<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

冬のすじ雲

今朝もまた目覚まし前、6時前に起きちゃいました。
窓は結露でびっしょり、まだ薄暗い内に結露拭きをして、出かけ支度、7時15分頃から15分かけて洗濯物を干します。
e0133780_165494.jpg
たくさんありすぎて、時間がかかりました!
今朝はお客さんの忘れ物配達で、急遽出かけることになりました。

8時20分過ぎ、標高600mのカイマイ・ママク森林公園の峠越え中。
周りも霜で真っ白です。
e0133780_16572337.jpg
もっと早い時間でしたら、道路も凍結ですね。
この少し前の所で、車がひっくり返ってぺしゃんこになってました…!
夜中に事故があったみたいです。

ティラウに到着、朝日の羊と牧羊犬。
e0133780_16585767.jpg
ここで事務所の人と落ち合って、忘れ物を渡して、本日の業務終了…。

ティラウの街並み、覚えてますか?
e0133780_1701785.jpg
ゴールデン・エルムも枯れ木だとまったく面影がありませんね!

さあ、帰り道、ティラウの町を出た所で、カイマイ・ママク山脈を臨みます。
e0133780_1723153.jpg
牧草地の温かい地面から霧が立ち上っています。

ガイド事務所のガレージで洗車と掃除。
e0133780_1762579.jpg
午前10時過ぎ、工場・作業場など、商業地区のこの辺りは週末になるととても静かです。
そんな中で、一人黙々と作業。
ガイドの仕事は、お客さんといる時以外は、一人の行動が多いです。

1時間近くのんびり作業して、ジムへ。
ジムも空いています。
今日は新しい運動を最後に追加。
e0133780_1793639.jpg
背もたれを立てて、バーベルを頭の上に持ち上げる、肩の運動です。

1時間半近く運動をした後、ランニングマシンで15分程走りました。
e0133780_17113058.jpg
時速11kmまで上げてみたので、写真がぶれて、文字がずれてます!
トレッドミルの上で走る速さは、なんだか実際走っている時よりも速く感じますよね?

1時前のロトルア湖畔。
e0133780_17132833.jpg
すっぽり高気圧に覆われた今日、のどかでぽかぽか、とっても気持ちいいです。

カモメもスイスイ飛び回っています。
e0133780_17145333.jpg
「冬のカモメ」も、ロトルアだと楽しそう♪

久し振りの大きなサイズを3連発行きます。
写真をクリックしてご覧下さいね。(CLICK on photo)
e0133780_17151231.jpg
カモメもよく見えましたか?

空高いすじ雲が、とっても綺麗。
こちらはパノラマ写真です。(CLICK on photo)
e0133780_17185225.jpg


すじ雲とカモメがピッタリ合ってますね!(CLICK on photo)
e0133780_17194877.jpg
ジェット機みたい?

友達の事務所に寄って話をしてから帰宅して、シャワーと遅いランチ。
洗濯を取り込んでから、ソファで少し寝ました。
今晩はとても冷たい夜です☆

by masaya-iwata | 2012-06-30 17:37 | 日常の景色 | Comments(0)
2012年 06月 29日

絶景ファーム

今朝もまた、目覚ましよりずっと前、4時に目が覚めてしまいました。
しばらくベッドでごろごろ、ウィンブルドンを見て、5時前に起きてきました。
ちょうどナダルの試合がスタートでした。
e0133780_16533640.jpg
ナダル、負けちゃったんですってね?
きっと日本で残念がっている、ナダル追っかけファンさんでしょう…!

のんびり支度しますけど、用意も出来たので、早めに出発。
途中、ファームステイ見学2軒目の家の近くを下見がてら寄ってみました。
e0133780_16572783.jpg
ケンブリッジを過ぎて、8時過ぎのサラブレッド達。
e0133780_16574991.jpg
日の出の景色を眺めています。

今日は、午前中は先生方の自由時間で、まずはショッピングセンターへご案内しました。
ハミルトン郊外に、とても大きなショッピングセンターが出来たんです。
e0133780_16593312.jpg
大きすぎて短時間に見られませんし、目的はスーパーの買物だったようですから、20分程で移動、ニューワールドへ向かいました。
e0133780_1702635.jpg
チーズコーナーでいろいろ吟味。
e0133780_1704520.jpg
ワインも物色。
ニューワールドは、ワインの品揃えがとても良いです。
皆さん、勧める品を面白いようにどんどんお買い上げ♪
1時間ちょっと、大量ショッピングを楽しまれました。

今日のお昼は、四川料理の店へ。
といっても、定食屋さんみたいな簡単な店で、値段も安いです。
e0133780_1725790.jpg
豚肉と支那竹を煮込んだ、肉うどんみたいなもの。
麺は完全にうどんそのものでした。
四川辛子を入れると、さらに美味しくなります。
これは久々の大当たりのメニューでした。

そして、午後は生徒さんたちのファームステイ先見学。
45分程ロトルア方面へ戻ります。
ケンブリッジを越して、カラピロダムもさらに通り越した、それはもう、牧場そのものという景色の中へ入り込みます。
高台へ上って行くと、豪華な家。
e0133780_1725820.jpg

どんな眺めかというと、
e0133780_1765142.jpg
こんな感じ、さらに左を見ると、
e0133780_1774872.jpg
凄すぎです…!
この正面下から、車で上ってきたんですよ。
e0133780_1792385.jpg
眺めだけでなく、モデルルームみたいな素敵な家。
このテーブルからの眺めが、
e0133780_17101020.jpg
こんな感じですからね。

e0133780_1710253.jpg
先生方が2階の生徒の部屋を見に行ってる間、教頭先生がホストマザーと話をされてます。
Tシャツ姿で寒そうに、暖炉の前で温まっているんですから、どんだけ贅沢なんでしょう!

足元では、
e0133780_17113855.jpg
こんなの常識だよと、したり顔のワンちゃん。

裏庭に回ると、
e0133780_17125211.jpg
これまた素敵な餌台に、メジロ君達が集結してます。
メジロだけじゃなくて、
e0133780_17133646.jpg
これは驚きです。
ベルバードなんですよ!
e0133780_1714921.jpg
ね?
レッドウッドの森でも、鳴き声が聞こえている時はよくありますが、姿を見ることは滅多にありません。
それが、何羽か、こうして餌台のハチミツを啜りにやってくるんです。
冬で餌が少ないので、集まってくるんですって。

いやー、力が抜けるような贅沢な暮らし。
先生方も、生徒達の視察という事をすっかり忘れて、自分たちの写真を撮って楽しんでいらっしゃいます!
e0133780_17163933.jpg
牧場へは、ジープの荷台に乗っていきます!
生徒達と同じ様に、干し草の椅子に座っての、ジープ走行。
2回に分けて、先生4名と、日本からの旅行社・社員女性も一緒に。
e0133780_17185168.jpg
生徒達に見送られて、大喜びで出発の先生達。
e0133780_17193592.jpg
今日はここに泊まりたい!
と、皆さんとっても名残惜しそうに、時間オーバーでステイ先を後にしました。
ほんと、ここに泊まった生徒達はラッキーですよね。
女生徒達曰く、『イケメンの同じ年の男の子が居るのよ♡』と、すでに数年後にはここにまた戻ってくることを決意しているようですが、4人で取り合いになりそうですね♪

この後2軒目を訪問したのですが、決して悪いところではないんですよ。
今まででしたら、ごく当たり前の、いかにもニュージーランドっていう牧場なんです。
でも、先生達のテンションは明らかに下がってます…。
今度は時間より早くに引き上げとなりました…!
e0133780_17264994.jpg
サラブレッドとお月様もなんだか寂しそう♪

夢心地で皆さんホテルへ戻って、今日の仕事終了。
帰宅して、シャワーとバスタブにお湯を張ってゆっくり温まりました。
お湯タンクもどうやら大丈夫なよう。しばらくしてから、電気メーターもちゃんと通電止まりました。
60℃で大丈夫なので、もう65℃を試す必要もないかな?
どうやらサーモスタット交換は、無駄骨にならなかったよう、良かった!

今日の走行距離、340km

明日朝、急に1件用事が入ってしまいました。
今晩も早めに寝ないとな。
今日も無事に一日、ありがとうございました☆

by masaya-iwata | 2012-06-29 17:37 | 観光 | Comments(0)
2012年 06月 28日

甦れ筋肉!

荒れた天気が続いています。
今日は晴れるかな?と思ったのですが、まだだめ。
洗濯物がたくさん溜まってしまいましたけど、明後日までもうちょっと我慢です。
お湯タンクの電気メーターは、今朝も無事でした。
午前中は梱包作業をしながら、温度設定を60℃に上げて、動作確認します。
どうやら電気メーターの動きも大丈夫なようなので、そのままにして、プジョーで出かけました。
アイは、ガイド事務所のガレージに置いたままで、昨晩は仕事用のバンで帰宅したからです。
明日もまた、7時前に出かけますから。

私書箱には、一昨日の血液検査結果が、もう届いてます!
先月からどうしちゃったんでしょうか!?
CKは61!
まったく問題なしです。
これなら、来月ステロイド剤のプレドニゾンを4mgに落とせそう。
今度の診察は3日ですから、とりあえず減量しちゃってから診察しても、間に合いそうですし。

赤血球中のヘモグロビン各数値は、ごく僅か減ってます。
そして、リンパ球数も前回より下がってしまいました。
この辺りはどうするのか。これも3日の診察待ちですけど、薬を減らすことには何も問題無さそう。
良い傾向です!

e0133780_161392.jpg
町も寒いです。
南風が何より、とっても冷たい。
これは、トンガリロは雪で凍えているでしょうね。
荷物を発送して、車へ戻ると、
e0133780_16152311.jpg
プジョーの横に、BMWです。
この車、LOCKWOODという、住宅メーカーの営業車なんです!
とても贅沢な車で営業する理由は、客層もそれなりだからですよね!

そしてジムへ。
昨日の疲れがちょっと残っているんですけど、
e0133780_16214563.jpg
これがあるから、頑張らないと!

一昨日、5kgの錘を両側に付けたところから始めました。
バーが20kgあるので、合計30kg…。たった…!
そして、2.5kgを付けて、35kgまで。
以前ジムに通っていた頃は、40kgから始めて、90kgくらいまで出来るようになったのに!
憧れの100kgには届きませんでしたが、そこまで結構長い道のりを、ジム友達とこつこつ頑張ってました。
今日は、10kgを2つ付けて開始しましたが、8回までが限界。
アシスト無しの一人だと、無理は出来ないですし!
2セット目からは35kgに戻して、合計3セット行ないました。

ベンチプレスの他にも、ダンベルが増えてました。
e0133780_16275286.jpg
今までは5kgまでしか置いてなかったんです。
それが、12.5kg、15kg、17.5kg、そして20kgまで。
嬉しいのですけど、
e0133780_16285426.jpg
12.5kgだと、ダンベルフライをするには、重すぎます。
これも、以前は25kgくらい持って運動していたような記憶が…。
これまた、アシストがいれば、両腕を補助してもらえるんですが。
あの頃が懐かしい…!
それにしても、なんで、6kgから10kgまでを置いてくれないんでしょう。

ブランクの上に、昨年一気に消えてしまった筋肉、戻すのは今まで以上の頑張りが必要です。
甦れ筋肉!

この器具、嬉しいことに、こんなのまで付いています。
e0133780_16343339.jpg
懸垂です。
一昨日、運動の最後に挑戦しました。
ダランとぶら下がって静止した状態からの懸垂です。
結果、1回も出来ませんでした…。

そう、これも以前は、10本を2セット以上は出来たような記憶。
ジム友達は、さらに20kgの錘をぶら下げてやってましたけど!

今日は、体を暖めた後、最初にやってみると、1回だけ顔を上まで持って行くことが出来ました!
2回目はおでこくらいまで。
懸垂も憧れの運動ですからね!
この2ヶ月の間にどこまで進歩するか、頑張ろう!

ジョンも頑張ってます!
e0133780_16423996.jpg
久し振りのジョン登場。
トイレの世話で、母が忙しすぎ、なかなか写真が無かったので、お伝えしそびれていました。
もう薬は終わって、ビタミン剤だけ飲んでいるようです。
獣医さんの回診も終了です。
食欲も戻って、ドックフードもバリバリ食べているそうで、食欲旺盛みたいです。
e0133780_16444497.jpg
柵の中をうろうろ歩き回っているそう!
まだフローリングが滑るので、廊下には出せないようですけど、もうそろそろ柵の外に出す予定で、さらにその次は、玄関から外と、次の目標へ向かっています。
ずっと部屋の中でしたから、外に出す前に、靴下を履かせる必要があるようです。
子供用の靴下を調達してくるそう。
ジョンもゆっくりと回復、そしてトレーニング中です。
頑張ろうね、ジョン!

そう、ジムはつい、上半身ばかりやりたくなってしまいますけど、リハビリの目的は脚ですから。
ちゃんと脚のメニューもこなしますが、今日は疲れもあって、早めに切り上げました。
今度は明後日に行きます。
そして、明日は仕事です♪

帰宅してシャワーの後、温水タンクの電気メーターも通電後ちゃんとストップしました。
60℃のシャワー使用もクリアーです。
これで、バスタブにお湯を張って確認、65℃くらいまで上げて確認、それが全部クリアー出来れば安心かな。
これも徐々にやっていこう☆

by masaya-iwata | 2012-06-28 17:03 | 生活 | Comments(0)
2012年 06月 27日

ファームステイ先巡り

今朝は5時前、時計とテレビの目覚まし合計3つが鳴る前に起きてきました。
早起きのおかげで、ウィンブルドン、ちょうどナダルが勝った試合も見ることが出来ました。
お湯タンクの電源は入れたまま、まだ真っ暗な中を出発し、事務所で車を乗り換え、ハミルトンに向かいます。
今日は事務所の人と2台、ランデブー走行です。

e0133780_17305811.jpg
7時20分、フィッツジェラルドの森、入り口。
e0133780_17311765.jpg
森のトンネル、通過中。

e0133780_17313812.jpg
7時半、久々のティラウも通過、NZで一番大きい、羊と牧羊犬♪

ハミルトンでは渋滞にかかりましたが、8時半前に到着、コーヒーを飲んでから、ホテルへ向かい、先生方と落ち合います。
今回も、2班に分かれて360名も高校生がファームステイを含むNZ北島ツアー中。
その先生方を、ファームステイ先見学へご案内します。

午前中は2軒、ハミルトン空港近辺へ。
e0133780_17351388.jpg
真新しい家の、とても綺麗なファーム。
ご年配夫婦が、悠々自適で、趣味的なファームと、ファームステイを行なっている家でした。

今日は完全に運転手ですから、外で待機してます。
先生方3名とオークランドからの女性ガイドが、中で生徒達とホストファミリーと歓談の一時。
待っている間は、
e0133780_17372527.jpg
ネコと遊んでました。
e0133780_17373460.jpg
ガレージでも遊びます。
とっても綺麗なネコとガレージ。
車のタイヤの下にも、カーペットが敷かれてますし!

上と下のネコ、違うんですよ。
よく見ると、上の方が毛が長く、下の方が短いことがお分かりでしょうか?

e0133780_17381757.jpg
この2匹、親子なんですって。

途中で先生方が、ファームも見学。
e0133780_17395072.jpg
牛に牧草やりもして楽しまれてました。

先生が、『NZの牧場って、皆んなこんな感じなんですか?』って。
「いえいえ、ここは裕福なご夫婦ですよ!」と。
というのも、この後に、これまたとても綺麗なトラクター類や、工作機械、工具、溶接機械も新しいのが並ぶ作業小屋も見学させていただきましたから!

e0133780_174563.jpg
2軒目もまた豪華。
高台の家は、
e0133780_17455523.jpg
やはり新築。
こちらも、お隣の家畜用飼料工場を人に任せて、悠々自適生活。
右横奥にその工場が見えています。

e0133780_17492814.jpg
プールもあります。

先生方は予定の30分を過ぎてもなかなか外に出てきません。
なんでも、ホストマザーと生徒達が一緒に、マフィンを作って、たくさん召し上がられていたそう。
残念ながら、運転手へのお裾分けは無し…!
この写真の後に、土砂降り、また晴れと、とにかく今日は風も強く変わりやすい天気です。

という事は、今日もまた、
e0133780_1750294.jpg
バーン。虹です。
これ、2つ虹がくっついているんですよ。
ちょっと写真には綺麗に出ませんでした。

e0133780_17514854.jpg
NZ航空ATR機が、2つの虹の間を通過して?いきます。
ハミルトン空港から離陸した飛行機です。

ハミルトンのホテルへ戻り、事務所の人と、カンボジア料理屋さんでライスヌードルのチキンスープを食べ、しばらく後に、3軒目のファームへ移動。
午前中とは違うメンバーで、先生2名と日本からの旅行社女性社員1名です。

今度は、ずっとロトルア方向へ戻り、ケンブリッジも通り越した、本格的ファームです。
e0133780_17542264.jpg
こちらでも予定の30分を過ぎ、1時間近く経ってやっと先生方が出ていらっしゃいました。
やっぱり生徒達が、キャロットケーキやマフィンを作り、たくさん召し上がられたそう。
ああ、またしてもお裾分けは無し…。
そう、今回は女子高校の生徒達ですからね。

待ってる間に、外をフラフラ散歩してると、遠くから視線を感じます。
e0133780_17565523.jpg

モーモーではなく、ブヒー、ブヒャーと、すごい鳴き声。
e0133780_175748100.jpg
俺にもケーキくれー♡
でしょうか?

またハミルトンのホテルへ戻って終了。
ロトルアへ帰ってきました。
走行距離、330km。
6時半過ぎに帰宅でした。

電気メーターは無事。
シャワーでお湯を多めに使った後、56℃設定のままでも、今のところ動作は大丈夫なよう。
また明日に確認してみないと。

今度は明後日、また同じ様な仕事になります♪
やっぱり仕事をするっていいもんですね!
とっても良い一日、ありがとうございました。
さあ、晩ご飯だ☆

by masaya-iwata | 2012-06-27 18:07 | 観光 | Comments(0)
2012年 06月 26日

無駄骨に終わりそう?

今日はせっかく良いエンディングだと思ったんですが、どうも違うよう…。
とりあえず更新スタートです。

お昼過ぎ、雨の中を町へ出ると、晴れ間が見えてます。
e0133780_17325415.jpg
銀行で支払い。

それから毎月一度のここへ。
e0133780_17333951.jpg
ロトルア病院。すっかり綺麗な外観に変身です。
e0133780_1734554.jpg
反対側はノンゴタハ山。
月に一度の景色になってます。

今日は写真を撮れました。
e0133780_17344449.jpg
これが、採血部屋の中にある、シューターって呼ぶんでしたっけ。
右の透明筒を取り出して、中に物を入れ、箱の下のグレーのプラスチックの筒の所に透明筒をセットすると、シュポッと吸い上げられ、他所へ搬送されます。
逆も同じで、ストンと、他所から透明筒が下に落ちてきます。

病院を出て、電器修理の作業場へ。
もう4,5年前に、2回、家の電気を頼んだ人です。
うろ覚えで探して、久し振りにやってきました。
振り返ると、見事な虹。
e0133780_17421422.jpg

もう一度撮りに戻ります。
e0133780_174491.jpg
ちょうど下をトラックが通過してます。
ここは工場地域になります。
すぐ近くにいつものホームセンターもありますよ。

ここで、電気温水タンクの様子を話します。
この3日間、電気メーターと温度設定をずっと観察してましたが、サーモスタットが壊れた感じがします。
電気修理のおじさんも、そうだろうという事で、家に来てもらうつもりでした。
すると、『自分で取り替えられるよ、その方が移動代も手数料もかからないし』、なんて事です…。
そしてすぐに、部品の卸の店に電話してくれました。
いい値段で売るように伝えておいたよって。

早速買いに行きます。
車で5分とかからない、すぐ近くです。
e0133780_17473835.jpg
また雨。ころころ変わる天気です。
部品代55ドル。
もう一度おじさんの所に戻り、確認してOKとの事。
あー、これで簡単に直れば、今日はバンザイNZスタイル!の更新だったんですが…。

すぐに帰りたいところですが、今日はジムに行こうと思っていたので、QE病院へ。
2ヶ月の患者用会員になりました。52ドル。
部屋に入ってびっくり。
e0133780_17495992.jpg
なんとベンチプレスです!
これをやりたかった。
そう、この時もハッピー気分でしたねぇ。
e0133780_175135100.jpg
窓からも虹が見えてます。

あまり時間が無いので、ジムの話題はまた次回として、1時間ちょっと、バッチリ運動の後、
e0133780_17521171.jpg
お土産物屋さんのコハへ。
3グループも買い物客が入ってきて、混雑、のんびり選びながら、空くのを待ちました。

買い物終えて、今日はパックンセーブへ。
ここで全部買い物しちゃいました。
e0133780_17532835.jpg
こんな美味しそうな白菜!
久し振りに見つけました。
なんだかカウントダウンよりも、パックンセーブの方が良くなってきた感じ…。

e0133780_17541151.jpg
1週間以上ぶりの買い物の割に、いつもよりずっと安い出費で終わります。

帰って7時過ぎ。
早速、サーモスタット交換にかかります。
e0133780_17544998.jpg
これがサーモスタット。
細長い棒がプローブ。
これで水温を検知します。
e0133780_17551543.jpg
お湯のタンクの蓋を開け、サーモスタットを取り出します。
e0133780_1755367.jpg
新しいのに替えます。
プローブも、ちょうど緑のコードの上辺り、白い四角の右上辺りに穴が開いていて、そこに差し込むだけです。

確かにとっても簡単。
まあ、説明書には、「電気工事士のみ取り扱いください」なんて書かれてますけど…!
e0133780_18143.jpg
出来た。

電源を入れますが、あれ?うんともすんとも音が出ない。
電気メーターも回ってません。
なんかおかしい。
簡単過ぎて、確認する場所もないくらいですが、再度ソケットをはめ直しますが、だめ。

一度古いのと交換すると、通電してます。
変です…。

そしてまた、新しいのに交換すると、あれ?ちゃんと動き始めました。

やれやれ、これで無事終了かな?

って思ったんですが、どうも、温度設定がまだだめな気がします。
湯温を55℃以上に設定すると、そのままずっと通電しっぱなし。
お湯がいったん冷めていたので、それも当然かと思うのですけど、それでも時間がかかり過ぎてますし、以前と同じ症状にも思えます。

外は暗くて、お湯のオーバーフローの状況を確かめられません。
なんとなく、沸騰して煙突の横にある、オーバーフローの栓から漏れている様にも見えるんです。
明日日中に確かめたいのですが、明日は朝から仕事です…。

そんなこんなで、すっきり終わらぬ一日となっちゃいました。
ああ、謎は続く…

by masaya-iwata | 2012-06-26 18:07 | 生活 | Comments(0)
2012年 06月 25日

同じ日々

今朝パソコンを付け、Yahooのニューストピックスを見てびっくり。
我が古巣のNECが100億円の所得隠し、ヒェー!
しかし、記事を読んでみると、ヨーロッパでの携帯電話事業から撤退する際、提携していた香港の通信事業会社へ違約金を上乗せする形で100億円以上を支払い、これが経費ではなく、交際費に当たると東京国税局から指摘されたという内容。
これだけ読むと、ちっとも所得隠しでは無い気もします。
また、記事によって書き方も違い、この上乗せ分を、「要求され支払う」と伝えているものもあります。
これを伝えるのと、意図的に?伝えないのでも、大分印象が変わると思いますけど。

それにしても、違約金プラス100億円って要求する方もする方ですけど、支払う方も…。
何の意図があって支払ったのでしょうか。
理由によっては、国税の判断も的確ってことになりそうですよね。
まあ、個人で1億円払った人も居たようですが、それとは事情もかなり違いますし…。
我が栄光のNEC、どうなっちゃうんだろう。
頑張れ日本のNEC!

そしてまた、これによって、株価が下落のよう。
こんなんで、また、儲けたり損をしたりの世界ですもんね。

そんな世の中の動きとは関係なく、
e0133780_1625583.jpg
月曜ゴミの日。
空はどんより、寒い朝です。

裏のお隣さんの門から、ワンちゃんが脱走してフラフラしてます。
e0133780_16402865.jpg
この後、家の中からとっても怖そうな、女性の怒鳴り声で、すごすごと中へ戻って行きました。

出かける予定でしたが、寒いし怠いしで、しばらく悩んで家に居ることにしました…。
今日もまた休養日です。

軒下の植木鉢へ、お米のとぎ汁をやりにデッキへ出ると、スズメが集まって来ました。
パン撒きをしばらくサボっていたので、今日はお待ちかねのよう。
撒いた途端に、
e0133780_16422014.jpg
マイナまでこんなにたくさん。

大きいのに混じって、
e0133780_1642519.jpg
ちっこいのも。
e0133780_16432230.jpg
パンくずが余計に大きく見えます。
メジロ君、小さくて可愛いのは、この目の周りの白い縁取りにもありますよね。
黒い縁取り君も可愛いですけど、わざわざとっても高いお金払って動物園へ取り寄せまでしなくても、メジロ君を見ているだけで十分幸せな気分になると思います。
ねえ、メジロ君♪
e0133780_16474426.jpg
スズメさんが大きく見えます。

今日はちびっ子が集まります。
e0133780_16534164.jpg
後ろ姿のイエローハマー。

e0133780_1655366.jpg
よそ見してるチャフィンチ。

平和なデッキの風景でした。

時間はあっという間に過ぎ、
e0133780_1656487.jpg
4時49分、夕日が沈ん行きました。
明日は洗濯干せそうかと思ったら、また不安定な予報になってます。
血液検査と銀行支払に出かけないとな…

by masaya-iwata | 2012-06-25 17:07 | 日常 | Comments(0)
2012年 06月 24日

ラリーでシャキッと

昨日から電気のメーター確認を頻繁にしてますが、午前11時50分、ちょうど空から大きな音がしてきました。
e0133780_16393280.jpg
NZ航空ATR機が着陸態勢です。
昨日のハーキュリーズよりはずっと静かに通過していきました。
このままどんより空が続きます。

ガイド仕事の後は、気分もハイテンション、高揚状態が暫く続きますけど、今日はストップ。
またお休みの一日となりました。
この気持ちのアップダウンの激しさが、自己免疫疾患を誘発したような気もしてます。
田舎のひとり暇暮らしというのは、調整が難しいですね。

夕方、差し込む夕日にすくっと起きて、住宅地ランへ。
e0133780_16435353.jpg
4時55分、我が家じゃない場所からの日没風景。
すぐ左には、
e0133780_16452459.jpg
フォーブラザーズ♪

高台ではとっくに夕日が沈んだ後でした。
e0133780_1646278.jpg
5時11分。
ここでも、
e0133780_1645594.jpg
アルパカ達の視線を浴びます。
南側は、
e0133780_16465010.jpg
ロトルア空港の滑走路、左側に管制塔も見えてます。
良い眺めだ。

午後6時のTV ONEニュースから。
一昨日からスポーツコーナーで紹介されてましたが、今日までビッグイベントがあったんでした。
e0133780_164917.jpg
WRC、世界ラリー選手権第7戦ニュージーランドだったんです。
最終日の今日はオークランドが開催地。
主にオークランド北部がスペシャルステージです。
e0133780_16523512.jpg
WRC8連覇、シトロエンのセバスチャン・ローブ
なんだかラッセル・クロウみたいな顔してますね。

e0133780_1655196.jpg
こちらはライバル、日本では、ペター・ソルベルグですが、こちらで英語発音だと、ピーター・ソーバーグって感じ。
ノルウェー人ですからね。
ずっとスバルでしたが、シトロエンに変わり、今年からフォードです。
e0133780_16585318.jpg
これまた凄い場所を走っているんですよ。
ここを車で、観光をご一緒した方も多いはず。
オークランドのドメイン、大きな公園なんです。
すぐ近くには、戦争博物館があります。
オークランドの人は、気軽に見に行けて、羨ましいなぁ。

優勝は、セバスチャン・ローブ、フランス人、強い。
e0133780_1745258.jpg
隣はナビゲーターかな?
なんだかボールドウィン兄弟の次男みたいな顔してます。

すごいですね、もうYouTubeに、このオークランド・ドメインでの、スーパー・スペシャルステージの様子をアップしている人が、3人も居ました。
その中で一番良さそうなのをどうぞ。

(2分1秒)


最初の方で、木の後ろにちらっと見えるのが、ウォー・ミュージアム、戦争博物館だと思います。

62.8kg、住宅地ランニング約35分

ボケっとした頭が、ラリーの話題でシャキッとしてきました。
さあ、晩ご飯だ。

by masaya-iwata | 2012-06-24 17:17 | | Comments(2)
2012年 06月 23日

轟音

今朝は曇り空。
雨が振りそうな気配の中、仕事の車を洗車です。
e0133780_15555179.jpg
無事ツアー終了、どうもありがとう。
中の掃除もして、事務所の車置き場へ返しに行きます。
その頃にはだんだん晴れ間も出てきました。

帰りにお土産物屋さんのコハへ寄ると、カモメが…
e0133780_15233911.jpg
誰かが捨てていったマクドナルドの袋の中身に興味津々。
近くに居ると、気になって近づけないようなので、すぐ店に入ってあげました!

フェイスクリーム類を何個か適当に見繕って日本へ送ることを頼まれていたんですが、
e0133780_15252614.jpg
事前に調べいたものの、こんなにたくさん。
お土産にはちょうど良い、羊の毛のラノリンクリーム、キウイフルーツのクリーム、マヌカハニーのクリームなど。
値段も手頃です。
でも、別の棚にはこんなのもあります。
e0133780_1527669.jpg
アンチエイジング、抗老齢化、老化予防クリーム♡
鹿の角エキスや朝鮮人参も含まれているそう。
値段も4千円くらい!
なんだか同じ様なのが何種類もありますけど、これは
e0133780_15305322.jpg
美白クリーム♡

適当に見繕うにも、450円から4千円以上まで、どうしようか分かりません。
さらに、こんな、見るからに白くなりそうなクリームも、
e0133780_15315413.jpg
これは決められない!
また後日にして、帰ってメールで連絡しておきました。
明後日月曜日にまた買ってきますね!

お昼にスパゲッティを茹でてる時、外から轟音が聞こえます。
ガレージドアから外に出ると、頭の上を軍用機が通過。
久し振りのタッチアンドゴー(離着陸の訓練)です。

キッチンから外を見てると、離陸後、ダウンウィンドに入りました。
e0133780_15354932.jpg
天気もこんなに回復です。

e0133780_15352716.jpg
ベースからファイナルへとターン。
西日でキラキラ、迫力です。

e0133780_15363584.jpg
RNZAF (Royal New Zealand Air Force) : ニュージーランド空軍の輸送機、C-130H ハーキュリーズ
すぐ近くに見える、ものすごい大きさ、ヘラクレスですもんね。

機体番号NZ7003
3号機です。
e0133780_15405615.jpg
このお尻には大きな扉があります。
以前何度かご紹介したのは、2号機でした。
1965年製の機体。
2008年の更新によると、カナダの工場で主翼と機器類の改良をし、機体寿命を15年延ばしてNZに戻ってきた最初のハーキュリーズがこの3号機。
全5機の改良を終えるのが2017年。
総予算190億円ですって。
図体もでかいが、金食い虫♪
こんな眺めで操縦訓練は、楽しいだろうなぁ!

3回目も来るはずなので、スパゲッティの火を止めて、また外に出ます。
e0133780_15444030.jpg
同じなので、小さくていいや!
e0133780_15453489.jpg
写真小僧のように追いかけました。

e0133780_15473814.jpg
またロトルア湖上空に見えましたが、向きを変えて、南へ飛んでいきました。
オハアキの空軍基地へと帰っていくのかな。

迫力のひととき、
e0133780_1549653.jpg
ネコも目を丸くして見学でした♪

この後、一気に曇り空へ逆戻り。
明け方まで雨になるようです。

by masaya-iwata | 2012-06-23 16:07 | 航空機 | Comments(0)
2012年 06月 22日

西日のマウント・マウンガヌイ

今日は予報通り、朝から快晴。
8時半過ぎに家を出て、タウランガへ向かいます。

昨晩撮った港の写真の近くで、今朝撮った写真です。
e0133780_15494247.jpg
船に隠れていますが、マウント・マウンガヌイがバッチリ見えてます。
昨日お別れ前に立てた予定では、午前中に海岸、お昼はショッピングセンター、午後はワイナリーという大まかなコースでした。
日の短いこの時期、出来れば海岸には午前中に行きたいところ。
午後になると西日になって、写真撮影に不向きだからです。

ホテルに到着すると、昨日の営業さんと、もう一人、添乗員さんもお待ちでした。
先生方は6名、合わせて8名での観光です。
添乗員さんから、先生のご希望で、生徒のファームステイ先を見に行きたいとの事。
ホテルの受付で、Googleマップを使い、できるだけ近い場所を2つ選んでおり、この場所へ行ってもらえますか?という事でした。
通り道なら問題ありませんけど、往復30km以上オーバーになる場所です。
やはり事務所に確認しないといけませんから、電話連絡をしますけど、そちらも仕事中、留守電です。
幸い2,3分後に折り返し電話がありましたが、こういう状況はとても困ります。
料金メーターの付いたタクシー貸切観光ではなく、事前に会社同士で取り決めのあったチャーター観光ですからね。

ほんと、こういう場合は、
先生、もっと早くにこういう希望を伝えてください。
添乗員さん、当日の運転手に依頼するのではなく、会社に連絡してください。
それが出来なければ、旅行会社さん、事前に十分な超過距離分を含んだ予算を立てての契約を交わしておいてください。
って事ですよね…!
もう何年もこういう事が繰り返されてる現場です。

そう、こういう事があると、皆んなそれぞれの立場で、微妙な空気になって、せっかくの快晴観光、出鼻をくじかれちゃうのが残念ですから。

帰宅後、事務所への報告と一緒に、上記のことも伝えておきましたけど、まあ、いろんな力関係もあり、改善されないのが結局は現状なんでしょうね。
こういう時に、理系人間の思考回路は実に簡単なんですけどね!

e0133780_16244168.jpg
そんな訳で、田舎道を走って到着したステイ先。
すごい眺め!
道路の延長上に、マウント・マウンガヌイが見えています。

この後さらに遠くのもう1軒、そちらは果樹園で、少し鬱蒼とした場所でした。
観光的には、思わぬ原生林、未舗装路走行にもなり、楽しいエコ・ツアーにもなりました♪

続いて到着は、経路上午前中に行く事になってしまった、
e0133780_16314477.jpg
ミルズリーフ!
懐かしい景色でしょ?
皆さんお楽しみの、テイスティング。
e0133780_16322523.jpg
残念ながら運転手は見てるだけ。
香りだけかがさせてもらいました♪

あ、これは絶対に美味しいでしょう。
e0133780_16332085.jpg
左右両方とも、買いたいところですが、今回、ミルズリーフへ寄って、初めて(かな?)自分で何も買い物しませんでした。
いつもはお客さんより買ってしまってましたから!

久し振りのミルズリーフでしたが、テイスティングもしっかり料金がかかるようになっていました。
逆にこの方が、何も買わない場合でも気兼ねないですよね。
通常一人15ドルだそうですが、この時は大負けにまけてくれて、全員で30ドルにしてくれました。
お馴染みのおじさん、太っ腹です。

お昼ご飯は、ベイ・フェアーのショッピングセンターへ。
ご希望の、フードコートです。
e0133780_1639018.jpg
拡張工事も完全に終わり、以前よりずっと大きくなりました。
おそらく、どこか違う場所に見えているでしょうね?
ぐるっと周りますが、
e0133780_16403784.jpg
Sushi(すし)って書いてますけど、中華と一緒で中国人経営。

e0133780_1642116.jpg
Hiroba(ひろば)って書いていて、
e0133780_16424428.jpg
揚げ物の丼を売ってますけど、韓国人経営。

ご覧のように、どう見ても日本ですけど、
e0133780_16431427.jpg
韓国人経営。
うなぎは、そういえば、今年は高いんですってね?

これら、地元の人って、日本人による日本食の店と思っているんでしょうか。
うーむ、まあ、自分含めて、海外に出て、フードコートで料理屋さんを経営しようという日本人はとても少ないと思いますから、仕方ないことではありますけど、なんだかここまで日本のようにやられてしまうと、日本人としてはあまり気持ちいいもんではないですよね…。
日本に使用料でも支払ってほしいですよねーなんて、添乗員さん達と話をしましたけど、なんでも、フランスでは、最近は中国人が中国レストランを寿司レストランにどんどん鞍替えしているとか?
その方が、コストもかからず、評判も良く儲かるからと…。

という事で、今日のお昼ご飯はこちら、
e0133780_1650319.jpg
インド人によるインド料理のお店♪
e0133780_165025100.jpg
チキン・コルマ・カレー♡

NZ人の舌に合わせて、まったく辛くないカレー。
胃にも優しかったですけど、野菜が無かったですね…!
これなら、サブウェイのサンドイッチにすれば良かったかも!

ちなみに、これと、コーラ(小)で締めて$12.20(800円)
先生方も、ニュージーランドは物価が高いですね!って驚かれてましたが、ほんと高いですよねぇ。
まあ、日本が安すぎるとも言えますけど!

食後はショッピングタイムですが、下手に動いて買い物するのが怖い、と思っていたら、添乗員さんも同じくでした♪
コーヒーをご馳走になり、いろいろ話をしますが、前回の話題よりさらに驚くことが。
アメリカツアーからの帰り、飛行機の座席に着いた途端、脳卒中で倒れたお客さんがいらした話を…。
奥さんと倒れたご主人は、もちろん、飛行機から降りて救急車で病院搬送。
救急車は身内しか同乗できないとの事で、添乗員さんはスーツケース3個を持って、夜の10時半、周囲から夜は危険だからと言われる中、うろうろして、シャトルバスで病院へ。
急遽飛行機を降りる判断を下す添乗員さんも、大変なことですし、病院ではまったく英語の出来ないご夫婦も大変だったとのこと。
添乗員さん到着時は、奥さんが抱きついて喜んでくれたそうです。
問題はアメリカなので、保険に関して。
もし、保険が出ない場合、何しろアメリカですから、1千万円の出費を覚悟してください、生命には替えられませんよね? なんて、救命病棟で言われたそう…。
ほんと、どこで何が起こるか分かりませんから、保険ってのは大事ですよね…。
まあ、アメリカもかなり極端過ぎますけど…!

やはりちょっと気になるので、中を少しうろつきます。
e0133780_1741464.jpg
もう一度、入り口に戻ってすぐ右手。
e0133780_175040.jpg
マイ・フェイバリット・プレイス♡
e0133780_176526.jpg
先日ご紹介のノラ・ジョーンズ、リトル・ブロークン・ハーツが、$19.99で売ってました!
しかし、我慢。
幸いにも?ジャズとクラシックがとても少なかったこともあり、買わずに店を出ることが出来ました。

時刻は2時半過ぎ、これからマウント・マウンガヌイへ向かいます。
久し振りの!
e0133780_179756.jpg
ミニ・江ノ島からのこの景色。
すでに逆光にかかっているので、景色写真だけでもちょっと難しい。

反対側は順光です。
e0133780_17103495.jpg
午後になって雲も出てきましたが、見事な景色で良かった!

再び海岸に戻って、
e0133780_1712164.jpg
さすがに泳いでいる人は居ませんけど、夏みたいです。
山の上に登りたがっていた添乗員さん、自分も本当は登りたかったのですが、全員の意見は一致しませんから!
添乗員さん、また次回ということで諦めますって…。

山登りの代わりに、
e0133780_17145582.jpg
アイスクリーム♪
NZで食べる、イタリア、ジェラート。
今日は最高気温16℃、真冬でも皆さんアイスで大満足。

皆さんお召し上がりの間、外の風景を撮影。
e0133780_171882.jpg
ピカピカ光ってます。
初めてここに来た頃は、マンションなんて一つも無かったんですけど。
e0133780_17185663.jpg
とってもリゾートな場所になりました。

e0133780_17193062.jpg
ミニ江ノ島に向かって。
本名は、モトゥリキ島。
そして、カモメ大小2羽。
大きい方は、
e0133780_17214990.jpg
カロロですね。
Black-backed Gull、セグロカモメです。
やはり海で見る方が、さまになってますよね。

何か期待してる目をしてますよね?
e0133780_1726086.jpg
じっとおこぼれを待っているんでした。

そんなこんなで、タウランガ観光の終了でした。
写真も久し振りに沢山になりました☆

by masaya-iwata | 2012-06-22 17:37 | 観光 | Comments(0)
2012年 06月 21日

森のトンネルとマタマタと出迎え風景

今朝もとても眠い目覚めで力が出ません…!
体重も62.9kg、また63kgを割っちゃいました。
どうやったら太れるんだ!
誰か代わって!(希望者大勢?)

出発は3時頃なので、ぼけっとパソコン作業をして過ごしました。
4,5月の消費税申告、そして、Googleマップで道順の再確認。
こちらでもカーナビが普及してきましたし、ポータブルが主流ですから、こういう(他人の車を利用する)仕事には便利な持ち物になるんですけどね。
ただ、出費するほどの利用頻度も無いので、当分は事前準備で間に合わせます。

1年半近くぶりのガイド事務所の車に乗って、マタマタへ向かいます。
空車ですから、おそらく初公開?
森のトンネルこと、フィッツジェラルドの森を通過中にパチリ。
e0133780_1803624.jpg
入ってからカメラを撮ろうと思ったので、入り口の看板は撮りそびれてしまいました。
ここをプジョーのガラスルーフで見上げたら気持ちいいですよ♪

45分ほどでマタマタ到着。
e0133780_1865265.jpg
ホビトンの町。
そう、ロード・オブ・ザ・リングのホビトン村ロケセットが組まれた町ですからね。

30分前に到着してしまったので、車から降りて、反対方向からも撮影。
e0133780_1881985.jpg
ゴラムもちゃんと居ます。
この看板が出来た当初は、居ませんでしたものね。
まだご覧になっていない方も、きっと居らっしゃいますね!

こちらは、マタマタ観光局。
e0133780_1895010.jpg
ホビットの家の様にしてます。
もう、日本の子供達も大勢、昨日からステイしている子達かな?

ここから、ホビトン村ロケ跡地へのツアーが出ています。

マタマタで必ず止まる、トイレのすぐ横が、通称「レイルウェイステーション」
もうとっくに列車は走っていませんし、もともと駅があった場所と少しずれている?
ので、最初場所を指定された時は分かりませんでした。
e0133780_18163963.jpg
しかし、大型バスに生徒達。すぐに分かりました。
なんだ、先生と添乗員さん数名だけがここで待っていると思ったのですが、ここで生徒達がホストファミリーに拾われていくって事だったんですね。
ほんと、孫請けは、全体の流れがよく分からずに仕事をしています…。
そういえば、以前もハントリーで同じ様な仕事をしました。
ブログでもご紹介したような気がします。

e0133780_18202994.jpg
そんな訳で、以前と同じ様な光景が見られます。
ホストファミリーが順々にガイド・添乗員さんに申告し、受け持ちの生徒達がバスの中から出てきて、自分の荷物を持ってホストファミリーの車に乗っていきます。
やはり以前も書いたと思いますけど、生徒達は皆んなバスの中で待機しているんです。
呼ばれた生徒だけが、順々に出てくるというやり方。
おそらく、全員が外にいっぺんに出ると、いろいろな意味で危険だからという事なんでしょうね?
とても細かい配慮。

こちらは若いお兄ちゃんと女の子のお出迎え。
バスの中からキャーキャー女の子の声が聞こえます。
e0133780_19102843.jpg
「かっこいいー」っ
て感じなんでしょう。
e0133780_19122056.jpg
嬉しそうに女の子達が出てきました。
なんだか端から見てて、このメンバーのファームステイ、大丈夫なんだろうか?と心配になりますが…、出迎えにNZ人の女の子も居るのが大事なポイントなんでしょう。

こちらは、違ったキャーキャーという歓声。
e0133780_1833021.jpg
「きゃーカワイイー!」と声が聞こえてます。
e0133780_18335042.jpg
こちらも女の子達が嬉しそうに車に乗っていきました。

最初の写真は男の子達ですけど、女の子に比べて出迎え風景は、やっぱりとっても地味ですよね!

30分近く、そんな光景を眺めて、やっと全員終了。
すぐ横に、この場所の正式名が書いてあったのですが、忘れちゃいました。

先生3名と添乗員さん(営業さん)1名で、タウランガへ移動です。
峠越えの頃には真っ暗になりました。

途中で携帯に電話です。
NZでも運転中に携帯通話は禁止なので、路肩に止めると、オークランドの旅行会社からの電話です。
別の場所で出迎えにトラブルがあり、こちらへ出迎えの依頼がありました。
ただ、孫請けはそんな判断は出来ません…。
事務所への連絡を依頼して、連絡指示待ちという事にしてもらいました。
しばらく運転後に、また電話。
街灯も無い真っ暗な上り道、ちょっと走って路肩に止め、ガイド事務所からの連絡です。
とりあえず、まだ状況待ちって事。

どうなるんだろう?と思いながら、真っ暗な道がだんだん市街地へと入っていきますが、タウランガは道路環境がどんどん整備され、以前と変わってます。
有料道路を手前で迂回するコースを走ったのですが、標識を一つ見過ごしたようで、知らない所に入っちゃいました!
こちらの標識は小さく、灯りに照らされていないものもあり、油断なりません。

まあでも、3,4回勘で曲がったら、本線に無事合流できました…。
迷っている間、それとは気付かれないよう、どうでも良い話題で、助手席に座っている添乗員さんと会話をしたのは言うまでもありません。
口数多すぎて、きっとバレバレだったとは思いますけど…。

添乗員さんが何度かトラブル状況を尋ねる電話をしているようですが、まだどうするのか分かりません。
とりあえず先生方の希望通り、ホテルチェックイン前にスーパーへ寄ります。
早く買い物と頼んだのですが、やっぱりスーパーマーケット、そう早くは終わりません。
ビールどっさり、おつまみも買って嬉しそうに出ていらっしゃいました♪

その頃には、添乗員さんに電話連絡が入り、他でのトラブルは、地元タウランガの会社が担当してくれたって話になりました。
こちらは何もすることが無くなり、余裕で皆さんをホテルに送って終了です。

6時40分、ハーバーブリッジを渡り、タウランガ港の様子です。
e0133780_18563010.jpg
明るければ、この向こうにマウント・マウンガヌイが見えるんですけどね!

真っ暗な道をロトルアへ向けて帰ります。
峠越えでは霧雨と霧で視界も悪い。
久し振りの、大きなバンでの夜道運転、さすがに神経使いました。

7時半過ぎ、帰宅してから電話連絡。
タウランガの会社って何?って聞くと、タウランガでのファームステイ(ホームステイ)の斡旋をした会社のことだそうです。
事務所の方から、そちらに依頼すれば早いし簡単なのでは?と、助言してくれたそう。
実に当たり前の事ですけど、それ以前に、そんな会社の存在も状況もまったく知らない孫請けの身…。
まあ、昔からこういう事情に疎い訳ですが、とにかく周りは皆んな、大人だよなぁー。
なんせ単純に、「そんなのタクシー使えば良いのに」って思ったくらいですから。

明日は午前10時、タウランガのホテル出発で、タウランガ観光です。
朝はゆっくり出かけられます。
天気は…、
快晴の予報です!
当るかな…?
マウント・マウンガヌイの綺麗な景色を見られるかな?
さあ、晩ご飯だ☆

by masaya-iwata | 2012-06-21 19:37 | 観光 | Comments(2)