<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

負けないぞ

森が呼んでるぜ。

こうやって書き始め、2時間ちょっとかかって更新が完成し、見直しをしている所で、突然Safariがクラッシュしました…。
すべてがパー、無くなっちゃいました。

でも、今日のテーマは、「負けないぞ」。
気を取り直して、また書き始めます。
深夜12時を過ぎちゃいましたけど。

「森とんかつ」から、タイトル変更しての再開です。
今度は落ちるなよぉ…。

森が呼んでるぜ。
幸い、まだあちらの世界からは、お声がかかっていませんけど、今朝は森からしきりに声が聞こえてきます。
e0133780_4442693.jpg
「あのー、そっちの方角は湖なんですけど…。」

早く行って早く帰るつもりが、家を出たのは11時過ぎになってしまいました。
私書箱確認すると、銀行明細、消費税申告書、それと病院からです。
やっと来たか、と思いましたが、ロトルア病院からではなく、QE病院からでした。
一昨日診察から2ヶ月後、11月30日の予約票です。
また、「無断キャンセルは55ドルの罰金」なんて書かれています。

森に到着。
キャンピングカーはいませんが、車は結構多いです。
e0133780_20355356.jpg

先週は赤コースを歩きました。
今日は、赤コースを逆に歩き、途中から青コースの残り半分を歩く事にします。
このまま真っ直ぐ向かいます。
e0133780_20131853.jpg
この緩やかな坂を登っていきます。
すぐ左手には、
e0133780_1974569.jpg
白い桜かな?

e0133780_20371397.jpg
気分は元気なんですけど、先週より足は良くないです。
クラッチを地面に付けないように歩くと、右足ばかり接地時間が長くなり、左足には体重がかけられずにバランス取れない歩き方になります。
日本語で書けなくて不便ですね。英語にすると、見事なリンピング状態です。

赤コースと青コースの分岐点まで登って来ました。
e0133780_4412857.jpg
息を整えて、レッドウッドの森へ入ります。
ここからは、ほぼ平坦な道を歩いて、その後は下り道になります。
e0133780_1930684.jpg

シダの隙間から柔なか日差しが注ぎます。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_6322774.jpg


てくてく、ゆっくり、左足付け根に意識を集中して歩いて行きます。

管理用のひらけた敷地を横切ります。
ここを下れば、ショートカットで駐車場に戻れます。
e0133780_1992055.jpg
後ろからさくさく近づく音。
e0133780_20384382.jpg
ピュンと追い越されました。
自分も2月にはこうやって走っていました。
すぐに走りに戻ってくるぞ。

そういう思いとは反対に、とっても重い左足。
ちくしょー。

体幹を使うにも、腕を振れませんし、腹筋に力も入れられません。
背筋を伸ばして背筋に力を入れ、左足付け根の腸腰筋を動かすイメージで歩きます。

今この時間が、一日で一番大切な時間、これも立派な仕事なんだから。
今出来る事をしっかりやるんだ。
そうは思っても、悔しさで目の前が霞んできます。
足元をちょっと取られるだけで、左足付け根にグキッと痛みが走ります。

ちくしょー、ちくしょー。
この半年、いったい何回ちくしょーをつぶやいただろう。
2011年はちくしょーの年、今年でちくしょーを全部吐き出してしまおう。

e0133780_19113652.jpg
レッドウッドに替わって、ダグラスファーの森に入ります。
オレゴン松、または米松です。
植林のほとんどはラジアタ松のNZですが、ごくわずか、ダグラスファーも植林され、比較的上質の建材として利用されています。

左に曲って下り道、ここから駐車場までずっと下りになります。
e0133780_616489.jpg

鳥も右から左へ、ブラックバード君も気持ちよさそうに歌っていました。

鳥の鳴き声、優しい木漏れ日、森の息吹。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_20404481.jpg

ロトルアの恵まれた環境で暮らしてきましたが、なんで過酷な生活が続くんだろう。
負けてたまるか。

あー、せっかく今晩は早く眠れると思ってましたが、もう1時を過ぎちゃいました。
2回目ってのは、なかなか上手く書けないもんですよね。

アップルからも手痛い仕打ちですが、負けてたまるか♪

後ろから、さくさく、さくさく。
e0133780_20414668.jpg
ピュン、ピュンと女性2人が追い越していきます。

さらに背後から人の気配。
おばあさん2人から声をかけられました。

『森に来たのは初めて?』

写真を撮りながら歩いていたからでしょう。

「何度も来たことありますよ。少し前までは、今の人達みたいに走ってました。」

『足はどうしたの?』

何度となく聞かれる質問です。
大抵は怪我だと思うでしょから。
こういう時、「皮膚筋炎」と言っても分からないでしょうし、例によって「100万人に2−10人」なんて説明をしてもポカンとされるだけです。
かといって、ガイドですから、真実を簡潔に伝えないといけません。

「これは怪我じゃなくて、病気なんです。珍しい筋肉の病気で、治るのにとても時間がかかります。」

そう返事すると、これまたいつものように返事は、

『オー…』
言葉に詰まり、返事が無くなります。
会話の空白が何より怖い、ガイドの性です。
相手が英語でも、つい余計な事を付け足し、空白を埋めてしまいます。

「筋肉が弱っているので、クラッチを使わないと歩けないんですけど、しっかりリハビリに励んで筋肉を鍛え、いつかまた、さっきの人達みたいに走れるようになりたいです。」

果たして、私の流暢なジャパニーズ・イングリッシュがどこまで通じているのか?
おそらく発音の半分も伝わっていないとは思いますが、

『オー…、頑張ってね』
と、こんな感じで、とりあえず会話が終了します。

そう、以前にも書いたことがあったかもしれませんが、NZ人は言っていることが聞き取れていなくても、理解したふりをして、その場を流すことがよくあります。
この点、日本人とよく似ていますよね。
アメリカ人はこういう場合、分かるまで質問を返してきます。
ですから、NZに来た当時、自分の英語が上達したのかと勘違いしていて、ある時ふと、自分の言っていることが理解されていなかったと知り、ショックを受けた経験があります♪
こういう、国民性の比較、なかなか興味深いです。

e0133780_20423128.jpg
こちらはクラッチ、おばあさん2人はウォーキング・スティックで、スタスタ健脚に、先へ行きました。

e0133780_19313391.jpg
車道手前で左に曲がり、再び森の中へ入ります。

e0133780_1913233.jpg
管理用の敷地を再び横切ります。
ここを登って行くと、先程の場所になります。

再びレッドウッドの森に変わります。
e0133780_20433286.jpg
1週間で返すつもりのクラッチと、2ヶ月以上の付き合いになりました。
クラッチを使って歩くのは、とても上手になったのですけどね。

駐車場に戻りました。
e0133780_19341043.jpg
よっ。
以前と同じく、よろしくまたお願いしますね。

e0133780_20441917.jpg
プジョーのガラスルーフから森の様子です。

今日は1時間かかりました。
前回より距離も長いですしね。
12時50分、お腹も空いたし、真っ直ぐ帰宅です。

住宅地の桜も、だんだん賑やかになってきました。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_19165137.jpg

ミツバチも、せっせと働いています。
こちらもクリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_2047254.jpg


おばさんの家の桜は、見事に満開ですね。
e0133780_6183826.jpg

我が家の桜は、まだまだツボミです。

帰って軽く足のマッサージ、それからランチにして、ソファで休憩です。
その内、うとうと昼寝でした。
リハビリ、それから睡眠、両方とも今大事な事ですから。
とはいっても、もうそろそろ深夜2時になっちゃいますけどね…。

そう、今まで更新終わってから晩ご飯でしたから、料理も面倒になり、遅すぎるご飯で体に良くなかったです。
今日は夕方から料理でした。
e0133780_19141932.jpg
一昨日買った豚のスコッチフィレ、ヒレ肉です。
この、カウントダウンのスペシャル、「特価」に釣られて買ってしまいますが、大したことないんですよね…。
443g、$11.07(715円くらい)が、55円割引の$10.18(660円くらい)ですから!

ミキサーでパン粉にして、
e0133780_2048733.jpg
そう、森といえば、とんかつ。
以前も、「森トンカツ」って件名で更新書いていましたね。
今日は、森とんかつ、て件名から、最初に書いたように、変更しちゃいました。

ここまで支度してから写真の準備。
そして、午後7時10分、
e0133780_1935939.jpg
雲一つない空に、夕日が沈んでいきます。

ご飯も炊けて、今晩は8時過ぎから晩ご飯でした。
e0133780_20485769.jpg
あー、美味しかった♪

って事で、せっかく早く食べ、更新も終わらせたはずが、やり直しで、もう2時前。
お腹が空いて、胃袋がなんだか穴のせいもあり、変な感じです…!

今朝は63.4kg
プレドニゾン17.5mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

先程は、確かこんな事を書いてました。
午後11時半過ぎ、さぞかし綺麗な星空だと思ったら、外は真っ暗。
一面の雲に覆われています。

今は、外を見るのが面倒なので分かりませんが、多分同じく、雲に覆われているでしょう。
天気は明日からだんだん下り坂のようです。
せっかく賑やかになってきた桜ですが、満開前に散ってしまわないよう、来週あまり荒れた天気にならないでほしいです。

やっぱりまた、2時間かかってしまいました。
Safariがクラッシュしたのは初めてなんですけど、これから念のため、途中まで書いては、テキストエディタに小出しに保存して、いざという時に備えるようにしよう。

負けないぞ、更新終了です。
なんて書いてますけど、果たして毎日の内容、楽しんで読んでいただけているんでしょうか?

今日もなんとか、元気に一日、ありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2011-09-30 22:03 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 29日

ぽかぽか・うとうと

最高気温17℃、ぽかぽか陽気、春爛漫のロトルアです。
牧場からのしのし、ライオンのようにフリッツ君が歩いて来ました。
e0133780_1733541.jpg
『草ぼうぼうで歩きにくいなぁ』
ほんと、芝刈りをしないといけないのですが、お腹に穴が空いたままっていうのがどうも…。
もうちょっと伸びずに堪えていてほしい…。

それはもう、とっても気持ち良い空。
久し振りに青空の下、洗濯干しです。
e0133780_173824100.jpg

風はそよそよ、やわらかな日差し。
デッキからひとり眺めるのが勿体無いです。
困ったもんです。
クリックの大きな画面でどうぞ…(CLICK on photo)
e0133780_17393595.jpg
春だなぁ。

今日からプレドニゾンが変わります。
今までは一錠が20mg、それを2.5mg減らさないといけません。
e0133780_17461464.jpg
1錠の1/8にカットするのは無理です。
そこで、新しく処方箋を書いてくれました。
5mgと2.5mgの二種類です。
e0133780_17471087.jpg
今日から1ヶ月、左の5mgを3錠と、右の2.5mgを1錠で、17.5mg。
2.5mgは1ヶ月分だけあります。
まだたくさん残っている、ピンクの20mgプレドニゾンは、もう不要になりました。
e0133780_17484980.jpg
左から、5mg、2.5mg、20mg錠剤です。
こう見ると、20mg、いかにも毒々しい色してますね。
このピンクの小粒を、最初の3ヶ月は、4粒も飲んでいました。
このおかげで、CK値も標準まで下がり、皮膚筋炎の症状が治まってくれたのですが、どんな影響が体に蓄積されたのか、これから数年後、やっぱり怖いですね…。
色は安心な小粒に変わりましたが、それでもまだ、ステロイド剤のお世話にならないといけません。
運動して汗をかき、代謝を良くして不要な物を体からどんどん排出したいのですけど、その運動がなかなか出来ません。

今日もとても怠くて眠いです。
プレドニゾンを減らしたのは今日からなので、昨日と同じこの怠さは、減量の影響でもなさそうですけど。
前に感じていた怠さと違い、気力その他、気分的には何も問題ないのに、体の芯がへたった感じ。
力が抜け、頭もぼんやりして眠いです。

今、普通に日本でサラリーマン生活を続けていたら、どうだったんだろう?とよく考えます。
オフィス仕事はなんとか出来るでしょうが、満員電車で東京都内に通うのはきっと無理だろうなぁ…と。

まあいいや。
そうそう、昨日、処方箋を書いてもらう時、ついでに、パラセタモールもお願いと、ペイトリ先生に頼みました。
スーパーでパナドールを買えますけど、処方薬で貰えば3ドルですからね。
そしたら、なんとこんなにたくさん。
e0133780_1891535.jpg
300錠もあります。
150回分。
レストランの食事で一皿の分量も多いNZですが、鎮痛剤までこんなにたくさんのNZ!
いかに、NZがパナドール/パラセタモール好きかって感じですよね。
これ、転売して僅かながらの収入にしたい気分ですね、ほんと。
とはいっても、もともとそんなに高いもんではないですが。
ちなみに、この薬、元値は300錠で$9.55ですって。600円ちょっと。

さて、昨日の続きの写真です。
まずは、昨日と同じ写真で、町中のチューリップ、サイズが小さくて分かりにくかったと思いますので、花だけアップにしてみました。
e0133780_18174728.jpg

もう一枚、ロトルア観光局前のチューリップも、そこだけアップで。
e0133780_18184452.jpg

ロトルアは、こういう花の景色が、他の町と比べてとても綺麗ですよ。
こういう所に使われる税金は、歓迎ですよね。

ガバメント・ガーデンズに入って、こちら、枝垂れ桜です。
e0133780_18211444.jpg


チューダータワー・バスハウスとチューリップ。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18215713.jpg
クロッケーのおばあさん達、自分達が世界の観光客に写され、世界中で見られているって意識はあるんでしょうか♪

すぐ後ろを振り返ると、この家です。
こちらもクリックして、オースブラックスの旗をご覧ください。(CLICK on photo)
e0133780_18245816.jpg
確かこの家、普通に人が住んでいる家だったと思いました。違ったかな?

チューリップにも、春を感じて嬉しい気分になりますよね。
e0133780_18272848.jpg


e0133780_18292986.jpg
こちらも色とりどりの花。

ちょっと戻って、日本風庭園の池ですが、
e0133780_18302788.jpg
昨日の鳥、ここの水たまりにいたんですよ。
こちらです。
e0133780_1832291.jpg
これ、何の鳥だかお分かりですか?
こんな風に写真を撮れたのは、初めてだと思います。
いつもは上空をスイスイ、とても早く滑空していますから、上手に撮れません。
そう、これ、ツバメなんですよ。
色鮮やかですよね。
手前のツバメ、光の加減で黒っぽく見えるだけで、光が当たるとちゃんと青とオレンジ色なんですよ。
こちらです。
e0133780_18385635.jpg

英語名は、Welcome Swallow(ウェルカム・スワロー)、ようこそツバメさん♪
和名は、リュウキュウツバメ(琉球燕)
奄美大島より南に周年生息しているそうです。

こちらの、ようこそツバメさんは、1950年代にオーストラリアからやってきたという、意外と新しい【入植者】なんです。

e0133780_18473968.jpg
再び花に戻って、こちらはポピー。
白砂利と花、青い空に白い雲、アール・デコのブルーバスの建物、南フランスみたいですね、って行ったことないですけど。

車に戻ろうと振り返ると、
e0133780_18534893.jpg
『いちいち撮らないでよー』
失礼しました♪

レイチェル・スプリングスの方に周り、もう一度こちらを。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18555786.jpg


今日もきっと、昨日と同じか、さらに気持ちの良い景色だったでしょう。

こちらは、午前中は久し振りにメール連絡をしばらくして、午後はソファですやすや。
うとうとの午後でした。

午後7時10分
e0133780_192571.jpg
雲を赤く染めながら、夕日が沈んでいきます。

今朝も63.0kg
プレドニゾン17.5mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

今日もお疲れさまでした☆

by masaya-iwata | 2011-09-29 19:07 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 28日

お花畑な鳥さんでした

夕方まで調子良かったのですが、今日の更新用の写真を準備していたら、体がとても怠くなり、頭もぼっとしてきてしまいました。
綺麗な写真をたくさん撮ったのですが、明日と分けてご紹介しますね。

ほんとに手強い病気です。
足とお腹のPEG以外、確かにだいぶ良くなっていますが、まだ指のしびれは残っていますし、両腕、特に左腕に力が入りにくいです。
何でも食べられるようになりましたが、喉の違和感は依然として残っています。
この先、どのくらいたてば、支障なく活動出来るようになるんでしょう。
なるのかな?

そんな疑問は、ドクターにぶつければ良いんですよね、こんなブログではなく。
でも、だめですね…。

今日は1ヶ月ぶりの診察で、QE病院でした。
e0133780_17916100.jpg
病院前は綺麗にガーデニング中。
お花畑をせっせとお手入れ中でした。

10時40分からの診察、35分ごろに受付を済ませ、前回ご紹介の待合室へ。
絵など眺めながら、ぼっと待っています。
e0133780_17111616.jpg
いかにも、こちららしい風景です。
ロトルアに住み始めた頃、マオリの家族と同居して、ヘリの仕事で山に行ったり、絵と同じ様な場所には何度も行き、滞在しました。
そういう意味では、あの時代、本当に、NZ生活をしていた訳です。
「いいなぁー」と、誰しも思うであろう風景ですが、実際に行ってみると、いろいろ問題あるんですよ。
まず、牛や羊達、牧場は基本的にほったらかっしなので、あっちこっちに、ポトリポトリと。
歩く時は気を付けないといけません。
さらに、それらにブンブン集まる、例のものが¬
田舎生活に慣れている人には良いのでしょうが、こちらのワイルドさは、かなりのものです。
日本人の衛生観念は、もともと高いですから。
家に網戸はほとんどありませんから、家の中でもブンブンです。
南島はこちらより寒いので、おそらく同じワイルドでも、こちらほどの問題はないかもしれませんけど、ブヨ(サンドフライ)は多いかも?

そんな訳で、一般観光客は、「見てるだけ」が一番ですね♪

e0133780_17243079.jpg
こちらはタラウェラ山とタラウェラ湖。
ここは牧場じゃありませんから、いつでも、長くでもご案内したい所♪
写真もいいですけど、こうやって絵を書くのもいいんでしょうね。
ゆっくり時間を過ごす、そういう旅もいかがでしょうか?

話が逸れましたが、30分近く待っていましたから…。
11時過ぎてやっとペイトリ先生がやってきます。

歩き方を見て、残念そうにしています。
これでも、大分良くなった方だと説明。

こちらから話す前に、早速ステロイド剤の話でした。
先週水曜の血液検査結果が良かったようで、プレドニゾン減量計画の話が始まりました。

20mgを飲んでいますが、明日から、2.5mg減らして、17.5mgに。
これを1ヶ月続け、その後、15mgに。
次の診察はそれから、つまり、2ヶ月後だそうです。

あれ?先月の診察で、もっと頻繁に診察しましょうって言ってなかったっけ?
やっぱり鶏さんでした。

タイミングを計ってこちらも、話を始めます。
まずは、血液検査結果の話。
CK値を聞くと、なんと、28でした。
一般的に、0ー220の範囲なら正常ですから、こんなに低くなくても良いのにってくらい、まったく問題なしの数値です。
何しろ、13,000あったんですからね。

で、この血液検査のメール連絡の件、先週水曜日に、自分のメール宛で送ってもらうよう頼んだけど、届いてないという話をすると、

『そりゃ、いかん…。今度の用紙に一言書いておいてあげよう』

って事で、
e0133780_17371964.jpg
次の血液検査申請用紙に、
【患者にも、結果コピーを送って下さい】
と書いてくれました。
『ドクターのサイン入りだから、大丈夫なはずだ』と。

そして、メールではなく、印刷物の郵送の方がいいからって事でした。
NZはIT化が異様に進んでいますが、まだ病院世界、アナログな所も多いですね。

ふむふむ、できることは、ちゃんとすぐにやってくれる。

さあ、問題のPEGの件です。
いつもの話をしました。

『おー、それはいかん…。』
とは言ってくれますが、それだけ…。
「穴から漏れてるだけじゃなく、皮下組織みたいなのもちょこっとはみ出してきてるんです」
と言いますが、
【あー、ペイ鳥先生、お前もか…】
PEGの様子を見ようともしません。
せっかく、替えの用意をしていったのですけどね。

「外科手術を早くするよう、言ってくれないか?」と頼みますが、
『その件は、ドクター・ニューベリーや、ドクター・サーティーズ(整形外科の先生)、彼らはロトルア病院のドクターだから、そっちで言った方が良いと思う』

結局、お腹の穴については、彼は専門外なので分からない、そういう事でした。

ドクター・ニューベリーは主治医(の認識)ですが、膠原病に関しては専門外なので、ペイトリ先生が司令塔。
PEGの専門であるニューベリー先生に8月、何度もこの状況を訴えるも、緊急でないとの判断から、その後も一切の連絡なし。

そんなこんなで、診察もあっという間に終わりました。
ここ最近、この、「あっという間」が多いですね。

処方箋(これに関しては明日書きます)や次の診察票を渡して、やけに慌ただしく受付へ追い立てます。

うーん、怪しい態度だ…。

診察室を出て、前回の血液検査の結果をカメラに撮っておこうと思い付き、ドアをノックして部屋に入ると、ペイトリ先生、アンドロイド携帯片手に、何やらサクサクやってます。

あー、やっぱり。
彼の頭の中は、これからの3週間ホリデーの事でいっぱいなんだぁ。

【司令塔もお花畑…】

だめだこりゃ

でも、「次いってみよー」の、次が無い…!

こちらが、ペイトリ先生の両手入り、血液検査結果です。
e0133780_18147100.jpg
CK以外の項目はまだ調べていないので、意味が分かりませんが、数値は全部標準内に収まっています。

極めて健康♫

やれやれと、病院を出て、せっかく町に出たので、すぐ近くの友達の所に寄りました。
コーヒーいただき、ちょうどお昼でしたので、ランチまでご馳走になってしまいました♪

友達曰く、
『PEG外すのも、日本でやったら良いのに』
入院時も言ってくれてはいたんですけど、別の友達も一緒に、「岩田さん、日本で診てもらえば良いのにねぇ」って。
その別の友達の友達がやはり膠原病で日本で治療しているそうなので。

うーーーむ。
確かに、4,5月に悩みました。
ブログにも書いてますが、それでも、自分は、ロトルアに16年住んでいるんだし、こちらのやり方でいってみようと。
ネットで調べた治療計画は、こちらの計画とほぼ同じ事から、プレドニゾンの多さは気になりましたが、あの頃はステロイドの副作用の危機感もそんなに大きくなく、自分の体にこちらのやり方があっていると、思い込もうとしていました…。

ただ、こんな内視鏡手術失敗の、怠慢な外科手術待ちだけのために、日本に帰り、実際、病院に行くといっても、そもそも病院はどこへどう?
治療費はどうする?
その際の保険は?

確かに、ついでに、全部おさらいして日本で診て欲しいという気持ちはありますけども。
プレドニゾンも、今となっては、出来ることなら量をもっと、2ヶ月の間に落としたいし。

これは悩む。
しかし、初志貫徹かなぁ。

あー、自分の頭もお花畑…。
e0133780_18175417.jpg
春…、黄色の世界。

咲いた、咲いた♪
e0133780_18124758.jpg

ロトルア観光局前も、満開のチューリップ。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1822497.jpg

咲いて嬉しいのは、チューリップですよね。
ガバメント・ガーデンズ、ガゼボの周りにもたくさんのチューリップ。
こちらもクリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18243231.jpg


こちらの鳥さん達なら、いくらお花畑で遊んでくれても良いんですけど。
e0133780_18291862.jpg


身重なひとり暮らし、動くのも大変です。

という事で、続きはまた明日に♪

午後7時11分、夕日が沈んでいきました。
e0133780_1831245.jpg

25分、空が赤く染まりました。
クリックの大きな画面でご覧くださいね。(CLICK on photo)
e0133780_18314913.jpg


今朝は63.0kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

書いている内に、少し体調回復です☆

by masaya-iwata | 2011-09-28 18:37 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 27日

鳥のように元気よく

今朝はどこも痛みなく、無事に起床でした。
なんとも無く起きられるって事がこんなにありがたく思えるとは。

今朝といっても、ここ最近すっかり夜型になってしまい、とっても遅い起床ですが、今日もいい天気です。
流動食をやめてしまったので、朝食を作るのが面倒になり、薬だけ飲んでしばらく過ごしてました。
ふと気が付くと、久し振りのお客さんです。
e0133780_17524467.jpg
カンムリウズラ
ブログでも何度か登場している、California Quail。
見かけたのは、去年の11月以来です。
いつもながらに、お洒落な鳥です。
e0133780_182295.jpg
『毎朝セットするのも大変なのよ♪』
上手く飛べるそうですが、飛んでいるところを見たことがありません。
カメラに気がついたら、スタコラ走って行きました。

実家から送ってもらったEMSが、予定通り今日届いているので私書箱に取りに行きますが、どうせ出かけるならサンドイッチを持って行こうと、ツナタマゴサンドを作りました。

荷物はちゃんと届きましたが、病院からの手紙は、相変わらずありません…。
どうせそんな事だろうと、気分転換もあって、ハナーズ・ベイでランチでした。

車から降りるといきなりお出迎えです。
e0133780_18134213.jpg
『くんくん、いい匂い♫』

e0133780_18205094.jpg
そう、今日はプジョーで。
乗らないとというより、こちらの方が燃料代が安いので。

e0133780_18222669.jpg
旋回しながら頭の上を追いかけてきます。

すごい目と鼻ですよね。
テーブルについて、景色を見たりしている内に、カモメたちはいなくなってしまいました。
まだ中を見ていないのに?
e0133780_18235392.jpg
美味しそうなのになぁ♬

雲で陰ったり、日差しが注いだり。
南西の風がちょっと冷たいですが、ジャケットのジッパーを上まであげ、いい景色でランチでした。
クリックの大きな画面でご覧くださいね。(CLICK on photo)
e0133780_18243928.jpg


カモメたちにもランチをあげないと。
パンを撒いたら、どこからともなく、すぐに集まって来ました。
e0133780_1827073.jpg
ヒナギクとごっちゃになってますが、ちゃんと分かるかな?
e0133780_18294977.jpg
今日もハシグロカモメです。
レイクフロントのカモメたちと違って、こちらは遠慮気味です。
e0133780_18315456.jpg
食べようか、どうしようかな…。
e0133780_1835373.jpg
やっぱり食べよう。

さらにまた、集まってきます。
カモメのランディング。
e0133780_18362395.jpg
見事なフレアーです。
そう、ちゃんと南西を向いてるでしょ。
鳥も飛行機も、離着陸は風上に向かってですから。

あっという間にあたりは大騒ぎさ♪
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18381192.jpg

今日は大きなサイズが多くなってしまいました。
ロトルアのカモメたち、こちらで一緒に遊んだ方、懐かしくご覧くださいね♪

駐車場の反対側には、彼らも居ますよ。
e0133780_18411763.jpg
『こんにちは♪』
久し振り登場の、プケコです。
『ぼくは泳げないからね』
e0133780_18431127.jpg
あしからず♪

人間も居ます。
e0133780_1844383.jpg
ボートを片付けて帰り支度です。
左側はおじいさんのようですが、右の人はそうでもなさそう。
火曜日に釣りかぁ。
まさか、ロトルア病院のドクターじゃないですよね?

プジョーに戻って、テーブルの方を見ると、まだカモメが散らばったパンを食べています。
そこへ、ワンちゃん2匹散歩中のご夫婦が。
大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18485750.jpg
カモメたちも見えますよね。

でも、ワンちゃん達に蹴散らされて、大慌てで飛び去りました。
こちらもクリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1850546.jpg


ちょっと陰ってしまいましたが、プジョーのガラスルーフをお楽しみください。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18534738.jpg
日差しの穏やかな時期、いい眺めのドライブができますよね♫

住宅地に戻ってくると、入り口の所の桜が満開でした。
降りて撮りたかったですが、歩くのもちょっと大変なので、運転席から撮影です。
大きな画面でご覧ください。(CLICK on photo)
e0133780_18563035.jpg


家の前の桜は、まだこれからです。
こちらもクリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18575083.jpg


近所のおばさんの家の桜も満開ですね。
e0133780_18591893.jpg

我が家の桜は、まだツボミ。
いつも遅咲きなんです。

家に帰ってしばらくしたら、またまたデッキにお客さんです。
e0133780_191148.jpg
『ひと風呂浴びさせてもらってるよ♪』
若いブラックバードのようです。
クリックの大きな画面で覗いちゃいましょう♫(CLICK on photo)
e0133780_1934369.jpg
『ぼくは男だよ!』
そうでした、ブラックバード君でした♪
水たまりに、雲が写っていますね!

実家から届いたドラマを見て、音楽を聞きながら少し寝て、午後7時10分、
e0133780_1975718.jpg
赤く染まる雲。
e0133780_1983622.jpg
今日も一日、あっという間に終わりました。

今朝は62.6kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

まだ先週の血液検査の結果が届かないので、メール連絡の手配はだめだったようですね。
CK値はどうなっているんでしょう。
明日の診察で分かると思いますが、順調ならステロイド剤のプレドニゾンをもっと減らせると思います。
今日の鳥達は元気にさせてくれましたが、明日の鳥さんはどうだろう?
無事に過ごせた一日、ありがとうございます☆彡

by masaya-iwata | 2011-09-27 19:17 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 26日

朝日のようにさわやか、ならず (♪MJQ、タモリ、他)

この皮膚筋炎という病気は、宿り主に似るのか?とことん構ってほしいようで、困ったもんです…。
回復だと思って安心して寝たのですが、明け方に腰の痛みで起きました。
次から次へ、飽きずによくやるもんです。
寝室の時計は針を進めていないので、まだ6時半、ほんとは7時半です。
外はものすごい天気。真っ青な空。
うっすら牧場は霜が残っていますし、窓も少し結露です。
東側のカーテンと窓を開け、ベッドに戻ってしばらく我慢。
でも、痛い…。

音楽を聞いて気を紛らわせようと、3日前に寝室にセットした、日本長期帰省中の友達から預っているCDプレーヤーへこちらをかけます。
e0133780_16483554.jpg
トン・コープマン/アムステルダム・バロック管弦楽団
音楽の捧げもの(Musikalische Opfer BWV 1079)
痛い時にはバロックですもんね♪

しばらく聞いてますが、やっぱり痛いです…。
仕方ないので、パナドールを2錠飲んで、またベッドへ戻りました。

ちなみに、2ヶ月半ほど前、このCDを初めて聞いた時、聞き覚えのあるテーマが流れてきました。
Canon a 2 Violini in unisono ですが、ずっと今日の夜まで、ネスカフェのCMだと思っていました。
先程、YouTubeなどで、そのCMを見つけようと、いくら探しても見つからないことから、どうやら自分の勘違いかな?と気が付きましたが、とにかく、こんなメロディーです。
写真のCDとは違う演奏ですが、YouTubeに、ぴったりのがありました。
こちらです。

(43秒)


まあ、とにかく、朝ベッドで聞いている時は、ネスカフェだなぁと思っていた訳ですが、痛み止めが効いてだんだん楽になり、やっと眠気も訪れた頃、突然、このテーマは、あの曲でもあるじゃない!
と思い出しました。

起きてから久し振りにCDを聞こう、と思いながら、やっと安眠体制に入りました。

起きたら時計は12時、つまり、1時です…。

あー、また極端に短い一日になってしまった…。
とりあえず、腰は治ったようです。
すっきり起き上がり、早速思い出したCDをかけました。

それがこちら。
e0133780_1719398.jpg
MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)
ラスト・コンサート(1974年NYリンカーン・センター)
最初の曲、「朝日のようにさわやかに」です。

MJQといえば、学生時代、一番聞いたジャズ。
そのため、残念ながら手持ちのCDはこれ1枚(2枚組ですが)。
このアルバムもレコードで持っていますが、CDでも持っているのはこれだけ。
後は、実家にレコードで置いてあるので、聞こうにも聞けないです。

リーダーのジョン・ルイスは、クラシックにも造詣の深いピアニストですが、学生当時は、「この曲にバッハの音楽を配したアレンジをしている」、という読んだ内容がそのまま頭にあるだけで、何にも考えずに聞いていました。
さらに、今日まで何にも思い出さず、思い違い?のネスカフェからも連想せず。
学生時代、再結成のコンサートにも、何度か足を運び、このアルバムはカセットテープに吹き込み、車の中でも何度聞いたことか?という程、好きなアルバムでしたのに、いかにぼけた頭をしているというか、間抜けな耳というか…。

とりあえず、YouTubeから見つけてきた、MJQの朝日のようにさわやかに、Softly as in a morning sunrise、再結成後のライブ映像ですが、詳細は分かりません。
長いので、興味ない方はクリック飛ばしてくださいね。

(追記:動画が削除されていたので、新規にこちらを埋め込みました。再結成後の1982年ロンドンでのライブのようです)

(6分45秒)


今日はMJQについての紹介より、YouTubeをいろいろ紹介していきます。
ちょっと前に見つけていた動画ですが、MJQ来日公演の際、「笑っていいとも」に出演していた貴重な映像がありました。
1984年2月、多分この頃、この時間、大学だったと思いますので、日曜日の総集編で見たような気がしますが、今のようにすぐ録画したりも出来ない時代、先日見つけた時はびっくり、感激しました。
それ以上に、これだけの大物ミュージシャンと一緒に演奏してしまうタモリもすごい。
Yahooのニュースを読んでいると、笑っていいともやタモリの勢いもなくなっていると書かれていますが、こういう事が放送で出来ていた当時、すごい時代でしたね。

(4分45秒)


この前の、インタビューの様子は、以下のアドレスをクリックするとYouTubeで直接見られます。
http://youtu.be/pDMyuI7v8yA
興味のある方はどうぞ。(既に削除されています)

ついでに、やっぱり前に見つけていて、ブックマークに入れていた動画も。
こんな放送があったのは知りませんでした。
なんと、タモリとマイルス・デイヴィスの対談番組。
こんな事が実現していた事自体、今知っても、とてつもない大事件です。
これでブックマークから外そうと思い、参考のため紹介しますので、やはり、興味のない方はすっ飛ばしてください♪

(8分48秒)


マイルスがいかにすごい人物かのご紹介は省略します。
大学時代にも聞いた有名な話ですが、タモリは早稲田のダンモ(モダンジャズ研究会)在籍当時、「マイルスのペット(トランペット)は泣いているけど、お前のペットは笑っている」と言われたことにショックを受け、それ以来、司会で笑わせるようになったとか。
ちなみに、司会の大先輩は、巨泉さんですね。

ここでちょっと休憩♫
午後1時半、とっても気持ち良い空。
腰もすっかり治っていますし、頭痛も無し。
気分良く、パノラマ写真にしてみました。
クリックして、横長画面でご覧くださいね。(CLICK on photo)
e0133780_1816199.jpg


大学の前、浪人時代ですが、深夜ラジオとかはほとんど聞かない高校時代を過ごしていた自分が、浪人時代、タモリのオールナイトニッポンは良く聞いていました。
まだタモリが芸能界デビューして、そんなに年数も経っていない頃だと思います。
ある程度まで夜中は強いですが、それより深夜になると体がついていきませんでしたから、深夜ラジオには、はまっていなかったんです。
でも、この頃タモリは、やっぱりもの凄かった。
ゲストに、有名ジャズミュージシャンを迎え、番組中、即興で共演しちゃうんです。

そんな事を思い出していたら、なんとびっくり!
まさに、その時のラジオ放送が、YouTubeにありました。
サックスプレーヤー(主にアルト)、リッチー・コールです。
まさか、これを30年経って、今またここで聴けるとは。
YouTubeもすごい存在です。

リッチー・コールは、以前このブログでYouTube動画をご紹介しましたが、当時、11PMにも出演し、巨泉さんに、「自分の特技は目隠しでサックスを吹けることだ」と、当たり前にできることを大真面目にやってみせたり、やっぱり変な人でもありますが、確かそんな事も書いた覚えが。

このラジオ放送は、6つに分かれていて、合計すると50分くらいありますので、その内、1つだけ枠内に入れてご紹介しますね。
リッチー・コールにはお得意のフレーズですけど、タモリがこの「おふさげ」を即興で行ってるって、すごい才能です。
これはでも、興味のない人にはかなり異様に聞こえると思いますから! どうぞ遠慮無く飛ばしてくださいね♪

(5分58秒):#4


放送日時は1981年1月27日ってなってますね。
って事は、浪人時代、まさに入試直前にこれを聞いていたことになるんでした…。

この放送、興味ある人にはとてつもなく価値のある内容ですので、1から6までのリンクを下に貼っておきます。

#1:http://youtu.be/VPl0cGIbSrg
#2:http://youtu.be/e7erNSeKpzM
#3:http://youtu.be/w0R4SEBFerg
#4:http://youtu.be/p_N5jw1dMuE
#5:http://youtu.be/2sFWkW8GyzM
#6:http://youtu.be/hdaimrSsYHQ

#3は、少しだけ、まともに?ブルースをスキャットで演奏してるものです。
#5や#6の中国語パロディーは、きっと今じゃ放送できないでしょうね♪

この放送で、通訳をしている女性は、池部良さんのお嬢さんなんですって。
もちろん、そんな事、当時はまったく覚えていません。
#1の最初の方で紹介されているのを聞いて、初めて知りました。
たまたま、昨日、「青い山脈」のDVDを購入したので、これまた、見事なタイミングでした。

この当時、同じく、ハーモニカ・プレーヤーのリー・オスカーもタモリのオールナイトニッポンに出演し、これまたとても面白い放送でしたが、誰かアップしてくれていたら良いのにな。

タモリ、まだまだ楽しんでいるようです♪
昨年の稲門祭で、ご機嫌にスキャット、トランペット演奏している様子も、最後にどうぞ♫

(5分3秒)


それにしても、タモリほど、趣味と実益を兼ねた、公私混同で人生楽しでいる人はいないでしょうね!

そんな感じで、さんざんYouTube三昧をしてしまってから、やっと仕事開始でした…。
会計処理を終え、クレジットカードの支払処理も終了。
そう、なんだかんだでも、最後に帳尻は合わせる性格です!?

しかし、「経費」なんてやっていると、会社のお金がそろそろ底を突いてきました…。
収入ゼロ更新が続いてますから、虎の子預金も黄色から赤信号に変わりそうです。
困ったなぁ。

午後6時50分、夕日に輝くNZ航空、ボンバルディア機です。
e0133780_19142559.jpg


午後7時11分、夕日が沈みました。
e0133780_191586.jpg


そんなこんなで、更新作業に入る前、先程の、「音楽の捧げもの」、何のCMだったかな?と調べて始めて、見つけられませんでした。
やっぱり思い違いだったのかな…。

今朝は62.8kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

ただいま外の気温、3.3℃。
部屋も少し寒くなってきました。
明日も快晴の予報です。
明日の朝こそ、朝日のようにさわやかに☆彡

by masaya-iwata | 2011-09-26 19:37 | 闘病 | Comments(4)
2011年 09月 25日

ようやく回復です

今日も朝起きたものの、まだ頭痛がひかず、一日休んでいました。
昨日より少しは良かったので、今日はベッドに行かず、ソファで寝ていられました。
外はどんより空に霧雨です。
e0133780_18563328.jpg
この写真、昨日でしたら、午前10時35分。
でも、今日は午前11時35分になっちゃうんです。
今日からデイライト・セービング、夏時間になり、目が覚めると1時間時計が進んでしまうNZです。

これで日本との時差は4時間になりました。
3時間から4時間、たった1時間の違いですが、この差は結構大きく、日本との距離が更に遠くなったように感じてしまいます。

ソファで頭痛の中、ぼんやり寝転び、テレビをつけながらうとうと寝て過ごしました。
会計処理をしないといけないのですが、そんな気にもならず、部屋のあっちこっちに埃も浮いてますが、掃除も出来ず、ただ寝てるだけ。
気分的にもかなりきついです。

電話のベルを3回くらい聞き流し、受話器を取り損ねました。
日曜なので病院からではないし、宣伝の電話か、近所のおばさんかな?
いずれにしろ、ほとんど電話のかかってこない我が家です。
ソファのすぐ横に受話器を置いていた夕方、今度は電話に出てみると、とても久し振りに、友達からの電話でした。
その頃には大分調子も良くなり、徐々に回復。
ソーセージロールをオーブンで焼いている間に、デッキで撮影。
e0133780_19134124.jpg
午後になって天気も回復していたようです。
午後7時7分、今日から突然、日が長くなりました。
e0133780_1914629.jpg
夕日もいよいよモコイア島にかかってきました。
まだまだ左側に移動していきます。

夜になって、日本から嬉しい応援メールが届きました。
e0133780_19194666.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/tamanoheya_per_favore/trackback/162708/1005473
どうもありがとう♪
これでようやく、元気回復です。

ここ数年、今頃は日本のスーパーへ行ってました。
見てまわるだけでも美味しそうで楽しい日本のスーパー、早くまた行きたいなぁ。

今朝は62.7kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

何か食べないと…

by masaya-iwata | 2011-09-25 19:33 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 24日

甘くはなかった…

体力がついたのでも、慣れたのでもなかったようで、やっぱりIVIG、そんなに甘くはなかったです。
単に一日遅れただけでした。
昨晩、更新の後、挽肉や野菜を炒めて栄養補給して、少し回復したのですが、軽い頭痛と体に力が入らない状態が続きました。
体温は平熱です。
飲む薬もないので、お腹が落ち着いた後、すぐに寝ました。

朝6時、頭痛で目が覚めたので、近所のおばさんからいただいた、パナドールを飲んで、またベッドに戻りました。
11時前に起き、外は晴れていたので洗濯。
サンドイッチを食べ、少し体力回復。
干す頃になるとどんより曇ってきたので、洗濯干し部屋で干します。

今日の写真用と、郵便受けを見に、家の外へ。
12時37分、
e0133780_1763545.jpg
住宅地の桜も、徐々に咲いて来ました。
e0133780_1774584.jpg
去年も見逃した桜。
今年は確実に満開の様子を見られるでしょう…。

だんだん頭がぼんやり、風邪のような症状ですけど、熱は大丈夫。
前回は微熱でしたが、今回は平熱のままです。
どうも、体にエネルギーが足りません。
栄養補給をしたいのですが、料理をする元気が出てこない。
挽肉を使って、冷ご飯とチャーハンの素で炒め、少し元気回復。
少しテレビを見てから、寝間着に着替え、ベッドへ戻りました。

昨日はなんだか血が騒いでいたんですけどね、あれは何だったんでしょう。
他人の血液成分が1リットルも自分の体に入ったんですから、普通でいられる訳もなかったんですよね。
昨日は家でおとなしくしているべきでした…。
森で回復と思ったのに、運命はことごとく過酷です。

6時のTV ONEニュースから。
e0133780_1720697.jpg
先日ご紹介の、おじいちゃんカメラマンです。
ピーター・ブッシュ
NZを代表する写真家、そしてフォトジャーナリスト(写真報道家)でもあります。
e0133780_17203525.jpg
自身の作品が展示されているようですね。
この現役魂、お見事ですよね。
オールブラックスの写真を60年にも渡って撮り続けているんですって。

今日のオークランドは大賑わいです。
こちらがベッドで寝ている間に、人生謳歌している人達がたくさん♪
e0133780_17242929.jpg
これだけ大騒ぎなのに、なんで、右下の写真のように、
「日曜日、午後1時から」なんでしょう。
変だな?と思いましたが、やっぱり試合はこれから、午後8時半からです。
単に、TV ONE、地上波の放送が明日というだけで、きっと、有料衛星放送では生中継なんでしょう。
放映権料の問題なんでしょうね。
左下は、フランスチームのサポーター。
青白赤、フランス国旗の色ですね(皆さんご存知でしょうが、実家の両親用に説明を書いておきました♪)
昨日のニュースですと、今回のワールドカップ観戦で、10万人の旅行客が訪れているとか。

ロトルアでも、オールブラックスの旗をなびかせ、走っている地元の車を多く見かけます。
皆さん楽しんでいるようですが、病人から一つお願いが…。

浮かれてパーティーで羽目を外すのは大いに結構です。
しかし、それで怪我をしないでくださいね。

その怪我のため、救急車で病院へ運ばれ、緊急治療をしている人達が少なくはありません。
そのために、通常手術を待っている人の予定が決まらず、どんどん遅れるんです。

「怪我の災い、自分だけには留まらず」

「ご飲酒は計画的に♪」

どうか、そこんところ、よろしく…。

またスタミナ切れになったので、冷凍アップルパイをオーブンで焼きました。
e0133780_1741577.jpg
これでまた、ややスタミナ回復。

更新作業中に、また、スタミナ切れになってきました。
なんだか、体への備蓄量が減ってきたようです。
PEGのマウントも、胃の中でかなり邪魔になっているので、栄養補給に障害がありそうですし、漏れは前よりひどくなっています。
ほんと、このままでは病院に寿命を縮められちゃいます。

今度の水曜、QE病院での診察の時、ペイトリ先生にPEG除去の段取りを進めてくれるよう、頼まないと。
彼が3週間のホリデーに出る前に…。

今朝は62.2kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

晩御飯を料理するパワーが出ないです。
せっかく一昨日買った挽肉がまだ半分、鶏の胸肉はひとかたまり、使わずに冷蔵庫に残っています。
冷凍庫に入れて、今晩はレトルトカレーにしよう…。
◯☓△□☆彡

by masaya-iwata | 2011-09-24 18:07 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 23日

哲学の森径

体力がついてきたおかげか、慣れたせいか?
10時間たっぷり眠って、朝10時に起きた時にはすっきり気分。
まだ少し、疲れは残っているものの、微熱も出ず、良い一日を過ごせました。

ところで、昨日朝のネコ写真ですが、朝日に目を細めているだけで、本当に睨んでいる訳ではありませんよ。
そのままの意味で読んでくださる読者の多いブログですので、「虫の居所が悪いのはなぜだろう?」と、考えている方もいらっしゃるようです。
違いますから、ご安心くださいね♪

さて、起きてからしばらくパソコン前でぼっと疲れ気分で過ごした後、サンドイッチを作ろうかなと思い立ちました。
私書箱チェックにも行かないといけませんので、ついでにサンドイッチを持って、レッドウッドの森に行ってこようと♪
e0133780_171401.jpg
シルバーサイド(牛外もも肉)のハム。
ゆで卵は、キューピーマヨネーズで。
ブラウンマッシュも生で。

どうも、昨日のIVIG、Intragamの血液製剤は、アウトドア大好きキウィの成分がたっぷり含まれていたようです。

お昼を過ぎて出発。
私書箱に寄りますが、手紙は無し…。
術前検診から1週間経っています。
これは真剣に、病院に怒鳴りこんでやろとイライラ気分だったのですが、なんとか堪えました。
大らかで気さく、遊び大好きのキウィ達、その反面は無責任、いったい何年間、この性格に悩まされてきたんだろ。
まあでも、今までごく数回ですが、実際に怒りの抗議をして結果、いい思いだったことはありませんから、やめておこう。
ぶつかり合いながら逞しく生きていく気はさらさら無い、私は場違いな外人です。

私書箱の郵便局から町への手前、レッドウッドの森へ。
走っていた時と同じく、ビジターセンターの駐車場に止め、走っていた時とは逆の、順コースで歩き始めます。
e0133780_17481079.jpg
ビジターセンター横は、綺麗なレンガ敷きになっていました。
松葉杖と一緒に。
e0133780_1823310.jpg
こっちでは、「クラッチ」って呼んでますので、クラッチと書きますね。
やっぱり、日本の松葉杖と大分違いますものね。
歩くという目的では、このクラッチ、今回の症状にはとても使いやすいです。
平坦な道は、とても歩きやすい。
なるだけ普通に歩くよう、クラッチもたまに地面から浮かせてゆっくり歩きました。

そう、昨日、フィジオの最中、理学療法士のアンソニー君に歩くところを見せましたが、多少痛くなっても普通に歩く姿勢にしようと練習しても、まったく普通に歩けなくなっていました。
正しい歩き方を思い出そうにも、思い出せない、そういう感じです。
でも、なるだけ、「リンピング」しないよう、左右バランス良くを意識して、ゆっくり歩きました。

e0133780_18104432.jpg
カリフォルニア・レッドウッド。
名前の通り、赤い木ですよね。
この見事な大木に、足の悪いところを吸い取ってほしい。
しっかり筋肉も蘇りますように。

e0133780_1813232.jpg
木道の周りは、恐竜時代の景色。

e0133780_18144535.jpg
赤いコース、左側へ進みましょう。
右へ行くと、いつもお客さんをご案内する時の出発点、駐車場になります。
赤いコースは通常30分、こちらの通常ですから、休憩なしのやや早足で30分です。
走っている時は、赤いコースの倍近くの長さ、青いコースでした。同じく、歩くと1時間のコースです。


先程の沼地を、反対側から。
上からシダやツタが垂れ下がっていますが、おや?
なんか変な物も垂れてます♪
クリックの大きな画面でご確認ください。(CLICK on photo)
e0133780_18183944.jpg
ここもいつの間にやら、綺麗に整備されています。

いいなぁ、森の空気。
e0133780_18232114.jpg
思い付いて、ふらっと寄れる環境、恵まれていますよね。
e0133780_18252813.jpg
走っている人、犬の散歩の人、いつもの風景です。
クラッチ使って、よちよちひとり歩き。

「いったいこの17年、何していたんだろう?」
いつもは黙々と走り過ぎていた柔らかな小径、今日はゆっくり森と話しをしながら歩きました。

分岐点。
どっちに進もうか…?
e0133780_18333996.jpg
やっぱり、赤の短い簡単コースにしよう♪

人生、
e0133780_18354790.jpg
谷あり。

e0133780_1837916.jpg
え? また谷あり…?
なんて、下りの方が歩くには楽で良いです。

e0133780_1839527.jpg
登りだー!
さすがに、洒落になりません。
登りは厳しかったです。
歩き方を気にしていられず、クラッチ右手を目一杯使って、押し上げるように体を上に持っていきながら登っていきました。

ジャケットのジッパーは全開にしても、体はぽっぽ。
e0133780_18433880.jpg
いつ山を迎えるのか?
あー、疲れました♪

走っている時は、青コースで、向こう側からこっちに走り抜けていました。
e0133780_18454372.jpg
今日は真っ直ぐ行かずに、左へ下って赤コース、駐車場へ戻ります。

e0133780_1847955.jpg
下った先がビジターセンター駐車場。
ずっと先、小さく数人が写っているんですけど、NZ人家族連れでした。
やっと歩けるようになったくらいの小さな女の子、すぐ横にお母さん、後ろからビデオ撮影のお父さん、横にはおじいちゃんとおばあちゃん。
同じよちよち歩きでも、向こうの方がとても上手に歩いています!
近づく前に遠景から撮っていれば良かったんですけど、疲れてその余裕がなかったのが残念。
ほんと、可愛らしい光景でした。

e0133780_18525467.jpg
駐車場到着。
こちらにも、キャンピングカーが数台止まっていました。
e0133780_18534933.jpg
久し振りに、この場所でアイです。
30分コースを50分かけて歩きました。
走っている時は、この倍近くを20分で走っていたんですけど!

アイの隣はレンタカーです。若いカップルが、遅めのランチで、荷物をたくさん抱えてテーブルへ運んでいました。

別のテーブルには、おじいさんおばあさん。
e0133780_18574960.jpg
近所の人でしょうね。
仲良く外でランチです。
人生を楽しむキウィ達。
そう、家族で暮らすにはとっても良いところなんでしょうね。

アイを移動させて、おじさんは一人少し離れて邪魔にならない所で遅めのランチ♪
e0133780_1901256.jpg
昨日病院で貰ったもう1個のジュースも。
アイの前の段差を上る時、最初はクラッチ無しでと思いましたが、しばらくためらって結局その一歩が出せず、クラッチ使って、えい!と上がりました。
サンドイッチは美味しかった♪
一人で居ても、すぐに友達がやってきます。
e0133780_1952173.jpg
チャフィンチ君でした♪
一番最初は、グリーンフィンチだったんですよ。
すぐ足元まで、まだパンくずを撒く前に、そろそろ、チョンチョンと近付いてきました。
パンをやってから写真を撮ろうと思ったら、パンを加えて飛んでいったまま戻って来なかったので撮れませんでした!
スズメもちょこちょこやってきましたが、皆んなせわしなく、カメラには収めきれませんでした。
鳥達との楽しいランチを終え、家に戻ります。
車からいい音楽が流れてきて、本当はその話題も載せようと思っていましたが、お腹が空きすぎたせいか、少し目眩でちょっと体がきついです…。
更新はここまでにしておきます。
帰ってからソファでTENS、電気を足に当て、しばらくぐっすり夕寝でした。

今朝は62.4kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

ご飯も炊けているので、急いで何か炒めて遅い晩御飯にしないと。
レッドウッドの森については、ホームページの「ぽっかぽか通信」に詳しいご紹介がありますので、そちらもご覧になってみてくださいね☆

by masaya-iwata | 2011-09-23 19:17 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 22日

四度目のIVIG

今朝も早起き、目覚ましで起きましたが、久し振りに眠い朝です。
少し肌寒い朝ですけど、結露はほとんどありません。助かりました。

午前7時38分、外の景色は?
e0133780_16481854.jpg
「こら、そこはブラックバード君の指定席だよ!」
e0133780_16491672.jpg
『なんか文句ある??』

朝から虫の居所の悪い、お向かいのネコ君です。

「睨むんだったら、病院の怠け鳥さん達にしてよね…」

8時過ぎに家を出ます。
私書箱チェックしましたが、病院からの手紙は無し。
近所の猫軍団に頼んで総攻撃かけてもらわないとな、ほんと。

e0133780_1711357.jpg
レスキューヘリがテイクオフ間近。
あと2分見ていれば、離陸写真を撮れましたが、8時半過ぎちゃうので諦めて移動。

新しい建物、先日ご紹介のChemotherapy、化学療法病室です。
e0133780_1751520.jpg
以前の部屋とは大違いの広さ。
そう、今日はここで、四度目のIVIGがあります。
5月の入院中、2日続けて2回。
7月12日に3回目を行いました。
広いだけではありません。むやみに豪華です…。
e0133780_1772827.jpg
お隣で点滴を受けるおばあさんの息子さん。
上にあるのは、テレビです。
各自に、テレビがあるんですよ。
さらに、この椅子。
真正面の椅子を、ズームで撮りました。
e0133780_1795016.jpg
ね?すごいでしょ。
前回、7月12日の写真と比べたら、いかに豪華に変わったか分かると思います。
背もたれにある、白い装置は何かというと、
e0133780_17111395.jpg
テレビのリモコンなんですよ。
下の黄色のボタンを押すと、天井の蛍光灯が点灯します。
電話の受話器みたいになっているのは、この穴からテレビの音が聞こえてくるんです。
耳に近づければ綺麗に聞こえますし、頼めばヘッドフォンも貸してくれます。
リモコンの右側に、イヤフォンやヘッドフォンを繋げられるんです。
しかも、テレビは、Freeview。詳細は省略しますが、ロトルアでは地デジ電波が飛んでいないので、衛生有料放送のアンテナを持っていれば見られる、テレビネットです。

椅子にはもう一つリモコンです。
e0133780_17174892.jpg
久し振りに点滴静脈注射用の針です。
心なしか、針も固定テープ類も、以前より綺麗に見えます。
そう、このリモコンで、椅子のリクライニングを調節できます。
どんだけ豪華なんだ!
快適で良いんでしょうけど、極端すぎますよね。
こんな所にお金をかけるなら、手術を早くしてくれよ、ロトルア病院!

ちなみに、このテレビ、新しい建物内すべて含めて、日本製ではありません。
硫黄漂うロトルア病院の敷地、「◯物買い」になりませんように…。

e0133780_17331055.jpg
こちらが、200mlの Intragam。
これを5本で、合計1リットル。
Intragam、ニュージーランドで採取された献血を、オーストラリアに送って精製し、またニュージーランドに戻ってきた血液製剤です。
IVIGとは、Intravenous Immunoglobulin、免疫グロブリン静注。
前回、7月12日の内容コピーです♪

ごめんなさい、今晩はIVIGの影響か、とても怠いです。
前回の記事を読むと、足は痛くなっていたようですが、怠いとは書いてませんね。
翌日に熱が出ていました。
今回、怠くなるのが早いですが、明日は大丈夫かな?

でも、点滴中は、そんなに大したことなかったんですけどね…。
ただ、トイレに頻繁に行きました。1本に付き1回かな?
前回も良く行ってましたが、あの頃はまだステロイド剤も多かったですしね。

あ、この緑のボールは、点滴針を入れる時、血管を浮かせるために握るボールなんですよ。

e0133780_17405072.jpg
例によって、トイレに行った時に撮った、点滴装置です。

e0133780_1742459.jpg
快適な椅子で寝転んで、本を読み、CDを聞き、たまにテレビを眺め、外の景色を眺め、そしてウトウトしながら長い時間を過ごしました。
窓の外の建物、以前のリハビリ病棟、リハビリ室のあった所です。
右側はロトルア湖、オヒネムツです。

そう、久し振りの病院食。
8月10日の内視鏡手術の時と同じく、本来の病院食じゃなく、サンドイッチですけども。
e0133780_1745689.jpg
あ、しまった。
お腹空いていたので、先に半分以上食べちゃいました!

e0133780_17454415.jpg
こちらが自分の椅子。
8時半から、午後2時半まで、6時間ここで過ごしました。

なんだかんだと書いていますけど、とっても高価なIVIG療法、4回も受けさせていただき、ありがとうございます♪

この後、3時15分から、理学療法があります。
ちょっと時間があるので、友達のガイド事務所へ遊びに行き、コーヒーを飲んで、またすぐに戻ってきました。

今日もストレッチ、電気、さらに、リハビリトレーニング用に、ゴムチューブも貰いました。
とにかく、左足の筋肉が弱っていて、つまむと、すぐに骨だそうです…。

そう、ですから、点滴中の快適椅子ですが、途中何度も、左足が、お尻から膝にかけて痛くなり、立ってストレッチをしました。

上手く質問が出来なかったんですけど、この皮膚筋炎で、いったん筋肉が落ちた4月から5月。
でも、5月の後半には足の筋肉も回復してきて、片足立ちだって、左足で出来るようになっていたんですよね。
それがまた出来ないという事は、また弱ってしまったのか?
それって、また、悪化って事?
うーん、いったい、この左足、本当に元に戻るんだろうか?
なんだか、このまま筋肉、弱っていくんじゃないかと、心配になってきます…。
この先、どうなるんでしょうね。

今日は久し振りに長い外出でした。
病院を出て、ガバメント・ガーデンズの前へ写真を撮りに寄りました。
午後4時25分、低くなった西日を浴びるチューダータワー・バスハウスです。
昨日、大きな写真を載せませんでしたので、今日はこれだけ大きなサイズにしました。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1756221.jpg


それからカウントダウンへ。
e0133780_17575447.jpg
あー、食費がかさむ…。
お腹がペコペコの時に買い物をすると良くないですね。
つい、おやつを買ってしまいました…。
e0133780_17592956.jpg
ソーセージ・ロール。
これ、セルフサービスのカフェテリアに必ずありますが、結構好きなんです。
牛挽き(または豚挽き)にタマネギを刻んで混ぜあわせ、パイ生地で包んだものです。
冷凍食品ですが、ちゃんと指定通りにオーブンで焼いたら美味しかった♪

他に、アップルパイの冷凍も買っちゃいました…。

今朝は62.8kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

IVIGで、良い効果が現れますように。
病院への長い外出、今日も楽しい一日、ありがとう☆

by masaya-iwata | 2011-09-22 18:07 | 闘病 | Comments(0)
2011年 09月 21日

快晴のテイクオフ

今日は予報通りに、霜の朝、快晴の一日でした。

午前6時40分、白い景色です。
e0133780_18201984.jpg

久し振りの結露拭きも大変でした…。
e0133780_18214252.jpg


7時54分、スクールバスを出迎えるブラックバード君。
e0133780_1823721.jpg
「おはよう」
e0133780_18232749.jpg
「今日もよろしくね♪」

ロトルア病院で、栄養士さんの診察が9時からあります。
良い天気ですし、1ヶ月近く乗っていなかったプジョーで出発。
最初に私書箱チェックです。
e0133780_1825578.jpg
外科手術の予約手紙は来ていません。
なんて連中なんだ、ほんとに…。
他には、銀行明細と、請求書…。
そして嬉しい郵便物が日本から!
e0133780_1827243.jpg
いとこから、本2冊が届きました。
ものすごく嬉しい♪
左側は、amazonで見つけて、自分で買って帰省時にこちらに持ち帰ろうかと思っていたのと同じ本

偶然にも、いとこが「まだ読んでなければ送るから」ってメールをくれました。
オーディオの本ですが、「さすが日本人」という感じで、趣味の領域を遙かに超える、超人たちのオーディオ自慢の数々が紹介されています。
読むとかなり危険な本ですが、そもそも「先立つもの」がありませんから…、まあ、夢見話とし空想の世界に浸ります♪
右側は、寺島靖国氏の本。いとこから、今までにも氏の著作本を数冊送ってくれてます。
ジャズとオーディオにまつわるエッセイのような本ですが、文章がとにかく面白い。
こちらも、あまりはまってしまうと(以前ブログでも書きましたが)大変ですが、とても刺激にもなる本です。
ちなみに、3月9日の記事で、ネイピアからタウポまでご案内し、お客さんと一緒に撮影した写真をご紹介しましたが、その方は、この寺島靖国氏の弟さんだったんですよ♪
もちろん、偶然ですし、お客さんも、「もしかして?」とお尋ねしたら、
『よく兄貴を知ってますね!』と驚かれ、喜ばれていました♫

思い返せば、そのツアーの翌日、団体のお客さんをご案内して以来、ガイド仕事をしていないんですね…。
今日、たまたま、また、HPからツアーの問い合わせがあり、その連絡で、しばらく時間がかかっていました。
また、他社の人に依頼手配しましたが、本当に申し訳なく、そして残念です。
ただ、良い傾向ですよね。
早く回復して、自分で仕事が出来るようになった時は、もっとご連絡をいただき、ご案内させていただけるよう、頑張らないと。

そして、病院へ。
栄養士さんの診察室も、新しい建物です。
3日間のメニューを渡しましたが、『美味しそうね♪』と満足顔。
ただ、昨日の、ラーメン、チャーハンには、『これは足りないわね』と、3食栄養をきちんと摂るよう言われましたが!
流動食のNutrisonですが、もう食べない(飲まない)ようにとも。
あれは、あくまで、食べられない時の代替措置なので、食べられるようになったら、きちんと食べて、しっかりエネルギーを摂るようにと。
まだ、20袋ちょっと余っているのですが…、まあ、朝ご飯のついでくらいには良いのかな。
しかし、この「食べる」ってのが、簡単なようで難しい。
3食ちゃんと食材揃えて料理って、ひとり暮らしにはきついですよね…。

PEGの事を聞かれた時に、外科の手術待ちの件を説明しましたが、栄養士さんの方から、
『PEGのの具合をちょっと見せてくれます?』と聞いてくれました。
思わず、
「ありがとう、前回、医師にも看護師にも話したけど、誰も見ようとはしなかったので、そう言ってもらえるだけで嬉しいです。」って返事しました。

栄養士さんから外科の手術を急かせる事など、出来ないことは分かっていますが、そういう気持ちが嬉しいですよね。
『それはひどいね』と、一緒に憤慨、心配してくれるだけでも、患者にとっては精神的に嬉しいものです。

診察が終わって、次は、来週QE病院での診察のための、血液検査です。
これまた新しい診察室で採血。
一応、自分のメールアドレスを渡し、データをこちらにも送ってもらえるように頼んでおきましたが、担当の人から事務所の人にちゃんと伝わるかな?
まあ、来なかったら、来週、ペイトリ先生に頼んでおこうと思います。

今朝も早くに終わり、まだ9時40分、土曜日から家でほとんど寝て過ごしていましたので、病院散歩に行きました。
久し振りのこの景色から。
e0133780_19511023.jpg
ノンゴタハ山、
ゴンドラからの眺めは、絶景でしょうね。
ズームで見ると、
e0133780_1954673.jpg
なんか書いてますね。
「GO AB」 ゴー、オールブラックス ですね♪

昔懐かし、散歩コース。
e0133780_19553159.jpg
シャクナゲ、オヒネムツ、セントフェイスチャーチ、そしてロトルア湖とモコイア島。

東側、高台まで歩きます。
e0133780_19562939.jpg
ガゼボ。
e0133780_195703.jpg
ここで、ツアーの途中、ティータイムなんてするのも、良いですよね♪

良い天気の日は写真の枚数も増えます。
ロトルア湖畔へ向かうと、たくさんのキャンピングカー。
皆んな、ここで朝ご飯と休憩なんでしょうね。
午前10時過ぎ。
e0133780_19581261.jpg
プジョーは間に埋もれています。
こっちは前から。
e0133780_19595560.jpg
普通じゃない、キャンピングカーの数です。
何事だろうと思いましたが、ラグビー・ワールドカップ観戦の人達でしょうね。

e0133780_2012565.jpg
カモメとお話する観光客♪

e0133780_2024668.jpg
ほんと、見事な天気です。
気持良く走っています。

e0133780_2041196.jpg
カモメたちは、ごろごろ休憩中。ちょこんとスズメも♪
ぽかぽか、いい気分でしょうね。

続々と、カモメが飛び立って行きます。
e0133780_2054728.jpg

カモメのテイクオフ!
e0133780_2071092.jpg

こっちもテイクオフ!
e0133780_2081549.jpg

快晴のテイクオフ!
早くこっちも飛び立ちたい!

帰宅して、午後はまた休憩、睡眠…。
左足は、何かが前と変わってきています。
確かに感じることは、明らかに筋肉が弱っているという事。
以前は、ただ痛い、それが関節か何か、良く分からなかったのですが、今は、はっきり筋肉に問題ありって意識できます。
これが良いのか、悪いのか?
お腹の具合も含めて、ほんとに、じれったい毎日で、気が滅入ります。

午後5時54分、柔らかな夕暮れ景色。
e0133780_20164992.jpg

5分後
e0133780_20173228.jpg
今日も一日が終わりました。

今朝は62.7kg
プレドニゾン20mg
オメプラゾール約10mg
アザチオプリン175mg
カルシウム600mg

明日も病院。
病院へ出かけるのが、大きな出来事に思えるようになってきてしまいました。
もう半年、まだ半年、どっちなのかな?

by masaya-iwata | 2011-09-21 20:37 | 闘病 | Comments(0)