2008年 02月 19日

昨日の芝刈り

曇り空の早朝からだんだん晴れ間が見えてきました。
天気図を見るとすっぽり高気圧に覆われ、最高気温は24℃の予報。
急いで洗濯開始です。

昨日午後は芝刈りでした。一時の暑さが無くなったせいか、たんぽぽも勢力を弱めましたが、その分黄色い花から綿毛に変わるのが早くなります。
そうなる前に刈り取りです。

e0133780_6423640.jpgいつものように芝刈り前の写真を撮ろうと思ったら、空から轟音が近づいてきました。
見上げると、クライストチャーチから飛んできたカンタスが着陸態勢でした。
e0133780_643878.jpg
車輪も出ています。窓側の人にはこちらも見えているはず。
何度か自分の家を空撮した事があります!

e0133780_6434548.jpg

乾いた芝に、そう長くないたんぽぽ。
結構楽に芝刈りも終わり、その後のライン・トリマー、掃除も含めて今回は4時間かからずに終了しました。

昨日、「ライフワーク」の芝刈りでした。
今日も一日お元気で (^-^)/~~

# by masaya-iwata | 2008-02-19 06:51 | 日常 | Comments(0)
2008年 02月 18日

お国変われば・・・

今日もひんやりした天気の良い朝から一日が始まりました。
最高気温は25℃。夕方の西日も強かったです。

朝からアイの修理の件で車屋さんに行ってきました。昨日の夕方、元ご近所さんのロトルア三菱ディーラー社長に電話して今朝行く事を伝えておいたんです。

その前に、昨日の保険屋さんの話です。
15日駐車中、アイに車をぶつけられましたが、ぶつけた相手が非を認めているため、先方の保険会社から修理費が補償されます。
しかし、こちらも自分の保険会社に連絡しないといけません。
そしてこちらの保険会社から先方の保険会社に連絡を取り、過失割合の確認など行われました。
その結果、100%先方補償という事を昨日の電話で取り付けました。
この流れが分かるのに、かなり時間を要しましたが・・・。

そして、私は、
「修理はロトルア三菱に頼みたい。買った場所だし、まだ一年の新車だから」と伝えると、

保険屋さんは、
「指定修理店のリストにロトルア三菱は無いんだけど・・・。代わりに、『パネルビーター』(日本語でいうと『板金屋』さん)の店名はあるんだけど」と・・。

私は、中古車じゃないし町工場のような所でなくディーラーにと固く思っていましたので、保険屋さんに、
「ロトルア三菱は正規ディーラーだしサービス工場は車検工場でもあるから問題ないはずだけど・・」と伝えると、

保険屋さんは、
「それなら良いでしょう。ではそこで見積もりと写真を撮って貰いこっちに送ってくれるよう手配してください」

と言われました。
ここまでが昨日の経過です。

そして今朝、気合いを入れて行ってきたのがこちら、ロトルア三菱です。

e0133780_1732792.jpg左側、立派な工場の建物には、「Rotorua Mitsubishi Service Centre」(ロトルア三菱サービスセンター)と書かれています。
右側、ショールームの建物にはおなじみの三菱スリーダイアモンドのマーク。

【ここに持って行けば、全て上手く進む。】

・・・そう、私はずっと大きな勘違いをしていました。

早速社長さんが出てきて車を見て、
「それでどうするんだ?」

・・・。どうするんだって・・・。
なので、
「保険屋さんのコンピューターに全て記録されてるから、保険屋さんに電話してこの紹介番号を言えば、向こうから伝えてくれると思うけど・・・。」と話しました。

そして社長は保険屋さんに電話帳で番号を調べてかけました。

つながると、天気の話題など笑いながらの和やかな会話から始まり、何やら会話が進んだ後、

「うちは、新車を売ってるから修理はしないんだけど、わっはっはー」と笑っています。
そして、「ここのパネルビーターなら、お宅のリストにも入っているでしょう? 客にはここに持って行くように伝えておくよ。」みたいな事を言っています。

おいおい!
と思いながら、電話を切った後、
「ここで凹んだ部品とかを替えてくれないの?」と、当然の疑問を伝えました。

私は、「板金屋」というと、“とんてんかん”、と、凹んだ部分を“トンカチ”、じゃないですが、叩いて戻すような物だと思っていたからです。

すると、社長は、「こっちにパネルビーターから部品の注文が入り、こっちから向こうに部品を送り、パネルビーターでちゃんと付けてくれるから大丈夫。」と、にっこり説明してくれました。

そして、今度はさっと電話帳からパネルビーターの番号を探し、そこの社長に軽口の挨拶から始まり、これから客が行くからと。

「おまえの方がうちらより、修理の事はプロだから、後はどうしたら良いか全部分かってるよね?」
なんて、笑いながら話していました。

あーー、なるほど。これでやっと昨日から何やら分からずもやもやしていた問題が解決しました。

そう、ここはニュージーランドなんです・・・!
走っている車の半分以上は日本から持ち込まれた「中古車」です。
新車に乗っている人より中古車に乗っている人の方が圧倒的に多いこの国で、「ディーラー」の出来る事なんて限られています。
こういう時の修理は、昔ながらの、いわゆる町工場、こちらでは「パネルビーター」が主役になるって事でした。

NZに14年住んでいますが、今まで車は、部品の修理こそあれ、こういう凹んだというような事態は一度もありませんでした。
(もう二度と経験もしたくないですけど)

そして、昔の中古車(シエロ)の時代、車検というと、それこそ町工場でも安い場所。
大抵ブレーキ屋さんやマフラー屋さんなどが手頃な場所ですが、行くとよれよれで油まみれの作業着を着て真っ黒の手をした人のいる所しか行った事がありませんでした。

ほんと考えたら当たり前の事でしたが、やはり経験してみないと分からないものです・・・。
今度の板金屋さんは、少しは良い所かな?なんて思いながら行きました。

e0133780_17331653.jpgするとなんと、こんなに綺麗な所でした!
白い建物がまぶしいです。
ドライブウェイも染み一つ無い綺麗なコンクリート張りです。

看板には大きく、PANELBEATERS-パネルビーターと書かれています。

「あー良かった・・・。」(*^.^*)
ちょっと安心しました。

e0133780_17335357.jpgそして、紹介された社長さんが、やけに綺麗な制服姿で出てきて、手にはチェックリスとデジカメを持ち、てきぱきとダメージの査定を記入していきます。

こっちはブログ用に写真を撮り、向こうは保険屋さん用に写真を撮り・・・。

ささっと作業は終わり、私も伝えたい事を伝えました。
そして、後は保険屋に連絡した後、私にも多分明日に連絡を入れるから。という事で、また車に乗って帰ってきました。


そのような感じで、とっても長い説明でした。
不幸な車修理がこんなに長い日記になるとは・・・。
まあ、日々之社会勉強という事ですね。

家に帰って、午後からは芝刈りをしました。
芝も乾いていて、たんぽぽも一時の勢力は収まり、今日は4時間かからずに終わりました。
その写真はまた明日にでも。
さ、明日も順調に進みますように ( ^^)Y☆Y(^^ )

# by masaya-iwata | 2008-02-18 17:47 | | Comments(0)
2008年 02月 17日

足湯満喫♪

今朝は気温も10℃、ベッドでも寒かったですし午前中もひんやりしていて、午後の最高気温も23℃。
以前の暑さはもう無くなったように感じられました。
しかし、夕方から西日の強さは前と同じです。部屋の中はまだTシャツでも十分。
天気図を見ると、南島から寒冷前線が比較的大きな低気圧をともなって進んできているようですが、そのまま東に移動するようでこちらに影響はないようです。

午後から車の保険会社とやり取りして、先方の保険会社と絡めてお膳立ては揃いました。
こちらでは、車は車屋さん、保険は保険屋さんと、全部自分で交渉する必要があり、全部電話でまるで英会話の勉強のようでした・・・。
明日は朝からロトルア三菱に車を持って行き、修理の依頼をしてきます。
虹のおかげですっきり進みそうです。明日が正念場!

さて、15日観光の様子をご紹介します。

e0133780_16452016.jpgこの日は旅行社ツアーご夫婦お二人のご案内で、久しぶりにヘルズゲートに行きました。
e0133780_1646987.jpg

良いお天気になり、爽やかな風の中、飛行機の疲れを足湯でしっかり癒していただきました。
下はぬるぬるの泥です。
泥パックにも利用するこの泥は、ミネラル分が豊富に含まれています。
温泉のお湯と混じり、足裏幸せ気分満喫ですo(^-^)o

e0133780_1647263.jpg
同じお風呂でも、こちらは悪魔の風呂。
こちらに入ると大変な事になります!
e0133780_16472698.jpg


この後、特別手配のクマラ・マフィンとマヌカ・ティーでティータイム。
そして通常のロトルア観光をお楽しみいただきました。

今、テレビでは「SASUKE」を放送しています。漫画ではなく、TBSで放送されていた「筋肉番付」に続く視聴者参加のサバイバル・ゲーム番組です。
2001-2年頃に放送の番組のようです。
ほぼ日本語のままの放送、古館アナかな?声が似ていますが、なんだか嬉しいテレビ放送です。

明日から新しい週が始まります。
このまま良い事続きますように ☆*:・°★:*:・°

# by masaya-iwata | 2008-02-17 17:03 | 観光 | Comments(0)