<   2013年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

仕事納めは病院で

昨日一昨日と雨続きでしたが、今日は良い天気です。
朝はベッドでごろごろ、スマホでメールをチェックしたら緊急連絡でした。
夕方、お客さんを病院へご案内する仕事が入りました。

せっかくの晴れなので、今年の内に、洗濯物を済ませます。
e0133780_1917040.jpg
アガパンサスは満開。
e0133780_19181615.jpg
洗濯物もすぐに乾きそう。
牧場と庭は、タンポポも咲いてます…。

久し振りにデッキへパンを撒きましたが、なかなか鳥達はやって来ません。
その内にやっと、スズメが数羽集まりました。
e0133780_19183856.jpg
分かりますか?
右上が、先日柵の上に、内股で座っていた子供です。
少し大きくなったみたい。

庭のパンを食べたら、オリーブの木に移って、こちらの様子を伺ってますけど、
e0133780_19195617.jpg

まだまだ餌をねだってます。
e0133780_19203587.jpg


やっとデッキのパンを食べに来ても、
e0133780_1920567.jpg
まだまだお母さんに甘えてます。

こちらは大きなサイズにしました。クリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_19213054.jpg


結局、怠くて調子の出ないまま午後も過ごして、3時過ぎに出かけました。

私書箱を確認したら、日本から荷物です。
e0133780_19234798.jpg
今日見に行って良かった。
今晩は食べませんでしたが、お蕎麦も入ってましたし、元旦に欠かせない毎年恒例の物も入ってました。
近々、何が届いたかは、こちらですぐに分かりますよ♪
いつもいつも、本当にありがとうございます。

お客さんとお会いする前に、自分の用事。
今月、血液検査を忘れていたので、ロトルア病院へ行ってきました。
e0133780_19251343.jpg

外来病棟の鍵が閉まっていて、血液検査の人だけ、受付で連絡して、中から鍵を開けてもらって、検査室に入りました。
4時ちょっと前でしたが、終了間際、ギリギリセーフでした。
ドラキュラおばさんが、『あと少しで帰るところだったわよ』って。

明日明後日は、ラボも休みですから、結果が出るのはしばらく後になります。

そして、待ち合わせ場所のテプイアへ。
e0133780_19274830.jpg
今日はプジョーです。
午前中、さっと汚れた部分だけ洗車しました。

お客さんはウェリントンからバスでロトルアへ移動の、大手旅行社団体ツアーの方です。
ガイド無しが主体の、某大手旅行社。
NZ国内手配会社から事前に受けた連絡では、虫さされで、体と目に発疹が出来て、とても痒いとの事です。
とりあえず病気ではありませんが、ひどく無ければ良いのです。

予定より15分ほど遅れてバスが到着。
27名のお客さんと添乗員さんは、テプイア観光です。
ご夫婦だけ、ツアーを離れて病院へ。

せっかくいらしたテプイアを見られないなんて可哀想。
具合が悪いわけではありませんので、テプイアを出て、後ろを気にしながら車を走らせると、間欠泉が出てる様子が見えました。
さっと、いつもの覗き見の場所へ寄って、
e0133780_19312989.jpg
お二人にミニ観光をしていただきました♪
e0133780_19335917.jpg
この状態をご覧いただけたので、良かったです。

病院は、レイクス・ケア。
e0133780_1935928.jpg
町中の救急病院です。
ロトルア病院へ行っても良いのですが、こちらの方が待ち時間が少なくてすみます。
混んでるかと思いましたが、3人くらいしか待合室にいませんでした。
でも、先生も少ない、なので1時間は待ってないと思いますが、それなりにかかりました。

e0133780_19364770.jpg
こちら、薬局側から、待合室の様子。
奥にはクリスマスツリーです。

患者さんは奥さんの方ですけど、お話によると、26日の夜、クイーンズタウンのホテルでお休みの際、どうも、ベッドにBed Bug、いわゆる、トコジラミがいたようで、寝間着で隠れていない部分、腕や足、首の前と後ろ、そして頬と左まぶたが、あちらこちら、腫れて、水ぶくれにもなっていたんです。
連泊の初日だったそうで、ホテルに伝えて、2泊目は、部屋を消毒したくれたそうで、大丈夫だったんだそうですけども…。

最初は虫さされ痕も小さかったそうで、すぐに治るかと、薬局で塗り薬を買って様子を見てましたが、もう、それを通り越した、ひどい状態になっていたので、帰国3日前ですけど、病院へという事だったんです。

見るからに、アレルギー反応を起こしてました。

一昨年からさんざん病院体験をしてますから、こういったご案内は、まさに打ってつけの仕事になりましたね。
今回も、診察前からお客さんの様子を拝見して、おそらく、虫さされによるアレルギー反応を抑える、抗ヒスタミン薬の飲み薬と、塗り薬は、炎症と痒みを抑えるためにステロイド剤が処方されるでしょうねとお話したら、その通りの処方になったので、通訳も簡単に出来ました。

保険関係の書類も貰って、なんだかんだで2時間半くらいかかったかな?
ホテルへお送りして終了でした。

帰りは、連絡をくれたいつものガイド友達の家へ、ガイド料金を持って行き、そこで友達が料理しててくれたローストポークで、軽く乾杯の、お疲れ様ディナー。

9時半過ぎに帰る頃、湖の方から打ち上げ花火の音、僅かだけ、数年ぶりに、生の花火を見られました。
満天の星空の中、人工衛星の移動する明かりを眺めていたら、友達と二人揃って流れ星を見ました。
男同士で眺める流れ星…。
これはでも、大晦日に縁起がいい。
来年はきっと、二人でがっつり儲かるねって♪

あと数分で、カウントダウン後、新年の打ち上げ花火の音だけは聞こえてくるかな。
ここからだと、花火は見えないんです。
こちらの打ち上げ花火は、高度がとっても低いですからね。

あ、文章読み直してる間に、年が変わりました。
ちょうど花火の音も聞こえてます。
日本の皆さんは、良いお年をお迎えください。
NZの皆さんは、もうお休みかもしれませんが、今年もよろしくお願い致します。

by masaya-iwata | 2013-12-31 20:03 | 鳥と景色 | Comments(2)
2013年 12月 29日

ワイオタプとワイマング観光・後編

今朝7時半、ホテルで昨日のお客さんのお見送りでした。
他社個人ツアーのお客さんも4名加わり、おなじみのこの車で、他のガイド事務所仲間がワイトモまでご案内です。

ホテルのロビーでも写真を一緒に撮ってくださり、昨日今朝と、僅かな時間でしたが、とても楽しく過ごせました。
またいつかお会いしたいです♪
e0133780_1773423.jpg
大型バスもお客さん待ち、忙しいホリデーで嬉しい事です。

とは言っても、これで今年は仕事納めになりました。
この後、パックンセーブで買い物、それとガソリン給油。
最近、とうとう、ガソリンも、パックンセーブに降格?しちゃいました!
スーパーの割引券と合わせて、安いですもんね。

帰宅して、9時過ぎくらいから雨が激しくなってきました。
11時過ぎ、ものすごい雨です。
e0133780_17141257.jpg
屋根裏は雨漏りしてそうですが…、数年前に危なそうな場所に、たくさんグラスウールを敷き詰めたので、大丈夫で良かったです。


一昨日は一日団体バスガイドで神経を使い、昨日は一日よく歩き筋肉痛!、午後は疲れて休憩でした。

さ、昨日、大勢のギャラリーからの続きです。

もう何度かご紹介しているので、お分かりの方も多いですよね?
e0133780_17163421.jpg
皆んなが待っているのは、レディーノックス・ガイザー(間欠泉)です。
開演10分遅れで、やっとスタッフがやって来ました。

説明しながら、秘密の事をして♪
e0133780_17214258.jpg


ゴボゴボと、
e0133780_17212959.jpg
なんだか、卵からエイリアンが出現するシーンみたい。

出たー!
e0133780_17214970.jpg


毎日10時15分、今日は10時30分に上がる間欠泉です。
e0133780_1723328.jpg


お客さんは前の方の空いてる先に座っていただき、こちらは一番後ろから眺めてました。
e0133780_1724998.jpg

どうして噴出するのかは? こちらに来てのお楽しみですもんね。

ワイオタプ観光終えて、すぐ近くのいつもの泥沼へ。
e0133780_1726666.jpg
良いタイミングで撮るのは難しい!
グワッっと大きいのが上がってからカメラ構えても、すぐにまた出ませんしね。
ご案内しながら自分でバッチリの写真を撮るのは無理ですよね!

いつもと逆に、温泉の湖とレインボーマウンテン。
e0133780_17265328.jpg
11時頃でしたので、そんなに湯気は目立ちませんね。
お客さんに、説明が中途半端でしたので、こちらで補足です。
この湖の名前は、Rotowhero(ロトフェロ)、マオリ語で、意味は、赤い湖。
ですから、これを英語で言うと、Red Lake(レッドレイク)ってなるんですけど、英語名は、見たままの、Green Lake(グリーンレイク)になります。
何でマオリ名で、赤かって言うと、マオリの伝説に由来してます。


11時15分頃に、次の観光地に到着。
ワイマングです。

早めのランチをカフェで取りました。
少々時間オーバー気味に、ここでたくさんお話をして、のんびりランチとなりました。

トイレを済ませて、観光開始。

e0133780_17342782.jpg
高台からの眺めです。
遠くのタラウェラ山が、少し雲に覆われ、雨雲が近づいてきました。
このすぐ後に、雨。
傘を差しながら、シダの葉の屋根の道をのんびり下っていきます。

e0133780_1736126.jpg
フライパン・レイク。
夏場の水温は55℃。

e0133780_17365939.jpg
ボコボコ湧いている所もあります。

フライパン・レイクから流れ出る川。
e0133780_17375543.jpg
草津の西の河原の方が綺麗ですけども。
e0133780_17392074.jpg
ここの迫力も凄いですよね。
ここも酸性泉、pHは3.5。
草津よりは、ずっと柔らかいお湯ですね。

e0133780_17433453.jpg
インフェルノ火口。
もっと青色の時もありますが、今日は大分緑がかった青でした。
絶えず変化してるって事ですものね。

e0133780_1749419.jpg
温泉の川の横で、記念撮影。

ロトマハナ湖までバスで下りて、船を待ちます。
e0133780_1750224.jpg

今回もボートクルーズ。
e0133780_17504548.jpg


e0133780_1751052.jpg
曇り空でも、タラウェラ山は山頂までちゃんと見えてます。

船尾のデッキは、やや風が冷たいので、キャビンに入ったり出たりを繰り返しました。
e0133780_17523179.jpg
キャビンはガラガラですけど、船尾の座席は全部埋まってました。
e0133780_17542397.jpg
ロトマハナ湖に浮かぶ島では、紅葉してます。
もう秋って訳ではなく、こちらは朝晩と日中の気温差が四季を通してありますから、年中こんな景色を見られます。

e0133780_17552743.jpg
タラウェラ山。
1886年に、こちらへ向かって大噴火していますからね。
噴火前は、ここはこんなに深い湖ではありませんでした。

e0133780_17575888.jpg
噴火口だった場所へ入ります。
白い花は、カヌカです。
e0133780_1757176.jpg
満開ですね。

ここに限らず、入り口の場所からずっと、ワイマングは1886年のタラウェラ山の噴火で、すべて灰に埋もれ木々が消滅しましたからね。
それから100年以上経過して、自然の状態で、森がこれだけ再生してきた訳です。

e0133780_17593873.jpg
火口にすっぽり入りました。

e0133780_17595555.jpg
1本だけ、ポフツカワの木。
花も咲いてました。

火口から出て、タラウェラ山を背に戻っていきます。
e0133780_1804275.jpg
湖岸沿いは、枝が白く変わってる、綺麗な景色です。
e0133780_1815542.jpg
何て木なのかは分からないです。
この向こう側は、タラウェラ湖。

1886年以前は、ホワイトテラスのあった場所。

だんだん地熱活動の様子が見られる場所へ移動していきます。

数分おきに上がる間欠泉が、タイミングピッタリで噴き出しました。
e0133780_1835261.jpg

e0133780_1852982.jpg

e0133780_1855465.jpg

ここで、デジカメの電池が切れちゃいました。
あ、そうだと思い出し、スマホに登場してもらいます。
懸賞で当たって、とっても重宝してるソニー・エクスペリアZです♪

昔、ピンクテラスのあった場所。
今でも、湖底に残っているんでしょうか。

こちらもちょうど噴出です。
e0133780_1882956.jpg

e0133780_1884611.jpg

今ドカンと来たら大変ですよね…!

e0133780_1894536.jpg
皆さん写真撮影。

無事に戻ってきました。
e0133780_18133757.jpg
原生林の様子です。
のんびり静かに眺めていたいですよね。

駐車場に戻って、ポフツカワの花。
e0133780_18145611.jpg


ロトルアに戻って、クイラウ公園などもご案内して、ショッピングセンターでお別れでした。
本当は、この後も夕飯とかご一緒出来れば良かったな。

とても楽しい時間、どうもありがとうございました。
お元気で、また♪

by masaya-iwata | 2013-12-29 18:17 | 観光 | Comments(2)
2013年 12月 28日

ワイオタプとワイマング観光・前編

今日はロトルアならではの、地熱ツアーです。
まずは、…、あれ?
「世界で一番カラフルな地熱地帯」から、いつの間にか、「ニュージーランドで一番カラフルな火山地帯」へ、キャッチフレーズが変更になった、ワイオタプ。
さすがにキャッチでも、言い過ぎという事に気がついたんでしょうか?!

まずは、まったく色気ない、ボコボコ噴火口。
e0133780_1543044.jpg
原油も混じって、これは泥パックには使えないですね。

e0133780_15534414.jpg
お次は、「芸術家のパレット」
まさにカラフルな場所。

e0133780_15552852.jpg
木橋で、この上を横断します。
ここは、かたせ梨乃さん、星由里子さんも、キャサリン探偵シリーズで歩かれた場所。

高台から奥の景色。
e0133780_15573619.jpg
こちらも、水色、緑と、含まれる成分の違いで、色の違いを見せてくれます。

e0133780_160336.jpg
噴火口の中を歩いてる感じ。
湯だまりには、
e0133780_1613465.jpg
Pied Stilt、セイタカシギが、足湯中。
名前の通り、背が高い、足長ですね。

e0133780_1623735.jpg
バスクリンの温泉。
こんな所でも、
e0133780_16244.jpg
まどろむ、セイタカシギの夫婦。

さらに、
e0133780_1623057.jpg
こちらでは、
e0133780_1624794.jpg
卵を抱えているようです。
温かくてちょうど良い場所ですね。

e0133780_1634471.jpg
地質学者なら興味をそそられそうな地層ですよね。

体の割に、とっても大きな鳴き声の、
e0133780_1643474.jpg
チャフィンチは、草の陰に隠れてます。

e0133780_1653899.jpg
長い年月を経て出来上がったシリカの台地。

ワイオタプで一番有名な、シャンパンプール。
e0133780_1693858.jpg

炭酸ガスの泡が、プチプチ発生しています。
e0133780_1610853.jpg
水温は74℃。
風下は、湯気で真っ白、メガネも曇ります。

e0133780_16114749.jpg
悪魔のお風呂を眺める、お客さん。
お母さんと息子さんのふたり旅。
とっても良い方達で、今日はご案内以外にも、いろいろなお話をしました。
ご一緒の写真も撮ったのですが、そのご紹介はまた明日に。

e0133780_1613350.jpg
悪魔のお風呂、もう一度。
バスクリンじゃなくて、ヒ素の色です!

ご案内開始は、9時という事もあり、まだガラガラでしたが、10時前、受付に戻った頃は、長蛇の列、大変な混雑です。
クリスマス・ニューイヤーホリデー、このまま景気がどんどん良くなってほしいですね。

e0133780_16135251.jpg
その大勢のギャラリーが、開演を待っているものは、なんでしょうか?

続きは明日に♪

昨日のバスツアー、今日はたくさん歩いて、全部を一気にご紹介するのはさすがに厳しい…。
また明日をお楽しみにしてくださいね。


帰りに、いつもの友達の家へ仕事の車を返しに行き、お裾分けでした。
今日彼がご案内した、ロトルア湖の鱒釣り、トローリングで8匹連れたそうですが、その内3匹を釣りガイドから貰い、2匹はお客さん、1匹は彼へと。

ホイル焼きにして、こちらへも分けてくれました。
e0133780_16305395.jpg
玉ねぎ、マッシュ、そしてベーコン入り。
もう随分昔に、湖のニジマスを食べて、味が今ひとつだったのですが、これはとっても美味しそう。
これから温めて食べます♪

今日もお疲れ様でした。

by masaya-iwata | 2013-12-28 16:33 | 観光 | Comments(0)
2013年 12月 27日

いろいろ盛りだくさんのトンガリロ

今朝は4時半頃に起き、日本と連絡などしていて、そのまま朝の支度開始でした。
午前6時過ぎ、牧場の真ん中でポツンと。
e0133780_16361531.jpg
ぼーっとしてるウサギです。
e0133780_1641534.jpg
真ん中の小さな点です。


今日は盛りだくさんで有名な大手旅行社団体ツアーのご案内です。
バスも2台口。
驚いたことに、7時20分過ぎ、ホテルへ向かう前に、同じ旅行社の違うツアーの大型バスがお客さんを乗せて出発したところとすれ違いました。

人数も盛りだくさんですし、内容も盛りだくさん。
8時にホテル出発をして、まずはレッドウッドの森の散歩です。
e0133780_1643160.jpg
総勢50名前後で、赤コースをぞろぞろと歩きます。
この時間で、地元の人達がランニングや散歩と、何度もすれ違いました。

テプイアでは、到着時に間欠泉が出てくれていました。
e0133780_16443359.jpg
ピークを過ぎていますが、ぎりぎりここまでの規模で見られて良かったです。
見終わった頃に、しぼんでしまいましたから、もう少し遅ければ、今日のスケジュールから考えても、次の噴出を待つのは無理でした。

今シーズンに入ってから、団体ツアーが多いですから、バスでのご案内もかなり慣れました。
軽快にしゃべりながら、フカ滝へ。
e0133780_1648181.jpg
フカフォールズ・リバークルーズがちょうど近くへ来てました。
アラティアティア・ダムからのクルーズです。
ジェットボートで飛ばすだけじゃなく、これでのんびりクルーズも良さそうですよね。

e0133780_16492156.jpg
今日も迫力の水量。

それから、いつものタウポ湖畔…。
e0133780_16501295.jpg
あれ?
いつもと違います。
綺麗なピクニックテーブルが出来たのは良いんですが、小石と軽石の湖岸が、半分芝生に変わってしまいました。
この向こう側が段差になっていて、湖岸へ降りるようになったんです。

e0133780_16521551.jpg
ここはやっぱり、全部小石の方が良かったな。
鳥達の足あとが、小石の湖岸にたくさん残っていて、その様子を見るのも楽しかったんです。

トンガリロは、残念ながら雲の中。
さすがホリデー、遊覧水上飛行機も2機停泊中。
そして、パラセーリング。
e0133780_16544818.jpg

e0133780_17223654.jpg
皆んな楽しんでます。

タウポ湖東岸を南に下る間、いつもは車や人の居ない場所に家族連れの姿や、ボートが何艘も。
キャラバンパークもいっぱいでした。

シャトートンガリロ・ホテルで、ランチ。
e0133780_16595637.jpg
ここでも、朝見たのとは違う、同じ旅行社の違う団体ツアーが一緒!
すごい繁盛ですね。
美味しいバイキングでしたが、写真はあまり撮れなかったです!

肝心の景色は?
e0133780_1744544.jpg
ルアペフ山は、雲がかかったり切れたり、でも、山頂はその都度見えました。

お客さん達の自由散策。
ファカパパ・ネイチャー・ウォークの短いコース。
e0133780_1742645.jpg
短いですが、トンガリロの自然のエッセンスがたくさんの場所。
e0133780_1752464.jpg
マウンテン・デイジーも咲いてます。

物足りない人に、ここの橋の上だけ。
e0133780_1754764.jpg


e0133780_1755580.jpg
とても日本的なブナと渓流の眺めですよね。

さあ、富士山は?
e0133780_1774552.jpg
残念、山頂が見えません。
この後、バス出発時に、あともう少しの所まで雲が晴れてはくれました。

e0133780_1784220.jpg
今年最後の眺め。
もう一人のガイド仲間は、明後日明々後日、車を運転しながらのご案内で、2日続けてまた来るそうです。


ロトルアへ戻っても、まだ続きます。
e0133780_17101070.jpg
ガバメントガーデンズでは、西日がちょうど当たって綺麗な景色、午後5時半です。
こちらの睡蓮の花が、今日一番の写真かも?
e0133780_17104649.jpg


お天気も、曇ったり晴れたり、バス道中土砂降りだったりの盛りだくさん、でも歩いてる時はまったく降られずに良かったです。

日本では、金融関係や公共機関など一部を除いて、今日が仕事納めでしょうか?
今年もお疲れ様でした。

by masaya-iwata | 2013-12-27 17:17 | 観光 | Comments(0)
2013年 12月 26日

晴れるかな?

午後7時15分、
e0133780_1833050.jpg
西の空はなんとなく晴れてそう。

8時40分、
e0133780_1833509.jpg
雲が赤く反射し、やっぱり西の空はなんとなく晴れてそう。

明日の天気はどうだろう?
晴れてちょうだいね。

by masaya-iwata | 2013-12-26 18:37 | 日常 | Comments(0)
2013年 12月 25日

クリスマス

クリスマスの今日、朝から雨でした。

昨年と同じく、ガイド事務所の友達家族に呼ばれて、夕方、いつものガイド友達を途中で乗せて、出かけてきました。

途中のトラック会社の駐車場では珍しい光景でした。
e0133780_2013348.jpg
いつもは、数台しか止まってない駐車場に、今日はトラックが勢揃いです。
e0133780_20151045.jpg
壮観な眺めでした。
これが、向こう側にも同じ様に並んでるんですよ。
こんなにたくさんのトラックがあって、これが全部お休み。

クリスマスは、スーパーマーケットも含めて、すべてのお店もお休みのNZです。

少し寒いですけど、デッキで歓談。
e0133780_20275859.jpg
とっても懐かしい顔、昔の仕事仲間、ピーターも来てました。
以前6月だったかな?久し振りに会った時よりも、もっと元気そうになっていたピーター。
5年位前だったかな?病気で大変でしたが、もう回復して元気な様子。
15年以上の付き合いになります。
昔懐かしい人達の話題で盛り上がりましたが、何しろ皆んな年を取った…。
ほんと、光陰矢の如しです。

デッキの横からは、クェッ、キッ、キッ、っと鳴き声がしてきます。
すっかりここに居着いている、プケコ一家でした。
e0133780_20193468.jpg
こちらを見て、餌をくれると思って近づいてきます。
e0133780_20203288.jpg
あげるものないよー。

今日はほんと寒い。
長袖でも寒いので、早々、部屋へ。
e0133780_20291662.jpg
マグロかと思ったら、サーモンを醤油漬けにしてい、アボカドも入った、とっても美味しいちらし寿司。

e0133780_2031219.jpg
外のBBQセットで焼いた、ビーフステーキとソーセージ、それと、オーブンで焼いた鶏の骨付き肉、大豆いっぱいのサラダ。

家族ってほんと良いですよね。

遠くのお隣さんを写しちゃいましたが、やはり家族団らんの様子。
e0133780_20325088.jpg
サンタの帽子を被ってるのはお父さんでしょうね。
今日はどこの家もこんな様子です。
町はとっても静か、皆んな家で、家族団らんで過ごす、NZのクリスマス。

早朝からの嫌なことも忘れて、久し振りに楽しい晩餐、とても嬉しいクリスマスプレゼントでした。

仲間って良いですね。

どうもありがとう。

by masaya-iwata | 2013-12-25 20:37 | 生活 | Comments(2)
2013年 12月 24日

海ほたると富津岬の磯ラーメン

昨日から曇りと雨続き。

帰省中の残りの写真、11月3日、海ほたるを通って、君津のお客さんにお会いしに行った時の様子です。

実家から府中街道を通って川崎へ向かいます。
途中で朝ご飯、セブン-イレブンで買い物したら、レジの抽選で、
e0133780_17263267.jpg
これが当たりました。
この時も、抽選くじを引く前に、当たる予感がしてましたが、その通りの結果に。
皮膚筋炎に当たってから、どうもくじ運が良くなったみたいです。

それにしても、コンビニのおにぎりって、いつの間にかとても美味しくなりましたね。
e0133780_1729593.jpg
北海道の鮭おにぎり。

こちらは、会社時代の友達の家の近く、
e0133780_17295425.jpg
最寄り駅も。
今回、都内へドライブに行く際、何度か通った道です。

川崎大師近くを通って、京浜工業地帯。
e0133780_17311427.jpg
こんな眺めはこちらで見ることは不可能です。

e0133780_17341269.jpg
東京湾アクアラインへ。

e0133780_1735955.jpg
ここから、東京湾の下に潜ります。

e0133780_1735383.jpg
海の底。
凄いことしますよね。

e0133780_17351562.jpg
海ほたる到着。
土ボタルと全然違います。
どうも、この日だけ、レンズにゴミが入ったか、汚れたかで、右側に黒いシミが出来ちゃいました。
翌日気が付いたんですけど、何もしないのに、この日の夜にはシミが取れてました。

e0133780_17355358.jpg
文化の日、大勢の人。
混雑は予想してましたが、思ったよりは早くに着きました。

e0133780_17365772.jpg
こちら、東京、川崎方面。

e0133780_17372274.jpg
カモメがたくさん。

今回日本で見た初めてのカモメ。アップにすると、
e0133780_1738127.jpg
あんまり綺麗じゃないです…。

羽田空港から離陸した飛行機。
e0133780_17414517.jpg
どこの航空会社でしょうね。

e0133780_1742513.jpg
海鮮串焼き。
日本はどこでも食べ物が売られてますよね。

e0133780_17433529.jpg
こちらは木更津方面。

e0133780_17441063.jpg
魚の椅子。

e0133780_17444822.jpg
JAL、これはエアバスA300みたい。

e0133780_17464425.jpg
小型クルーザー。
こちらはで、「小金持ち」でも買えますけど、日本だと大金持ちなんでしょうね。

e0133780_17484941.jpg
木更津から君津を通り越して、富津岬へ。

e0133780_17491551.jpg
岬の先端へ到着。
展望台でお客さんと待ち合わせ。
e0133780_1750871.jpg
晴れていれば富士山も見えるんですけど。
e0133780_17503855.jpg
モーターパラグライダーが見えました。

e0133780_1751361.jpg
こちら、外洋方向。
日本は太陽が南側ですもんね。

ちょっと遅いお昼ご飯をお客さんと。
富津岬の公園へ戻って、名物の、
e0133780_17521159.jpg
磯ラーメンを食べます。

e0133780_175384.jpg
かき揚げ丼もセットで。
この磯ラーメン、夏のシーズン中は、早くに売り切れちゃうんですって。

e0133780_17532420.jpg
これが今回の帰省中3回目のラーメン。
こってりラーメン2回の後に、あっさり塩味が、とっても新鮮でした。
これだけ海の幸が入っていれば、美味しいに決まってますよね♪

この後、3年前にもご一緒した方とも合流し、確かあの頃はまだすかいらーく?
もう名前が変わっていたかな?
今はガストで、ケーキとコーヒー、母も一緒に楽しい時間を過ごして、お別れでした。

e0133780_17574976.jpg
帰りは、アクアラインへ合流する辺りから大渋滞。

8時頃に帰宅し、お隣さんの家で晩御飯でした。
e0133780_17591649.jpg
何年ぶりかのすき焼き。
こんな美味しい肉を食べたのも何年ぶりだったんでしょう。

思い出に残る数日、こんな良い日もありました。


昨日今日は家にこもっていて、2日続けてカレーでした。
昨日は電話で声を出しましたが、今日は電話もなく、まだ声を出してなかったな。

明日はクリスマスですね。
一昨年は病室で、昨年はトンガリロ観光を終えての夜でした。

昨年はドリス・デイでしたので、今年はやっぱりこちら、ジャネット・サイデルで。

(2分27秒)


楽しいクリスマスをお過ごしください☆


by masaya-iwata | 2013-12-24 18:17 | 日本 | Comments(0)
2013年 12月 22日

ワイトモのカルスト牧場

今朝7時、ロトルアの町は曇り空。
19日の木曜日と同じく、乗り合い観光バスにてワイトモ洞窟です。

西に進むにつれて、雲はどんどん晴れていき、アラプニ・ダムでは紺碧の空。
e0133780_17443945.jpg


こちらは初めてご紹介する山。
e0133780_17525349.jpg
マウンガ・タウタリ。
手前にピントが合ってしまいましたけど、奥の山がそうです。
この山は何が特徴的かというと、この森の部分すべてが自然保護区。
保護の仕方が半端じゃありません。

34万平方キロメートルの森林すべてを、47kmにも及ぶフェンスで完全に囲って、徹底的に外来動物を排除し、ニュージーランド本来の自然を再現させようという壮大なプロジェクトなんです。
ここまでの敷地の保護区というのは、世界最大だそうです。

上の写真の一番右側、牧場と森の境目を、アップで撮ってみました。
e0133780_1805267.jpg
なんとなく、フェンスの様子がお分かりになるでしょうか?
哺乳動物が登って入れないよう、上が外側に丸くなった形をしてるそうです。

ニュージーランドには、哺乳動物はコウモリしか生息していなく、他はすべて、鳥類でしたからね。
つまり、この山の中は鳥の楽園、そして、原生林も守られています。

近くまで行けるようになってますから、いつか行ってみたいですね。

今日の更新は、ブログじゃなくて、ホームページにまとめたい内容です。
すっかり更新止まった、「ぽっかぽか通信」を再開させないといけないのですけども…。
なかなか実現しないですね。

とりあえず一枚、休憩写真。
今日のの仕事、ワイトモ洞窟の案内が、これで終了でした。
e0133780_188633.jpg
これ一枚しか撮れなかったので、失礼しました!
今日は船の前が空いていたので、お客さんと一緒に乗って、洞窟の外へ出ました。
最後の写真OKの時に撮ったんですけども…。


帰りのバスが、今日はとっても遅れました。
これで、前回19日に諦めた、見晴台へ散歩出来ます。

のんびり歩いて、と思ったのですが、やはり出発の時間が気になるので、早足で、前回の森を歩き、木の階段を駆け足で上っていきます。

e0133780_1811414.jpg
ここが階段の最後の辺り。
正面は、石灰岩が連なってます。
e0133780_18134875.jpg

何度かご紹介した、「ワイトモ奥の細道」の、石灰岩の続く森の景色にやや近い感じですけど、ここですぐに終わってしまいます。

岩壁を抜けると、
パノラマ写真にしましたので、クリックの大きな画面でご覧くださいね。(CLICK on photo)
e0133780_1814594.jpg
どーんと開けた景色。
この右側を上っていきます。
e0133780_1815593.jpg
カルスト台地なんですけど、もうすっかり牧場に変わってしまい、崩されてしまったようですね。

坂を一気に登って、あまりの運動不足に、最後は両足がガクガク震えて、心臓が喉から飛び出そうになりました。
上からの眺めを大きな画面にしてますので、クリックでご覧ください。(CLICK on photo)
e0133780_1818789.jpg

真ん中正面の岩、アップするとこんな感じ。
e0133780_18211021.jpg
この岩の間から出てきて、こちらに向かって写真を撮ったんですよ。

牧場の柵沿いに歩いて、見晴台へ。
e0133780_18214960.jpg


e0133780_18224948.jpg
文字通りの見晴台。

e0133780_1823319.jpg
左はワイトモ村、真ん中はワイトモ・ホテル。

パノラマにしましたので、こちらもクリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18242073.jpg
ワイトモ洞窟は、正面のは林の向こう側辺りです。

反対側は、
e0133780_18252634.jpg
カルスト台地の牧場が続いてます。
牧場にしてしまう前の景色を見てみたかったですね。

牧場の柵に沿って尾根伝いに戻ります。
こちらも、クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18292180.jpg
デイジー・ヒナギクと、フォックスグラブ・ジギタリス、そしてここにも…、タンポポ。

降りる前に、もう一度ワイトモ・ホテルを大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18332235.jpg
いつも下から眺めてるワイトモ・ホテル、この眺めは珍しいでしょ?
営業してるのかな?って思って検索してみたら、ワイトモ・ケーブ・ホテルって、立派なHPも出てきました。

e0133780_1839219.jpg
てくてく降りて、バスへ戻りました。

天気が良い日は、是非ご案内したい場所ですね。
「ワイトモ奥の細道」もそうですが、土ボタルよりも、これらの方が良いかもしれないですよ!?


今日も満員のバスで、とっても時間がかかって、やっとロトルア到着。
また友達の呼び出しを受けて、パソコンの世話をして、無事解決。
テキストメッセージを携帯に受けたので、何の連絡かと思い、電話をしたら、携帯のプリペイ残高が無くなってしまいました。
買い増しするか、このまま使わず年内を乗り切るか…。

帰ってシャワーを浴びると一気に疲れが出ましたが、早めの夕飯を食べ、ソファで少し休んでの、今日の更新でした。

午後8時33分、夕日が沈みました。
e0133780_18465226.jpg


それから5分後、
e0133780_18471765.jpg
今晩も刻一刻と色が変化していきます。

さらに3分後、
e0133780_1849514.jpg

こちらは夏至、公式の日没時間は8時41分、日が一番長い一日でしたね。

今晩から明日は、ちょっと崩れるかもしれないですね。

明日からまた、お仕事頑張ってくださいね。

by masaya-iwata | 2013-12-22 19:07 | 遠出 | Comments(0)
2013年 12月 21日

テポでのマオリコンサート

今日もお昼からの大手旅行会社団体ツアーご案内の予定だったんですけど、なぜだか、NZ航空機は、クイーンズタウンからオークランドへ飛んでいってしまい、ロトルアへは到着せず…。
20名のお客さんと添乗員さんは、11時過ぎにオークランド空港へ到着し、12時出発の振替輸送バスにて、ロトルアへ移動となりました。

バスは午後3時45分にホテル到着。
4時10分から観光スタートでした。
e0133780_1842838.jpg
やっとのびのび、ガバメント・ガーデンズ。
こんな良い天気のロトルアなのに、飛行機には本当に振り回されますよね。

そんな大変な目にあったお客さん達に、テプイアのポフツは粋なはからいです。
e0133780_1884873.jpg
到着と同時に、一気に噴出してくれました。
お客さん達は大喜びです。
e0133780_18104254.jpg
手前も湯気が濛々、向こう側の崖から出る、ケレル間欠泉も噴出の大サービスでした。

さらに、
e0133780_18104650.jpg
午後5時過ぎ、傾いている西日に反射して、虹も僅かに見えました。
強い南風で、かなりの量が向こう側に流れてますけど、音は大迫力です。

泥沼の横からも、まだまだ元気な間欠泉。
こちらからの眺めは初めてご紹介だと思いましたので、大きな画面にしました。
クリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1813536.jpg
お客さん達に混じって、ガイド自ら両手を伸ばして撮影なので、ちょっと傾いたかな?

5時半過ぎから、ハンギディナーです。
e0133780_1814441.jpg
なんちゃってハンギディナー。
ランチと同じですが、食前酒、じゃなくて、ジュースで、マヌカとカワカワのショットグラスです。
これに、バニラアイスのマヌカハニー付きのデザートも出ました。

そして、マオリコンサートは、夜の部、テポのコンサートへ合流する事に。
昼間のコンサートより、衣装も内容もグレードアップです。
e0133780_181602.jpg
特に、女性ダンサーの衣装が、ポリネシアンショーを思わせる、華やかなものに。
e0133780_18173067.jpg
ポイダンスの説明も詳しく。
e0133780_18181329.jpg
タヤハ(taiaha)での戦いの様子も。
e0133780_18193293.jpg
ただ…、なんだか剣道の影響を受けてる気がするのは、どうしてなんだろう…?

e0133780_18194751.jpg
ポイダンスも華やかに。
e0133780_1820475.jpg

いつも省略されていた、女性参加コーナーも、ちゃんとありました。
e0133780_18222378.jpg
お客さんも参加です♪
e0133780_18221321.jpg
一番端っこで謙虚に参加。

そして、ポカレカレアナ。
e0133780_18225298.jpg
右がヒネモア、左がツタネカイ。
e0133780_18235224.jpg
最後にホンギ。
これからコンサートを撮影される方、ポカレカレアナでは、一番最後のホンギのシャッターチャンスをお忘れなく♪

パトゥに続けて、タヤハの演技。
e0133780_18314384.jpg
とても良い体格してますね。
e0133780_18253322.jpg


そしてハカです。
今日は動画を撮ってみました。
ただ、このアレンジ、振り付けは、今ひとつな感じもするんですけども、せっかく撮った動画なので、ショーの様子をお楽しみくださいね。

(1分42秒)



一般強制参加のハカも、お客さんがステージへ。
e0133780_18282779.jpg


皆さんとってもお楽しみになりました。
とんだ災難の、長いバス旅でしたが、結果オーライ、8時半過ぎでも明るい今の時期ですから、ホテル到着7時半以降でも、ガバメント・ガーデンズのバラ園へ散歩に行かれる方も居らっしゃいました。

午後8時37分、
e0133780_18372433.jpg
夕日が沈んだ後、青空も残る夕焼け景色が見えました。

今日も無事にご案内できて良かったです。

by masaya-iwata | 2013-12-21 18:37 | 観光 | Comments(0)
2013年 12月 20日

快晴の観光

今までブログの無料プラン利用でしたが、画像容量が制限の1GBに、あと1.75MBと、残り僅かになりましたので、今日から有料プランに変えました。
容量は無制限になりましたので、写真も大き目を増やしていきますね。
また、パソコンでご覧の方は、ブログ会社が載せる広告が無くなったと思います。
スマホは、広告が載るようですけど。

しかし、ブログ開始から5年10ヶ月経ちましたが、今までも写真をたくさん載せてて、やっと1GBというのも、意外と小さいもんだなと、不思議な感じもします。

今日のツアーは、いつもの大手旅行会社の団体ツアーですが、ちょっと変わってます。
8時半過ぎにホテルで皆さんと合流。
添乗員さんは、NZ初めてという方で、しゃべり方がどうも以前聞いたことあるようなアクセント。
そう、仙台からの、限定ツアーでいらした方達でした♪

限定チャーターといっても、人数はたったの9名と添乗員さん。
採算厳しい感じがしないでもないですが、ツアーが増えたのは嬉しい事ですね。

まずはガバメント・ガーデンズへご案内して、それからアグロドームへ。
e0133780_16301569.jpg
今日も毛刈り前と、
e0133780_16413266.jpg
毛刈り後。

子供部屋には、子鹿が2匹。
e0133780_16422875.jpg


楽しいショーでした。
e0133780_16425030.jpg
もちろん初めての添乗員さんも、座席からたっぷりお楽しみでした。
写真でご紹介したいくらいなんですけど、浅田真央ちゃんに良く似た方。
お尋ねしたら、やっぱり皆んなにそう言われるそうです。

さて、ショーが楽しいのは嬉しい事ですが、今日のステージマンの時はショーの時間がやや長くなります。
特に今日は厳しいスケジュールなので、この後がきつい!

テプイアに真っ直ぐ向かいますが、到着は11時ちょっと前。
ランチの時間は11時15分から。
そして12時15分からマオリショーをご覧いただき、1時に出発して、ロトルア空港1時55分発の飛行機に乗らないといけません。

そう、つまり、観光の時間が無いんです。
実際、予定表にも観光時間が入っていませんが、間欠泉を見ないままテプイアを出たら、そこのあなたのように?暴れだすかもしれません♪

ランチはいつものように、1時間もかかりませんから、全部は回れないものの、観光時間をひねり出すことは簡単です。
ただ問題は、間欠泉。
ランチ前、ランチ後、どっちを見に行こうか?

テプイア到着後、皆さんトイレで、その間、高台から眺めると、ピークを過ぎてはいるものの、それなりの迫力でちゃんと出てくれてます。
この時点で11時10分、ランチ後、これから50分後くらいに出る確率はかなり低そう。

という事で、急いで近くまで。
e0133780_16574979.jpg
ポフツの高さは半分程でも、蒸気と湯量はまだまだ迫力あります。
皆さんどんどん奥まで進んで、向こう側からも写真パシャパシャ。

15分過ぎちゃってますけど、なんとかなるでしょう。

満足顔で、遅れついでに、泥沼も御覧いただき、キウイ・ハウスはさすがに後回しにして、レストランへ。

e0133780_1705511.jpg
いつもの、なんちゃってハンギ。
後ろにはクリスマスツリー。
トウモロコシも美味しいと、いつもながら、好評メニューです。

30分でランチも終わり、12時過ぎ、キウイハウスへ向かいながら高台から間欠泉を眺めてみると、ピッタリ止まってます。
『さっき見ておいて良かったー』と、お客さんからの声。
嬉しいですねぇ、ほんと♪

キウイも歩いてる様子をご覧いただけ、12時15分からのマオリコンサート。

ウェロの儀式から開始。大きなサイズにしましたので、クリックでご覧ください。(CLICK on photo)
e0133780_1725168.jpg
最近、ハラケケで作った腰ミノ、ピューピューでなくて、洗濯の便利さからか?、ただの布の腰ミノスタイルが多くなっていたのですけど、今日はちゃんとハラケケのピューピュー着用です。

そして、今日のメンバーは、お客さん人数が少ないですが、とても気合が入っていて、レベルも高い。

e0133780_1755942.jpg
ヒネモアとツタネカイで、ポカレカレアナの最後に、ホンギで、鼻と鼻をくっつけます。

e0133780_177288.jpg
今日もこの人がスポットを浴びてました。

e0133780_1784121.jpg
マオリの武器、槍、taiaha、発音は、「タヤハ」という感じです。
今日の男性ダンサー、マオリ戦士は、気合が入っているだけでなく、全員がジムで鍛えてるだろうなという、筋肉モリモリ揃いです。
こちらも大きなサイズです。(CLICK on photo)
e0133780_17122690.jpg


ハカ。
e0133780_1716359.jpg


ポイダンス。
e0133780_1717871.jpg
この人、確か、ヘリコプターをやっていた頃の、マオリの家族の親戚の方。
20年近く前に良く話をしていた記憶がありますが、その後まったく会っていなかったので、もう名前も思い出せません。
向こうも覚えてないだろうな。

e0133780_17202490.jpg
終わって、お客さんと記念撮影。

忙しいスケジュールでも皆さん大喜びのテプイア観光でした。

それにしても、今日は日本デーと言いたいくらい、日本人団体ツアーがとっても多く、アグロドームでも他社団体ツアー2組、バスで移動中も3台の日本人ツアーとスレ違いました。
こちらの旅行社以外は、現地ガイド無しの、添乗員さんのみのツアーですので、こちらにとってはなんにもありがたくないですけど、これを機に、徐々に日本人ツアーに復活してもらいたいですね。

そして、ガイド無しだと、今日のテプイアみたいな、厳しいスケジュールで、間欠泉も見ていただくって、とても難しい事になると思います。
ガイド付き団体ツアーが増えると良いですね。

e0133780_17272995.jpg
ロトルア空港出発口カウンター。
この天気ですから、機内から、トンガリロ山群、右手遠くにはタラナキ山の姿も見えたでしょうね。

空のバスでホテルへ戻り、仕事終了。
クリスマスホリデーになってしまうので、銀行へ寄って、カードの支払いでした。
思わぬ大きな出費のあった11月ですので、やりくり大変でしたが、なんとか帳尻合わせ。

ショッピングセンターは、車もいっぱい、大勢の人達でした。
e0133780_17284478.jpg
カモメもショッピング?
こちらは当分ショッピングの余裕は無いので、写真を撮ったらそのまま出て、パックンセーブで食材の買い物。

クリスマスにはイチゴ。
大きなサイズで3ドル切ってました。
e0133780_17324686.jpg
イチゴの右は、お米なんですよ。
今日のお客さんが、現地でガイドさんにあげようと思ったからって、わざわざ1合ちょっと、持ってきてくださいました。
仙台の何とかってお米だそう。
名前が書かれてる袋と思っていたのですが、中身はジップロックに小分けにした物でしたので、分からずじまいになっちゃいました。

8時27分、日没は遅くなりましたね。
e0133780_17381930.jpg
雲一つない空、大きなサイズにするほどの景色になりませんでした!

今日もお疲れ様でした。

by masaya-iwata | 2013-12-20 18:03 | 観光 | Comments(2)