タグ:lakes ( 49 ) タグの人気記事


2017年 02月 09日

アイとオカタイナ

今日は予報よりも早めに晴れ間がのぞきましたけど、予報よりは晴れになりませんでした。

午前9時に三菱へ。
e0133780_15491140.jpg
雨はまったく降ってません。

e0133780_15493415.jpg
アイもプジョーと同じく10年経ちました。

WOF、自家用車車検は50ドルでした。

e0133780_15533645.jpg
こちらパジェロスポーツ。
お客さんは点検サービスばかりで、セールスはガラガラでした!


10時前に予定通り終了し、お土産物屋さんのアオテアへ。
2時間半も過ごしちゃいました。

今回初の、カツビでお弁当を買って、いったん家に帰って水筒を持って、東へ向かいます。
家から18km、18分のオカタイナ湖へ、何年ぶりだろう?

e0133780_15544949.jpg
昔々とまったく変わらぬ道。
両脇はトレッキング道になってます。
これぞほんとのロトルアの自然です。

e0133780_15591934.jpg
湖が見えてきました。


e0133780_15594080.jpg
マヌカじゃなくて、カヌカの木陰でランチ。


e0133780_16000769.jpg
だーれも居ません。
オカタナイ湖と、
e0133780_16004389.jpg
カツビのランチ。
10ドルずつで20ドル、1,700円。
なんでも高いNZですが、これが結構美味しいです。
左側の唐揚げ丼は、アジア系じゃなくて、NZ人が並んでどんどん買ってますからね。
右側のは新しいメニュー。
e0133780_16020699.jpg
サーモンを軽くあぶって、マヨネーズ。
これがとっても美味しかった。


e0133780_16025101.jpg
ちゃんと半分ずつで母も食べられました。


食後の運動。
e0133780_16032197.jpg
オカタイナ湖、散歩に出発。


e0133780_16034692.jpg

誰も居ない湖、贅沢空間です。


e0133780_16045548.jpg
ボートの上には、
e0133780_16051048.jpg
3羽の鳥?

左側は、
e0133780_16053017.jpg
作り物です!

e0133780_16055062.jpg
右側はカオジロサギでした。


e0133780_16060775.jpg
右側の岸を目指します。

砂浜がとても歩きにくく、波打ち際の硬い所を選んで歩きます。

e0133780_16071032.jpg
ひたすら歩きます。
海じゃないのでぎりぎりを歩いても大丈夫なんですけど、怖いようで、どうしても砂地を歩いてしまいます。
そのせいか、レッドウッドよりずっと短い距離ですけど、すぐに疲れてしまった様子。


e0133780_16080589.jpg
もうちょっと頑張ってみよう。


e0133780_16082795.jpg
このままずーっと西側の方まで続いているんですけど、さすがに無理ですね…。

とりあえず途中まで走って行って、
e0133780_16091374.jpg
振り返って撮ってみます。

e0133780_16093999.jpg
頑張ってます♪



e0133780_16095405.jpg
戻って、南側を向いて。
そう、ここは南に面してるので、冬は寒いですね。
周りに牧場も無いですから、水はとっても綺麗です。



さあ、戻ろう。
e0133780_16112287.jpg

かなり息があがってます。

なんとか頑張って戻り、ベンチで休憩。
e0133780_16115248.jpg
スマホ忘れたので、何歩歩いたか分かりません…!

しばらく景色を眺めて帰りました。



e0133780_16134859.jpg
行きに通過したロトイチ湖も撮っておこう。

e0133780_16141370.jpg
アハハシギンカモメがこちらを気にしてますが、


e0133780_16150466.jpg
黒鳥は水草の方が気になるようです。



e0133780_16154721.jpg
一昨日の夜は熱帯夜のように暑い夜、昨晩から今日は半袖だとちょっと寒い。
ころころ気温が変わってます。





帰宅して着替え、コーヒーにでもしようかなと思ったら、リビングの窓に向かって羊達が催促です。


e0133780_16165956.jpg


e0133780_16174673.jpg
手から食べる4匹です。



羊に食べられて一度は枯れかけたレモンが復活してました。
e0133780_16180654.jpg
たくさん実がなってます。


e0133780_16184782.jpg
でも、これを食べる機会は今年あるかなぁ?




by masaya-iwata | 2017-02-09 16:33 | 日常の景色 | Comments(0)
2017年 01月 29日

夏休み最後の週末

今日は曇りの朝です。
長袖長ズボンでちょうど良い部屋の中。

そうそう、昨晩日本では、世界ふしぎ発見でロトルアも登場したそうですね。
番組HPを見たら、「ジャパン・箱根xニュージーランド・タウポ」と出ていて、宣伝動画にタウポの温泉が出てました。
ここのスパは20年ちょっと前に何度か行った所、中の様子が随分変わってました。

世界ふしぎ発見では昨年12月にも、ワイトモが紹介されましたよね。
せっかくブログ友達がYouTubeにアップされてるアドレスを教えてくれていたんですが、ばたばた見ないで過ごしてる内に、先程確認したら、もう削除されてました…。残念!

昨年も今回のも、同じ時にロケしたもんだと思って番組HPの情報を確認すると、それぞれミステリーハンターが違う人ですね。
昨年12月のは、11月頃にロトルアのガイド事務所が撮影隊の案内したようなんですが、今回はそのような話を聞いてないので、誰が案内したんでしょう?
もしくは、単に自分が知らないだけかも…。
昔からよくあることです。


と、話がそれました。


ものの見事な快晴の昨日、綺麗な写真をたくさん撮りましたのでご紹介です。


お昼過ぎに母をプジョーに乗せて町へ向かう時、タラウェラ・ロードへ向かうラウンドアバウトが、尋常ではない車の数で、街へ向かう道路が渋滞でした。
天気が良いから湖へ行くんだろうなと思いながら、そういえば、夏休み最後の週末だと気がつきました!


少し遅れましたが、母をお土産物屋さんのアオテアに下ろす余裕があったので、今回は一人で町のホビトンオフィスへ。
e0133780_05480220.jpg
1時出発のホビトンバスへ大勢の人達が向かってるところです。
手前のダックツアー、最後にも登場しますよ!


e0133780_05513232.jpg
という事で、今回はガンダルフのみの写真でした。


e0133780_05515660.jpg
ほんとはこの、本物の景色を母にも見せたいんですけども。



昨日もアメリカ人でした。
女性2名、短い移動時間、話をしたら、多分?ワシントン州から来た人達。
オレゴンにもしょっちゅう行ってるそうで話が弾みました。
英語上手ね、と、明らかなお世辞言われましたけども…。

e0133780_05522336.jpg
ほんとはもっと豪華な宿で、写真載せられると思っていたら、多分予算削減でしょう!
こちらのモーテルへ予定変更したそうです。
場所はここの反対側なんですけどね。



アオテアに母を迎えて、どこへ散歩に行こうか。

e0133780_05543830.jpg
とりあえずここに。


e0133780_05561055.jpg
サルファーポイント。
カモメが急接近。


e0133780_05563792.jpg
風は気持ちいいんですけど、陽射しが強烈過ぎます。
日陰の森へ散歩に行こうかと思いましたけど、せっかくの良い天気、眺めを見られないのももったいないので、湖ドライブにしました。




e0133780_06001920.jpg
一気にタラウェラ湖へ。
とんでもなく大勢の人達。
最初の湖、ブルーレイクですけど、そちらも今まで見たことない大混雑で、車を停める場所がまったくない状態。
こちらも、苦労してやっと1台空きスペースを見つけて停めたんです。



e0133780_06014523.jpg
ジェティ、ボートランプも常にボートの出入りで、桟橋に立って写真を撮れません。


e0133780_06023088.jpg
父もこんな混雑は経験してないですから。


e0133780_06025541.jpg
眺めはとっても平和なタラウェラ山。
でも、常にエンジン音が聞こえてきて、静寂を楽しむ雰囲気ではないですよね!

e0133780_06040818.jpg
皆んなの楽しむ声と、


e0133780_06042956.jpg
ジェットスキー、浮き輪の子供を引っ張ってます。
このエンジン音が賑やかですね。



e0133780_06065813.jpg
よくお弁当を食べた方の湖畔。
バスタオルと荷物が置いてあり、親子連れが楽しんでいます。


e0133780_06074734.jpg
お父さんと2人の子供。

e0133780_06081579.jpg
マスの稚魚が泳いでるんでしょう。
男の子が怖がってる様子♪
お母さんの姿は見えなかったです。



e0133780_06092630.jpg
こちら、おじさん3人、釣りの雰囲気でも無さそう。
エンジンも1個だけですし。
何してるんだろう!?



e0133780_06102811.jpg
老人3人♪
右側のご夫婦、旦那さんはサングラスでのんびり腰掛けうたた寝、奥さんは本を読んでました。
木陰は涼しく、昼寝に最適です。


e0133780_06113612.jpg
お父さんと息子のよう。
右側のお父さん、というより、おじいちゃん、元気です!


e0133780_06122362.jpg
家族連れが多いです。




e0133780_06145943.jpg
帰りがけに撮りました。
普段がらがらの駐車スペース、昨日は満車でした。



ランディングカフェ前です。
e0133780_06154125.jpg
こちらも満車、駐車スペースがありません。
一番奥まで行って、写真だけ撮りました。
右側の赤丸の場所が、いつも「プライベートビーチ」といい加減に呼んでる、まったくひと気の無い場所ですけど!、昨日は完全パブリックの状態。

e0133780_06172132.jpg
こんなに賑わってます。


e0133780_06174978.jpg
泳ぎたいですね!
まだ泳いで遊べる年齢ですし…。



面白いのがこちら。
e0133780_06184243.jpg
混雑のほとんどが地元の人達なので、景色を眺めるだけの場所は誰も居ません!


e0133780_06200003.jpg
いつもはだーれも見えない景色でも、昨日はボート数台見えてました。


e0133780_06203153.jpg
ここへも、もう何度来たでしょう。
まったく変わらない景色。




そしてこちらがブルーレイク湖畔。
e0133780_06210141.jpg
ホリデーパークがありますから、普段でもホリデー中や週末に賑わってる様子は見ますけど、昨日の混雑はその比ではなかったです!




そのままオカレカ湖へ。
いったん湖畔を通り過ぎてから。
ここも車はびっしりでした。

e0133780_06271538.jpg
右奥の離れた場所にもビーチがあるんですけど、そちらも遠目に、人がいっぱいの様子が見えました。




e0133780_06283062.jpg
こちらも空いてました。
子供を連れて歩こうという人は少ないです!


e0133780_06290499.jpg
去年の冬は、かなり寒かった木陰ですけど、昨日は気持ちよかった。
木道に出ると、太陽直撃。

e0133780_06293914.jpg
父はここへは来たことないので、写真だけ。
この景色を見せたかったです。
e0133780_06304858.jpg


e0133780_06310195.jpg

e0133780_06311577.jpg
NZ人夫婦とすれ違います。
母は、昨年もすれ違ったと言ってますけど、ほんとかな?


e0133780_06314613.jpg
遠くの牧場には羊がたくさん。


e0133780_06320695.jpg




e0133780_06322110.jpg
以前からたまに見かけるこの、「屋形船」。
個人の持ち物かと思ってたんですが、違うのかも?
ティータイムクルーズみたいですね!



e0133780_06332804.jpg
帰り道、ちょうどダックツアーがやって来ました。
Uターンして、車の窓からカメラを出して撮影です。

e0133780_06344586.jpg
実にあっさりと、水面に浮かびました。

e0133780_06350586.jpg
ボートを横目にまっすぐ湖へ。

e0133780_06352486.jpg

e0133780_06353652.jpg
かなり下まで入るんですね。


e0133780_06361620.jpg
オカレカ湖の雰囲気、とっても良いんですよ。
ダックツアーに乗ったのはもう7−8年かな?
確かHPからご連絡の、個人客のご案内で一緒に乗ったんですけど、もうどのお客さんだったか思い出せない…!


e0133780_06380247.jpg




昨晩8時17分。
e0133780_06382333.jpg




10時半を過ぎて、外は晴れてきました。
昨日は、日向を歩いていたらなんだか疲れてしまい、スーパーに戻るのも面倒だったので買い物がまだです。
そのため、何度も羊にメーメー催促されましたが、パンは無し。
今日は買い物に行ってこないと。

昨年買った洗濯機が快調に動いてます。
新しい洗濯機、とても気持ち良いです♪
良い日曜をお過ごしください。




by masaya-iwata | 2017-01-29 07:03 | 日常の景色 | Comments(0)
2017年 01月 25日

ハネムーンパワー

昨日の朝、5時に起きると窓が曇ってます。
夏が終わったか?と思える寒い朝でしたが、それは好天の前兆でした。

そう、これが無いと落ち着かない、
e0133780_09322412.jpg
写真のタイミングで雲がかかっちゃいましたけど、ご存知NZ富士♪
朝に慌ただしく作ったおにぎりなので、海苔のギザギザがずれてますけど、いつもと違いますでしょ?
後ろが緑のゴルフ場じゃなくて、溶岩ゴロゴロです。
なんでかは、この後に♪



7時前に家を出発、朝一番の仕事はいつものお見送りでした。
e0133780_09354564.jpg
いつもと違うのは、新人ガイドさんも一緒です。
お客さん対応はまかせて、のんびり撮影。


e0133780_09365265.jpg
いつものグレートサイトもやって来ました。
2人揃ってお見送りは、旅行社ツアーの女性客2名でした。



e0133780_09380338.jpg
時間つぶしにサルファーポイント。
朝からカモメが賑やかです。

そういえば、最近カモメの説明をお客さんにしていて、自分でも名前がうろ覚えでしたので、ここでもう一度書いて覚え直します。

「赤いくちばしのカモメ」、アカハシギンカモメー Red-billed Gull
「黒いくちばしのカモメ」、ハシグロカモメ  ー Black-billed Gull
セグロカモメ ー Black-backed Gull、カロロ
間違えてなかった。

あ、でも、New Zealand Falcon、ニュージーランド・ハヤブサ、鷹じゃなくてハヤブサでした。
マオリ語でカレアレア
なんだかずーっと鷹と言ってたような気が…。
といっても、違いが良く分からないですけど。
同じく、オーストラリア・ハリアーってのも居るようです。
ハリアー。車じゃなくて、チュウヒ、タカ目タカ科チュウヒ属に分類される鳥類ですって。へ~。



もとに戻して、お客さんは、一昨日タウランガへお迎えにあがった新婚さんです。
NZ到着2日目でトンガリロ、さすがハードな日本のサラリーマン、結婚休暇と週末を駆使して、9日間の休暇をやっと取って5日間のNZ旅行なんですって。


新人さんの予習の目的もあって、行きに寄り道いくつか。
ここにももちろん寄りました。
e0133780_09570278.jpg
右後ろの写真の外に、おじさんがスイスイ泳ぎながら温まってます。
でも、前日の大雨の影響もあって、いつもより水も多く、お湯はぬるめだった様子。



天気予報は晴れ・曇・雨マーク再び。
でも、トンガリロは「ほとんど晴れ」の予報。
その通りに、タウポ東岸からずっと、トンガリロやナウルホエが見えてました。

少し時間押してますけど、せっかく良い天気の内に撮っておこう。
寄り道です。大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_10011275.jpg
見事な眺め。
前日までの天気がウソのようです。
自称晴れ男、それを奥さんに茶化される旦那さんでしたけど、まさに新婚パワー炸裂ですね。
気温もぐんぐん上昇中。




ロトルアでは咲き終わったマヌカも、トンガリロでは満開です。
e0133780_10040928.jpg



今回もいつもの旅行社プランのトンガリロツアー。
e0133780_10044148.jpg
ファカパパヌイウォークを寄り道して渓流写真スポット。


e0133780_10052129.jpg
行ってらっしゃい♪




お客さんのお昼ご飯確認です。
シャトートンガリロホテルで、ちょっと遅れる旨も伝えて、見事なナウルホエを眺めます。
e0133780_10054374.jpg



いつもなら、しばらくここでのんびりですけど、新人さんに見せるため、タファイ滝へ。
e0133780_10062886.jpg
上から眺め、


e0133780_10071425.jpg
いい景色。
一年前も新人さん連れてやって来ましたね。
覚えているかなぁ。

e0133780_10140790.jpg
陽射しは強く、長袖が汗ばんできます。
泳いだら気持ちよさそう。



遅れないように、お客さんのお迎え。
駐車場から逆コースを辿って、木道へ。
ちょうどやって来て、写真撮影。

e0133780_10150288.jpg
少し雲のかかったルアペフ山。

駐車場ではもうちょっとはっきり見え、ナウルホエもバックにポーズを決めて写真撮影でした。



お二人をシャトートンガリロのランチへご案内。

再び1年前と同じく、こちらへ向かいます。
e0133780_10160468.jpg
そう、ここに至る前、ブルースロードを上ってる途中の、ナウルホエをちょうど正面に見るチェーン装着エリアに停めて、1枚目のおにぎり富士を撮ったんでした。

スキー場のイウィカウ・ビレッジ。
e0133780_10192766.jpg
ここからリフトに乗って上ったのは、もう3年前になるのかな?
一昨年だったかな?
また上りたいし、母も連れて行きたいです。
e0133780_10230474.jpg
このリフトなら母でも大丈夫そう。



e0133780_10232850.jpg
ちょっと下って、広い駐車スペース。
ルアペフ山もくっきりです。


e0133780_10240457.jpg
下界の眺め。
この正面の岩に座って、
e0133780_10242271.jpg
お弁当でした♪

今朝5時起きで作ったお弁当。
e0133780_10005951.jpg
唐揚げは前日のもの。
おにぎりは、先週末作ったサーモン味噌焼きを冷凍にしておいたものを混ぜたのと、おかかと、高尾山の明太高菜の佃煮です。
トウモロコシも茹でました。
母にも同じもの。

ほんとは母もこの景色を見ながら食べるともっと美味しいんですけどね!


e0133780_10273015.jpg
すぐ近くにはマウンテン・デイジー。

e0133780_10280652.jpg
楽しいランチタイムでピース(^o^)v


e0133780_10285617.jpg
高山植物、Parahebe、パラヘーベ。





お二人をお迎えして、ホテル前で記念撮影。
e0133780_10315485.jpg
頑張って撮影の新人さん。

e0133780_10324145.jpg
いつもの帰りのタウポ湖畔でも頑張ってます。
先に構図を思案中♪




e0133780_10330310.jpg
夏休み中、今回も泳ぐ人達。
e0133780_10333466.jpg




e0133780_10334590.jpg
黒鳥と戯れる旦那さん。
理系人間のご様子、25歳差ありますけど、話題に共通点が多く、帰り道も話しっぱなしでした。
ついうっかり、新人さんを差し置いて喋ってしまい、反省です…。


e0133780_10370975.jpg
黒鳥ファミリーの前に、カモメもスイスイ。

e0133780_10373514.jpg
そう、カモメは水かきありますもんね。
これは、ハシグロカモメですね!





こちらもいつものタウポ湖畔。
大勢の人達と、
e0133780_10381260.jpg
たくさんのカモ達。
木陰で昼寝でしたけど、おじいさんがパンをやり始めると一気に集まります。

e0133780_10391653.jpg
新人さんファイト!



e0133780_10395066.jpg
もう、陽射しで肌がヒリヒリしてました。
日本人でもこの時は泳げそうです!


e0133780_10403472.jpg
老若男女、子供達まで、安心して遊べる湖畔。
これがNZの良いところですね。





e0133780_10411698.jpg
タウポ湖を見晴らします。



ここでもまた新婚パワー、
e0133780_10414246.jpg
ワイカト川は水量目一杯です。

e0133780_10420469.jpg
爆音のフカ滝。

そう、この新婚さん、前夜のテ・プイア、マオリ・ハンギコンサート:テポの後、全員でトレーラーに乗って間欠泉を見に行った午後8時過ぎに、大迫力のポフツをご覧いただけたそう。
あの、前回団体ツアーで苦労した間欠泉ですよ。
実に良いタイミングでご覧になれましたし、昨日の朝、道路からですけど、かなり盛大な蒸気が見られましたし、ロトルアに戻ってきた午後6時前にも、やっぱりモクモク湧く蒸気を見られました。

パワースポットを求めたNZ新婚旅行のようですけど、十分ご自身達がパワスポットでしたね♪





e0133780_10454670.jpg
帰宅後、すぐにパンを持って母と牧場へ。



e0133780_10464709.jpg
お待ちかね。



部屋で座ってばかりでしたから、牧場を歩きました。
e0133780_10471142.jpg
遠くからこちらを眺める羊です。

昨日は、一気に夏日に戻った一日でした。
さすがに夜は眠く、今朝も眠かった!


今朝は7時15分に家を出て、すぐ近く、ハムラナヘ向かう手前のラマダリゾートへお客さんのお迎えです。
以前と同じ、NZ旅行社から委託の、タクシー仕事です。
通常は外人のお客さん、この日の名簿は、名前は英語名ですけど苗字は典型的な日本名。
日本人奥さんとご家族かな?と思ってお迎えしたら、全員日本顔。
でも、日本語はまったく話せず、英語のみですって。

日系アメリカの3世、お父さんは2世でしょうし、お嬢さん2名は4世でしょうけど、全員日系アメリカ人でした。

お話ししてみてびっくり!
25年前に住んでいた、アメリカ・オレゴン州、ヒルズボローの隣町、ビーバートンからお越しだそう!
あの当時、ビーバートンにある日本食店、ANZEN(安全)へ買い物へよく行きました。
そのお話をしたら、もうオーナーが定年のため、お店は無くなったそう。
でも、ローズフェスティバル、ローズ・パレードの話などをして、ヘイリーの歌もご紹介。
いったん家の近くを通過する、町まで20分の道のりですけど、中身の濃い時間となりました。


e0133780_10541096.jpg
お送りしたのは町のホビトンオフィスです。


e0133780_10552447.jpg
ちょうど新婚さんもいらっしゃいました。
今日はお二人、ご自身で申し込まれたホビトンツアーに参加なんです。
母とも撮った、ガンダルフの前でお二人の記念写真、そして、オレゴンからのご家族4名もガンダルフの前でお撮りしてお別れでした。

帰宅後洗濯を干しますけど今にも降りそう。
しばらく後に霧雨で、大急ぎで取り込んで部屋に干し、その後またやや晴れ間、デッキへ今は洗濯を干してます。
今日はでも、涼しくて、長袖長ズボン、昨日のあの夏日はなんだったんでしょう!

早く更新しようと思ったら結局3時を過ぎちゃいました。
さすがに眠いので、もうちょっと作業したら、ちょっと休憩しよう。




by masaya-iwata | 2017-01-25 11:17 | 観光 | Comments(0)
2017年 01月 12日

晴れ男とおにぎりパワーの初トンガリロ

今朝は曇ってますけど、昨日の朝7時はこんなに良い天気でした。
e0133780_05153263.jpg

また母が長い留守番で、ちょっと不安そう¬。
e0133780_05160441.jpg
一緒に連れていけたら良いんですけどね…。



昨日最初の仕事は、ドイツ系のアメリカ人かな? 白人ご夫婦をロッジにお出迎え。
e0133780_05181297.jpg
ロトルア湖の西側、カワハポイントから朝日の方向です。

このまま町のホビトン・オフィスまでお見送り。

その後、サルファーポイントでちょっと休憩。
e0133780_05184775.jpg
カモメがたくさん。
e0133780_05195685.jpg
こんな良い天気のロトルアなんですが、出かける直前に見た天気予報では、トンガリロは曇りからにわか雨、タウポも晴れのち曇りです。
せっかくの初トンガリロ、晴れてほしい!

お客さんご夫婦をミレニアムホテルにお迎えして、トンガリロへ向けて出発でした。


タウポからは雲に隠れてまったく見えなかったトンガリロ山群ですが、北側に入るとトンガリロは見事に見えました。
e0133780_05213018.jpg
初トンガリロ。
テマアリ火口からの白煙が少し減りました。
この場所も、木が高くなりすぎて、湖が全然見えなくなっちゃいました。



そしてファカパパ到着。
e0133780_05225626.jpg
見事です!
初ルアペフ。
天気予報と全然違います。
なぜなら、お客さんは晴れ男だそう!
南島でもマウントクックが見られたそうですし、旅行に行くとだいたい晴れに恵まれるんだそうです。
ただ、ミルフォードは雨だったそうですし、この時みたいに完全に晴れという確証が無いのも理由があるんです。
奥さんは雨女だそう!
でも、最終的にご主人のパワーが上なんですね♪

そう、大勢のお客さんと接して、こういう晴れ男・女、雨男・女ってのは実際その通りなことが多いんですよ。



旅行社ツアーのいつものトンガリロ観光なので、ファカパパヌイ・ウォークのいつもの川原です。
e0133780_05274568.jpg
さっき気が付きましたが、この岩に、ハート型の苔がありました。
e0133780_05291319.jpg


という事で、元気に行ってらっしゃい!
e0133780_05292409.jpg



e0133780_05294207.jpg
ブルース・ロード入り口に寄って、ルアペフ山の眺め。




ホテルでランチの確認をして、家にも電話、それからお客さんをお迎えに。
e0133780_05301360.jpg
マウンテンヘアベル。


e0133780_05311921.jpg
マヌカも満開です。



e0133780_05314063.jpg
晴れ男パワー炸裂です!
ずっと晴れっぱなしのルアペフ山。

e0133780_05321075.jpg
上空は風が強そう。

UFOみたいなレンズ雲。
e0133780_05322889.jpg
近くを飛んだらグラグラ揺れるでしょうね!




e0133780_05362772.jpg
ちょうどお客さんがやって来ました。
前回ご案内の頃は、この湿地帯の所々が凍ってましたものね。



そう、肝心のニュージーランド富士、ナウルホエが出てきてませんよね。
残念ながら、ずーっと雲の中だったんです。
お客さんの居る所のみが晴れるのか!
e0133780_05373134.jpg
駐車スペースに戻ると、晴れ男パワーで、わずかに山頂が姿を見せました!



12時半過ぎ、シャトートンガリロ・ホテルでお二人はランチ。
こちらはいつものように、
e0133780_05411767.jpg
ここに車を停めて、
e0133780_05420105.jpg
お弁当タイム♪


e0133780_05421546.jpg
雲に隠れたナウルホエ、おにぎりパワーで雲を吹きとばせ!

そう、ほんとは、昨年11月に日本で、富士山海苔をたくさんいただいたんですけど、なんと今回持ってくるのを忘れちゃったんです!!
せっかくのトンガリロだったのに、本当に申し訳ないです!
仕方ないので、自分でカットの富士山海苔。
本物は、本物の富士山とツーショットにするしかないですね!


e0133780_05424362.jpg

自家製富士山海苔でも効果発揮です。
雲が飛びました♪
山頂が姿を見せました。
初ニュージーランド富士♪



e0133780_05434081.jpg
どんどん雲が晴れていきます。
晴れ男におにぎりパワー、完璧な組み合わせです。


e0133780_05443038.jpg
お二人はまだお食事中。早くこの姿をお見せしたいですね。

e0133780_05450073.jpg
この後もずっと晴れてくれて、無事お二人にもニュージーランド富士の様子を楽しんでいただけました。



e0133780_05453867.jpg
初トンガリロ、見事成功で良かったです♪



寄り道もし甲斐がありますね。
パノラマにしましたので、クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_05460024.jpg


e0133780_05474167.jpg
初ナウルホエでした。




いつもの帰りのタウポ湖畔。
e0133780_05490885.jpg
夏休み中、数台の車が停まってました。

e0133780_05494177.jpg
パンにはありつけなかった黒鳥親子。


e0133780_05500407.jpg
陽射しは強いですけど、風がとっても爽やかです。
海みたいな眺め。




e0133780_05503125.jpg
中心街のビーチも大勢の人達でした。
この人達は、ここから一斉に湖に駆け込みました。
e0133780_05513611.jpg

雪山を見ながらの海水、じゃなくて、湖水浴。
e0133780_05520216.jpg
お客さんがそう話されて気づきましたが、雪山を見ながら泳いでるんですものね!



e0133780_05525794.jpg
こちらは相変わらずのカモたち。
昨日はここも、大勢の人達でした。
e0133780_05533493.jpg
黒鳥と一緒に泳げるタウポ。

e0133780_05542179.jpg
目の前をスタスタ歩くカモたち。
行先には、
e0133780_05545064.jpg
パンでした。


e0133780_05550373.jpg
黒鳥も向かいます。


e0133780_05551649.jpg
大人から子供まで安心して遊べるNZです。



e0133780_05553973.jpg
元旦は曇り景色でしたが、昨日は見事、午後3時50分の様子です。





e0133780_05563932.jpg


ちょうどジェットボートがやって来ました。
e0133780_05570139.jpg


急いで滝へ向かいましたけど、これが最後の周回だったよう、もう姿が見えなくなっちゃいました。




e0133780_05573459.jpg
フカ滝、豪快です。
e0133780_05574914.jpg




e0133780_05575971.jpg




いつものはちみつショップで、
e0133780_05582458.jpg
これで当分食べ納めと、アイスクリーム♪



楽しいトンガリロ観光、どうもありがとうございました。
またいつか、お会いできる日を楽しみにしています!




by masaya-iwata | 2017-01-12 06:07 | 観光 | Comments(0)
2016年 12月 27日

ロトルアの夏、自然の夏

今朝も出発と同時に、雲がどんどん晴れてきました。
昨日の7名を午前9時ホテルにお迎えし、まったくの自由プランなので、得意のドライブ観光としました。
旅行社ツアーや、現地を知らないと行けないような、ほんとのロトルアです♪

まずは、通り道、町からも近いレッドウッド森林公園。
e0133780_16105357.jpg
森の中は肌寒い。

e0133780_16122789.jpg

続いて、プケポトヒルを越えブルーレイク、グリーンレイク。
e0133780_16155783.jpg

e0133780_16160910.jpg
20年以上前、初めて訪れたときとまったく変わらない景色。
変わっているのは木の高さ。
この夏は、高いシダを切ってくれてるので、景色がよく見えました。

e0133780_16172065.jpg
遠くにこんな白い切れ目が見えました。
ズームにすると、岩肌のよう。
この辺りも、火山活動の影響で出来上がった地形なんですね。


e0133780_16180907.jpg
タラウェラ湖畔。
あまりにのどかな景色を前に、全員無言でじーっと佇んでます。

e0133780_16184773.jpg
雲のかかり具合がちょうど良い、これなら焦げずにすみます。
タラウェラ山。

一番のホリデー中ですから、人も大勢。
e0133780_16193678.jpg
もっと多いと思ったんですけど!


e0133780_16203908.jpg
カモの親子がスイスイ近づいてきました。

e0133780_16205954.jpg
随分大胆に近づくヒナです。

e0133780_16212594.jpg
こんな近くまで来ました。
パンを待ってるんでしょう!

e0133780_16214828.jpg
自然と鳥、動物が主役のNZです。

e0133780_16222223.jpg
黒鳥親子もスイスイ。



e0133780_16201274.jpg
浮き輪に子供達を引き連れ、おじいさんの操縦でボートが戻ってきました。
親子3代の家族連れがとっても多いです。

e0133780_16232452.jpg
こちらも親子3代、親戚も一緒です。
皆さん仲良し。
お孫さんのお嬢さんは、代わる代わる、おじいちゃんの手をとって歩いてました。
これが正しい家族の姿ですね。

左のボートも、車を運転していたのがおじいちゃん、ボートの操縦席にはその息子、そして奥さん、おばあさん、子供達の親子3代でした。


e0133780_16251562.jpg
こちらはヨットです。
夫婦でセッティング中。
ボート自体は古そうですから、そんなに高価ではないでしょうね。
こちらの人達、というかNZは、人生を楽しむ敷居がとっても低くて良いですよ。


タラウェラ・ランディングへ行って、いつもの自称「プライベートビーチ」にもご案内しましたけど、カメラを車に置いてきちゃいました。

なので、戻ってここから。
e0133780_16265460.jpg
おじいさんを待ってるおばあさんがボートの横に。

もうこの数年、どんどん太って、5年前にブカブカになったジーンズが、ぴったりになってしまってますから、お客さんから、「岩田さんもアイス?」と聞かれて、断ったんですけどね。
e0133780_16285369.jpg
買ってきてくれちゃいました♪
美味しい♡


各場所で、超のんびり行動ですから、時間オーバーになりますけど、この景色もお見せしたかったので、
e0133780_16301868.jpg
オカレカ湖へ。

おじいさんとお話ししたら、初めてのNZが、息子さんの事故後に駆けつけた時でしたからね。
たっぷりNZの自然をご覧いただき、息子さんが好きだったNZの自然を感じていただきたかったです。

e0133780_16331842.jpg
e0133780_16333059.jpg
遠くにいるのは、
e0133780_16335908.jpg
カナダグースと、

e0133780_16341227.jpg
パラダイスダック。
この後、お昼寝から目覚め、クワークワ~賑やかに飛んでいきました。


e0133780_16345231.jpg
予定時間を20分位オーバーして、お昼ご飯に、ショッピングセンターのフードコートへご案内して、お別れとなりました。
また遊びに来てくださいね!



さて、こちら、昨晩のステーキ。
e0133780_16355964.jpg
12月9日、茨城へ行った時にいただいた、干し椎茸の万能ソースです。
常陸太田市のヨネビシ醤油。
とーっても美味しいので、写真載せました!

やっぱり咳から来る風邪をひきました。
原因は、おそらく成田リムジンバスで、後ろの席に座っていた東南アジア系女性しか考えられないんですけども…。
その時、もうひとりの友達女性と、息子達とで、里帰りだったのかな?
たまーにしか咳をしてないので、あまり気にしなかったんですが、その時以外、咳をしてる人と遭遇しませんでしたし、日本人ならマスクしてる人多かったですからね。
成田到着時に、うがい手洗いを徹底的にしておけば良かった…。
たった何度かの咳でも、免疫抑制剤飲んでるので、イチコロです。なんて弱いんだ¬、

ステーキで栄養とって、汗をかいて寝ましたけど、今朝は目がトロンと赤く、測ってないけど熱もあった感じ。
でも、気が張ってるので、今もなんとか凌げてます。
咳も、出そうになると、黒豆茶をガンガン飲んで抑えているので、無事にご案内できました。
家では母に移らないようにしないといけないですが、母は病気知らずなので、大丈夫でしょう!


で、昨晩8時半過ぎ、
e0133780_16441660.jpg
さすがにカメラでは暗すぎますけど、ソングスラッシュの右側にウサギの耳です。


ウサギの写真撮れなかったなと思っていたら、ちょっと前、午後7時半頃に撮れました。
e0133780_16451853.jpg
オリーブの木の下辺りがお気に入りの様子。
ガラス戸開けようとしたら一目散に逃げましたけど、しばらくしたらまた戻ってました。
e0133780_16460290.jpg

そうそう、それと、ほんとは昨日食べようと思っていた、スペインからの贈り物。
e0133780_16463882.jpg
日本でいったん開封したのでちょっと破けてます。

e0133780_16465889.jpg
上の方から食べよう。

e0133780_16471368.jpg
甘くて美味しい。
また太る!


羊の様子を見にデッキへ出ると、外へ出てるのに気にせず、ブラックバード君がやってきました。
e0133780_16475205.jpg
この数年、飛んできても姿を見るとすぐ逃げちゃうブラックバードでしたが、彼は逃げません。
くちばしの根本の黒っぽいのが、数年前にしょっちゅう遊びに来ていたブラックバード君を思い起こします。
また戻ってきたの?
それとも何代目かな?
野鳥の寿命サイクルってどのくらいなんでしょう。


e0133780_16500588.jpg
羊も気づいてやってきました。
レモンの木には、羊のおじさんがちゃんと柵を作ってくれてました。
そしてまた見つけたのは、
e0133780_16504630.jpg
ハリネズミ、ヘッジホッグです。


さあ、お待ちかね。
e0133780_16515015.jpg

e0133780_16520399.jpg
この一番慣れたのに続いて、もう1匹も手から食べるようになりました。
牧場がさっぱりしてますが、ご案内から戻ってシャワーを浴び、遅い昼ご飯を食べた後、ソファで寝てる間に、羊のおじさんが大型トラクターで芝刈りしてくれてました。
羊はあまり長い牧草は食べられないからです。

炎天下でおじさん、タフです。
ありがたいなーとも思いますし、考えたらほんとの牧場生活をされてる頃から比べると、この程度の敷地の管理なんてちっとも大したことないんだろうーとも気づきました!

そう、子羊4匹はいなくなっちゃって、以前と同じ、8匹に戻りました。
やっと外が暗くなりました。
晩ご飯にしないと。


by masaya-iwata | 2016-12-27 17:07 | 森と湖 | Comments(2)
2016年 08月 29日

昨日の間欠泉とハンナズ・ベイとクイラウ公園

ころころ変わる天気で、今日は霧雨の朝。
羊達はもう起きたい組とまだ寝ていたい組で、木陰の中と外、分かれてました。
e0133780_08392549.jpg
この後、クライストチャーチから到着のNZ航空ATR機が上空を通過したタイミングで、皆んなぞろぞろ外へ出てきました。




昨日は早朝から見事な天気。
2名のご夫婦をハミルトンへお送りしました。

ワイカト川の景色を撮ってる時間無く、すぐにロトルアへ。

そうそう、1号線のバイパスが完成していて、もうケンブリッジの町に入ることは無いんです。
e0133780_08411211.jpg
おかげでロトルア・ハミルトン間、1時間半を切ります。

こういう新しい真っ直ぐな道路にはパトカーもうようよしていて、昨日も1台が朝から餌食になってました。

e0133780_08443477.jpg
ティラウのシャクナゲもだいぶ咲いてきました。



テ・プイアに10時20分到着、フリーWiFiで家とスカイプの時間もあります。
いろいろと便利になったNZです。

その内に、ミニバスでお客さん到着。
夏休み中の中学生のホームステイツアー、朝ファカタネを出てオークランドへ行く途中のスピード観光です。

10人の生徒さんと2名の先生。
間欠泉は静まり返っているので、一番最後にして全部をじっくり回り、それでも50分程でここへやって来て、僅かにプリンス・オブ・ウェールズ・フェザーズ・ガイザーが出てきてます。
とっても微妙なタイミング。
e0133780_08464408.jpg
出発時間まであと10分、オークランド旅行会社のドライバー社長も一緒でしたので、ちょっとだけなら遅くなっても大丈夫と、とりあえず先にバスへ戻り、こちらは待つことにしました。

e0133780_08540405.jpg
ホットシートでホトトギス。

ポフツがちょこちょこ出てきた頃に、皆んなをうながして、橋へ戻ります。

e0133780_08543120.jpg
爆発しそうでなかなかしない。

生徒達はがやがやおしゃべり始めたので、「ちゃんと見てないと、間欠泉が出てくれないよー」と注目させて、
e0133780_09004509.jpg
やっと出始め、

そして、
e0133780_09010695.jpg
スロースタートながらも、

e0133780_09012910.jpg
ドカンと出ました。

e0133780_09014332.jpg
あー、良かった。
絶好調のポフツ間欠泉、中学生を楽しませてくれました。
皆んなに、ちゃんとお礼言ってお別れだよーと。

バスまで全員ダッシュ!
e0133780_09023514.jpg
女性の先生が一番後からゼーゼーと♪

とても素直で可愛い中学生達でした。
この内、何人かが、またNZに来ることでしょう!


車倉庫で洗車後、買い物がありましたけど、母が留守番ばかりですから、急いで帰宅。
おにぎり残り1個を食べてから、町へ出ます。
晴れてるのに森に行くことはないかな?と、飛行場を通り越してすぐにハンナズ・ベイへ。

手前のデイリーで買ったミートパイを食べます。
e0133780_09083144.jpg
そうそう、通り沿いのデイリーなんですが、もう20年以上前からインド人経営で、今でもそうでした。
まだヘリコプターのハンガーがロトルア空港にあったその頃、マオリ家族がここで買ってきてくれたパンやケーキを皆んなでハンガーで食べました。
自分のケーキに緑色の粉がかかっていたので、粉砂糖に着色してるのかな?と思って食べていた時、ふとそれがカビだと気づき…、もう手遅れ。
すぐ家に戻って正露丸飲んだことがありました!

なので、とても久し振りに寄った昨日も、パイの日付をまず確認して、9月まであるので大丈夫と食べた訳です。


そう、パイを食べてると、カモメ達が近づき、ジトーっと。
e0133780_09140140.jpg
これ、ズームじゃないですよ。

ジオラマモードでもう一度。
e0133780_09161281.jpg
ブリキのカモメ♪


e0133780_09165136.jpg
ぞろぞろ。
ヒッチコック・サスペンス♪

e0133780_09172490.jpg
ジーっと注目です。


パイの欠片をたくさん残しておいて、空中にパーッと。
e0133780_09181188.jpg
キャッチ!
太陽直撃してしまった!

e0133780_09185232.jpg
左手でパンを投げて右手で撮ってます、難しい!

e0133780_09192360.jpg
母は地面にパラパラ。


ちょっとシャッターが早かったですけど、左上にパンくずが写ってます。
それをしっかり見つめるカモメ2羽、クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_09194717.jpg

2羽で空中戦、こちらもクリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_09212614.jpg


散歩開始。
e0133780_09215968.jpg
父もジョンも一緒です。


e0133780_09231742.jpg
キラキラ。


優雅に飛ぶカモメ。
こういうのは、一眼レフじゃないと難しい、でも、偶然雲とのバランスも良いので、そのまま大きく載せてます。クリックでご覧ください。(CLICK on photo)
e0133780_09242831.jpg




e0133780_09274062.jpg
ここら辺りで戻ります。


e0133780_09275874.jpg
ジョンは、ヘッピリ腰で歩いてるかな?


e0133780_09292141.jpg
何度もカモメが横切るので、無駄写真が多いです!
羽ばたく直前の写真なので、これだけ載せました。


e0133780_09301233.jpg
こういう湖岸は日本でなかなか見つからないですもんね。
ジョンを連れて歩きたかったなぁ。

e0133780_09310937.jpg
楽しい散歩でした。




e0133780_09315686.jpg
こちら、もうマヌカ。

やはり地熱地帯は温かい。
e0133780_09322580.jpg
クイラウ公園、母は久し振り。

e0133780_09325698.jpg
ラッパスイセンも満開でした。
ここだけでなく、あちこちで咲いてます。

e0133780_09332699.jpg
さすがに藤の花はまだですけど!


e0133780_09334762.jpg
e0133780_09340182.jpg


e0133780_09341057.jpg
前方にはロトルア病院、もう5年前なのかぁ、2011年は合計2ヶ月半、ここが我が家でした。

e0133780_09350262.jpg
この辺りは、以前も両親と来た所。
でも、その頃は、多分この柵が無かった頃。

e0133780_09353739.jpg
2001年の1月末までは、この岩の山に上って写真撮ったりできたんですよ。



e0133780_09361473.jpg
活動活発な地熱公園。


e0133780_09363974.jpg
温泉の池。

反対側から、
e0133780_09365631.jpg

良い天気の日曜午後、家族連れも大勢でした。

e0133780_09372531.jpg

e0133780_09373975.jpg
ここはもう、すっかり春ですね。


e0133780_09380394.jpg
ぐるっと回るずっと前から、橋の上でアジア系カメラ女子が大きなカメラを構えていたので、ここに来たら声をかけられるかな?と思ったらやはり、「写真撮ってくれますか?」と英語で。
キャノンの一眼レフを渡され、パチリと。
香港からの人でした。

e0133780_09401871.jpg

e0133780_09404191.jpg


ロトルア湖畔の公園では、世界一高い風船滑り台。
e0133780_09405438.jpg
手前はなんだろう?
たくさん子供遊具が揃ってました。


昨日はパックンセーブへ。
e0133780_09423601.jpg
とっても寒いビールコーナー。
やっとライオンレッドを買いました。

e0133780_09431754.jpg
またしてもたくさんの買い物。
エンゲル係数が突出してる我が家、やれやれ…。



e0133780_09444649.jpg
空でもゼーゼー。

この雲、しばらくして車を走らせてる頃、形が崩れて、キリンビールのマークみたいに変わりました。


e0133780_09472724.jpg
帰宅すると待ちかねてる羊達。



e0133780_09474544.jpg
ライオンレッド、一番すんなり飲める味かな?

今年はビール係数も大きくなってます。




by masaya-iwata | 2016-08-29 10:03 | 日常の景色 | Comments(2)
2016年 08月 10日

8日のオカレカ湖散歩とブルーレイク、そして鳥達

一昨日月曜日は、その前の日曜夜からですけど、一気に天気回復、一昨日昨日と晴れ続きでした。
そして今日はまた曇の一日となりました。
日曜夜の星写真も撮ったんですけど、写真が多すぎちゃうので、その写真はまたにして、8日朝の写真からスタートです。
なかなかパソコン前でゆっくりする余裕が無いので、更新できずに写真が溜まってしまってます…。


e0133780_19284068.jpg
水道管は凍結、水飲みは氷、一年ぶりのこの写真です。

見事な天気なので、オカレカ湖へ行ってきました。
両親が来てる頃は、まだこの散歩コースを知りませんでしたので、母は初めて歩きます。

e0133780_19291626.jpg
オカレカ湖の湖畔を通り過ぎるとき、男連中が並んで湖岸に立っていたので、釣りにしても、お互い近すぎるよな?と思っていたんですが、横から眺めて何をしてるか分かりました。

e0133780_19330111.jpg
ラジコンヨットでした。

e0133780_19331687.jpg
本物に見えるかな?
月曜昼過ぎ、優雅です。


駐車場に停めて、懐かしいこの景色。
e0133780_19334277.jpg
そうそう、母の写真は載せてますけど、「岩田さんの写真は?」と何度か聞かれたので、今回はタイマーで撮りました。
e0133780_19350066.jpg
暖かいので、セーターだけで十分でした。

この時、周りをちょろちょろ、キーキー、いつものファンテイルです。
e0133780_19355369.jpg
追いかけっこしてました。

e0133780_19361256.jpg
相変わらず、ちっともじっとしてないので、なかなか撮れないです。

e0133780_19363650.jpg
こんなすぐ近くに来るんですよ。

e0133780_19365740.jpg
やっと撮れました。

そして、枝ではちょこっと休憩していたので、
e0133780_19373672.jpg
撮れました。
もうちょっと綺麗に、
e0133780_19375649.jpg
顔が逆光か。

しばらく木陰を歩きますが、日向はぽかぽかでも、木陰は寒かったです。

やっと湖畔に出て、
e0133780_19383163.jpg
久し振りのプケコ写真。

e0133780_19391527.jpg
草を咥えてるので、巣作りかな?

e0133780_19393744.jpg
木道に入ります。

e0133780_19400021.jpg
とっても良い眺め。
前方左側奥に、鳥見小屋があります。
この建物が景色と合ってます。

e0133780_19404587.jpg
テクテク歩いてます。
午前中から出てくれば良かったんですが、午後からでしたので、太陽がもう斜めです。まだ1時半なんですけどね。

e0133780_19420974.jpg
ずっと向こうの牧場には牛がたくさん。
e0133780_19425735.jpg
毎日この景色を眺めてる牛達。

40倍ズーム+デジタルズームでアップにすると、
e0133780_19432284.jpg
お肉になっちゃう牛さん達でした…。


e0133780_19440885.jpg
鳥見小屋の中です。
中に入らなくても、鳥は近くでたくさん見られるんですけど!

e0133780_19444230.jpg
この辺りからずっと父の写真を持って歩く母です。
ジョンはキーホルダーで胸にかかってます。

e0133780_19454126.jpg
これはジオラマモードで撮りました。

e0133780_19460282.jpg
これは何かというと、前方に鳥がたくさんなんですよ。

e0133780_19464615.jpg
こちら黒鳥。卵かかえてますね。

e0133780_19471088.jpg
そしてカナダグース。
あとどのくらいで子供達が見られるかな?

e0133780_19473303.jpg

とっても古そうな木。
e0133780_19490689.jpg
そして大きいです。

e0133780_19492842.jpg
前方に黒鳥夫婦。

e0133780_19494394.jpg
近づくとめんどくさそうに横断しました。

e0133780_19501437.jpg
そして、黒鳥ロードを通って湖へ。
e0133780_19502711.jpg

e0133780_19504662.jpg
こちら人間ロードをテクテク。

e0133780_19510896.jpg
ひろーーい。

e0133780_19513153.jpg
さっきの牛達をジオラマモードで。

e0133780_19515439.jpg
こちらもジオラマモード。
半分、サンダーバード2号の道っぽい?
e0133780_19523395.jpg
さ、この辺りでUターンすることに。

e0133780_19530643.jpg
あ、またプケコです。

e0133780_19532135.jpg
そしてさっきの黒鳥夫婦がやっと湖へ漕ぎ出しました。


e0133780_19534871.jpg
もう一回さっきの大木、下から上を。

グーグー鳴きながら賑やかにカナダグースが飛び立ちました。
e0133780_19541305.jpg
コンデジなので、シャッターがなかなかおりない!

e0133780_19554660.jpg
逆Vの字編隊飛行、映画を思い出しますね。

ぐるーっと大きな弧を描いて、また湖に着水しました。
この間、まったくシャッターおりなく、写真無しです。

e0133780_19570125.jpg
テクテク。

e0133780_19574161.jpg
パラダイスダックがブスブス、カーカー。

e0133780_19583567.jpg
もう夫婦みたい、最初オスが追いかけてるように見えたんですが、今度はメスから近づいてます。

e0133780_19590885.jpg
ぽかぽか陽気なので、何組かの人達とすれ違いました。
その間、母は写真を手に持ったままでしたけど!
e0133780_19595501.jpg


e0133780_20000738.jpg
とっても平和な眺めです。
こういう景色をずっと眺めていたら、変な欲も無くなるんでしょうけどね…。

e0133780_20010787.jpg
パラダイスダック夫婦とマガモです。


駐車場に戻ってきました。
e0133780_20013466.jpg
前方右下に、何か茶色い塊です。
ズームで見ると、
e0133780_20020512.jpg
ウサギでした。
この距離でも、向こうはこっちを警戒してます!
まあ、この距離なら簡単にズドンとやられちゃいますもんね…。


また晴れた日に、今度は一番奥まで歩いてみようかな?と、母も楽しみました。

良い天気なので、ブルーレイクを回って帰ろう。
e0133780_20024844.jpg
久し振りのブルーレイク。
ここは南風が冷たいです。

e0133780_20034115.jpg
ここは両親とも何度も来た所。
この日は、グリーンレイク、タラウェラ湖には行かず、次に取っておきました。

e0133780_20042007.jpg
カモ達も休んでます。


e0133780_20044776.jpg
と~っても綺麗な水。

やっとここまで更新できました♪




by masaya-iwata | 2016-08-10 20:07 | 森と湖 | Comments(4)
2016年 01月 25日

トンガリロ・ピクニック

いつもはすぐに寝ちゃうんですが、昨晩はなかなか眠れず、仕方ないのでYouTube動画見たりしてる内に、2時半過ぎちゃいました。
今朝は5時半起きで、おにぎり弁当。
ピクニックへ出かける前に、昨日のご夫婦を、観光局バス停へご案内。
e0133780_18110231.jpg
あまりパッとしない天気予報。
7時半過ぎのロトルアも、どんより空。

無事見送った後は、コーヒータイム。
新人さんと、ショッピングセンターの新しいカフェへ初めて入ってみました。
e0133780_18115014.jpg


少し早めにホテルへ行ってみると、お客さんもお揃いでした。
3人姉妹とお友達という、4名の、旅行社ツアーからのお客さん。
女性5名と一緒に、トンガリロ観光、仕事というよりピクニックです。

e0133780_18155787.jpg
今月初めに登ったばかりの、レインボーマウンテン。
グリーンレイク、マオリ名は赤い湖、ロトフェロヘ寄り道。


一気にトンガリロへ。
ロトアイラ湖の北側に来てみると、ご覧のようにすっきり青空。
e0133780_18192111.jpg
もうちょっと木を切ってくれないと、湖が見えないです!


東側からはまったく見えなかったトンガリロ山群、西側からはご覧のようにくっきりと。(CLICK on photo)
e0133780_18211143.jpg
高原の雲。空気もとても爽やか、気持ちいい!


ファカパパ村の地名表示板がトイトイで覆われてます。
e0133780_18230302.jpg

e0133780_18275201.jpg
e0133780_18281403.jpg
言うことなしの眺め。
いつもこの顔を見せてくれると良いんですけど。


決められた行程通り、ファカパパヌイ・ウォークへご案内。
分岐点でお別れした後、いつものように、
e0133780_18284447.jpg
いつもと違うのは、
e0133780_18404542.jpg
勝手にアップ、ごめんなさい!

いつものように、ブルースロード入り口から、ルアペフ山を見せてあげようと思ったんですが、ふと気が変わって、久し振りに上っちゃいました。
これも研修の一環ですから、ガイド事務所もOKでしょう♪

e0133780_18420109.jpg
リフト乗り場へ。
ほんとは、リフトも2年ぶり?に乗りたかったんですけど、さすがに時間がありません。
こんな良い天気ですから、案内してあげたったです。

e0133780_18454509.jpg
冬に備えて工事中。

e0133780_18460927.jpg
アリエナイ?


e0133780_18482154.jpg
こちらファミリーゲレンデ。
人工降雪機のお世話になる場所。


e0133780_18490748.jpg
カフェの中は、
e0133780_18492126.jpg
良い感じです。
e0133780_18493622.jpg
e0133780_18494980.jpg
眺め最高。
ほんと、リフト日和だったんですけど、今日は仕事でした…!

e0133780_18505015.jpg
風もそよそよ、下界と大違い。


e0133780_19041780.jpg
まだ頭がボケてました…。
最初頭に、「マウントクック・リリー」の名前が出てきて、それにつられて、「ルアペフ・デイジー」なんて言っちゃいまいた。
これは、マウンテン・デイジーでしたね。

そう、今日も昨日も、久し振りのガイドという事もあり、またまた早口で喋ってしまいました。
今日の年代のお客さん達には、もっとゆっくり話すべきでしたね。
気をつけないと。ほんと悪い癖。

e0133780_19075176.jpg
それにしても凄い眺め。
ここにはもう15年位前だったかな?
初代営業車、シャランでやってきて、トンガリロツアーの下見で、当時の新人ガイドとワーホリの子と3人で、この景色を見ながら座席を回転させて、車内でおにぎり食べたんでした。
写真を探せばどこかにあるかな?
景色はあの頃とちっとも変わってないです。


クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_19113286.jpg
お客さん達より絶景を楽しんでます。


e0133780_19240181.jpg
さあ、お客さん達を迎えに、逆コースを辿って木道へ。
ここで記念撮影を撮らないとね。


e0133780_19271739.jpg
下流側のファカパパヌイ川。
e0133780_19274794.jpg
音も載せられると良いですよね。


シャトートンガリロ・ホテルのランチへご案内。

ラウンジからのNZ富士。
e0133780_19281239.jpg

富士山おにぎり。
e0133780_19283935.jpg
毎度おなじみの景色。

e0133780_19290989.jpg
今日は多目に作ってきました。
おかずは大したことないんですけど、おにぎりは、年始にお客さんと作った、サーモンの味噌焼きの冷凍を少し削って、中に入れてます。それと、おかかも。
新人さんも美味しいと食べてくれて、お客さん達より楽しいピクニックになったかも♪

一人の時は、時間が余るランチタイムですけど、2人だとあっという間ですね。
お迎え時間にかかりそうなので、急いで、タラナキ・ウォークの入り口までやってきて、もう一度NZ富士、ナウルホエ山を眺めます。
e0133780_19345112.jpg


お客さんを迎えて、もう一度、玄関前からナウルホエ。
e0133780_19363125.jpg
山頂もくっきり、もう雪は完全に溶けてます。
e0133780_19370971.jpg
写真だと綺麗に撮れない。
昨年壊れてしまったデジカメの代わりにはならない、旧型きみまろズーム。
やっぱり買い換えておけば、ジョンとの旅行も、新しいカメラでもっと綺麗に残せたんでした…。
今を逃しちゃダメですね。


e0133780_19385341.jpg
いつもの帰りのタウポ湖畔。
お客さんのエスコートも写真撮影も、新人さんが細かい気配りで対応してくれるので、とっても楽ちんです。
またまた後ろ姿を失礼します。

e0133780_19402072.jpg
ここも、泳いでる人達が数組居ました。
正面はクロールで突き進む旦那さんと、奥さんは手前で立ってます。
e0133780_19413283.jpg
午後3時、涼しかったトンガリロと比べて、陽射しは強烈、空気もジトッと。
これなら、日本人でも十分、泳げる状態です。
風も穏やか、見てるだけが勿体ない。


e0133780_19435384.jpg
今日も帰りに寄った、いつものタウポ湖畔。
こちらも大勢の家族連れ、まだ夏休みですから。
黒鳥夫婦も一緒に遊ぶ、のどかな光景。

e0133780_19445260.jpg
行きは見えなかったトンガリロ山群も、今は霞んで見えてます。

e0133780_19452712.jpg
こちらの姿を見つけて、黒鳥がパンをねだりに上陸です。

e0133780_19493933.jpg
人間が水の中、逆の位置関係。

パンは持ってこなかったので、しばらくこちらを眺めた後、スタスタ戻っていく黒鳥でした。

水上飛行機はお休みでしたが、遊覧ヘリは活動中。
e0133780_19503088.jpg
ロビンソンR44がテイクオフ。
あっちのパイロットの方がずっと、仕事より遊び気分だろうな。


最後にフカ滝。
e0133780_19514117.jpg
今日も水門はほぼ全開。

e0133780_19521523.jpg
これで高さがあったらね、と、贅沢なお客さん!



e0133780_19530394.jpg
今日はアシストありがとう。
お疲れ様でした!



午後8時50分、夕焼け空です。(CLICK on photo)
e0133780_19532620.jpg





by masaya-iwata | 2016-01-25 20:07 | 観光 | Comments(0)
2016年 01月 23日

12月29日のトンガリロ観光

今日も暑い。
家で過ごすには、無駄に良い天気の土曜日です…。
でも、午後2時過ぎに、そうだ、洗濯をしておかないと、と、洗濯機を回し、午後3時に干しても、
e0133780_16132370.jpg
あっという間に乾きそう。

牧場の西側に移動してる羊達は、僅かな影を求めて移動です。
e0133780_16140562.jpg
こういう日は、反対側に戻してやりたいですよね。
e0133780_16145893.jpg
皆んなで寄り添って日除けです。

e0133780_16152802.jpg
純毛まとって暑いだろうなぁ。

e0133780_16154916.jpg
午後6時半、まだまだ暑い。
洗濯はすっかり乾いてます。

午後8時過ぎの今、外の気温は21.2℃、部屋の中は30℃、湿度78%を示してます…。
この時計の温度け、合ってるかな?
西日直撃の部屋は暑いです。


さて、昨年末、12月29日に、旅行社ツアーのオプションでトンガリロをご案内しました。
男性1人とご夫婦2名の2組3名でした。
この内、ご夫婦の方が、NZ何度目かで、NZ人の友達もいらっしゃるとの事、NZ大好きご夫婦。
トンガリロは初めて、タウポも今日の観光のために取っておいたという方達。

ブログの事もお話したので、ご覧くださったかもしれませんが、なかなかアップしなかったので、もう戻って来られないかもしれないですね¬。
遅くなってしまいましたが、その時の写真をご紹介します。

夏のトンガリロです!

クリックの大きな画面でどうぞ!(CLICK on photo)
e0133780_16231133.jpg
そう、この日は朝から快晴。
雲一つない空が一日続きました。
ロトルアもタウポも、トンガリロも全部快晴。
こんな日は珍しいです。
最高の観光日和でした。


ファカパパ村に到着後、ツアープラン通りに、ファカパパヌイ・ウォークにご案内です。
分岐点までご案内して、こちらはまた駐車場に戻ります。
e0133780_16250282.jpg
ファカパパヌイ川のせせらぎ。
e0133780_16262604.jpg
NZに戻って最初のご案内は、仕事と思えないご褒美でした。

e0133780_16271804.jpg
万年雪を抱えたルアペフ山。

e0133780_16274002.jpg
ちょっと一人で、タラナキ・ウォークを歩いてみよう。
本当はこっちをご案内したいんですよね。
ナウルホエ山は、僅かに雪が残ってます。

e0133780_16290659.jpg
NZ富士、ナウルホエ山。
この日は29日、その1週間前は日本、22日に富士山を見に行ってますからね!
富士山の迫力にはかなり劣りますけど、トンガリロ公園全てを含めた良さがこちらにはあります。

e0133780_16310466.jpg
高山植物も咲き始めてました。
この1週間後にまたこちらに来てますけど、その時はもっと咲いてました。
この花は、図鑑を見ると、どうも、Leafy forstera という花のようですが、そうであるかも、和訳もちっとも分からないです。

e0133780_16331523.jpg
スコテルには、日本の国旗。

お客さんのランチを確認して、シャトートンガリロ・ホテルのラウンジから。
e0133780_16333765.jpg
ナウルホエ。

そして、お客さんをウォーク終点で迎えて、レストランにご案内して、こちらはいつもの、
e0133780_16341176.jpg
トンガリロと言えば、おにぎり。

e0133780_16345070.jpg
富士山おにぎり。
美味しかったぁ。

e0133780_16352432.jpg
定番のアングル。

e0133780_16360178.jpg
ナウルホエ。
ここから眺めると、以前冬に、女の子達グループを案内して、それぞれジャンプして撮影したのを思い出します。

e0133780_16365829.jpg
夏のNZ富士。

e0133780_16371382.jpg
北島最高峰、ルアペフ山、2797mと、シャトートンガリロ・ホテル、1157mの標高です。


皆さん、ささっとランチ終了でしたので、ちゃんと時間が出来ました。
余分なご案内は、タファイ滝へ。
e0133780_16394342.jpg
クリスマス・ニューイヤーホリデー中ですから、大勢の人達で、車を止めるのにも苦労しましたが、ここでも先客が何組か居ます。
川を渡って向こう側を歩いているのは、NZ人親子のよう。

e0133780_16414189.jpg
見事な眺めでした。
e0133780_16421951.jpg
綺麗な水。


帰り道、いつもの帰りに寄るタウポ湖畔。
e0133780_16424564.jpg
ここも家族連れがたくさん。

e0133780_16432508.jpg
さっそく現れた黒鳥。

e0133780_16441520.jpg
久し振りの黒鳥。

e0133780_16443383.jpg
パンを持ってないので不満そう。

e0133780_16450599.jpg
このツアーでは帰りに寄った、いつもは行きに寄るタウポ湖畔。
こちらも大勢の人。

e0133780_16460768.jpg
遊覧水上飛行機も、フル稼働中。

e0133780_16464450.jpg
完璧な眺め、午後3時45分。

e0133780_16473558.jpg
女性パイロットがお客さんをご案内中。

e0133780_16481905.jpg
シャッターチャンスを逃しました。ちゃんと写りませんでしたが、美人パイロット(きっと)。

e0133780_16485243.jpg
こんなに良い天気なので、また勝手に追加して、チェリーアイランドへ。
午後4時15分、こちらも子供達だけじゃなく、大人もたくさん、泳いでます。

e0133780_16495194.jpg
カヤックもスイスイ。
皆んな良い人生送ってます。

e0133780_16501597.jpg
バンジー。

午後4時半、フカ滝へ。
このツアーのプランだと、最後に寄る事になります。
夏は大丈夫ですけど、冬は暗くなって厳しいですね。
e0133780_16503136.jpg
タウポ湖方向。

e0133780_16515487.jpg
下流方向、タウポ湖出口の水門はほぼ全開ですね。

e0133780_16522973.jpg
フカ滝。
凄い迫力ですけど、周りの木が茂って、撮影ポイントが少なくなってます!

e0133780_16530785.jpg
大満足のトンガリロ観光でした♪

更新遅くなってしまいましたが、楽しい一日ありがとうございました。
またいつか、お会いできる日を楽しみにしています。


午後9時過ぎて、外気温19.7℃。
部屋の温度は29℃、多分、この壁時計の温度計、合ってないな!




by masaya-iwata | 2016-01-23 17:07 | 観光 | Comments(0)
2015年 06月 30日

昨日のロトルア景色、ファンテイルの日

今日のロトルアは曇りです。
午後、久し振りの友達の家に行ってきましたけど、絶景のロケーションでも太陽が足りない!
e0133780_16271418.jpg
色の少ない景色です。

なんだか空気がぺたっと冷たい一日でした。


昨日の続きです。
e0133780_16305507.jpg
タラウェラ湖畔でランチ。
ここへ初めて、マオリのお父さんに連れて来てもらってから20年。
あれから何度、ここへたくさんの日本の方達をご案内したか分かりませんけど、景色はまったく変わってないです。
ほんとのロトルア観光は、湖と森、そして鳥達の景色なんですが、なかなか旅行社ツアーはそのようになりませんよね。

e0133780_16352534.jpg
だーれも居ない湖畔、2匹のメスを従え、3羽のカモがスイスイ。
e0133780_16361163.jpg
実に平和な眺めです。
e0133780_16363039.jpg
これで、山の上の雲が無ければ、もっと良い写真を撮っていただけたのでしょうが!

e0133780_16371943.jpg
羊達の牧場でストップ。


いつもの、こちらもお見せしないと。
e0133780_16374166.jpg
通常のご案内なら、ここ最近の天気では、万々歳の景色なんですが、カメラマン的にはもうちょっと太陽が欲しかった!

さて、ここで、ファンテイルの思わぬ歓迎を受けました。
e0133780_16395568.jpg
2羽のファンテイルがまとわりついてきました。
e0133780_16404117.jpg
ファンテイルが近づくことは良くあるんですけど、この時はすごかった。
e0133780_16410204.jpg
周りをちょろちょろ、なかなか離れません。
e0133780_16413500.jpg
こんなすぐ近くなんですよ。

e0133780_16415554.jpg
キーキー、なんか欲しいのかな?
ファンテイルは、パンは食べないですもんね。

e0133780_16422951.jpg
湖畔から離れても、まだついてきます。
e0133780_16425842.jpg
2羽どころか、ここで4羽に増えたんですけど、まったくじっとしてないので、全部を一緒に撮れません!

e0133780_16434106.jpg
尻尾を広げて全開アピール♪

もう湖に帰るかなと思ったら、まだまだついてきます。
e0133780_16442139.jpg
2羽で追いかけっこしながら。

e0133780_16445744.jpg
駐車場まで来ちゃうのかな?

e0133780_16451381.jpg
30mくらいあるかな?
結局湖畔から駐車場までずっと、最初の2羽がついてきました。
このまま車に乗ったかも!?

こんなに長いことまとわりつかれたのは初めてでした♪

e0133780_16463503.jpg
高台からのこの景色。
ここも20年、まったく変わってないです。
シダが伸びたり刈られたり、その違いはありますけど!


e0133780_16472997.jpg
そしてこちら、オカレカ湖。
今回一番ご案内したかったこの場所で、太陽が一番顔を見せてくれました。
e0133780_16481025.jpg
ロトルアですがロトルアらしからぬ景色。
こういう顔も持ってるロトルアです。

e0133780_16492750.jpg
ここでも2羽のファンテイルがまとわりついてきました。
さっきのが飛んできたんじゃないです!
今回は、通常通りそんなに長くはついてこなかったです。


e0133780_16504364.jpg
木道の下では、黒鳥が繁殖期です。
e0133780_16511689.jpg
もう子供が生まれてましたけど、1羽だけです。
お母さんにくっついて、餌探しです。

e0133780_16564644.jpg
グーグー、湖から低い鳴き声。
e0133780_16571826.jpg
カナダグースの大群です。
以前より増えてるみたい!

e0133780_16574823.jpg
まだ紅葉が見られました。
ちょうど日が当たって、カメラマンのおじさんも大満足♪
e0133780_16584761.jpg
ポプラの枯れ木、牧場と森の緑、青い空と雲、とっても良い眺め。
e0133780_16594648.jpg
カメラを構える姿がかっこいいです!
さすが本職。

これで、牧場に羊がたくさんいれば、完璧過ぎますね!

e0133780_17003326.jpg
この広い眺め、パノラマにしました。

e0133780_17015313.jpg
お父さんもやって来て、親子3羽の黒鳥でした。


日が傾きすぎない内に、レッドウッドの森へ。
e0133780_17022414.jpg
木漏れ日はどうかな?
e0133780_17032101.jpg
最後のロトルア観光、ここでもたくさんの写真でした。

e0133780_17035245.jpg
恐竜時代の景色♪

e0133780_17041905.jpg
輝くシダの葉。

e0133780_17045424.jpg
エネルギーをたくさん吸収。

この辺りで戻ろうかと思ってましたが、お二人とも森の様子をとても気に入ってくださいました。
車を、ビジターセンターまで回して、赤コースを歩いていただきました。
久し振りに森を走って、反対側からお出迎え。
早くに合流して、こちらの広場もご案内したかったので!
e0133780_17070570.jpg
シダに岩肌にユーカリ。
この広場の雰囲気をカットしちゃうガイドも多いんですけど、忘れずにご案内して欲しい場所です!


日が傾いても大丈夫な、最後の最後の観光場所は、スーパーマーケット♪
たくさんお土産のお菓子を買っていただき、ロトルア空港へ。

オークランド行きの飛行機は、ビーチクラフトではなく、ボンバルディアでした。
e0133780_17091772.jpg
とっても楽しい2日間でした。
お勧めの場所をご案内して、カメラマンの方がシャッターを押し続ける姿を眺める。
ガイド冥利に尽きます♪

e0133780_17131160.jpg
オークランド空港へ。

今朝の便で日本へ、
そろそろ日本到着の時間ですね。
どうもありがとうございました。
またいつかお会いする日を楽しみに、お元気で!




by masaya-iwata | 2015-06-30 17:17 | 鳥と景色 | Comments(0)