<   2017年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 30日

24日のお寿司とMALTA、28日の岩﨑愛子さんと紫陽花

今日も蒸し蒸しする梅雨空の一日、少し風もありましたけど、洗濯は乾かず、夕方に取り込んで居間で干してます。

前回更新の続きです。
24日に勝鬨橋から隅田川沿いを聖路加タワーまで歩いて塩瀬の饅頭。

その後、友達と待ち合わせの、築地4丁目すし好へ向かいます。
e0133780_18453992.jpg
象さんに遭遇。

公演は若い家族連れで賑やかでした。
e0133780_18461921.jpg
ここだけ見ると、郊外の団地の週末って感じですけど、

e0133780_18464414.jpg
聖路加タワーがバーン。
緑が眩しいです。

e0133780_18481758.jpg
築地四丁目交差点から築地場外市場、とってもたくさんの人達です。
印象では半分近くが中国人に見えました。

横断歩道の向こう側に、
e0133780_18514116.jpg
築地銀だこ本店です!
ここが本拠地だったんですね。
e0133780_18522911.jpg
おや?
何やら撮影中。
e0133780_18524939.jpg
テレビ局っぽくはないです?


という事で、午後3時、昨年9月のロトルア以来の友達カップルと再会でした。
e0133780_18561761.jpg
バーーンと美味しい江戸前寿司。
向こう側に、初めて食べた芽ネギの握り。これがまたすご~く美味しかったです。

友達の撮った寿司写真の方が美味しそうなので、すし好の後に寄ったタリーズの写真も一緒に、友達がフェイスブックにアップした写真です。
e0133780_18582941.jpg

こちらまたすし好の写真、友達が撮って送ってくれた写真。
e0133780_19024786.jpg


食べてすぐお別れも寂しいので、4人でタリーズコーヒーでまたおしゃべり。
そしてお別れ、いったん歌舞伎座へ戻って荷物を置いて、再び外へ。
e0133780_19083173.jpg

そして銀座インズ2,銀座Swingです。
e0133780_19105610.jpg

e0133780_19114376.jpg
今年初MALTAでした。
今回も、もう10年以上前から、MALTAを見に行くと銀座だろうが横浜だろうが、必ず見かけるおじさんと奥さん、また指定席にいらっしゃいました。


e0133780_19161220.jpg
今回も目一杯、終わって11時前の外堀通り。
思ったより人の数は少なめでしたが、まだまだ元気な若者が前方に大勢です。

e0133780_19203781.jpg
11時の鐘でした。
e0133780_19205541.jpg

e0133780_19212767.jpg
ちょっと前まで時刻が浮かび上がっていたんですが、消えちゃいました。


e0133780_19230113.jpg
まだエスカレーター運転時間には間に合いました。
この日のスマホ歩数計は、1万2百歩になりました!




お次は一昨日28日の午後1時40分頃。
高幡不動尊、五重塔地下出口前です。
e0133780_19255292.jpg
岩﨑愛子さんでした♪

毎月28日に行なわれる定期ライブにやって来ました。
今回は、他のイベントは無く、岩﨑さんのライブのみです。
地下ホールの無料休憩所のテーブルはそのままに、歌唱を披露してくださいました。

e0133780_19272008.jpg

フェイスブックに載せた写真と他の写真をご紹介です。
e0133780_19274787.jpg
先月に続き、高幡雨情から。

e0133780_19281853.jpg
猪苗代情歌。

e0133780_19283548.jpg
間に「南部蝉しぐれ」を挟んで、最後に曼珠沙華咲く高幡で。


e0133780_19291723.jpg
今回も楽しいお話し。
ここまで流暢にいろいろな話題を、台本もなく楽しく話せるって、なかなか出来ないことですよ。

e0133780_19312943.jpg
テレビの画面で見られる日が楽しみですね。

e0133780_19315577.jpg
という事で、今回もまた、母にたくさんの元気をいただきました。
いつもありがとうございます。


終わって、外へ。
e0133780_19323723.jpg
五重塔。

e0133780_19330290.jpg
紫陽花も一緒にほしいですね。


e0133780_19331889.jpg
あじさい祭を開催中のお不動さん、平日の午後に大勢の人達でした。

e0133780_19334812.jpg
午前中の雨は上がり、日差しはありませんけど、蒸し暑い。
少し歩くだけで汗ばんできます。

e0133780_19345517.jpg
こちらガクアジサイ。

e0133780_19351770.jpg

e0133780_19352590.jpg
色とりどり、種類も数え切れません。

e0133780_19362377.jpg
なかなか光のバランスが難しい。

e0133780_19364472.jpg
多すぎて写真撮ってても切りがありません!

e0133780_19370210.jpg
紫陽花を眺めて歩く内に、どんどん奥まで進んでしまいました。
八十八ヶ所巡りコースを歩いてます。

e0133780_19374593.jpg
遠すぎ。

e0133780_19375743.jpg
上りが続きます。
今回もウォーキングポールは車に置いてきました。
階段はゆっくり、平らな道は普通に歩きます。

e0133780_19384042.jpg

e0133780_19384837.jpg
どこで下り道になるんだろう!


e0133780_19391240.jpg
良かった、途中ショートカットで下り道を見つけました。
このまま奥へ進むと、愛宕山ハイキングになっちゃいます。
ほんとは、9月に見られない曼珠沙華の様子も見てみたいんですけどね。

それにしても高幡不動尊がこんなに広いとは、と、今さら知るとは!

e0133780_19473019.jpg
無事戻りました。



お不動さんの参道は七夕飾り。
e0133780_19504086.jpg
明日ここで、七夕まつりイベントが開催されますよ。

e0133780_19524784.jpg
この日の歩数は2,400歩でした。


by masaya-iwata | 2017-06-30 20:03 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 28日

24日、歌舞伎座から勝鬨橋ー聖路加タワーへ散歩

今日は朝から小雨、じめじめ蒸して部屋の中もぺとぺとしています。
先週土曜はすかっと良い天気。

e0133780_11441167.jpg
先に外へ出た写真、歌舞伎座です。

24日にスマホから更新しているのと同じ写真もありますけど、もう一度その日の様子を途中までご紹介です。

e0133780_11453155.jpg
こちらが最初の写真、駐車場から上がってお土産物屋の並ぶ広場。

ここで何気なく見て回ったのが、思わぬ出費へ…!
e0133780_11463754.jpg
良い扇子があるなぁーと見てました。
それとなく遠慮がちに話しかけてくる店員のおじさん。
物はとっても良く、数年前に京王デパートで買った「扇子シリーズ」のお土産よりこちらの方が良かった!
でも、良いものは高い!
でも、2千円のものでもなかなか良い。
外人が見たら、とても高そうに見えるよなーって話していたら、おじさんが、どこの国?と。
NZですと答えると、おじさんの甥御さんが、オークランドで釣りガイドをしているんですって!
BSの釣り番組でNZ紹介の際にも出演されてるそうです。

それにしても、ここの扇子は良いです。
おじさんと話したからって訳じゃないですが、近所のおばさんにはネコの絵柄でケース付き、ちょっと高いの。
羊のおじさん宅とペイトリ先生と、つい3個も買っちゃいました。

おじさん、またNZにも来る予定があるそうで、その時ロトルアでお会い出来ればね!っと。
会話で縁も広がりますよね。

ほんとはこの日、浜離宮に行こうかなと思ってました。
一昨年だったか、5月の暑い日に歩いてますが、前日に地図を見たら、ここから歩いて1.3km、そんなに遠くないんですよね。
都内って地図で見てみると、いろんなところが結構近いもんですよね。

しかし、いつものように出かけるのが遅くなり、この日の歌舞伎座到着も12時半。
さらに、お土産で寄り道してしまったので、浜離宮はまた次回にして、プランBです。

築地方面への散歩にしました。
e0133780_11540673.jpg
築地本願寺。
お寺に見えない外観ですよね。
建物中も自由に入れるようですが、庭だけ歩いて通過しました。


e0133780_11581979.jpg
勝鬨橋。
母はまだこの辺りを歩いたことがないので、プランBでした。

e0133780_11591093.jpg
振り返ると、ニチレイのビル。
高校時代の同級生が努めています。
彼は、この日の前日にシアトルに向かったよう。
いつも彼のFBで写真を見てましたが、実際ここに来て建物見てびっくりでした!


e0133780_12003324.jpg
勝鬨橋の真ん中から。

e0133780_12005959.jpg
前方に聖路加タワー。
これからそこまで向かいますが、橋を渡って対岸を歩き、向こう側の佃大橋を渡るのは、遠回り過ぎですものね!
この辺りでまた引き返しました。

e0133780_12022213.jpg
下流側、前方に築地市場です。

e0133780_12025088.jpg


e0133780_12030206.jpg
隅田川沿いを散歩です。
散歩も目的があるとしやすいですよね。
友達から、塩瀬総本家のお饅頭を勧められていたので、それを楽しみに♪


e0133780_12051997.jpg
ホタルナがやって来ました。
e0133780_12053670.jpg
3年くらい前に、乗った様子を更新したような気がしますが?

e0133780_12060768.jpg
勝鬨橋をくぐっていきます。


e0133780_12062606.jpg
中央区の気温は28℃。
実際はもっとありそうです。

e0133780_12074843.jpg
花も綺麗に咲いてます。
「花を持ち帰るのは犯罪です」みたいな注意書きが出てるのも、今の御時世なんでしょうね。


e0133780_12085213.jpg
続いて、ヒミコがやって来ました。
浅草発お台場行き。
こちらの方がホタルナより小さいです。


e0133780_12093910.jpg
タワーマンションでしたっけ、すごい眺めですね。
佃大橋をくぐって、屋形船かな?
e0133780_12101038.jpg

e0133780_12172104.jpg
日影で皆んなのんびり。
なんで影になってるかというと、
e0133780_12175480.jpg
聖路加タワーでした。

e0133780_12180687.jpg

もう少し歩いて、
e0133780_12183011.jpg
塩瀬総本家。

e0133780_12184972.jpg
再び聖路加タワー前の広場に戻り、日影で饅頭タイムでした♪


続きはまた!


by masaya-iwata | 2017-06-28 12:37 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 27日

岩崎愛子さんの猪苗代ツアーと動画集

更新が遅れてしまいました。
岩崎愛子さんデビュー10周年、ファン感謝ツアーin猪苗代が6月7日にスタートしました。

バスの中での動画鑑賞。
e0133780_23423652.jpg
こちら、先月の後半に作った、「曼珠沙華咲く高幡で」のイメージ動画です。

先に動画のご紹介しますね。
昨年今年と、岩崎愛子さんのライブイベントに訪れて、いろいろとデジカメ動画を撮影してきました。
編集してYouTubeにもアップしましたが、なんとなくまとめ作業をしたくなり、過去の動画を切り貼りして、音声はCDを利用したイメージ動画を作ったんです。

最初に作ったのが、「曼珠沙華咲く高幡で」。

(5分11秒)

最初に作ったのは、字幕の字が小さかったので、後日作り直したのがこちらになります。

上の表紙写真ですけど、こちらがサムネイルになります。
元写真は百草園で行われたライブイベントの写真ですけど、後ろに五重塔なんてありませんからね!
高幡不動尊の五重塔写真と合成しました。


まだ他にも2曲作る予定でしたけど、なんだかんだで遅くなってしまいました。
作成したのは、風邪をひいて38℃以上あった熱がやっと下がり、少し落ち着いた今月4日の日曜日のこと。
まだ頭痛が残る中、なんとか作りました。
前日の土曜日夕方、晩御飯作るのが面倒なので、マコトへ行く前に高幡橋の夕暮れ前写真、帰りがけにちょっと遅い黄昏写真を撮ってきました!

動画3本とも全部そうですが、一番大変だった作業は、今まで撮った動画の中から、歌詞のどの部分にどの映像を使うかという、選別作業です。
歌詞を印刷して、各行に動画割当をメモしていきますけど、作ってる内に、やっぱりこっちが良いかな?とか選び、5分程の曲をいったい何度聞いたことか!
おかげで、歌詞の意味もじっくり味わい、歌も重ねて聞く内に、さらに良さが分かってきました♪


「ひとり高幡橋」

(4分48秒)

こちらは、一部選んだ映像を変更して、後日再アップしたものです。

続いて翌日5日の月曜日、突然体調が復活して、3本の中で一番さくさくっと出来たのが、「夢あかり」。
昨年11月、町田市民フォーラムでの様子が、舞台効果もあって綺麗でしたので、ステージ前側のモニターが邪魔にならないアップ映像をつい多用してしまったかな?という感じもしましたが、ツアーに間に合わせるために、これでよし!と、一気に作りました。

この動画は、それぞれのライブ映像の音声をそのままつなげました。
イントロ出だしと、エンディング最後の部分はライブ音声は使えませんから、その部分はCD音声でつなげてます。
歌ってるのはもちろん全部、岩崎愛子さんですけど、昔で言えばちょっと「We are the world」風、今で言えば、大和証券のCM風♪?


「夢あかり」です。

(5分2秒)

動画編集は、昨年ブログに書いた気がしますが、3−4千円くらいでDLした安いソフトで、そんなに機能はついてません。
音声波形もおまけ程度にしか使えないので、合成作業はほとんど耳で合わせます。
その割には、結構上手く出来てますし、作りながら自分でも泣けてくるほど、感情こもっていて良い歌唱になってると思います!
一押しの動画ですので、全部しっかりご覧くださいね。
ほんとに良い歌ばかりですよ。


そんな訳で、これらの動画3本をDVDに焼いて、ツアーバス車中で流していただいたんでした♪


e0133780_00185388.jpg
バスガイドの岩崎愛子さん♪

こちら、出発前、集合場所の高幡不動尊です。
e0133780_00192236.jpg
そう、変なフレームが付いてますけど、これらは、猪苗代のホテルで行われたディナーショーの動画で使った写真です。
この動画に、スナップ写真を盛り込んでますので、その中で紹介してない写真などをさくっとこちらに載せますね。


e0133780_00210976.jpg
道の駅猪苗代からの、会津磐梯山。

動画にお蕎麦の写真がありますけど、「農家レストラン 結(ゆい)」でのランチでした。
そのすぐ近くに、見祢の大石。
e0133780_00224034.jpg
明治21年(1888年)磐梯山の噴火で5km流されてここまでたどりついた巨岩です。
長さ9.4m、幅6.1m、高さ3.0mあるそう。
重さ400トンにもなるそうです。
写真だとよく分からないですよね!


食後の散歩は、五色沼へ。
e0133780_00292717.jpg
ウォーキングポールを持って、張り切って歩き始めたんですが…。
地元ガイドのおじさんが、「ゆっくり歩きましょう」なんて皆んなにアナウンスしてくれてましたけど、その「ゆっくり」の度合いは高齢者基準ではなかった!
とはいっても、同行していたほぼ同年齢の男性陣はスタスタ歩いてましたから、やはり母のペースは遅すぎた。

e0133780_00313718.jpg
ガイドのおじさんが、ものすごく遠慮がちに誰とも言わず、この先このペースだと終了が間に合わなくなることを伝え、これって母の事だなぁーと、誰しも分かりきった無言の重圧を感じて、

e0133780_00341113.jpg
e0133780_00345636.jpg

e0133780_00350845.jpg
ここまでなので、記念撮影。
五色沼の一色だけ制覇でした♪

先週の鋸山の方が荒れた道でしたから、こちらも時間さえあれば歩けたんでしょうが、団体ツアーでは仕方ない、残念でした!

e0133780_00370382.jpg
出発地点と別の場所にあるバス方面へ向かいます。
ここの山の中もとても綺麗でした。

e0133780_00375287.jpg
付き合ってくださる方と楽しく話しながら。


皆んなと落ち合う桧原湖駐車場までバスで向かい、景色を見に行けば良かったんですけど、待ってる間に岩崎さんのお母さんとたくさんお話しして、そのまま皆さんと合流でした。
どのくらいでしょう? 30分以上はバスの外で立ち話してたと思いますが、景色よりも良い経験になりましたね♪


e0133780_00430708.jpg
夜はメインイベント、ディナーショーです。

e0133780_00433937.jpg
動画にしてますから、最後にご覧くださいね。

e0133780_00435892.jpg
今回のツアーのために作られたCD、「美しき猪苗代」、「猪苗代情歌」です。
スナップ写真のスライドは、「美しき猪苗代」の2番の部分に入れてます。
顔の分かる写真も多いので、各コマの長さをとっても短くしました!



8日の朝。
e0133780_00460057.jpg
朝食バイキング。
ホテル・レイクサイド磐光です。
ベッドのツインルームにしていただいたので、部屋から湖は見えず、この時になって初めて綺麗な猪苗代湖を眺めることができました。

e0133780_00473337.jpg
暖炉の季節にも行ってみたいですね。

出発前に湖畔へ。
e0133780_00484629.jpg
もうちょっと早く出てくれば、岩崎愛子さんと写真を撮れたんですが!


e0133780_00494378.jpg

e0133780_00501160.jpg
遠くに、会津磐梯山。



e0133780_00511383.jpg
会津民俗館前の駐車場。
ここに以前紹介したラーメン館もあります。
団体バスもたくさん。
野口英世記念館はパスして…、って、10年位前かな?こちらに来た時もやっぱりパスしてましたが…。
あの時も雨の猪苗代湖でした。

e0133780_00544427.jpg
道路を渡って、ビール館入り口。

e0133780_00550306.jpg
前日よりはよく見えた磐梯山。

世界ガラス館から出た時に、岩崎愛子さんと一緒に♪
e0133780_00554559.jpg
元気の源です。
ありがとうございます♪


e0133780_00561152.jpg
そしてアスパラ収穫体験だったんです。

e0133780_00562766.jpg
e0133780_00564198.jpg
今年はアスパラが品薄と、東京に戻ってからのニュースで聞きました。
貴重なアスパラ、食べ放題でしたし、お土産までいただいちゃいましたから!

e0133780_00580528.jpg

e0133780_00581507.jpg
田んぼがいっぱい。

そう、福島のお米もとっても美味しいんです。
これまたお土産で、「いなわしろ天のつぶ」ってお米をいただいちゃいました。

e0133780_01050115.jpg
近くの地区センターみたいな建物2階で、アスパラ料理をたっぷり。
やはりスライド写真で紹介してます。
農家の活動についてのプレゼンも聴きました。


e0133780_01084255.jpg
そのスライド写真の中に、こんな写真がさっと流れます。
実際ご覧になった方でないと、何の写真か分からなかったと思いますので、こちらに載せました。
これもピントが岩崎さんの頭に合ってますから! 遠くがピンぼけなんですけど、ネコが屋根の上で気持ちよさそうに雨宿りしてる様子でした。


では、こちら、オリジナル曲で編集したディナーショーの様子です。

(45分33秒)

動画の最後に、開会式で行われた、岩崎愛子さんの恩師、高田弘氏による祝辞の音声を、「曼珠沙華咲く高幡で」の動画と合わせてご紹介しています。
最後までご覧くださいね♪




by masaya-iwata | 2017-06-27 01:17 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 24日

寿司からMALTA♪

築地四丁目のすし好で、たらふく大満足。
e0133780_20510127.jpg

ごちそうさまでした〜♡

タリーズでコーヒーの後、友達とお別れして、歌舞伎座にいったん戻り、荷物を車に置いて、いつもの銀座、
e0133780_20510277.jpg


スウィング
e0133780_20510238.jpg



e0133780_20510372.jpg

イェ〜イ、ワンパターン♪
って、もう何年も、イェ〜イとは言ってないですよね。
ワァ〜オ♪ ですね。


今回、財布が気になり、予約を迷って一昨日夜にやっと入れたせいか、
e0133780_20510337.jpg

ピアノの後ろ...。
満席です。

MALTAは顔しか見えない!
まぁでも、今まであまり見てなかったメンバーの顔と会話、譜面まで見えるので、これはこれでOKかな。

1st終わって、もう少ししたら2ndです。
イェ〜イ♡

by masaya-iwata | 2017-06-24 20:53 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 24日

勝鬨橋から隅田川散歩

今日も良い天気ですね。
火曜日が貴重な晴れ日と言ってたのはなんだったんでしょうか!

歌舞伎座から歩いて勝鬨橋へ。
e0133780_14364129.jpg



高校時代の同級生の勤めるニチレイはここにありました!
e0133780_14364184.jpg



e0133780_14364160.jpg

向こう側の佃大橋まで回るのは遠いので、戻ります。


e0133780_14364279.jpg

ホタルナ通過。


e0133780_14364240.jpg

気温28℃、日向はもっと暑そう!

e0133780_14364211.jpg

友達お勧め、塩瀬総本家で志ほせ饅頭を買って、
e0133780_14364374.jpg

聖路加タワーの日陰でティータイム。

これから友達とお寿司だ♪


by masaya-iwata | 2017-06-24 14:37 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 21日

昨日の鋸山と東京湾フェリー再び

予報通り今日はひどい天気になりました。
今、東京湾フェリーのサイトを見たら、お昼過ぎから荒天のため欠航となってますね!

昨日と同じ写真も入れて、金谷への日帰りドライブの話です。

毎度同じく、出発が遅くなってしまったので、中央高速から首都高を通りアクアラインへ向かいます。
e0133780_17094403.jpg
羽田空港管制塔。


そして海ほたる。
e0133780_17100224.jpg
ご機嫌な顔の訳は、この直前までゴールデン・レトリバーと遊んでいたからです。
まだ2歳でも、大人しくてハンサムなゴールデンでした。
ジョンにも海ほたる見せてあげたかったんですが、結局その機会のないままでした。


天気予報曰く、貴重な晴れ日には違いないですけど、やはり夏空の海は視界不良ですよね。
e0133780_17142811.jpg
一日中、富士山はまったく見えませんでした。

高速はスイスイでしたので、家を出てからまだ1時間半ちょっとしかかかってません。
金谷まであと40分、余裕でお昼前に到着です。

e0133780_17170127.jpg
2月の終わり頃にもここで記念写真撮りました。
ブログを見返すと、2月24日でした。
まだダウンジャケット着てますね。

あれから4ヶ月、このブログ、まったくNZ情報になってませんよね…。

あの時のタイトルと同じく、今回もまた、思いつき…。
突然前夜に連絡したので、ご迷惑をかけてしまいました。


もうそろそろ金谷港。
e0133780_17210734.jpg
JR内房線の、このローカルさが良いですよね。
電車旅をしたのはもう10年くらい前になるのかな。


e0133780_17232956.jpg
フェリーが見えてきました。

e0133780_17234349.jpg
フェリーターミナル横の、ザ・フィッシュで待ち合わせ。

e0133780_17244008.jpg
地魚の漬け丼。


e0133780_17250896.jpg
海鮮丼。

佐渡島以来の美味しいお刺身でした。



e0133780_17265439.jpg
上だけ見てると外国のフィッシュマーケットみたい。


海を眺めに外へ。
e0133780_17325058.jpg

e0133780_17331833.jpg
e0133780_17334053.jpg
海の水は綺麗でした。
でも、釣りのおじさん達が、今日は濁ってるって言っていたので、昨日のニュースで青潮来てるって言ってましたよと伝えたら納得してました。

e0133780_17345383.jpg
鋸山。
この後ここへ向かいます。

e0133780_17351100.jpg
あれがロープウェイですね、って話をしていたら、さっきのおじさんが親しげに話しかけてきました。
地元育ちのようで、昔はあの山の上から紙飛行機作って飛ばしてたとか、昔は孔雀を揃って飛ばしてたとか、あれやこれやと。
観光客用の地図までくれました。

おじさんの話によると、有料道路を使っても、上に行けるとのことですが、これが3千円かかるとか。
ロープウェイは1千円だから、有料道路は高すぎだよ!、みたいに言われたんです。

その時は、なるほどーと聞きながら、やはりロープウェイで上ったほうが良いなって話していたんですが、これがなんと、大嘘の大失敗だと、ついさっき調べてみて分かりました!!

結論から言うと、鋸山ドライブ観光では、ロープウェイも有料道路も使わず、無料で行ける日本寺東口に駐車して、そこから上って観光するのが一番良いです。
その話はまた追々と。


e0133780_17404673.jpg
4ヶ月も経ってしまったお土産をやっとお渡しして、ここでお別れでした。


e0133780_17414031.jpg
さ、ロープウェイ。

e0133780_17415704.jpg
階段の多い一日でした!

e0133780_17421659.jpg
ロープウェイは往復930円。
JAF割引だと団体料金と同じ830円になりました。


2時半発、どんどん人が入ってきて、満員電車なみ(他の乗客曰く)の混雑となりました。

e0133780_17532691.jpg
とりあえず横からの景色だけは見えます。
後ろは優しそうな白人男性。


e0133780_18585656.jpg
海は霞んで見えにくい。

e0133780_18592212.jpg
到着間際、切り立った岩壁の間に入ります。


5分程の乗車時間、空いていれば良かったんでしょうが、混んでいたので、あまりロープウェイのメリットが無かった。
これがまず、ロープウェイを使わなかったほうが良かった最初の理由。


駅を下りて、さぁ出発。

e0133780_18595492.jpg
いきなりこの階段!

後から分かったのが、建物内の普通の階段、それでも3階分ありますけど、それを上って、屋上から遊歩道に出れば、少しは楽でした。

e0133780_19065821.jpg
その見晴らしエリアに行くのも、階段でなく、岩盤の坂を上ってです!
一番奥に、フェリーターミナルが見えてます。

ここを左に平らに進めば、ロープウェイ駅の屋上につながっていたんですよね。
帰りはここから屋上へ行きました。

駅構内には、最終ロープウェイの時間17時って書かれていて、そんなに遅くならないだろうと思ってましたが…。
e0133780_19081793.jpg
見晴らしエリアの後も、岩でガタガタ続く道をずっと歩きます。
これはほんとに、最終時間になるかも。

写真を撮れるってことは、まだ楽な道って事です。
もっとひどい場所は手を繋いで歩いたので、カメラは使えませんから!


e0133780_19101458.jpg
右側の階段を下り、って、これがまたかなり長く、不規則な階段で下りるのも一苦労。
つまり、帰りはここを上らないといけないです!

左側が、日本寺西口脇の駐車場。
有料道路を使えば、ここまで来られます。

これは影響かなり大きい!
地元のおじさんの言う通り、3千円払ったとしても、こちらまで来た方が良かった。

さらに、先程ネットで検索してみると、ここの有料道路の代金、1千円なんです…!
もちろん往復。
駐車料金もかかりません。

e0133780_19160687.jpg
すぐ背中が西口。

時間と疲労度、そして混雑していた場合のロープウェイからの眺めを考えると、車の人はここまで来た方が良いですね。

さらにもう一つ、この西口を入ってすぐ右に下り階段があり、そこをずっと進むと、この写真にある、日本一の磨崖大仏があるんです。
その大仏の近くに、先に書いた、東口があります。

もし大仏も眺めるなら、結局東口近くまで下りて、また上らないといけないという事になるので、全部を歩くなら、東口を利用した方が良いという結論でした。
もちろん車利用の場合です。

…、なんてことは、事前に調べておけば分かったこと。
思いつきで行ったら、こういう失敗がありますよね…。


とりあえず、目的の地獄のぞきへ頑張ろう!
実は、ここまでの、先程のガタガタ道ですれ違ったご夫婦の奥さんの方から、行くのは無理よーって言われたんだですけどね。

時刻は3時。
20分程で行けるようですが、40分かかったとして、まだロープウェイには間に合いそう。

e0133780_19280625.jpg
ひたすら階段。


随分上ったなーと思っても。
e0133780_19302941.jpg
まだこれだけ。
西口が見えてます…。



e0133780_19305667.jpg
比較的傾斜の緩い階段でしたから、それなりでここまで到着。
右側の階段が行先ですけど、ここを左に曲がると「1分」の寄り道です。

e0133780_19315688.jpg
あ、ここはテレビで見たことがある。

よくもこれだけの岩を切り崩しましたよね。

e0133780_19331065.jpg
少しゴツゴツしてますが、とりあえず一人で歩けます。

e0133780_19341521.jpg
ここから先の、僅かな区間が、岩場です。
ここを歩くのに時間がかかりました。

e0133780_19352758.jpg
百尺観音。
大きい!

e0133780_19360306.jpg
すごーい空間です。


先程の分岐点へ戻り、再び階段を上ります。
e0133780_19362318.jpg
休憩含めて15分の寄り道となりました!


ここからの階段は、ひたすら階段。
急な場所もありますが、こつこつ上ればなんて事ない。
途中で、同じロープウェイに乗っていた若いカップルと会って、あとどのくらいか聞いたら、もうすぐって事で、頑張って到着。


e0133780_19412615.jpg
奥が地獄のぞきの場所?
全体が山頂展望台で、皆んな同じように、地獄を見下ろすような景色なので、どこでも同じですけど!

奥へ進んで、
e0133780_19421171.jpg

e0133780_19425352.jpg
高速道路。

もう少し奥へ進みます。
やはり岩を削ったような狭い道。


見晴らしエリアへ出ると、そこで待ち構えていた若者グループの男性が、写真を撮ってくれました。
e0133780_19431761.jpg
奥にフェリーターミナルが見えてます。

あれこれ指示されながら、結局4枚も撮ってくれました!

e0133780_19453671.jpg
右側飛び出ている岩が、先程の写真の、地獄のぞきを反対側からです。


e0133780_19464436.jpg
戻りながら、ここにも行ってみよう。

e0133780_19471665.jpg
高速道路と、フェリーターミナルも見えてます。

ここを山側の方に戻ると、ほんとは、下る道があり、千五百羅漢道を通ったりしながら大仏様を拝めるんです。
でも、かなり下り道、そしてまた上り道ですから、時間を考えても無理です。
なので、「人口景色」は諦め、再び自然の眺めを楽しみました♪

e0133780_19494803.jpg
地獄のぞきから眺めた、高速道路の方向。

e0133780_19501407.jpg
最初に撮った、見晴らしエリアがこの正面です。
右下が、百尺観音前の広場ですよ。


って、もちろんここは自分だけ。
e0133780_19510255.jpg
この岩の坂道は、さすがに母は上れませんから!




ずっと下って、西口まで。

大仏へ下りてみようかなーとちらっと思い、ちょうど上ってこられたご夫婦に尋ねたら、やっぱりかなり下らないといけないそう。

西口を出て、自動販売機で果汁100%のパイナップルジュースを飲んで、先程の上り階段を歩き、ガタガタ道を再び歩いて、ロープウェイ駅の屋上です。

e0133780_19513515.jpg
さっきの西口駐車場です。
左奥が、山頂展望台の最初の場所かな?


時刻は4時15分、あれれ、最終5時には十分すぎました。

e0133780_19540084.jpg
風がとっても気持ち良いです。

4時半発のロープウェイに乗りました。
e0133780_19544585.jpg
下りは空いてました。

この時間でまだ上ってくる人がいるんですから、どうするんでしょうか!?
さっきのガタガタ道を歩いてる時も、数組とすれ違いましたからね。
その人達はロープウェイしか足が無いはずですから、地獄のぞきまで行って帰って、最終5時に間に合うんでしょうか?

e0133780_19560915.jpg
やっぱりこの眺めはすごいですよね。



まだフェリーの時間まで余裕があるので、道路側から大仏を見られないかな?と、南へ下ってみました。
有料道路を通り過ぎる時、ちらっと3千円とかって価格表示が見えましたが、「大型」って書かれてました。

東口駐車場まで行ってみましたが、道路からはまったく見えませんでした。
その時、時刻は4時50分。
閉門まであと10分。

諦めてすぐに帰りましたが、ここでまた失敗。
まだ受付の人が居たので、西口で使った日本寺拝観料600円のチケットで再度入場し、大仏様をすぐに見られるのか聞いてみれば良かったです。


そんなこんなで、4時50分くらいにフェリーターミナルへ。
買い物などをして、5時20分発のフェリーへ。
e0133780_19563082.jpg
2月25日にも通った場所。

あ、そういえば、まだこの時の1泊2日のドライブの様子、ほんの少ししか更新してませんでしたね!

e0133780_20024131.jpg
あの時は、甲板で景色を眺めてましたが、今回は最上階の席、すぐに海で楽ちんです。

e0133780_20031905.jpg
出港。

ここでコーヒーを飲みながら、昨日の更新でした。



e0133780_20033213.jpg
同じフェリーとすれ違いました。

e0133780_20040172.jpg
すごい場所に灯台作ってますね。


e0133780_20041441.jpg
そろそろ久里浜港に到着です。
このフェリーからの夕日の様子は、ブログではまだで、フェイスブックに載せたんでしたね。
こちらの方向に富士山も見えてました。


e0133780_20053089.jpg
到着です。

e0133780_20054475.jpg
乗船客が右側から下り、車の人は駐車階まで。


e0133780_20061768.jpg
4ヶ月前に比べて日が長くなりました。


高速入り口までしばらく走りますが、フェリーで隣に停まっていた車がすぐ横にいました。
e0133780_20064550.jpg
品川ナンバー。
お金持ちそう!


保土ヶ谷バイパスで少し渋滞にはまりましたが、ほぼ順調に走って、多摩ニュータウンのリンガーハットで夕食。
e0133780_20083123.jpg
母は、冷やしちゃんぽんを初めて頼んでみました。

e0133780_20092678.jpg
これが、冷やし中華とちゃんぽんの中間の味、麺も締まっていて美味しかったです。


という事で、昨日の様子でした。


by masaya-iwata | 2017-06-21 20:17 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 20日

鋸山と東京湾

昨晩の天気予報で、今日は貴重な晴れ日だと言うので、急いで連絡して4ヶ月も経過したNZのお土産を渡しに、千葉、内房へやって来ました。

3年ぶりにお会いした後、鋸山へ。
e0133780_17451363.jpg


e0133780_17451452.jpg


ロープウェイなので楽勝かと思ったら、とんでもなかった。

e0133780_17451428.jpg


がたがた道を上って下って。


e0133780_17451414.jpg


600円払って日本寺。

まだまだ階段。

e0133780_17451556.jpg
1分の寄り道も、下がごつごつなので大変!

e0133780_17451510.jpg




e0133780_17451671.jpg

やっとお目当の眺め♪

e0133780_17451680.jpg



e0133780_17451679.jpg



また長い歩きで、ロープウェイ乗り場へ戻りました。
e0133780_17451683.jpg



e0133780_17531253.jpg



そして、5時20分発のフェリー。
e0133780_17531399.jpg



e0133780_17531312.jpg


コーヒー飲みながらのんびり更新でした。

e0133780_17531401.jpg



そろそろ久里浜港到着です。
e0133780_17531469.jpg



4.100歩。
歩数よりたくさんの運動と元気をもらいました♪

また追加更新しますね。


by masaya-iwata | 2017-06-20 17:53 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 19日

我が家の紫陽花と、昨日のブルーノートの話の追加

というタイトルを付けて検索してみると、同じものがたくさん出てきますね!

今朝は母をリハビリに送り出し、洗濯を干してから、ここ数日とても綺麗な紫陽花の写真を、朝の内に撮っておこうと庭を回って東側の物置前へ。
e0133780_17103334.jpg
わずか1個だけ咲いていて、後は全部つぼみです。
って、これをつぼみと呼ぶのかな?
e0133780_17120507.jpg


e0133780_17185855.jpg
ほったらかしですけど、場所が良いのか、毎年綺麗に咲いてどんどん増えていきます。


裏も綺麗です。
e0133780_17194752.jpg
先月水道工事の頃とはまったく違ってます。

e0133780_17205498.jpg
こちらはいくつか咲いてました。
狭いので歩くと体に花粉が付いてきます。


e0133780_17212705.jpg
そのまま西側へ行くと、こちらは白です。
やっぱり青いつぼみ?は丸まったまま。
まだしばらくの間、楽しめそうですけど、台所の窓は磨りガラスですし、東側も普段まったく見てません。
裏の家も雨戸を締めたままですから、ちら見をするくらい、あとはひっそり咲くにまかせたままですね。

e0133780_17291079.jpg
西側から。

e0133780_17293370.jpg
涼し気な色。

ああ、そういえば、福島の世界のガラス館で買ったグラス、水色の方が、洗い物の水切りかごでちょこっと倒れただけで割れてしまいました…。
最初から、ちょっと薄すぎるなぁーと思っていて、洗う時でも注意していたんですけどね…。
とっても残念。
今度買う時は、もうちょっと厚いガラスのを選ぼう。
他の食器と洗い物を分けるのは面倒ですしね。


e0133780_17333681.jpg
再び東側の紫陽花でした。




昨日の朝の更新で、ブルーノート東京の話題ですが、ミュージシャンの名前を何人か書いた中で、ルー・マリーニって人が居ました。
その時に書くのを忘れた内容があり、あとから追加しようかどうしようかなーと思いながら、夜中にYouTubeを見ていたら、なんとお薦め動画にちょうど、その書こうとしていた内容の動画が出てきました。

それは、映画の「ブルースブラザーズ」のワンシーンなんですが、ここ数年、YouTubeでブルースブラザーズ関連の動画は見てませんでしたから、どうしていきなりお薦めに出てきたのか?

昨日更新を書いてる時、何度かルー・マリーニでGoogle検索したことで、YouTubeに関連付けられてお薦めになったとしか考えられないです。
なんて便利!と思う反面、すごいクリックデータを収集されてるなぁーと驚きますよね。
まあ、抜かれて困るプライバシーは無いので気にはなりませんけども!

iPhoneも同じく、最初はiCloudとの同期をはずしてましたが、つい最近、写真データをWiFiの時のみ同期するようにしておきました。
って、この設定も良く分かってはないんですけどね。

それで、Macの「写真」を開いてみたら、なんとiPhoneの写真が全部取り込まれてました。
ということは、NZの自宅のMacでも、電源入れてしばらく後、写真を開いたら自動的に取り込まれるんでしょうか?
なんとも便利というか不思議な事に世の中なってます!


話がそれました。
ルー・マリーニに戻って、彼を知らない人でも、映画好きの方なら、このシーンは覚えているはず。
ジョン・ランディス監督の「ブルースブラザーズ」。
何度でも見たい名作ですよね。
以前ずっと、DVDほしいなーと探してて、中古か高いのしかなかったので忘れていたら、今、amazonで見たら、ブルー・レイで1,373円で買えますね。

うーーん、まあ、でも、昔の記憶だけで良いかなぁー…。

ちなみに、ジョン・ランディス監督は、この映画の数年後に、マイケル・ジャクソンのスリラーのPVを作ってるんですよ。


って、また話がそれました。
そう、この中で、アレサ・フランクリンの歌う、Think。
旦那がバンドに戻るっていうので、そんなろくでもないことしないで、よく考えろ!と、怒りながら歌うシーンですけど、ここで、厨房から出てきてアルトサックス吹いてるのが彼なんです!

ちょうどその動画が、昨晩お薦め動画に現れたんです。
なので、わざわざこんなに行数をとっての紹介となりました。

それにしても、Googleで、「アレサ・フランクリン Think」と検索すると、最初に出てくるのがYouTubeの映画のワンシーン動画なんですからね。
5百万回以上再生されてます。
著作権とかってどうなってるんでしょうね?

この動画も、最後もうちょっと流してほしいですし、もう1個別の動画の方が少し長めにあるんですけど、こっちは画面が小さいです。
でも、少しでも長いシーンの方が良いので、こっちの小さい画面の方にします。
こっちでも4百万回再生ですからね!

(3分33秒)



ギターのマット・マーフィーが店を立ち去ったところで終わってますけど、この後、アレサ・フランクリンがルー・マリーニを睨んで、あんたもさっさと行けば!とかなんとか言って、そそくさーと店を出てくってシーンまでアップしてほしかったですね!

という話でした♪




by masaya-iwata | 2017-06-19 18:33 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 18日

13日の小石川後楽園続きの続きとブルーノート

稲田から松原を通り、舟着を通ります。
e0133780_10143511.jpg
正面奥が、蓬莱島。
e0133780_10170288.jpg
琵琶湖に見立てたという大きな池は、大泉水。

e0133780_10241140.jpg
e0133780_10243810.jpg
東側の端まで来ました。

さらに東側の内庭へ向かいます。
e0133780_10252657.jpg
昔は唐門をへだてて、大泉水のある「後園」と分かれていたそうです。
水戸藩の書院の庭としてあった所で、江戸時代は「うちの御庭」と呼ばれた、池を中心にした純日本式の庭園で、睡蓮が綺麗に咲いてます。
e0133780_10311038.jpg

e0133780_10321714.jpg
すぐ後ろに東京ドーム。

e0133780_10323555.jpg
閉まっている東門の方に向かいます。
時刻は4時半。

東門を通過して内庭の反対側へ。
e0133780_10364715.jpg
カモがゆうゆうと、橋を渡ってこちら側で休んでます。

e0133780_10375231.jpg
人に慣れてて、まったく動じません。

e0133780_10382478.jpg
マガモでしょうね。

e0133780_10384059.jpg
気にはしてるようです。

内庭を一周しようと思いましたが、工事中で最後の数mが歩けず、ぐるっと戻ります。
西門まで急いで戻らないと。

e0133780_10392817.jpg
さーっと歩いて、紅葉林まで。
e0133780_10405650.jpg
紅葉してました。

e0133780_10411460.jpg

雨の日の庭園写真は綺麗ですけど、コンデジのオートで撮るとのっぺりした写真になっちゃいます。
マニュアル撮影を使いこなすか、やっぱりデジイチがほしいですよね。


e0133780_10544617.jpg
閉園のアナウンスを2回聞きながらでしたが、案外早く戻ってきて、まだ43分。

e0133780_10560573.jpg
西行堂跡。
戦災で焼失してしまったそうです。


e0133780_10573439.jpg
こちらもガクアジサイ。

e0133780_10575432.jpg
西門近くへ戻ってきました。
今日は誰も撮影してませんでした!
e0133780_10591347.jpg
黄門様の衣装を貸し出してくれるようなんです。


e0133780_10595552.jpg
馬場桜。

まだ時間があるので、奥へ向かいます。
e0133780_11004813.jpg
蓮池の脇を歩いて西湖の堤へ。

e0133780_11013597.jpg
渡月橋を渡ります。

e0133780_11015362.jpg
振り返って。
この右奥に、西門受付横にある、お休み処の涵徳亭があります。


e0133780_11055443.jpg
屏風岩。

その右奥には、
e0133780_11061431.jpg
赤い橋の、通天橋があります。

e0133780_11074656.jpg
ぐるっと歩くのは無理なので、写真だけ。
紅葉の季節に歩くと良さそうですね。

51分に戻りました。
e0133780_11081609.jpg
よく歩きました!

椅子は濡れてますし、飯田橋駅まで休む場所が無いので、お茶屋さんで休憩です。
e0133780_11094456.jpg
涵徳亭。

e0133780_11103134.jpg
奥では宴席が用意されてました。

e0133780_11154237.jpg
隣の部屋で静かに。
右側の窓から、先程の西湖の堤が見えます。
e0133780_11170174.jpg

e0133780_11171137.jpg
抹茶アイス入と無しの白玉あんみつ。


e0133780_11175591.jpg
黄門様です。


飯田橋までてくてく歩き、駅ビルのような商店街に入って、オムライスカフェで腹ごしらえ。
この日は、レーズンパン1本しか食べてなかったので、お腹はペコペコでした。
e0133780_11180861.jpg
オムハヤシと、そのセット。
なかなか美味しかったです。

ここで、ブログ更新でした。
セルフサービスの店でしたが、奥の座席は静かで人も少なく、のんびりブログ更新も出来て良い場所でした。

このビルから直接地下道へ行けたのに、小雨の中を外に出て、最初に出てきた出入り口から下りちゃいました。
結局また戻って、このビル地下の出入り口前を歩くことになりました…。


表参道へ戻った頃はもうこの暗さ。
e0133780_11230427.jpg
いつもの、見てるとなんだか不安になるビル。

e0133780_11235169.jpg
いつもはここでカレーざるうどんでしたけど、写真だけ。

e0133780_11245674.jpg
下がすぼんでるように見えましたけど、下半分の壁が斜めになってたんですね。

e0133780_11255958.jpg
ここでの写真も、かなり前からですね。
8時20分の開場まで時間があるので、のんびり歩きました。


e0133780_11264277.jpg
いつもの記念写真。

e0133780_11270397.jpg
入り口も変わってないですね。


15分ちょっとロビーで開場を待ち、20分ちょうどに中へ。
e0133780_11272032.jpg


今回も右側のペアシート指定を取りましたけど、座ってみて思い出しました。

e0133780_11292576.jpg
昨年2月にコットンクラブでも見たこのバンド編成、向かって右側にホーンセクションが並ぶんでした…。
ということは、ドラムが見えない…!
ああ失敗、左側のシートを取れば良かった。
思ったより、キーボードで視界は塞がれてなかったですし。

e0133780_11301617.jpg
ほんとはこのすぐ下のボックス席が一番良いんですけど、4人指定ですからね。
4人で行くならここが一番、金持ちは2人でも4人分で取ってますけどね!
ただ、予約ですぐに埋まってしまいます。


e0133780_11315725.jpg
ワインセラー。


e0133780_11322399.jpg
これだけで4,989円!
まあ、仕方ない。

昨年のコットンクラブも良かったですし、会場としても向こうの方が良いように思うんですけど、こちらの方がメンバーも盛り上がるようですね。
今回のオーラス・ステージも、ものすごい盛り上がりでした。

肝心のスティーブ・ガッドは、ランディー・ブレッカーの大きなお腹と、なんだかスティーブ・ハウを思い出させる教授風の長髪細身の風体になったルー・マリーニにふさがれてほとんど見えませんでした…。
でも、その分ホーンセクションと、主役のジョン・トロペイもしっかり見られましたし、ギターもホーンも、ものすごいアタックの強さです。
民謡でも、スコンと絶対音をはずさずに伸びのある高音から、気持ち良いこぶし回しになりますけど、音楽はみんな同じですよね。
ずばんと出た音からの、うねるようなノリで、文字通り音楽に没頭できました。
これを40年、変わらずにやってるんですから、恐ろしい人達です!

そしてなんと、通常1時間〜15分程で終わるステージが、1時間40分も!
開演が10分遅れたので、終わったのは10時53分くらい。
アンコール中はそわそわしてて落ち着きませんでした。
終わるとすぐに、スタッフの女の子がエレベーターの案内をしてくれましたが、「先に車を出してきます!」と、会計後回しにして、表参道へ一人走りました。

駐車場は11時まで。
出庫ゲートには、車がすでにスタンバってました…。
一番最後のお客さんになったようです。時刻は10時59分、ギリギリセーフでした。

ブルーノート東京近くに路駐して再び会場へ。
さっきの女の子がまだ母と話してました。

エレベーターで案内してもらって上へ。そのエレベータに乗るために、なんと、ランディー・ブレッカーがすぐ目の前を歩いていきました。
エレベーターのドアは開いたままですが、さすがに一緒には乗れません!
女の子に、「この人、とんでもなく有名な人なんですよ」と話すと、彼女はやっぱり知らないよう♪
かろうじて、スティーブ・ガッドのことはちゃんと知ってるようでしたけど!

いったんミュージシャンと同じく、裏口から外へ出て、車を再度安心な場所へ戻してから、再び店内へ。
先程の女の子から、サイン会があると聞いていたので、どうしようかと考え、せっかくだからと、またやって来ました。

昨年買ってる、ジョン・トロペイの新譜はNZロトルアの家に置いてきてますし、今回用の新譜は出てません。
なんでもいいやと、やはり主役のジョン・トロペイのCDを適当に買って、サインの列ではほぼ最後でした。

キーボードのレオン・ペンダーヴィスが、とても気さくな人で、母にも声をかけてくれて楽しかったです。
スティーブ・ガッドは、自分のバンドじゃないからなのか、いつもよりややテンション低めでしたが、まあ、お疲れですよね、当然。
もう70超えてるんですから!
ジョン・トロペイやルー・マリーニとも一言二言でも話しが出来ちゃうんですから、すごい時代になりました。

そしてさらに、ランディー・ブレッカーとも。
「もう10年以上前に、NZタウランガにダイアン・シューアと来た時に、マイケルの演奏見て話したんですよ」って話したら、「あー、ビッグバンドね」って、ちゃんと覚えてました。
パーマストン・ノースにある、Massey Universityのビッグバンドとの共演だったんですよね。

マイケル・ブレッカーは、ランディーの弟でテナーサックス奏者、10年前57歳、白血病で亡くなってるんです。

そんなすごい夜を過ごしました。
サインはまた、日本語ライナーノーツの裏面の白紙。
ここだと、味気ないんですけど、人が多いのでここしかスペースが無いので。
e0133780_12051210.jpg
こちらとサインの照合を♪
e0133780_11345812.jpg

11,800歩、よく歩いた一日でした。




by masaya-iwata | 2017-06-18 12:17 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 16日

13日の小石川後楽園続き

しばらくパソコン作業で固まっていて、更新がまた遅れました。
13日にスマホから更新した、小石川後楽園の様子の続きです。
今日いっぺんに載せようと思ったら、写真が多すぎましたので、途中までの続きです!

e0133780_23112415.jpg
飯田橋駅から歩いて到着。
表参道駅から地下鉄に乗ってきましたけど、地下の階段を下りたり上ったり、地下道を歩き回り、ここに来るまでかなり歩きました。
これなら、近くの駐車場に停めた方が良かったかも。

e0133780_23130334.jpg
ここからが本番、頑張って歩きましょう。
車は夜まで駐車場に置きっぱなしですから、ウォーキングポールは無しです。
どっちにしろ、傘をさしていたら使えませんけど!

e0133780_23143168.jpg
曇り空に紛れてますが、真後ろに東京ドームの屋根があります。
その左側には遊園地のジェットコースター。
こういうのが何にも無かった昔の景色も見てみたいですよね。

e0133780_23155856.jpg
蓮池。

e0133780_23162892.jpg
雨の日もなかなかいいもんです。


e0133780_23164271.jpg
工事中。

e0133780_23171130.jpg
白糸の滝は、滝になってませんでした。

e0133780_23172973.jpg
花菖蒲です。


e0133780_23213146.jpg
ちょうど1年前は、松戸の本土寺へ花菖蒲を見に行ったんでした。
その時は、花菖蒲の後に森のホール21で北島三郎、今回はこの後にブルーノート東京でジョン・トロペイ♪

e0133780_23255422.jpg
e0133780_23260689.jpg
e0133780_23305448.jpg
ここでほとんどの人は、このままぐるっと向こう側に回っていきますけど、後ろの奥の方へ進むとこんな良い場所があります。


e0133780_23313703.jpg
円月橋。
先に、ブログ友達の記事を読んでいたので、しっかり見ることができました♪
雨でもちゃんと満月に見えました。
e0133780_23323869.jpg

e0133780_23325441.jpg

e0133780_23331118.jpg
橋の上は渡れず。
どっちにしろ、滑って危なそうです。

e0133780_23335062.jpg
とっても静か、都会の真ん中とは思えないです。



e0133780_23341985.jpg
丘に上る道があります。
一人でちょこっと上って、
e0133780_23353567.jpg
上からパチリ。



e0133780_23354978.jpg
再び戻って、花菖蒲田をさらに奥へ。


e0133780_23363468.jpg
藤棚、神田上水跡。


e0133780_23374379.jpg
また上り道が左側に。
愛宕坂。
京都愛宕山の坂にならって造られたもので四十七段の石段からなっています。
やっぱり通行止めなので、左側の石段から一人でさくっと上に。

e0133780_23443318.jpg
パチリ。
手を降っていたので、もう一枚パチリ。
e0133780_23470419.jpg
振り返ると、
e0133780_23472016.jpg
八卦堂跡。



e0133780_23481164.jpg
この辺りはカキツバタの場所ですが、もう5月に咲き終わったようです。


e0133780_23485808.jpg

e0133780_23491561.jpg

e0133780_23493129.jpg
この白い花は、NZでもありますよね。なんだろう?

e0133780_23500272.jpg
田んぼです。
二代光圀が作ったそう。
現在は毎年文京区の小学生が5月に田植え、九月に稲刈りを行っているんですって。


e0133780_23530125.jpg
カモです。

e0133780_23531679.jpg
しきりにオスがアピールしてるみたい。
カルガモかな?

e0133780_23551458.jpg
そろそろっと近寄っては、
e0133780_23553277.jpg
頑張ってます。

そろそろ真夜中なので、今日はこの辺で☆彡



by masaya-iwata | 2017-06-16 23:57 | 日本 | Comments(0)