE病院のQEとは、Queen Elizabeth、エリザベス女王の意味ですから。
確か、私がロトルアに来た頃は、クイーン・エリザベスⅡ 病院と呼ばれていた気がしましたが、今は、QEヘルスが正式名です。

リューマチ治療とリハビリに特化した病院で、今は、泥エステなども行われていますが、エステ入り口はこちら側ではなく、湖入り口、通路側になります。

設立はNZ政府により1942年、その後、紆余曲折を経て、2003年にQE Healthと名前が変わり、2005年に、Queen Elizabeth Hospital Community Trustが単独株主となりました。

地域信託と訳せば良いんでしょうか?
公益法人という事かな?
NPOですので、非営利団体、収益はすべて地域に還元されるようです。

なんだか良く分からないので、続けます♪
上の写真、左側のドアを入ると、Whakaue ルーム(待合室)、ちなみに、病院前の通りも、ファカウエ通りです。
e0133780_18353039.jpg
待合室。
10分ほど待っていると、ペイトリ先生がやって来ました。
にこやかに、『おはよぅござぁいまぁす♪』

そう、ご近所のおじさんが、こちらの先生でしたし、話をしてくれた時のことを教えてくれました。
いろいろ心配してくださったようです。

4ヶ月ぶりの再会になりますが、以前よりずっと元気そうだとのことで、ひとまず安心の様子。
足が気がかりとのことですが、とりあえず状況から。
『ニューベリー先生(リチャード)とは、定期的に会ってる?』
『血液検査は定期的にしてる?』との質問なので、
定期的というより、退院後2回の診察、その前の血液検査と、結果的には、一ヶ月プラス1週間程の頻度の診察があったという話をします。

確かに、定期的と言われば定期的と言えるのかな?

手持ちのファイルを机に出していると、資料があるのか?と期待顔で聞かれましたので、「予約票と退院時の指示書とかの紙だけで、検査結果は持ってないですよ」と話すと、電話を取り出しました。

そう、診察室での開口一番は、『ロトルア病院は、何も連絡を寄越さないんだよ、問題ありだな』
だったんですから…。
思わず、「そうそう、その通り」と、同士のような気分になってしまったのが、ちょっと失敗だったなぁ。

ペイトリ先生曰く、血液検査の結果も、MRIの結果も、何も届いていないそうです。
そのため、診察時に電話で確認作業が始まりました…。

約4週間前に行った血液検査のCK値は30だったそうです。
しかし、あれからプレドニゾンの量が減っていますから、今現在、あまり当てにはならない数字ですけど。

MRI結果も受け取っていないので、また電話をして、資料取り寄せを要求していました。
その後、診察ベッドで、足をぐりぐり診てくれます。
MRIを見ていないので、先生も症状は良く分からないそう。心配顔をしています。

『これから、もっと頻繁に診察するようにしよう』
『血液検査は月に1回、診察の1週間前に行うようにしよう』
という話で、思わず、「良かったぁ」と安心したのも失敗だったなぁ¬。

手持ちの薬の残量を報告し、足りなくなるアザチオプリンの処方箋を書いてもらいます。
それと、血液検査の依頼書を貰い、病室を出る前に再確認します。

「血液検査は、来週水曜に受けて、再来週の水曜に診察って事ですね?」(という話だったので)

『そうだね、それが良い。一緒に受付に行って、次回の予約を入れておくよ』

という事で、若干の疑問点は抱えながらも、安心気分で病室を出ました。
30分弱の診察だったかな?

そう、当たり前の疑問点ですよね。
【なんで診察時に、患者の目の前で、資料請求の電話をするの?】
前日までにするべきだとは言いませんが、せめて診察の30分くらい前に確認して、診察時には手元に資料置いて診察して欲しいですよね。
というか、それが当たり前ではないのかなぁ?
待ちに待った今日の診察は何だったんだろう?

そんな疑問は安心感に打ち消されて、受付に向かった訳ですが、受付事務の人に、ペイトリ先生が一言、

『次回診察の予約、1ヶ月後、ぼくの休暇前に入れておいてね』

と言って、それじゃー、と、何やら急ぎ足で診察室に戻ってしまいました。
何やら時間を気にしていたようです。

うーん、さっきの2週間後って話はどうなったんだろう? 休暇?
受付事務の人に、その事を話し、血液検査の紙を見せ、
「検査は診察の1週間前にするように言われたので、診察日と検査日の再確認してくれませんか?」

しばらく待って、ペイトリ先生がやってきて、
『血液検査は、3週間後の21日にしたら良いね。診察はその1週間後で♪』とニコヤカにお別れ。

これ、ちゃんと考えると、9月21日は3週間後じゃなくて、4週間後ですね。
ペイトリ先生、9月終わり頃から3週間のホリデーだそう。3はそっちの数字です…。

またまた、やれやれ。
病室での、「頻繁に診察」「次回は2週間後」って話はどうなったんだろう?
ペイ鳥先生ならぬ、病室を出て、三歩で忘れちゃった、「ペイ鶏」さんのようです。

これで、いずれにしろ、9月いっぱいまで、制約が出来ちゃいました。

あー、今日はストレスが多くて、書く内容が多すぎ、文章がまとまらないですね。

e0133780_19151832.jpg
帰りがけ、QE病院正面から。
ちなみに、振り返ると、ロトルア一番の温泉風呂B&B、ベストインがありますから♪

もう一度、やれやれ気分で、帰り道、ペットボトルのリサイクルで処分してから、真っ直ぐ家に。

あ! 途中で気が付きました。
薬を買ってくるのを…。
e0133780_19192153.jpg
一番上の処方箋、これを薬局に持っていくのを忘れてました。
もう、私書箱の郵便局まで来ちゃいました。
その近くにも処方箋薬局はありますが、いつもと同じ所に行く方が、何かと安心なので、また明日明後日にしよう。

あーあー、こっちまで、鶏が伝染しちゃいました。

処方箋の下にあるのが、血液検査の依頼書です。
ちなみに、血液検査を月に一回は、日本では当たり前の事のようです。

帰宅して、リチャードにメール報告をしておきました。

今日の診察は、検査結果が何も無かったので、診察時に取り寄せでほぼ終わりましたと。
足の診察はして、疑問はありながらも、とりあえず次回の診察は1ヶ月後(プラス1週間)なので、「緊急ではないんだろうと思います」と、ね…。

さらに、まだ病院からの手紙が来ないことも。(一昨日もメールしておいたんですけども)

「2週間経って何も連絡がないことが理解出来ないのですが、スケジュールを決めるのに2週間という期間では足りないのでしょうか?」
と質問し、リチャードから再度、外科と整形外科に確認をして貰えないかを丁寧に依頼しておきました。

おそらく返事は来ないでしょうが、彼の言っていた、『PEGは2−3週間はそのままで大丈夫』の、3週間まであと1週間です。
さすがに、その言葉には責任持ってるだろうなぁー。

もう少し辛抱して、連絡ないようなら再度メールと電話をしないとな。
いずれにしろ、当てにならない鶏さんたちと判明してしまった今、頼りはネット調査、自己診断、自己判断でやっていかないと。
さすがに、胃ろうは自分で外せませんけど…。

ほんと、責任感と収入、これって反比例するんでしょうか?
これが海外生活、というか、どこにでもある日常生活なのかな。
でも、馴染んで、戦って生きたくはないです。
自分で気が付かないと。

なので、ブログでストレス解消。
長すぎて、疲れてストレスになっちゃいますね!
途中でページを閉じずに読んでくださった方、ありがとうございます。

夕方は湯たんぽを左足付け根に載せ、温めながらソファでぐっすり。
遅くからの更新開始でした。

今朝は62.7kg。
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

怒りは生きるエネルギーになりますものね♪
ここ2週間の意気消沈も、ここらで終えて、前向き活動始めないとな☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-24 20:17 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 23日

勝手に春陽気

なんだか外だけ、やけに爽やか、ぽかぽか陽気で春が来たみたい。
e0133780_18324678.jpg
久し振りのフリッツ君も、ぽかぽか陽気に誘われてやって来たみたい。
今日の最高気温は16℃、いつもの部屋着では、午後になって汗ばんで来ました。

午後3時半過ぎ、
e0133780_18381666.jpg
今日も雲が見えません。
e0133780_18384212.jpg
レモンもここまですくすく育ってきました。
e0133780_1839139.jpg

口の中がすっきりしないので、レモン丸かじりで少し爽やか。

ついでに、五目鶏釜飯にも入れてみました。
ちょうど今さっき炊き上がったところ♪
e0133780_18464325.jpg
更新終わったら食べよう。

今日も、起きて座って時間が経つと、頭に靄がかかったように眠くなるので、ソファでうとうと過ごしてました。
プレドニゾンが減ったおかげで、トイレに行く回数が減り、良く眠れます。

午後5時33分、窓に映る夕日。
e0133780_1848865.jpg
郵便受けを見てきましたが何もなし。
e0133780_1852431.jpg
毎年冬になると、たくさん咲いて、甘い香りを振りまきます。

5時39分、昨日と同じ景色ですが、ちょっと違う。
e0133780_18542055.jpg
日は1分長くなり、沈む場所も南(左)に移動しています。木の位置で分かりますよ。

今朝は61.7kg。
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

今朝、QE病院から電話がありました。
明日の診察の確認です。
『明日診察に来ますか?』って。
「当たり前だろ、何ヶ月待ってると思ってるんだ」は、心の声。
せっかくの診察も、PEGと足の予約待ちの話で、本題から逸れて終わりそうです。
身も心も、春はなかなかやって来ません。

あんたの頭の中はいつも春だね♪
e0133780_1902762.jpg

夕方ネットを眺めている時、こんなのをYouTubeで見つけました。
ピアノを弾いたことがある人なら、誰でも遊んでみた「猫ふんじゃった」。
小曽根真にかかると、こんなにお洒落になっちゃいます♪



ラジオの声もご本人ですよ。

すぐ行方不明になるフリッツ君、陽気に寝ぼけて踏まれないようにね☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-23 19:17 | 闘病 | Comments(0)
2011年 08月 22日

景色だけは

今日も最高気温14℃、タスマン海から張り出す高気圧に覆われ、春のような陽気。
雲ひとつないすっきりした空。
すっきりしてるのはそれだけ…。
ベッドから起き上がると、足に力は入らず、今日もまた妙な跳ね歩き。
頭の中は霧か霞か、鉛の靄が渦巻いてるよう。
まだ戻らない首の筋肉が、怠さに拍車をかけ、手のしびれで力も入らず。
お腹からは常に妙な匂い、ガーゼには茶色のシミ。
口の中は甘い粘り気。
すっきりしない、これが現実。

そういえば、薬を飲むのに注意が必要とは、薬が胃から漏れないように注意が必要って事だと、後になって気が付きました。

いつの間にかお昼になったので、重い体に気合を入れて、私書箱確認へ行ってきました。
e0133780_1919296.jpg
ほんとに良い天気。
来ていたのは、電話料金だけでした。

景色だけは誠実です。
e0133780_1920235.jpg


カモメくんと同じ視線で、
e0133780_19212327.jpg

遠くから眺めるだけの、ゴンドラ景色。(CLICK on photo)
e0133780_19243416.jpg
君は飛んでいけるものなぁ。

景色だけの更新です。(CLICK on photo)
e0133780_19253171.jpg


午後5時38分、沈む夕日。
e0133780_1929154.jpg


e0133780_19291566.jpg
今日は光環現象が見られませんでした。
いつも見える訳ではないんですね。

62kg
プレドニゾン30mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

明日は一日家でじっとしてよう☆彡

by masaya-iwata | 2011-08-22 19:37 | 闘病 | Comments(0)