<   2012年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

坂道ラン

今朝も待ちかねてるスズメ達。
e0133780_16461412.jpg

月曜ゴミの日
e0133780_16462749.jpg
2週間分でも少ないゴミ。
キャベツの木の葉っぱが散らばっているので拾って捨てました。
桜の落ち葉もそろそろ増えてます。
昨年6月、退院後はこの落ち葉拾いが大変でした。

雲はどんどん増え、どんより天気で少し寒い一日でした。

夕方5時20分、ウォーキングに出ます。
今日は少し早めに走ろうかと、家を出てしばらく後に走り始めましたが、左足裏の内側が痛いです。
歩けばなんともありません。
もう少しウォームアップで歩いてからゆっくり走ると、今度は大丈夫でした。
まだ跳ねて走るのは無理みたい、ゆっくりランで筋肉が回復するのを気長に待つしかなさそうです。

でも挑戦して行かないと。
高台までの坂道、ゆっくりでも走って上りました。
e0133780_1647210.jpg
上まで止まらずに走れました。
左脚付け根は弱いですけど、問題ありません。
少しずつ頑張ろう。
高台からは、南側だけが赤く染まってます。
e0133780_16472035.jpg
左側遠くに滑走路のライトも見えてます。

下り道、西側も赤く染まって来ました。
午後5時40分、
e0133780_16474798.jpg
創世記に遡ったような燃える空。
e0133780_16474722.jpg
刻々と変わる夕焼け空。

帰ってシャワーを浴びると、ガイド事務所からメールが届いてました。
3日の仕事がキャンセルになっちゃいました。
せっかく先週月曜日にQE病院受付で、「仕事が入りました!」と、3日のリハビリ予定を10日に変更してスタンバイしていたんですけども…。
ワイトモ洞窟へ1年以上ぶりと張り切っていたのに、残念ですけど、仕方ない。
そう、よく気軽に複数申し込みをして、キャンセル料発生前にキャンセルすればいいやと考え、その様にされる方は多いと思います。
それで右から左の大手旅行社は何も問題ないのでしょうが、元請けから下請け、さらに孫請けにはこんな背景があるんですよ。
事務所のお情けで、代わりの仕事、3日の夜、ポリネシアンスパ送迎仕事を入れてくれました。
最初からこれだけだったと思えば、嬉しいものです。

63.2kg、住宅地スローランニング30分

晩ご飯にしよう。

by masaya-iwata | 2012-04-30 17:33 | 夕暮れ景色 | Comments(0)
2012年 04月 29日

NZメリノとコナカ

今朝、昨日のロトルアマラソン情報を一部更新しておきました。
日にちを分けると、後から読みづらいので、追記として昨日の更新に加えましたので、ご興味のある方はまたどうぞ。

e0133780_19364546.jpg
こちらは今朝のネコ。

e0133780_1937145.jpg
今日のTV ONE、メリノ羊。

e0133780_19372484.jpg
いつも熱い男!

午後6時のニュースで、南島の南の方、クイーンズタウンの近く、中央オタゴ地方へ、紳士服のコナカがメリノウール買い付けで訪れている話題でした。
e0133780_19373959.jpg
牧場内外を視察する紳士服の紳士服コナカ社員。
e0133780_19402248.jpg
技術部長と英訳されてますが、日本語での正式役職名は分かりません、ほりみつお氏。
e0133780_19412835.jpg
セスナに乗って視察のようでした。

e0133780_2003070.jpg
(Stuff.co.nzより)
4月11日の記事では、社長の湖中謙介氏も訪れていたそうです。
コナカって、苗字の湖中だったんですね。

当ブログで一番閲覧数の多いと思われる、ブルーノート東京の話題(2009年9月12日)でも、コナカファッションでのハプニングについて書いてます!

62.7kg
昨日書き忘れました、土曜日からカルシウム錠剤の服用を止めました。

今日のジョン。
e0133780_19491246.jpg
獣医さんから食べさせてもらってます。
食欲もりもりで元気だそうです。
急性膵炎については明るい見通しなんでしょうか、先生の様子が明るいそうです。
後肢の末梢神経障害は、GW中が山場だそうです。
できる!できる!絶対にできるんだから!(松岡修造名言集から)
頑張れジョン☆

by masaya-iwata | 2012-04-29 20:03 | 日常 | Comments(0)
2012年 04月 28日

ロトルアマラソン速報&続報

昨晩はジョンの事でSkypeで実家と話をして、寝たのは2時過ぎでした。
今朝は8時過ぎからうとうと。
そろそろ見に行かないと遅れる!と起きてきて、9時過ぎに着替え、アイで家の近くの33号、30号線の交差点まで行ってきました。
e0133780_11391695.jpg
最初に出迎えてくれたのは牛さん達。
ジャージー君が可愛いです。
ロトルアマラソンのHPによると、ハーフマラソンのスタートは9時。
この辺りは、多分フルマラソンで30km手前くらいですから、ハーフだと8kmくらいになるのかな。
先頭は20分ちょっとで来るかな?と思って、急いでアイで出てきましたけど、9時半になってもやってきません。
いったん車に戻って待っていたら、急にワサワサッと人影がミラー越しに見えました。
スタートが遅れたんでしょうね。
集団が過ぎると、ランナーがバラけて徐々にやって来ました。
e0133780_11455771.jpg
何のイメージからなのか?
以前見た箱根駅伝の映像が頭に残っているからか?
そんなに早く見えないです。
写真を拡大して、ぼやけながらもなんとなく読めたゼッケンから検索すると、この人はオークランドからのUrseth選手、1時間18分42秒で8位です。

その6分後にピンクの女性ランナー。
e0133780_11484288.jpg
やはりゼッケンからおそらく、オークランドからのTeys選手、1時間33分23秒、女子5位、総合33位でした。

ハーフには友達が出ているので、やってくるかな?と思いながら見てました。
e0133780_11565289.jpg

まさか先頭集団にいたんじゃないだろうなーと、不安になった頃、なんとなくそれらしい人物が。
とりあえず撮っておこう。
e0133780_1157126.jpg
あ、向こうもこちらを見てる。
手を降ったら間違いなく彼でした。
先程の8位の選手に遅れること8分、総合33位の女性ランナーに遅れること4分、結果は1時間39分50秒、総合85位(1092名中)、いやー、見事なタイムです!
本人は多分、1時間30分を狙っていたのかも!
でも、すごいタイムですよ。おめでとう!お疲れさまでした。

ハーフの1位は、ウェリントンからのKemei選手、1時間6分31秒
女子1位は、オークランドからのForlong選手、1時間25分1秒でした。

フルマラソンのスタートは9時半ですから、ここにやってくるのは、11時を過ぎるでしょう。
まだ10時前、
e0133780_1275731.jpg
お見送りはラフティング。
ここを右折して、カイツナ川、オケレフォールズでの滝下りですね。

いったん家に戻って、パンとコーヒー。
11時前にウォーキングの服に着替えて、今度は歩きと小走りで見に行きました。

昨年は病院の敷地入口まで歩いて行き、スタート数分後の様子を見てました。
一昨年はここに来て見ていたかな?
その前は、マラソンツアーお客さんのご案内で、あちこち密着取材だったと思いました。
ハーフマラソンが始まったのは去年からだったと思いますが、去年見ていた場所はハーフと関係ないので、コース中で眺めるのは今回初めてでした。
ハーフマラソン、ウォークの人達がいるので、コースには人が、まばらながら動いてます。

毎年オートバイの警官が先導していたはずなので、今回もそれを目安に眺めてましたが、パトカーが一台、スーッと通り過ぎました。
これがそうかな?と、思いながらも、それらしい選手がすぐ近くにいません。
その内、少し早そうな2人がやって来ました。
e0133780_1220134.jpg
撮った時には、多分この2人が先頭争いだろうと?分からないままでしたが、帰ってから調べたら当たってました。
先頭は昨年の優勝者、今回ロトルアマラソン最後の挑戦、6度目の優勝を狙うDale Warrander選手だと思ったのですが、ゼッケンが確認出来ずに分かりません。
もしかすると、2時間28分44秒で2位だった、クライストチャーチからのBlair Mcwhirter選手なのかもしれないです。写真情報が少ないため確認出来ません。(29日に追記)

後ろに付けているのは、今回1位だった、ネルソンからのPhilip Costley選手。
タイムは2時間28分26秒でした。
完走者1,299名との結果です。

そう、Warrander選手ですが、なぜか結果に登場していません。
リタイアしたんでしょうか。
まだニュース報道されていませんので、謎のままですし、この写真がほんとに彼なのか?確実ではありませんけど…!

***
ネット記事によると、Warrander選手は前半、先頭集団でレースしていたそうですが、その後徐々にペースを落とし、怪我でリタイヤしたそうです。
その後、Costley、Mcwhirter両選手が集団を抜け、デッドヒートの末、残り3kmで1位のCosley選手が引き離していったようです。
写真の地点は30km手前くらいですから、この時のオレンジ色ユニフォームは2位だったMcwhirter選手の可能性大ですね。
ロトルア地元紙のDaily Postを取っていれば写真特集がその内に出て、Mcwhirter選手やWarrander選手のレース時のユニフォーム姿も分かると思いますから、判明すると思いますけど、新聞購読していないので分かりません…。
以上、29日に追記でした。
***

e0133780_12325824.jpg
遅れること5分、この人はウェリントンからのStephen Day選手。
結果は4位で2時間38分24秒。

e0133780_12352618.jpg
遅れること8分、ウェリントンの隣、ローワー・ハットからのBRIAN GARMONSWAY選手。
8位で2時間45分20秒でした。
拍手で応援している、マオリのおじさんです。

おそらくこちらが、女性ランナー1位かな?と思って撮っておきました。
e0133780_1237417.jpg
ゼッケンも見えませんけど、おそらく、オークランドからのLiza Hunter Galvan選手。
ロトルア地元紙の速報写真ですと、この人のようです。
女子1位、総合10位で、2時間46分23秒。

e0133780_1238632.jpg
2分後の女性ランナー。
オークランド近郊、ラマラマからのLisa Robertson選手、結果は、女子3位、総合22位で、2時間59分22秒。

3分後、自転車に先導されて女子ランナー、
e0133780_12394567.jpg
何台か、このような自転車スタッフがランナーの合間で走っていました。
e0133780_12405762.jpg
写真を拡大して見たら、ぼやけてはっきり分かりませんけど、マラソン女子3位と書かれているように見えます。
1位2位にもいたのかな?
e0133780_1244021.jpg
こちらがその選手。
ウェリントンからのGABRIELLE O'ROURKE選手、女子2位、総合17位でした。

この辺りで、先程のマオリのおじさんが、こちら側にやって来て話しかけてきました。
以前走っていたそうで、マラソン好きみたいです。
ハーフマラソンの時からずっとここで待っていたんですからね。
先程の写真を見せたら、やはり、1位2位争いで間違いなかったようです。
女子1位もそうでした。

彼曰く、今回日本人ランナーも鈴木といういい選手が来てるんだけど、その時で調子は変わるから今回まだみたいだねー、なんて話です。
まったく調べずに来てしまったので、今回の招待選手が誰かも分かっていません。
今年48回目のロトルアマラソンは、河口湖マラソンと姉妹レース提携していますから、河口湖マラソンの上位入賞者が毎年招待選手として走ります。
ずっと日本人を探していたのですけど、なかなかやってこないな、と思ってましたので、おじさんの話から、今回不調なのかな、なんて思っていたら、アジア人ぽい人がやってきます。
一応一枚撮っておこうと、
e0133780_1250188.jpg
おじさんがいろいろ話しかけてくるので、これしか撮れませんでした!
家に帰って調べたら、そう、この選手が招待選手の、時谷勇介選手でした。
ネットの写真からおそらくそうだと思い、この写真を拡大してみると、ゼッケンではなく、胸の所にぼんやりと、名前が書かれているのが読めました。
NZのネット新聞では、Yosukeって名前を間違って書かれてますし、河口湖マラソンの優勝者とも書かれています。
昨年の河口湖マラソンで、2時間22分28秒(グロス)、2位の成績だったようです。(1位と6秒差)
おじさん、鈴木じゃないよ…!
鈴木和成選手は2008年大会で6位の成績でしたね。

見た目にも、とても調子悪そうです。
おじさんに気を取られて、応援出来ませんでした…。
10時間以上も飛行機に乗って、毎年早くても一昨日、もしくは昨日?やって来て、知らない土地でいきなり走る日本人選手、それだけでもかなりのハンデですよね。
お疲れさまでした。
明日は観光出来るんでしょうか?
ゆっくりNZ景色を楽しんでお帰りくださいね。

***
日刊スポーツのネット記事によると、
 『昨年の河口湖マラソン男子2位の時谷勇介(26=西予市体協)がひざの痛みに耐え、3時間30分29秒の122位で完走した。10キロ地点からアップダウンが続く厳しいコースに大苦戦。「今大会に向けてハードな練習をし過ぎて左ひざの筋を痛めてしまった」と反省した。「前半は抑えめに走ったが、30キロ付近から痛みがひどく棄権も考えた」というが、「最低でも完走はしたかった」と気力を振り絞った。今回が自己ワースト記録。「今度の河口湖マラソンに出場して、来年のロトルアマラソンで雪辱する」と誓った。』
という事です。
是非来年、頑張ってくださいね!
29日に追記
***

e0133780_134879.jpg
しばらく後に、また日本人ぽい選手。
あ、この人は一般参加かな?
オーストラリア在住の日本人、カザマさんのようです。
3時間17分19秒、61位は立派です!

あ、風船ランナーがやって来た、と思ってパチリ。
e0133780_1343692.jpg
風船より、ムキムキマッチョお兄ちゃんの方が目立ってますね。

しばらく見た後、雨が降ってきたので、小走りで帰りました。
午後になって雨も止み、晴れ間が出てきました。

公式記録、最高/最低気温17℃/13℃、南西の風19km/h(秒速5.3m)、湿度74%でした。

眺めていると、なんだか自分の今の状態でも走れる気がしてきます!
実現するのはいつのことになるのかな。
昨年は首も座らず、病室からヨタヨタ歩いて、歩道の縁に座って眺めていたマラソン、それに比べたら、今年は大きな進歩です。
走って見に行けただけでも、十分に嬉しいことでした。

お昼過ぎ、日本時間で9時半頃に母からSkypeがありました。
獣医さんから電話で、今朝のジョンはとても元気だと、嬉しそうに言っていたそうです。
昨日は初の長距離ドライブで疲れたジョンですけど、今日は回復して良かったです。
まだ歩けるようになったとは言ってないようですけど…、獣医さんの声がとても明るかったので、安心できたそうです。
今日は午前中手術があるそうなので、お見舞いは夕方になるそうです。

ジョンも早く歩けるようになって、また、大好きな電車の発車風景を見られるようにしないとね。

夕方から、恒例のチャゲアス君がやって来て、映画鑑賞です。
前回のバック・トゥ・ザ・フューチャー3を見たら、オーロラの彼方へを見たくなったので、今晩はその鑑賞。
この更新は夕方には書き終わったんですけど、なかなかロトルアマラソンHPで、フルマラソンの結果が表示されません。
データ表示を待って、後から追記しての更新です!
来客中で見直し出来ないままの更新、誤報があればまた明日!

そういえば、昨日のペイトリ先生の話で、4月5日の泌尿器科での診察の件、CT画像をブログでも載せましたが、あの時の石は1つではなく2つが重なっていたそうです。
もう、CT撮影からも2ヶ月近くになってしまいますし、痛さもまったくないので、問題ないですけども。
ただ、この状態だと、エアラインパイロットの身体検査では引っかかるだろうとの事でした!
上空3万フィートでいきなり尿管結石だ!ってなったら大変だからって事だそうですが…。
そうなると、ヘリコプターのコマーシャル(事業用)ライセンスの身体検査も通らないって事だったのかも?
まあ、今更もう良いですけど!

62.6kg

ついでにもう一つ、YouTubeで、「2011年ロトルアマラソン公式ビデオ」というのを見つけました。
1年近く前にアップされた昨年大会の物ですけど、まだ閲覧回数が1,111回しか無いようです。
音楽のボリュームが大きいので、ご覧の際はお気をつけ下さいね。
またいつか、今年のを見つけたらご紹介します。

(4分5秒)



来年ロトルアへ走りに来てくださいね☆

by masaya-iwata | 2012-04-28 16:03 | 長距離走 | Comments(0)
2012年 04月 27日

診察結果

今朝は早起き、しかも携帯電話の時計がまだ夏時間のままでしたから、さらに早起きになってしまいました。
いろいろ質問事項なども調べて9時に出発。
外はひどい雨です。

e0133780_1842301.jpg

QE病院でのペイトリ先生の診察。3月7日以来です。
私書箱確認も月曜日以来でしたから、先週の血液検査も今日確認しました。
CKは51!
0−220が基準範囲なので、お見事です。
前回低かったヘモグロビンは基準範囲に戻り、他も良好です。
最初からずっと低いままなのが、以前も書いた、リンパ球数。
基準範囲が1.0-4.0(x10^9/L)、つまり1リットル中に10−40億となりますが、今回はそれが0.6。
今年に入ってから、この数値は、0.4, 0.3, 0.4, 0.7, 0.4, 0.6と推移してます。
過去最低が0.2、今回は前々回に次ぐ2番目に大きな値。

最初ペイトリ先生は、この数値が低いので免疫抑制剤のアザチオプリンを175mgから150mgに減量しようかと考えたそうですが、今回2番目に大きな数字だったという事で、まだ175mgで様子を見ることにしました。
免疫抑制剤を飲んでいるので、この数値が下がるのは仕方のないことで、今の状態でも大丈夫だそうです。

CKも順調なことから、来月はステロイド剤のプレドニゾン6mgへ減量、1mg減量作戦は続行です!

先月の腕の怠さや倦怠感、今月の口の中の不快感と胃のむかつきも、プレドニゾンの減量によるものだろうとのこと。
前回も書いたように、ステロイドの大量摂取を続けていたため、10mgを切ってくると、体内で本来自然に生産される量に近い状態なため、まだ体が十分に生産しきれてない、つまり、バランスが崩れるために起こる現象だそうです。
何とかのホルモンと名前を聞きましたが、メモを取っていなかったので忘れてしまいました。

脚の調子も良いことを伝え、森でスローランニングを始めたと話すと、ペイトリ先生も同じく、青コースを走っているそう。
まだ会ったことはないですけど!
木の根っこがあちこち飛び出ているから、転ばないよう注意してねと言われました。
先生のパソコンの壁紙は、レッドウッドを走る奥さんの写真でした!

次回は2ヶ月後の診察になりますが、その前に整形外科の診察があります。
もし次回で終了と言われても、今のところはそれで仕方ないと言われました。
まだ、どこかの段階でMRIを撮ってもらい、大腿骨頭壊死の可能性を調べて欲しいのですけど、今回の診療は、左脚付け根の問題が化膿性関節炎だと分かり、手術をして、それが治るに至るって事ですから、これで終了も筋の通る話だって事です。
確かにその通りですもんね。

また必要な状態になれば、ペイトリ先生から整形外科のドクター・サーティーズに連絡してくれるそうですし、次回の診察も、直接サーティーズ医師に担当してもらうよう、連絡してくれるとの事で、助かります!

最後に、ジョンの事も聞いてみました。
熱中症により、CKが上昇し、筋肉の脱力が起こることは良くあることだそうです。
前回のオークランドマラソンでも、熱中症で入院したランナーがいて、やはり同じ様な状態だったそう。
さらに、膵炎になる場合もあるようです。
腎炎の可能性もあります。
ジョンの場合も、多発性筋炎ではなく、熱中症による筋肉の一時的炎症って可能性が高そう。
ただ、膵炎が今度は心配事項になりました。

この辺りは、今日のMRIその他診察結果を待つしかありません。

こんな感じでQE病院を後にして、薬局に処方箋を持って行き薬の購入。
先週手続きし直して新たに届いた銀行カードの暗証番号登録を行ないました。
今回は大丈夫でした。
終わって、銀行の外のATMで試してみて、結果も確認。これも大丈夫でした。
e0133780_191072.jpg
銀行の出入口から少し離れた所にぽつんとあるATM。
こちらは、銀行建物の外にATMがあるのが一般的です。
24時間対応ですから、夜中は背後にも気をつけないといけないですよね。
もちろん昼間もですけど。

この後、ガバメント・ガーデンズへ寄ってみました。
先に、イベントセンター前はどうなっているのかな?と、チューダータワー・ロトルア博物館の裏をぐるっと周ります。
まだゴールゲートは出来ていませんでしたが、
e0133780_1915412.jpg
何やら子供たちが続々と。

そう、明日はロトルアマラソンですからね!
ほんとは、この後ろ向きのおばさん?の立っている位置に、ゴールゲートが出来ます。

前哨戦で、ちびっ子ウォーキング大会でしょうか?
e0133780_1919281.jpg
びしょ濡れで、不満タラタラ顔の子供たちです!
そうそう、この右側にある立て札、「APPROX 3h-30m」と書かれています。
これは、明日のスタート用です。
参加者が全員ここに並んで一斉にスタートになりますが、その際、自分の判断で、ゴール予想時間を決めて、その辺りの位置に並びます。
ここでは、到着予想3時間30分の人が並ぶ所。
去年、自分もここに並びたかった!?

すぐ左手がイベントセンター。
e0133780_192225.jpg
明日もここが賑やかになります。
ゲートは午後に作るのかな。
今日はもう、参加手続きやイベントが中で行われていると思います。

そして、花木を確かめに行きました。
e0133780_19234465.jpg
こちらが春に、濃いピンク色で満開になるんですけど、まったく豆はなっていません。
これは、ハナズオウではなさそうですね。
e0133780_192522100.jpg
これも確か同じだと思いましたけど、ハナズオウじゃありません。
これは、今度の春を待って、また調べてみるしかありませんね!
後ろの紅葉が綺麗です。

雨は降っていますが、森へ行きます。
傘をさして、今日は早足と駆け足をまぜこぜにしました。
e0133780_1934342.jpg
雨でしっとり、こういう時の森もいいものです。

e0133780_19345949.jpg
ファンテイルも喜んで飛び回ってます。

いいと言っても、何事も程々がいいもので…。
青コース後半、下り道、地面は洪水状態、土砂降りになってしまいました!
e0133780_19364775.jpg
靴もびしょびしょです。

駐車場、向こうから駆け戻ってくるNZ人カップル。
e0133780_19363813.jpg

2人ともトレーニングウェアでランニングのようでした。
すぐ隣の車の人達みたいですが、早く乗り込めばいいものを、すぐ前の木の下で熱い抱擁を続ける、まったく爽やかでないカップルでした。

土砂降りが続きます。
家に戻って、郵便受けを見ると、
e0133780_19421938.jpg
防水は完璧、見事に水を弾いてますけど、この溝、雨樋のつもりで作っても、ちっとも役に立ってません。
e0133780_19432769.jpg
考えたら、溝に雨が流れるように傾斜がある訳ではないですから、当たり前でしたね。
単なる飾りとなってます。

お昼過ぎて雨が上がり、だんだん日差しも出てきました。
4時過ぎ、ガラス戸をコンコンと叩く音です。
誰かと思ったら、
e0133780_19463025.jpg
鶏軍団でした。
またしても集団脱走で散歩中。

こちらのドアもコンコン叩いてます。
e0133780_19474551.jpg

裏に回って、草をほじくってます。
e0133780_19494268.jpg

先日いただいた卵は、しっかりしていて美味しいのですが、どうもこの歩きまわっている様子を思い浮かべて、今ひとつ食欲が減退してしまいます!

空にはとっても気持ちいい雲。
北から東にかけてのパノラマ写真です、クリックの大きなサイズでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_19515941.jpg


西の雲も面白い形が並んでます。こちらもクリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_19532398.jpg


ジョンの結果が随分早くに分かりました。
獣医さんが大学病院からすぐに戻り、母を呼んで様子を説明してくれました。
その前に、質問事項を送っておいたので、それに対して回答もしてくれました。
急いで箇条書きにした項目に、丁寧に手書きで説明をしてくれてます。

CT、MRIの結果、中枢神経疾患の可能性は「ほぼ」なくなり、多発性筋炎ではなかったとのこと。
トリミング中に、急性膵炎を発症し、発熱による高体温が末梢神経障害を起こし(CKの上昇)、筋力低下、不全麻痺を起こしたとのこと。

2週間で戻らなければ、筋力、神経の回復は難しいとの専門医の話しだそう…。
これから2週間なのか、発症から2週間(つまり、あと1週間)なのかまでは、書かれていませんが…。
ああ、無事に動けるようになりますように。

発熱は熱中症によるものではなく、急性膵炎によるものと推測されるそう。
熱中症は外からの熱ですが、その熱を下げてもまだ内側から発熱してくるということは、急性膵炎による熱だったというのが妥当な考え方だそうです。
なぜ急性膵炎が起こったか?
これははっきり分かりませんし、おそらく解明は無理でしょう。
老犬だったというのも理由でしょうし、シャンプードライヤーでどの程度の体温上昇があったのかを調べることは不可能ですから。
今はそこを問題にするより、一生懸命治療に取り組んでくれている病院を信じてお任せするしかありません。

筋炎ではなくても、ステロイドは急に止められないそうですから、徐々に減量しながら、膵炎の治療を行うそう。
腎臓に問題は無かったそうです。
膵炎も根治治療は難しく、すい臓を休ませながら炎症が消えるのを待つという、気の長い対症療法、支持療法となります。

問題は2つ、筋肉の回復、すい臓の炎症消滅。
どうかこの2つ、無事解決しますように。

63.2kg、レッドウッド青コース36分

日本はGWですね。
楽しいホリデーを。

by masaya-iwata | 2012-04-27 20:33 | 生活 | Comments(0)
2012年 04月 26日

とにかく明日

つい先程、実家からメールが届き、ジョンの報告がありました。
獣医さんのレポートによると、24日から再開したジョンの排便が、黒色の下痢が続いているため、血液検査で調べた所、Spec cPLという、犬膵特異的リパーゼの値が754μg/Lあったそうです。
通常は200以下となり、この数値は明らかに膵炎を示唆しているとのこと。
膵炎とは、すい臓が自ら作り出す膵液によって消化され炎症を起こす病気で、やっかいな状況です。

今までのジョンの状態と膵炎の症状はまるで一致していないので、非常に解せないこの状況。
ネットで調べても、「急性膵炎の場合、強い腹痛を伴い、背を丸めてお腹を抱えるような姿勢をとったり、後肢を立てたまま胸と前肢を床につけるような姿勢をとる」、などと書かれています。

Spec cPLの値は明らかに異常ですけど、ステロイドの副作用から来てるんじゃないでしょうか?
獣医さんはそこまで疑ってはいないようです、というか、まだこういった事は分からないというのが実際なんじゃないでしょうか。
ステロイドは役に立つ薬ですけど副作用に悩まされます。
今日のCKが分かりませんけど、多発性筋炎で無ければ、CKが基準値に戻れば、ステロイド摂取を止めてもいいはずですから、早くなんとかしてほしい。
膵炎、中枢神経疾患、筋炎含めて、MRIで多くのことが分かります。
とにかく、明日の検査で進展がありますように。


e0133780_17375347.jpg
のんきなスズメが羨ましい。
e0133780_1738163.jpg
パンをじっと待つスズメ達。

せっかく撒いても、すぐにカササギがやって来ちゃいました。
e0133780_17384619.jpg
飛び跳ねながらパンに近付きます。
スズメは隠れたままですけど、マイナ夫婦が後ろからそーっと近付き、パンを食べてます。
e0133780_17394739.jpg
様子を気にするマイナ。

e0133780_17401247.jpg
結構、愛嬌ある目をしてますね。
目の後ろからくちばしへ続くの黄色のラインがとても興味深いです。
不思議なもんですよね。

同じインドでもこちらは困りもの…。
e0133780_17434997.jpg
いつものように遠くに引いた写真を撮りましたが、それだとサイズが小さく後ろが見えなくなるので、トリミングして範囲を狭めました。
そう、洗濯を干した途端に、パチパチ、火の音です。
なんでこう、焚き火ばかりするんでしょう。
しかし、今日は助かりました。
風は北風、煙は全部向こう側に流れていくよう。
裏の家は迷惑でしょうけど…、こちらは大丈夫。
その代わり、北風の日は天気が不安定です。
洗濯は結局全部乾かず、3時過ぎに取り込み部屋に干しました。

もう一枚、今年もフィジョアが育っています。
e0133780_1747508.jpg
雨の多い夏だったせいか、去年より少なく、日の当たらない南側には実がなっていません。
それでも、収穫が楽しみです。

今日の夕方のジョン。
e0133780_17493221.jpg
まだ点滴中…。
今日は姉と姪も一緒に行って、大喜びだったそうです。
見た目はちっとも痛がった様子は無いですし、元気そうなんですけども…。
人間と違って、残された日数もそんなにたくさんある訳ではない犬の宿命なんですから、早く退院して、家に戻ってほしいです。
明日初めての長距離ドライブ、どうか楽しめますように。
いい結果も出ますように☆彡

by masaya-iwata | 2012-04-26 18:03 | 日常 | Comments(2)
2012年 04月 25日

ジョンの経過

実家のジョンの状態が、難しいことになってきました。
昨日は休診日でしたので、今朝、獣医さんからの電話では、CKが432になったとの連絡を受け、これなら退院間近と、つかの間喜んでいたんですけど。

母がお昼前に動物病院へ行ったところ、確かに元気は回復し、食欲も出てきていますが、追加検査の抗核抗体という自己免疫疾患の指標となる検査の結果が陰性との報告だったようです。
この検査が陰性の場合でも、自己免疫疾患ではないと断定は出来ないそうなので、まだ多発性筋炎という可能性もあるにはあるそう、そこがややこしい所なんですが、ジョンの場合は、CKがこの状態に下がっても、まだ後肢の脱力状態が回復しないため、当初から考えられていた別の可能性、中枢神経疾患の可能性も高くなってきたとのことです…。

病状の確定のため、金曜日に獣医さんが、休診して、藤沢の大学病院までジョンを連れて行って、MRI検査と、神経専門医の診断を受けてくれるそうです。
ジョンにとっては初の長距離ドライブにもなり、全身麻酔も心配なので、付いて行きたい所ですけど、そこまではいずれにしろ無理なようで、結果報告を待たないといけません。

まあ、もし私が帰省中なら、後ろから車で付いていくんですけども。

確かにシャンプー・ドライヤー中の熱中症が発端だとしても、突然、多発性筋炎という免疫疾患にかかるという理由が分からなかったのですが、熱中症のために、中枢神経系が損傷を受けてしまったという方が、納得は出来る理由ではあります。
しかし、薬さえ続けていれば、歩くようにはなれる多発性筋炎だった方が、中枢神経疾患より、まだ良かったんじゃないかとも思えます。

場所が場所だっただけに、体温上昇後の処置がとても早かったのが、不幸中の幸いではありますけど、この先どうなるのか、奇跡の回復力を祈るばかりです。

ネットを調べてみると、人間の場合でも、体温40度以上に上がる熱中症後にCKが急激に上昇し、筋炎と同じ様な症状になった例があるようです。
CKが1万以上に上昇したそうで、入院中の対応は、CK500以下になった時点から歩行訓練を開始と書かれていました。
これ以降の話が載っていないので、その後どうなったか分かりませんけど、犬は人間と違うので、ゲージに入ったまま、歩行訓練しましょうと言って、頑張って歩く練習なんてする訳ないですから、ジョンの場合も、あと数日後、CKも十分に下がって、本人も意欲が出れば、すっと歩くかもしれません。
なんとか、無事に進みますように。

e0133780_154188.jpg
今朝8時の空。
先週から急に寒くなって来ました。
去年の今頃、暖かい病室でぬくぬくTシャツ短パンで過ごしていて、お見舞いに来てくれる人達が、外は寒い寒いと言っていたのを思い出します。

e0133780_15422312.jpg
カーテンを開けた途端に、もう、オリーブの木で待機中です。
オリーブの実も、もうこんなに大きいです。

e0133780_15431179.jpg
あっという間に大賑わいです。

昨日は一日家の中でしたから、夕方ウォーキングに出ました。
午後4時20分、ガレージを出て、東の空。
e0133780_15444053.jpg
大きな手が覆いかぶさるよう。
ジョンを守ってくださいね。

e0133780_15453670.jpg
アルパカはこちら側にいました。
毛刈り終わったばかりのようです。
e0133780_15462744.jpg
ジョンもここで伸び伸び景色を見せてあげたいな。

e0133780_15465831.jpg
今日お昼のジョン。
前肢はしっかりしてるので、ゲージの外にすり出してくるようです。
写真で見ても分かりますけど、後ろ足は先週みたいに、ダラっとしてなく、ちゃんと伏せてる状態になってます。尻尾も振ってるそうです。
鼻のツヤも良いし、とても元気そう。
筋炎でもなく、神経疾患でもなく、熱中症後の一時的な筋肉の炎症であって、このまま無事に歩けるようになりそうなんだけどな。

金曜日はQE病院でペイトリ先生の2ヶ月ぶりの診察。
ジョンは大学病院でMRI。
MRIを受けたことのある人間、犬だって、そう多くはいないと思います。
ジョンもいい経験だ。
帰ってジョンと入院思い出話をするのが楽しみです。

62.3kg、住宅地ウォーキング+スローランニング

大丈夫だジョン。

by masaya-iwata | 2012-04-25 16:17 | 日常 | Comments(0)
2012年 04月 23日

昨日、今日。

e0133780_1721052.jpg
昨日朝の雲。
e0133780_1721929.jpg
昨日の朝ごはん。
e0133780_17213164.jpg
昨日の仲良し。

e0133780_17221212.jpg
今朝の羊。
e0133780_17222949.jpg
今朝の雲。

e0133780_17224671.jpg
QE病院フィジオ。
来週3日の予約変更をしてきました。
電話でも良いんですけど、なんとなく申し訳ないので。
一応GW後に余裕を持って1週間後の10日にしました。

e0133780_1723463.jpg
今日のロトルア湖畔。
e0133780_17232576.jpg
ぽかぽかカモメ。

e0133780_17234336.jpg
目は開けてるスズガモ。
e0133780_17235879.jpg
穏やかなロトルア湖。

e0133780_17242121.jpg
表側みたいなQE病院の裏口。

e0133780_17243861.jpg
ガチョウの行進。

e0133780_17245520.jpg
真昼のガバメント・ガーデンズ。
こちらに来る場合は、お昼過ぎにならないと、逆光になってしまいます。
e0133780_1726414.jpg
でも、金魚はよく見えます。
e0133780_17262211.jpg
紅葉と金魚。

e0133780_17271776.jpg
今日のプケコ。
e0133780_17274545.jpg
スマートなプケコ。

e0133780_17281823.jpg
今日のレッドウッド。
e0133780_17284353.jpg
ぼんぼり首飾りの見えないトゥイ。
体重が減ってしまったので、今日は歩くだけにしようと思ってましたが、後退していいのは額のみ。
日々是前進。
後半スローランニング。

家に帰ると、おばさんが卵を持ってきてくれました。
e0133780_17324026.jpg
その間も、鶏たちは脱走でした。

e0133780_17335981.jpg
昨日のジョン。

e0133780_17343262.jpg
今日のジョン。

昨日より後ろ足がしっかりしてきて、横に広がらずに座れるようになったようです。
声も、「うーん、うーん」と出せるようになり、いつものドッグフードも混ぜて少し食べられるようになりました。
点滴チューブは、栄養剤用と、ステロイド剤のプレドニゾロンの静脈内注射用です。
犬のCKも正常範囲は200までだそうなので、退院はそれが目安なんじゃないかと思います。
週末挟んで、明日は休診日なので、水曜日にならないと今日のCKは分からないと思います。
まだ退屈そうではなさそうなので、もうしばらくゆっくり入院して、早く元気に戻ってきてね。

e0133780_17555742.jpg

こちらは一昨日の仁和寺の桜。



添乗員さんの友達が、京都旅行に行くとメールがあり、ブログ情報で、「仁和寺の桜は遅咲きなので、まだ綺麗みたいですよ」と知らせたら、携帯写真を送ってくれました。

e0133780_1758166.jpg


こちらは名前の分からない綺麗な花。



同じ様な花が、ガバメント・ガーデンズでも春に咲いてます、確か。

仁和寺の近くの竜安寺。
e0133780_17591065.jpg
JRのCMで有名な石庭だそうです。それと桜の絨毯。


e0133780_1811489.jpg
こちらは今日届いた昨日の写真。


二条城に1本だけ満開の桜。



GW中も残っているかな?

e0133780_1815829.jpg
ここのわらび餅が美味しいそうです。

e0133780_1823662.jpg
高台寺の庭に、今の時期だけ飾られる竜。


e0133780_1831744.jpg

宇宙ロケットみたいな京都タワー。


そういえば、京都に何度か行きましたが、京都タワーの記憶が全然ありません。
テレビドラマでは良く見るんですけど。
いつか上りに行きたいです。

GWに京都旅行される方、何かのご参考に。

それにしても、先々週ヨーロッパの添乗をして、GWには、またパリというのに、合間の週末に京都旅行なんて、添乗員さんは本当にタフな人達です。
たくさん送ってくれてどうもありがとう!

61.2kg、レッドウッド青コース35分。

今日から明日へ。
続け続け。

by masaya-iwata | 2012-04-23 18:17 | 森と湖 | Comments(4)
2012年 04月 21日

多発性筋炎

午前9時になっても濃い霧。
e0133780_16335017.jpg
この秋、初めての霧かな。
徐々に晴れてきた中、ソングスラッシュが思案中。
e0133780_16351161.jpg

ウサギとカメ、どっちの生き方してるんだろう。
e0133780_163712100.jpg


お昼過ぎ、友達が焼きたてパンを持ってきてくれました。
e0133780_1638145.jpg
前回のようにとっても美味しいパンです。
どうもありがとう!

お昼過ぎにもメールで一報はありましたが、夕方になって、ジョンの詳細連絡が入りました。
信じられないことに、多発性筋炎だそうです。
皮膚筋炎と同じ様な病気、膠原病です。
人間なら特定疾患、犬にとっても難病に変わりありません。

血液検査の結果、19日、20日のCK(CPK、クレアチンキナーゼ)は測定範囲以上、今日が7,855です。
AST(アスパラギン酸アミノ基転移酵素)は、19日563、20日662、今日が375。

私の場合、昨年3月、入院前の時点、CKは測定しておらず、ASTは213、正常値は0−40の範囲です。
入院時点でのCKは、確か9,000くらい、その次の週に13,000まで上がり、その後、徐々に下がったのでした。
入院中のデータを持っていないので、他の数値が分かりません。
CKの、人間の場合の正常値は0−200の範囲です。
犬と人間と、データの違いまでは分かりませんが、様子を見る限り、似たような気もします。

これらの結果は、獣医さんが文章で書いて母に渡してくれたので分かりました。
私のCKは、かなり高い部類に属します。
4−5千の人も多いですから、ジョンの数値だけ見ると、かなり高い値になります。
ASTは私の場合よりも高いですし。
そのため、もともと、犬の値は人間よりも高めになるのかもしれませんので、全体としては私の場合よりも症状が穏やかなのかもしれません。
私がその場にいれば、犬の場合の正常範囲とか、いろいろ質問出来たのですが、また明日に聞いてきてもらおうと思います。

すでに、ステロイド剤のプレドニゾロンを使用中との事です。
これも、錠剤だけか静脈内注射もしたのか、どちらかまでは、分かりませんけど。

今後の予定として、アザチオプリンやシクロスポリンの免疫抑制剤の服用も検討中とメモ書きが添えてありました。

なにこれ、まるで私と一緒です…。
犬の多発性筋炎も、成犬には珍しいことではないそうですけど、それに、いわゆる、膠原病、リューマチですから、例えば老犬が歩けなくなって、それが「歳だから、リューマチ?」で終わっていた話しが、ここでジョンにも起こっただけかもしれません。

それにしても、シャンプーとドライヤーでのストレスや熱中症だけで、突然に免疫疾患が起こり、不治の病になるなんて事があるんでしょうか?
それ以前、普通に散歩もして、走ったりもして、何も兆候は無かったそうなんですから。

なんなんでしょうね、せっかく自分の症状が、今現在、悪い所がなくなってきて、いい方向のみに変わってきて、今度こそ何も起こるなよ、と思っていたら、今度は、ジョンにとばっちりです。
この自分の周りにとり憑く何かを追い払う方法はないんでしょうか?
私は他人と関わらないほうが良いのかもしれませんね。
それにしても、9千キロも遠距離にまで、悪行を仕掛けるなんて、本当に執念深いやつ、誰なんでしょう。

客商売をしないと生きていけませんから、これはやめるわけにいかないです。
ただ、今までと違って、今後はあまりお客さんと関わらずに、仕事だけこなすように変えないといけないのかもしれないです。

私の場合は、CKは一旦上がり、そこから下がって来ました。
今回のジョンの場合は、ステロイドの服用と共に、すぐに値が下がっています。
この段階ですぐにステロイド治療出来たことは、良かったと思います。

ただ、不安なのが、私の場合は、CKが下がりながら、体がどんどん動かなくなり、嚥下障害まで起こりました。
実際、入院当初は、腕も首も動き、普通に歩いてましたから。
ジョンの場合も、昨日より、今日は、前足で立っていて、状態は良くなっているそうですが、この後に筋肉の悪化は起こって欲しくないです。
治りはしなくても、必ず症状が良くなる病気というのは、自分の体験からも言えることですけど、犬ですから、頑張るとか、助けを求めるとか、何も出来ないですものね。
一時的でも嚥下障害が起これば大変ですし、もちろん歩けないとトイレも困ります。

とにかく、歩くことさえ出来れば、薬生活でも、何も支障なく生活出来ますから、このまま一時的でも悪化することなく、CKの減少とともに、体が動くようになってほしいです。
なるべきです。

e0133780_17452751.jpg
ジョン、ぼくのせいでごめんね。
早く歩けるようになって、退院出来ますように。

実家の近くの人も、是非お見舞いに行って元気づけてあげてください。
e0133780_1793995.jpg

獣医さんもとても良くしてくれてるようで、ありがたいです。

e0133780_17113673.jpg
どうか良くなりますように

by masaya-iwata | 2012-04-21 17:37 | 日常 | Comments(2)
2012年 04月 20日

無事でありますように

今朝は、車のドアの開け閉めが賑やかでした。
外には、たくさん車が駐車しています。
e0133780_1643658.jpg
自転車と親子連れが大勢です。
そういえば、以前郵便受けに、親子自転車レースがあるというお知らせが入っていた気がしました。

今日はなるだけ早く帰ってきたかったので、10時過ぎに出かけました。
ちょうどゴールの様子です。
e0133780_16444056.jpg
家の前の通りを下ったところ。
レースといっても、親子2人組みが、順番に走っているようです。
e0133780_16461957.jpg
あれ、子供?
そういえば、今日が平日最後のスクールホリデーでした。
この週末で「秋休み」が終わって、来週から2学期が始まるんでした。
NZは4学期制です。

1週間ぶりの私書箱には、請求書2通だけしか届いていませんでした…。

そのまま真っ直ぐロトルア病院へ。
e0133780_16524434.jpg
すっかり綺麗になって落ち着いた病院正面。
いずれは正面じゃなくなるんだと思いますけど、いつの事でしょう。

月に一度の血液検査もすぐ終わりました。
以前は我が家のように感じたロトルア病院も、なんとなく遠い存在に感じ始めていました。
見舞いに来てくれた人達も、日常と違う空間って感覚があったと思いますけど、自分にもそんな感じがしてきました。
いい傾向なんだと思います…が、まだ月一で来ないといけませんけども!

そういえば検査室に新しい設備が入ってました。
採血した試験管を1リットルくらいのペットボトルのような透明容器に入れ、壁に付けられた装置に入れると、パイプの中を掃除機の様に、シュポ!っと、自動搬送される装置です。
来月写真を撮れたらご紹介しようと思います。

15分後、もう、外へ。
e0133780_1704145.jpg
何度もご紹介したこの景色、ノンゴタハ山。
仕事でスカイラインゴンドラに乗って、向こう側からこっちを撮影する日が、早くやってこないかな…。

この後、銀行へ。
クレジットカードの支払、それと、先日担当の人と話があったので行ってみたら、ものすごいタイミング良く、その人が私用で順番待ちの列に並んでいるところでした。
予約しないと会えないことも多いですから。
ちょっと時間いいですか?と話すと、大丈夫とのことで、応接ブースへ。

管理しているいくつかの口座のカードを、まったく使っていなかったので、更新後の新しいカードが届きませんでしたから、5日に会った際、再発行を頼んでいて、それが先週末に届いていたんです。
このカードの記名に間違いというか、足りない部分があったので、その質問でした。

結果、さらに再発行をしてくれましたが、それがまた、前回いろいろ間違いだらけ。
カード2枚とも、その時に意図した処理とは全く違う扱いになってました。
コンピューター操作で処理しなおしてくれますが、これが、警告画面続きでなかなか出来ず、手こずった末、やっと処理終了でした。
まあ、お金が無くなるような事態ではありませんし、そんなに使わない口座ですけど、そのままでしたら、何かの処理の際に困ったことになったでしょうから、今日話しが出来て良かったです。

それにしても、パソコン画面一つで、簡単に何でも変わってしまうって、怖いもんですよね。

スーパーも1週間以上ぶり。
鳥のパンも買いましたが、これも容器が可愛らしかったので買ってみました。
e0133780_17154378.jpg
ヘーゼルナッツのスプレッドです。イタリアの!
安い!220gで110円くらいです。
さっき更新前のおやつ代わりに食べてみましたが、味はヌテラよりも甘く美味しかった。
ベジマイトの出番が全然無いので、一緒に混ぜてごまかしながら食べてみるかな!?

それから森へ。
12時32分、スタートです。
e0133780_17183780.jpg
お母さんと子供2人、写真を撮りながらの散歩のようでした。

こちらは、お母さんと女の子、
e0133780_1720771.jpg
右側から左側への乗馬コースへ横切る所ですが、馬がそのまま、散歩コースへ歩いてしまいました。
お母さんが自転車で、曲がる地点で待っていて、女の子が方向転換しようとしているところです。

e0133780_17213263.jpg
やっと、馬がこっちを向いてくれました。
こちらをアップにしようと思ったら、ピンぼけになってしまいましたので、最初の写真を拡大してみます。
e0133780_17222473.jpg
こんな小さな女の子が一人で乗っているんですからね!
馬も大人しく、乗馬環境のとても良いNZならではです。

青コースの半分から、スローランニングを始めました。
あまり跳ねないように、そろそろとランニングです。
まだ左脚付け根が心配ですものね。

駐車場到着は1時1分、29分でした。
歩き始めは寒かったですが、久し振りの汗いっぱい。
次回はバスタオルを持って行かないと。

家に帰ってすぐにシャワーを浴びて、メール連絡しようと思ったら、ちょうど母からメール受信でした。
日本時間10時半ですから、予定通りのタイミングでした。

昨晩更新の後、実家からの連絡で知りましたが、ゴールデンレトリバーのジョンが入院中なんです。
昨日は久し振りのシャンプーの日でした。
最近、シャンプーをしてくれる場所が減ったそうで、以前から2回場所を変わったそうですが、そこも閉店になってしまったとの事で、実家の近所に新しく出来たという動物病院がシャンプー・カットもしているからと、2週間前に予約を入れてました。
とても久し振りのシャンプーで、以前から、「カットもして気持ち良くなって帰ってくるだろうね」と楽しみにしていたんですけど…。
連れて行く時は散歩で行って、3時間後に迎えに行くと、「息が荒くて落ち着いてからまた」、という事で一旦帰り、また迎えに行ったところが、後ろ足で立ち上がれない状態だからと、そのまま入院になりました。
それが昨日、日本時間の夕方の事。
はっきり状況が分かりませんが、シャンプーとドライヤー中に熱中症にしてしまったようなんですけど…、意識はちゃんとあるとの事ですし、良く分かりません。

今日は無事退院と願っていての帰宅でしたが、残念ながらまだ入院のようです。
ゲージで点滴中だったとの事。
昨日より元気そうで安心だとは書かれてましたが、やはりとても心配だと思います。
ジョンも血液検査をしているそうで、今は結果待ちのようですし。
どうしちゃったんでしょう、ほんと。
もう年寄りになってきましたけど、散歩の際は元気に走ったりもしていたそうなので…。

どうか早く退院して、また散歩を元気に出来ますように。
真似しなくて良いんだから…、明日は無事に戻ってきてね。
お願いします。

こちらは、一昨日携帯から送ってくれた写真、一昨昨日の台風みたいな天気の後の良い天気で、庭で気持ちよくウトウト眠っているジョンです。
e0133780_17334173.jpg
この写真の後に、綺麗になったジョンの写真が載る予定でした。
その予定が少しだけ延びただけの事です!

レッドウッド青コースウォーキング+29分
体重は忘れました。

夜に嬉しい知らせがガイド事務所から。
5月3日に初仕事が入りました。簡単な内容ですけど。
その日のQE病院フィジオのリハビリ予定を、週明け変更連絡しておきます。
このまま良い事が起こりますように、お願いします☆彡

by masaya-iwata | 2012-04-20 18:07 | 生活 | Comments(2)
2012年 04月 19日

無事でした

昨晩は湯たんぽを足元に入れてベッドへ、今日も寒い朝、窓は少し結露でした。
午前9時半、いよいよやって来ました。
e0133780_16363821.jpg
郵便受けよ、無事で!
なんとびっくり、見えにくいですけど、葉っぱの向こう側にもオレンジ色。
落ちてくる枝を受け止めてくれてます。
e0133780_16384236.jpg
2人がかりの作業。
兄ちゃん、おじさん、でかした!

11時半過ぎ、通りの上まで終わって静かになった頃、様子を見に出てみます。
e0133780_16405416.jpg
手前の桜はすごいスッキリ。
どうせなら、後ろの大きな木も切ってほしかった!
e0133780_16415954.jpg
スッキリし過ぎで、桜の花も寂しくなりそう…。
杭にはスピーカーと同じ着色ニスを塗っただけなのですが、元の色で随分濃くなるもんですね。
e0133780_16424451.jpg
これなら、鳥の糞も落ちてこないでしょう。

e0133780_1643436.jpg
煙突も無事でした!
木くずと鳥の糞の痕だけ。
丁寧な仕事でありがとう。

一安心したら疲れちゃいました。
口の中も胃も、まだ気持ち悪くて、料理も面倒、食べずに余計疲れて悪循環です。
家にじっとしているしかないのも何かの縁、この際とことんゆっくりしておこう。

夕方になってウォーキングへ。
郵便受けの掃除をして、5時5分スタートです。

せっかく近くに寄ってきたアルパカ達が、一斉に逃げました。
e0133780_16505542.jpg
どうしたんでしょう?
e0133780_16513656.jpg
どこからともなく現れたシェパード君のせい。

e0133780_16514571.jpg
また今度ね!
とお別れしたら、
e0133780_16524389.jpg
俺についてこい!と、シェパード君。
e0133780_16532075.jpg
羊たちも遠くからおどおど。
e0133780_16534372.jpg
ここは俺様の縄張りだい、と、シェパード君。
e0133780_16544574.jpg
ああ、あんたこの家の親分か?
いや、違うようです。
e0133780_16554090.jpg
ああ、こっちか?
e0133780_16562627.jpg
これまた違うようです。
前に後ろにずっとのしのし、親分様のお通りだい!
e0133780_16575436.jpg
『こんな所でちょろちょろしてるんじゃないわよ!』
どうやらお迎えが来たようです。
e0133780_170465.jpg
どこかの家のシェパードかと思ったら、他所から車に載せてやって来た人達のようでした。
なかなか車に入らず、何度も怒られながら、しぶしぶ乗り込んだようです。
つかの間のシェパード子供番長でした。

e0133780_1734135.jpg
そんな騒動を遠目に見ていた大小馬たち。
柵に近寄ったら、また喜んで突進してきました。
今日は大きい方をご紹介。
e0133780_1745721.jpg
またしてもフレームに入りません。
ニンジン持ってきたら良かったな。

e0133780_176375.jpg
高台に着くと、鳥みたいな形の雲が西の空に。

いい眺めを満喫のアルパカ達も。
クリックの大きな画面でパノラマ写真をご覧ください。(CLICK on photo)
e0133780_1781860.jpg


高台からの下り道、ブーンと音が。
e0133780_17121822.jpg
着陸灯を点灯させたビーチ。
e0133780_17143167.jpg
夕日とライトの両方が光っています。
もう、これで十分に幸せな仕事が出来ていると思うんですけど、パイロットは、もっと大きな飛行機を操縦したいって不満に思ってるもんなんですよね!

坂道を降りたら、今日もここからスローランニング。

62.7kg、住宅地ウォーキング+約35分

明日は血液検査に行くので、1週間ぶりの外出となります。
今日も無事に、ありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2012-04-19 17:33 | 動物 | Comments(0)