タグ:music ( 75 ) タグの人気記事


2017年 06月 27日

岩崎愛子さんの猪苗代ツアーと動画集

更新が遅れてしまいました。
岩崎愛子さんデビュー10周年、ファン感謝ツアーin猪苗代が6月7日にスタートしました。

バスの中での動画鑑賞。
e0133780_23423652.jpg
こちら、先月の後半に作った、「曼珠沙華咲く高幡で」のイメージ動画です。

先に動画のご紹介しますね。
昨年今年と、岩崎愛子さんのライブイベントに訪れて、いろいろとデジカメ動画を撮影してきました。
編集してYouTubeにもアップしましたが、なんとなくまとめ作業をしたくなり、過去の動画を切り貼りして、音声はCDを利用したイメージ動画を作ったんです。

最初に作ったのが、「曼珠沙華咲く高幡で」。

(5分11秒)

最初に作ったのは、字幕の字が小さかったので、後日作り直したのがこちらになります。

上の表紙写真ですけど、こちらがサムネイルになります。
元写真は百草園で行われたライブイベントの写真ですけど、後ろに五重塔なんてありませんからね!
高幡不動尊の五重塔写真と合成しました。


まだ他にも2曲作る予定でしたけど、なんだかんだで遅くなってしまいました。
作成したのは、風邪をひいて38℃以上あった熱がやっと下がり、少し落ち着いた今月4日の日曜日のこと。
まだ頭痛が残る中、なんとか作りました。
前日の土曜日夕方、晩御飯作るのが面倒なので、マコトへ行く前に高幡橋の夕暮れ前写真、帰りがけにちょっと遅い黄昏写真を撮ってきました!

動画3本とも全部そうですが、一番大変だった作業は、今まで撮った動画の中から、歌詞のどの部分にどの映像を使うかという、選別作業です。
歌詞を印刷して、各行に動画割当をメモしていきますけど、作ってる内に、やっぱりこっちが良いかな?とか選び、5分程の曲をいったい何度聞いたことか!
おかげで、歌詞の意味もじっくり味わい、歌も重ねて聞く内に、さらに良さが分かってきました♪


「ひとり高幡橋」

(4分48秒)

こちらは、一部選んだ映像を変更して、後日再アップしたものです。

続いて翌日5日の月曜日、突然体調が復活して、3本の中で一番さくさくっと出来たのが、「夢あかり」。
昨年11月、町田市民フォーラムでの様子が、舞台効果もあって綺麗でしたので、ステージ前側のモニターが邪魔にならないアップ映像をつい多用してしまったかな?という感じもしましたが、ツアーに間に合わせるために、これでよし!と、一気に作りました。

この動画は、それぞれのライブ映像の音声をそのままつなげました。
イントロ出だしと、エンディング最後の部分はライブ音声は使えませんから、その部分はCD音声でつなげてます。
歌ってるのはもちろん全部、岩崎愛子さんですけど、昔で言えばちょっと「We are the world」風、今で言えば、大和証券のCM風♪?


「夢あかり」です。

(5分2秒)

動画編集は、昨年ブログに書いた気がしますが、3−4千円くらいでDLした安いソフトで、そんなに機能はついてません。
音声波形もおまけ程度にしか使えないので、合成作業はほとんど耳で合わせます。
その割には、結構上手く出来てますし、作りながら自分でも泣けてくるほど、感情こもっていて良い歌唱になってると思います!
一押しの動画ですので、全部しっかりご覧くださいね。
ほんとに良い歌ばかりですよ。


そんな訳で、これらの動画3本をDVDに焼いて、ツアーバス車中で流していただいたんでした♪


e0133780_00185388.jpg
バスガイドの岩崎愛子さん♪

こちら、出発前、集合場所の高幡不動尊です。
e0133780_00192236.jpg
そう、変なフレームが付いてますけど、これらは、猪苗代のホテルで行われたディナーショーの動画で使った写真です。
この動画に、スナップ写真を盛り込んでますので、その中で紹介してない写真などをさくっとこちらに載せますね。


e0133780_00210976.jpg
道の駅猪苗代からの、会津磐梯山。

動画にお蕎麦の写真がありますけど、「農家レストラン 結(ゆい)」でのランチでした。
そのすぐ近くに、見祢の大石。
e0133780_00224034.jpg
明治21年(1888年)磐梯山の噴火で5km流されてここまでたどりついた巨岩です。
長さ9.4m、幅6.1m、高さ3.0mあるそう。
重さ400トンにもなるそうです。
写真だとよく分からないですよね!


食後の散歩は、五色沼へ。
e0133780_00292717.jpg
ウォーキングポールを持って、張り切って歩き始めたんですが…。
地元ガイドのおじさんが、「ゆっくり歩きましょう」なんて皆んなにアナウンスしてくれてましたけど、その「ゆっくり」の度合いは高齢者基準ではなかった!
とはいっても、同行していたほぼ同年齢の男性陣はスタスタ歩いてましたから、やはり母のペースは遅すぎた。

e0133780_00313718.jpg
ガイドのおじさんが、ものすごく遠慮がちに誰とも言わず、この先このペースだと終了が間に合わなくなることを伝え、これって母の事だなぁーと、誰しも分かりきった無言の重圧を感じて、

e0133780_00341113.jpg
e0133780_00345636.jpg

e0133780_00350845.jpg
ここまでなので、記念撮影。
五色沼の一色だけ制覇でした♪

先週の鋸山の方が荒れた道でしたから、こちらも時間さえあれば歩けたんでしょうが、団体ツアーでは仕方ない、残念でした!

e0133780_00370382.jpg
出発地点と別の場所にあるバス方面へ向かいます。
ここの山の中もとても綺麗でした。

e0133780_00375287.jpg
付き合ってくださる方と楽しく話しながら。


皆んなと落ち合う桧原湖駐車場までバスで向かい、景色を見に行けば良かったんですけど、待ってる間に岩崎さんのお母さんとたくさんお話しして、そのまま皆さんと合流でした。
どのくらいでしょう? 30分以上はバスの外で立ち話してたと思いますが、景色よりも良い経験になりましたね♪


e0133780_00430708.jpg
夜はメインイベント、ディナーショーです。

e0133780_00433937.jpg
動画にしてますから、最後にご覧くださいね。

e0133780_00435892.jpg
今回のツアーのために作られたCD、「美しき猪苗代」、「猪苗代情歌」です。
スナップ写真のスライドは、「美しき猪苗代」の2番の部分に入れてます。
顔の分かる写真も多いので、各コマの長さをとっても短くしました!



8日の朝。
e0133780_00460057.jpg
朝食バイキング。
ホテル・レイクサイド磐光です。
ベッドのツインルームにしていただいたので、部屋から湖は見えず、この時になって初めて綺麗な猪苗代湖を眺めることができました。

e0133780_00473337.jpg
暖炉の季節にも行ってみたいですね。

出発前に湖畔へ。
e0133780_00484629.jpg
もうちょっと早く出てくれば、岩崎愛子さんと写真を撮れたんですが!


e0133780_00494378.jpg

e0133780_00501160.jpg
遠くに、会津磐梯山。



e0133780_00511383.jpg
会津民俗館前の駐車場。
ここに以前紹介したラーメン館もあります。
団体バスもたくさん。
野口英世記念館はパスして…、って、10年位前かな?こちらに来た時もやっぱりパスしてましたが…。
あの時も雨の猪苗代湖でした。

e0133780_00544427.jpg
道路を渡って、ビール館入り口。

e0133780_00550306.jpg
前日よりはよく見えた磐梯山。

世界ガラス館から出た時に、岩崎愛子さんと一緒に♪
e0133780_00554559.jpg
元気の源です。
ありがとうございます♪


e0133780_00561152.jpg
そしてアスパラ収穫体験だったんです。

e0133780_00562766.jpg
e0133780_00564198.jpg
今年はアスパラが品薄と、東京に戻ってからのニュースで聞きました。
貴重なアスパラ、食べ放題でしたし、お土産までいただいちゃいましたから!

e0133780_00580528.jpg

e0133780_00581507.jpg
田んぼがいっぱい。

そう、福島のお米もとっても美味しいんです。
これまたお土産で、「いなわしろ天のつぶ」ってお米をいただいちゃいました。

e0133780_01050115.jpg
近くの地区センターみたいな建物2階で、アスパラ料理をたっぷり。
やはりスライド写真で紹介してます。
農家の活動についてのプレゼンも聴きました。


e0133780_01084255.jpg
そのスライド写真の中に、こんな写真がさっと流れます。
実際ご覧になった方でないと、何の写真か分からなかったと思いますので、こちらに載せました。
これもピントが岩崎さんの頭に合ってますから! 遠くがピンぼけなんですけど、ネコが屋根の上で気持ちよさそうに雨宿りしてる様子でした。


では、こちら、オリジナル曲で編集したディナーショーの様子です。

(45分33秒)

動画の最後に、開会式で行われた、岩崎愛子さんの恩師、高田弘氏による祝辞の音声を、「曼珠沙華咲く高幡で」の動画と合わせてご紹介しています。
最後までご覧くださいね♪




by masaya-iwata | 2017-06-27 01:17 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 19日

我が家の紫陽花と、昨日のブルーノートの話の追加

というタイトルを付けて検索してみると、同じものがたくさん出てきますね!

今朝は母をリハビリに送り出し、洗濯を干してから、ここ数日とても綺麗な紫陽花の写真を、朝の内に撮っておこうと庭を回って東側の物置前へ。
e0133780_17103334.jpg
わずか1個だけ咲いていて、後は全部つぼみです。
って、これをつぼみと呼ぶのかな?
e0133780_17120507.jpg


e0133780_17185855.jpg
ほったらかしですけど、場所が良いのか、毎年綺麗に咲いてどんどん増えていきます。


裏も綺麗です。
e0133780_17194752.jpg
先月水道工事の頃とはまったく違ってます。

e0133780_17205498.jpg
こちらはいくつか咲いてました。
狭いので歩くと体に花粉が付いてきます。


e0133780_17212705.jpg
そのまま西側へ行くと、こちらは白です。
やっぱり青いつぼみ?は丸まったまま。
まだしばらくの間、楽しめそうですけど、台所の窓は磨りガラスですし、東側も普段まったく見てません。
裏の家も雨戸を締めたままですから、ちら見をするくらい、あとはひっそり咲くにまかせたままですね。

e0133780_17291079.jpg
西側から。

e0133780_17293370.jpg
涼し気な色。

ああ、そういえば、福島の世界のガラス館で買ったグラス、水色の方が、洗い物の水切りかごでちょこっと倒れただけで割れてしまいました…。
最初から、ちょっと薄すぎるなぁーと思っていて、洗う時でも注意していたんですけどね…。
とっても残念。
今度買う時は、もうちょっと厚いガラスのを選ぼう。
他の食器と洗い物を分けるのは面倒ですしね。


e0133780_17333681.jpg
再び東側の紫陽花でした。




昨日の朝の更新で、ブルーノート東京の話題ですが、ミュージシャンの名前を何人か書いた中で、ルー・マリーニって人が居ました。
その時に書くのを忘れた内容があり、あとから追加しようかどうしようかなーと思いながら、夜中にYouTubeを見ていたら、なんとお薦め動画にちょうど、その書こうとしていた内容の動画が出てきました。

それは、映画の「ブルースブラザーズ」のワンシーンなんですが、ここ数年、YouTubeでブルースブラザーズ関連の動画は見てませんでしたから、どうしていきなりお薦めに出てきたのか?

昨日更新を書いてる時、何度かルー・マリーニでGoogle検索したことで、YouTubeに関連付けられてお薦めになったとしか考えられないです。
なんて便利!と思う反面、すごいクリックデータを収集されてるなぁーと驚きますよね。
まあ、抜かれて困るプライバシーは無いので気にはなりませんけども!

iPhoneも同じく、最初はiCloudとの同期をはずしてましたが、つい最近、写真データをWiFiの時のみ同期するようにしておきました。
って、この設定も良く分かってはないんですけどね。

それで、Macの「写真」を開いてみたら、なんとiPhoneの写真が全部取り込まれてました。
ということは、NZの自宅のMacでも、電源入れてしばらく後、写真を開いたら自動的に取り込まれるんでしょうか?
なんとも便利というか不思議な事に世の中なってます!


話がそれました。
ルー・マリーニに戻って、彼を知らない人でも、映画好きの方なら、このシーンは覚えているはず。
ジョン・ランディス監督の「ブルースブラザーズ」。
何度でも見たい名作ですよね。
以前ずっと、DVDほしいなーと探してて、中古か高いのしかなかったので忘れていたら、今、amazonで見たら、ブルー・レイで1,373円で買えますね。

うーーん、まあ、でも、昔の記憶だけで良いかなぁー…。

ちなみに、ジョン・ランディス監督は、この映画の数年後に、マイケル・ジャクソンのスリラーのPVを作ってるんですよ。


って、また話がそれました。
そう、この中で、アレサ・フランクリンの歌う、Think。
旦那がバンドに戻るっていうので、そんなろくでもないことしないで、よく考えろ!と、怒りながら歌うシーンですけど、ここで、厨房から出てきてアルトサックス吹いてるのが彼なんです!

ちょうどその動画が、昨晩お薦め動画に現れたんです。
なので、わざわざこんなに行数をとっての紹介となりました。

それにしても、Googleで、「アレサ・フランクリン Think」と検索すると、最初に出てくるのがYouTubeの映画のワンシーン動画なんですからね。
5百万回以上再生されてます。
著作権とかってどうなってるんでしょうね?

この動画も、最後もうちょっと流してほしいですし、もう1個別の動画の方が少し長めにあるんですけど、こっちは画面が小さいです。
でも、少しでも長いシーンの方が良いので、こっちの小さい画面の方にします。
こっちでも4百万回再生ですからね!

(3分33秒)



ギターのマット・マーフィーが店を立ち去ったところで終わってますけど、この後、アレサ・フランクリンがルー・マリーニを睨んで、あんたもさっさと行けば!とかなんとか言って、そそくさーと店を出てくってシーンまでアップしてほしかったですね!

という話でした♪




by masaya-iwata | 2017-06-19 18:33 | 日本 | Comments(0)
2017年 06月 18日

13日の小石川後楽園続きの続きとブルーノート

稲田から松原を通り、舟着を通ります。
e0133780_10143511.jpg
正面奥が、蓬莱島。
e0133780_10170288.jpg
琵琶湖に見立てたという大きな池は、大泉水。

e0133780_10241140.jpg
e0133780_10243810.jpg
東側の端まで来ました。

さらに東側の内庭へ向かいます。
e0133780_10252657.jpg
昔は唐門をへだてて、大泉水のある「後園」と分かれていたそうです。
水戸藩の書院の庭としてあった所で、江戸時代は「うちの御庭」と呼ばれた、池を中心にした純日本式の庭園で、睡蓮が綺麗に咲いてます。
e0133780_10311038.jpg

e0133780_10321714.jpg
すぐ後ろに東京ドーム。

e0133780_10323555.jpg
閉まっている東門の方に向かいます。
時刻は4時半。

東門を通過して内庭の反対側へ。
e0133780_10364715.jpg
カモがゆうゆうと、橋を渡ってこちら側で休んでます。

e0133780_10375231.jpg
人に慣れてて、まったく動じません。

e0133780_10382478.jpg
マガモでしょうね。

e0133780_10384059.jpg
気にはしてるようです。

内庭を一周しようと思いましたが、工事中で最後の数mが歩けず、ぐるっと戻ります。
西門まで急いで戻らないと。

e0133780_10392817.jpg
さーっと歩いて、紅葉林まで。
e0133780_10405650.jpg
紅葉してました。

e0133780_10411460.jpg

雨の日の庭園写真は綺麗ですけど、コンデジのオートで撮るとのっぺりした写真になっちゃいます。
マニュアル撮影を使いこなすか、やっぱりデジイチがほしいですよね。


e0133780_10544617.jpg
閉園のアナウンスを2回聞きながらでしたが、案外早く戻ってきて、まだ43分。

e0133780_10560573.jpg
西行堂跡。
戦災で焼失してしまったそうです。


e0133780_10573439.jpg
こちらもガクアジサイ。

e0133780_10575432.jpg
西門近くへ戻ってきました。
今日は誰も撮影してませんでした!
e0133780_10591347.jpg
黄門様の衣装を貸し出してくれるようなんです。


e0133780_10595552.jpg
馬場桜。

まだ時間があるので、奥へ向かいます。
e0133780_11004813.jpg
蓮池の脇を歩いて西湖の堤へ。

e0133780_11013597.jpg
渡月橋を渡ります。

e0133780_11015362.jpg
振り返って。
この右奥に、西門受付横にある、お休み処の涵徳亭があります。


e0133780_11055443.jpg
屏風岩。

その右奥には、
e0133780_11061431.jpg
赤い橋の、通天橋があります。

e0133780_11074656.jpg
ぐるっと歩くのは無理なので、写真だけ。
紅葉の季節に歩くと良さそうですね。

51分に戻りました。
e0133780_11081609.jpg
よく歩きました!

椅子は濡れてますし、飯田橋駅まで休む場所が無いので、お茶屋さんで休憩です。
e0133780_11094456.jpg
涵徳亭。

e0133780_11103134.jpg
奥では宴席が用意されてました。

e0133780_11154237.jpg
隣の部屋で静かに。
右側の窓から、先程の西湖の堤が見えます。
e0133780_11170174.jpg

e0133780_11171137.jpg
抹茶アイス入と無しの白玉あんみつ。


e0133780_11175591.jpg
黄門様です。


飯田橋までてくてく歩き、駅ビルのような商店街に入って、オムライスカフェで腹ごしらえ。
この日は、レーズンパン1本しか食べてなかったので、お腹はペコペコでした。
e0133780_11180861.jpg
オムハヤシと、そのセット。
なかなか美味しかったです。

ここで、ブログ更新でした。
セルフサービスの店でしたが、奥の座席は静かで人も少なく、のんびりブログ更新も出来て良い場所でした。

このビルから直接地下道へ行けたのに、小雨の中を外に出て、最初に出てきた出入り口から下りちゃいました。
結局また戻って、このビル地下の出入り口前を歩くことになりました…。


表参道へ戻った頃はもうこの暗さ。
e0133780_11230427.jpg
いつもの、見てるとなんだか不安になるビル。

e0133780_11235169.jpg
いつもはここでカレーざるうどんでしたけど、写真だけ。

e0133780_11245674.jpg
下がすぼんでるように見えましたけど、下半分の壁が斜めになってたんですね。

e0133780_11255958.jpg
ここでの写真も、かなり前からですね。
8時20分の開場まで時間があるので、のんびり歩きました。


e0133780_11264277.jpg
いつもの記念写真。

e0133780_11270397.jpg
入り口も変わってないですね。


15分ちょっとロビーで開場を待ち、20分ちょうどに中へ。
e0133780_11272032.jpg


今回も右側のペアシート指定を取りましたけど、座ってみて思い出しました。

e0133780_11292576.jpg
昨年2月にコットンクラブでも見たこのバンド編成、向かって右側にホーンセクションが並ぶんでした…。
ということは、ドラムが見えない…!
ああ失敗、左側のシートを取れば良かった。
思ったより、キーボードで視界は塞がれてなかったですし。

e0133780_11301617.jpg
ほんとはこのすぐ下のボックス席が一番良いんですけど、4人指定ですからね。
4人で行くならここが一番、金持ちは2人でも4人分で取ってますけどね!
ただ、予約ですぐに埋まってしまいます。


e0133780_11315725.jpg
ワインセラー。


e0133780_11322399.jpg
これだけで4,989円!
まあ、仕方ない。

昨年のコットンクラブも良かったですし、会場としても向こうの方が良いように思うんですけど、こちらの方がメンバーも盛り上がるようですね。
今回のオーラス・ステージも、ものすごい盛り上がりでした。

肝心のスティーブ・ガッドは、ランディー・ブレッカーの大きなお腹と、なんだかスティーブ・ハウを思い出させる教授風の長髪細身の風体になったルー・マリーニにふさがれてほとんど見えませんでした…。
でも、その分ホーンセクションと、主役のジョン・トロペイもしっかり見られましたし、ギターもホーンも、ものすごいアタックの強さです。
民謡でも、スコンと絶対音をはずさずに伸びのある高音から、気持ち良いこぶし回しになりますけど、音楽はみんな同じですよね。
ずばんと出た音からの、うねるようなノリで、文字通り音楽に没頭できました。
これを40年、変わらずにやってるんですから、恐ろしい人達です!

そしてなんと、通常1時間〜15分程で終わるステージが、1時間40分も!
開演が10分遅れたので、終わったのは10時53分くらい。
アンコール中はそわそわしてて落ち着きませんでした。
終わるとすぐに、スタッフの女の子がエレベーターの案内をしてくれましたが、「先に車を出してきます!」と、会計後回しにして、表参道へ一人走りました。

駐車場は11時まで。
出庫ゲートには、車がすでにスタンバってました…。
一番最後のお客さんになったようです。時刻は10時59分、ギリギリセーフでした。

ブルーノート東京近くに路駐して再び会場へ。
さっきの女の子がまだ母と話してました。

エレベーターで案内してもらって上へ。そのエレベータに乗るために、なんと、ランディー・ブレッカーがすぐ目の前を歩いていきました。
エレベーターのドアは開いたままですが、さすがに一緒には乗れません!
女の子に、「この人、とんでもなく有名な人なんですよ」と話すと、彼女はやっぱり知らないよう♪
かろうじて、スティーブ・ガッドのことはちゃんと知ってるようでしたけど!

いったんミュージシャンと同じく、裏口から外へ出て、車を再度安心な場所へ戻してから、再び店内へ。
先程の女の子から、サイン会があると聞いていたので、どうしようかと考え、せっかくだからと、またやって来ました。

昨年買ってる、ジョン・トロペイの新譜はNZロトルアの家に置いてきてますし、今回用の新譜は出てません。
なんでもいいやと、やはり主役のジョン・トロペイのCDを適当に買って、サインの列ではほぼ最後でした。

キーボードのレオン・ペンダーヴィスが、とても気さくな人で、母にも声をかけてくれて楽しかったです。
スティーブ・ガッドは、自分のバンドじゃないからなのか、いつもよりややテンション低めでしたが、まあ、お疲れですよね、当然。
もう70超えてるんですから!
ジョン・トロペイやルー・マリーニとも一言二言でも話しが出来ちゃうんですから、すごい時代になりました。

そしてさらに、ランディー・ブレッカーとも。
「もう10年以上前に、NZタウランガにダイアン・シューアと来た時に、マイケルの演奏見て話したんですよ」って話したら、「あー、ビッグバンドね」って、ちゃんと覚えてました。
パーマストン・ノースにある、Massey Universityのビッグバンドとの共演だったんですよね。

マイケル・ブレッカーは、ランディーの弟でテナーサックス奏者、10年前57歳、白血病で亡くなってるんです。

そんなすごい夜を過ごしました。
サインはまた、日本語ライナーノーツの裏面の白紙。
ここだと、味気ないんですけど、人が多いのでここしかスペースが無いので。
e0133780_12051210.jpg
こちらとサインの照合を♪
e0133780_11345812.jpg

11,800歩、よく歩いた一日でした。




by masaya-iwata | 2017-06-18 12:17 | 日本 | Comments(0)
2017年 01月 02日

年末から年始の写真と、ちょっと変わった「冬景色♪」

今日はたまに霧雨の曇り空。
午後の部屋の中は暑くなりましたが、外は涼しかったです。
撮っておいて載せてなかった写真を、どうしようかな、、
順番に載せていきます。

まずは12月29日、この日はお昼過ぎにとても簡単な送迎仕事でした。
e0133780_15070463.jpg
母の送迎じゃないです♪
ここは、フェントンストリートのホビトン・ロトルアオフィス。
ホビトンバスのバス停にもなってます。
e0133780_15081460.jpg
中に入りきれず、外に溢れ出す人達。
大繁盛のホビトンツアー。
ここに到着の、中国人2名をホテルまでお送りするタクシー仕事なので、母と一緒に街へ行って、仕事の間、オフィスで待っていてもらいました。

この日のロトルア市内は大渋滞、ホビトンバスの到着も15分遅れました。

e0133780_15103632.jpg
車で5分のディスティンクション・ホテルへご夫婦をお送りして終了。
とてもお金持ち風で、紳士な旦那さん、香港かと思ったら、中国本土ですって。
そしてNY在住だそう。
なので、財布からチップです♪
さすがアメリカン。

e0133780_15123141.jpg
しかし、数枚の1ドル米札。
うーむ、ありがたいですけど、これだけをわざわざ銀行で両替する程でもないですし。
ちらっと見えた、チップには多すぎるNZ10ドルの方がありがたかったか!



12月30日、打って変わってこんなに良い天気。
e0133780_15162483.jpg
月曜ゴミの日変更、金曜ゴミの日になりました。
しかも、今までの紙袋じゃなくて、容器に入れて、一般ごみ、リサイクルゴミ、瓶類と、分別となりました。
10月頃に変わっていて、日本にいる時にメールで知っていましたが、この容器は自分で手配するもんだと思ってました。
でも、ロトルアに帰宅後、ガレージの横に3つ揃ってちゃんと置いてありました。
10月に日本に帰って数日後、全住宅地にこれが配られたようで、門の前に置いていたのを羊のおじさんがガレージ横に置いてくれていたんです。

e0133780_15201434.jpg
当然、回収車も変わりました。
この変更だけで莫大な税金が使われてますよね。
作業員は運転手一人だけみたい。疲れているのか、ものすごく雑な作業で、容器を投げてました!
しかも、我が家に来る直前、すぐ右横に20分近く停めたまま、休憩していたみたい!

そう、帰省時に気がついたのが、ごみ収集の人達がとても丁寧で感じ良く、いつも挨拶してくれるんですよね。
もちろん、もともとの人柄もあるんでしょうけど、日本はそうしないと、クレームで大変なんでしょうね、きっと。
そういう意味では、自由でおおらかなNZです♪


e0133780_15233924.jpg
デッキにも鳥が戻ってきました。

e0133780_15235782.jpg
カメラ目線で、いい気持ちアピールのブラックバード君です。



e0133780_15250636.jpg
うさぎも来てましたが、ここ数日見かけないな。
家に人が戻ってきたので、他の場所に移動したのかな。





大晦日、ホビトンーオークランドご案内の更新終わった後、
e0133780_15265015.jpg
岐阜旅行、飛騨高山からの帰り道、国道158号沿いの道の駅、風穴の里で買ったお蕎麦です。



e0133780_15292254.jpg
そして、午後10時半に遅い夜ご飯兼年越しそば。
母のお昼用に作っておいたおにぎりと唐揚げ、卵焼きと、急いで作ったかき揚げも。

食べ終わって支度をして、11時半に町へ向かって花火を見たんでした。





元旦の夕方、
e0133780_15312148.jpg
仕事から帰って、羊にパンやりです。


昨日の更新中に、長野県白馬旅行の帰り道、小川村の道の駅、さんさん市場で買ったお米を炊きます!
e0133780_15320909.jpg
そして、鬼無里のおやき、いろは堂で買った五目寿司の素。
同時にセットで買った、炊き込みご飯の素はお土産に渡しました。
味はどうだったかなぁ。


e0133780_15362624.jpg
遅い晩ご飯で、お雑煮でした。
白味噌で見えませんが、サトウの切り餅も入ってますし、鰹節は高知産、青のりも四万十川産、生わかめは鳴門産、出し昆布は北海道南かやべ産真昆布と、見た目以上にヘルシー、贅沢です♪
お雑煮に大根があれば、いつもの我が家の正月だったんですが!、って、おせちが無いですね!




そして今日、2日。
e0133780_15410716.jpg
朝ご飯、同じように見えますけど、五目寿司にアボカドが入ってます♪
あ、そうそう、海苔は千葉県君津市、青混のり。
紅しょうがを持ってくるのを忘れちゃいましたね!



羊達にはいつものパン。
e0133780_15433886.jpg
大喜びで走ってきます。


e0133780_15443651.jpg
他の羊達も続いて。

e0133780_15445557.jpg
もう一匹も手から。
あともう一匹、3匹は手から食べるんですが、他がなかなか。

のんびり過ごした一日でした。
風邪もあともうちょっとで完全に治りそう。



いつもベッドで寝ながらYouTubeをかけてますが、ここ最近、玉置浩二を見ていたせいで、おすすめ動画にこんなものが入ってきました。

この、「津軽海峡冬景色」、玉置浩二アレンジになった石川さゆりの歌も、いつもと違った冬景色を感じさせる、とてもいいものでした。
フェイスブックに載せようと思いましたけど、こっちに載せますね。

(2分10秒)








by masaya-iwata | 2017-01-02 16:03 | 日常 | Comments(0)
2016年 05月 09日

ひの新選組まつり、続きは歌で♪

今日は急に曇り空、少しひんやりしてます。
洗濯は乾くかな?
昨晩深夜更新は、日付が変わってしまったので、今日2回目となってます。

かんかん照りの昨日の様子、続きです。
e0133780_10302596.jpg
もう一度こちらから。
新選組パフォーマンスが終了。
誠の隊旗。

岩崎愛子さん登場かと思ったら、おじさん登場♪
e0133780_10321485.jpg
男唄の熱唱です。
この方、岡島二郎さんというキングレコード所属歌手。
e0133780_10355683.jpg
青森出身、歌手デビュー前は新宿でギター流し、そしてアントニオ古賀学院で歌・作曲を学び、この日披露の3曲もご自身作曲です。

e0133780_10361477.jpg
なかなか良いです♪

3曲目の「義を咲かす」
新選組がテーマの歌ですけど、YouTubeで音声だけのアップがありました。

(4分7秒)

観客エリアになってる歩道上では、宣伝のリーフレットをおじさんスタッフが配布してましたが、しばらく後にまた、今度は女性スタッフが別のチラシ配布を。
お帰りの際、2人で歩くご様子から、奥さんかな?という感じ。
公式HPが見つかりませんが、YouTube上には結構アップされています。
演歌界も奥が深いですよね。

ところでこの、「義を咲かす」
e0133780_10475591.jpg
左の方が作詞者。
井上雅雄(ペンネーム井上源太)氏。
新選組六番隊組長、井上源三郎の五代目子孫だそうです。
そして、右の方が、新撰組局長、近藤勇の五代目子孫、宮川清蔵氏。


e0133780_10572291.jpg
この方は分からない、すみませんです。

という事で、なかなかのイベントですよね。

待ってました、真打ち登場♪
e0133780_10591283.jpg
岩崎愛子さんの歌が始まります。

この後の写真は、昨晩フェイスブックに大きなサイズでアップしましたので、それらを全部下に並べますね。
各写真、クリックすると大きな画面で見られます。



(CLICK on photo)
e0133780_11011325.jpg
この、待ったのポーズはなんだったかな!?


(CLICK on photo)
e0133780_11072564.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11084536.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11095800.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11103277.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11133585.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11141591.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11145160.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11152935.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11170074.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11173948.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11181012.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11245917.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11280602.jpg

(CLICK on photo)
e0133780_11310257.jpg
礼に始まり礼に終わります♪

今アップしてて気付きましたが、写真のサイズ、若干間違っていつもより少し縦が(縦長は横が)長かったです。
大した違いじゃないですしFBアップも終わってしまったので、そのままアップしておきました。


もう一枚追加です。
e0133780_11481581.jpg
「愛と誠」です、ね!?


これでしばらく、お会いする機会も無いので、まだ撮っていなかった自分も含めて、
e0133780_11500213.jpg
記念写真でした♪

これからしばらく、7月29日のメジャーデビューに向けて準備に忙しく過ごされ、その後は「曼珠沙華咲く高幡で」と一緒に全国を回られるそう。
皆さんの近くへ訪れた際は、是非応援に行ってくださいね。
そういえば、事前情報は分かるのかな?
また分かりましたらご報告します♪

という事で、なんだかもう、知り合いみたいに感じますでしょ?
そう、とても気さくな方でいらっしゃるので、私もつい、「この後お時間あれば、美味しい讃岐うどん屋さんでも行きますか?」なんて話しそうになりました。
この後スタッフの方達と打ち合わせがあるようですから、もちろんそんな事は言いませんでしたけど、「これで帰るだけです」なんて返事だったら聞いていたかもしれないですね。
ガイドしてるとなんでも喋れるようになっちゃいます♪

あ、そうそう。
またCDコレクション増えました♪
サイン色紙と名前入りハンカチもいただいちゃいました。ありがとうございます。

ちなみに、一昨日も書いた、岩崎愛子さんの、このイベントでの曲、「侍」。
新撰組副長、土方歳三をテーマにした楽曲で、ご本人作詞ですが、どんな曲だろう?と気になる方もいらっしゃるでしょう?

YouTubeからピックアップしますよ♪
昨年豊田ラソンブルで行われた、2015年4月4日発売のアルバム「高幡雨情~岩崎愛子全曲集~」の発売記念ライブの模様­です。
全部で40分あるので、「侍」の部分だけ抜粋しました。
昨日と同じく、前後をご覧になりたい方は、再生バーを自分で移動させるか、YouTubeのロゴをクリックしてYouTube画面でご覧くださいね。
ここでは、「侍〜ロックバージョン」が歌われてます。

(3分17秒間)


昨年も帰省中でしたし、このイベントがあるのはHPで知っていたんですが、ジョンも居ましたし、なんとなく機会を逸してました。
今年はその分、ジョンがたっぷり楽しませてくれてるのかな?と思えます。
お陰で母も元気回復、感謝です。



e0133780_11512014.jpg
たっぷり楽しんだ後、コインパーキングに戻る際、神社横のパーキングでは剣術指南でした!
手前が、先程の近藤勇五代目ご子孫、奥が、井上源三郎五代目ご子孫です。

暑い日野市がさらに熱いです!


車ですぐ近くの、いつもの讃岐うどん屋さん、咲楽へ。
e0133780_12080572.jpg
せっかく「釜揚げ出来立て」と、2歳年下の大将が声をかけてくれましたが、この暑さなので、やっぱり冷たいのが良い。

e0133780_12091952.jpg
母は1.5玉、こちらは2玉。
ほんと讃岐の味、以前も書きましたが、大将は香川県出身の方、確か両親と同じく坂出だったと思いましたが、とーっても美味しいですよ。

ほっと涼んで、取り急ぎフェイスブックにアップしてると、テレビではNHKのど自慢。
e0133780_12122072.jpg
おっと、藤あや子と北島サブちゃんです。
お店に入ったのは12時前ですが、番組終了の1時までのんびり涼んで過ごしました♪


日野市は岩崎愛子、八王子市は北島三郎♪
いや、八王子市はまだ大勢ですよね!
早いところ、「岩崎愛子と北島三郎スペシャルステージ」なんて見られると良いですね♪

e0133780_12132208.jpg
「人生に乾杯」
人生、人との関わりですよね。
お金は少なくても、そのために使いたいもんです。


すっかり長居した後、電話でも用事は済みますけど、しばらくぶりなので挨拶もあって、プジョー八王子へ。
e0133780_12210560.jpg
昨年車検で、今回1年点検、予約だけ頼みにいきました。
昨年11月不調になったエアコン送風機ですが、途中まで修理していただいた状態でその後まったく問題なしです。
でも、また不調になったら困りますし、部品も届いてるようなので、点検と修理含めて予定入れてきました。

前回も話したサービスマネージャーの方、整備フロア近くでジョンを連れて座ってる時に話したら、その方もゴールデン飼ってるとの事。
今回も、「あれ? ワンちゃんは?」って…。
しばらく、スマホに入ってる写真と動画を見せながら思い出話でした。

やっぱりamazonのCMはお好きだそう♪
e0133780_12281281.jpg
こっちにもライオン居ますしね!

…と、そんな昨日のお話でした。




by masaya-iwata | 2016-05-09 13:03 | 日本 | Comments(0)
2016年 05月 07日

5月5日高尾山から南青山

昨晩は餃子を作って、たらふく食べたので、更新は途中で断念…!
なので、一昨日の話題をこれからです。

こどもの日は朝から見事な天気。
普通の生活なら、「早朝から出発して空いてる駐車場に停め、山頂から富士山を眺め、お昼過ぎに下山して・・・」と、目一杯有意義な超フログ的一日を過ごしたんでしょう。

が、しかし、そうではない。
のんびり朝昼ご飯を、しっかり作ってちゃんと食べ、11時半頃に家を出発でした。
果たしてこんな良い天気のお昼ちょっと過ぎ、高尾山の駐車場なんて停められるんだろうか…?

カーナビ見ながら裏道通ったので道路はスイスイでしたが、古いカーナビなので圏央道の高尾山IC周辺が入ってないです。
とりあえず近道!と行ってみましたが、分かりにくい道路標識で、一般道通って高尾山方面へ行けないのか!と焦りましたが、ぐるぐる廻って一般道へ入る道がありほっとしました。
逆方向で20号を高尾山口へ向かいます。
それにしても、凄い道路が出来たもんですね、

こんな日に、右折で薬王院駐車場へ入れないだろうなーと思っていたら、道路はがらがらであっさり入れ、しかも余裕でさくっと駐車でした。
e0133780_17472418.jpg
実に良いタイミングで、12時半到着。

e0133780_18152337.jpg
この手前の一般駐車場は1日1千円で満車表示、ここは1日500円で余裕の駐車、ご利益でした♪


e0133780_20265533.jpg
写真整理してて気付きましたが、満車の文字が!
これはでも、置きっ放しだったのかも。

e0133780_23390698.jpg
緑いっぱい、陽射しはきついですけど、とっても爽やか。


e0133780_20282584.jpg
下りてくる人も大勢。やはり激混みです。

e0133780_20301552.jpg
紫外線バンバン。
前日に日焼け止めを買っておいたので、ばっちり日焼け対策で。

e0133780_20310394.jpg
マンホール女子が増えてるそうですが、これもなかなか、もみじの一品。


e0133780_23421058.jpg
またやって来ました、高尾山ケーブルカー清滝駅前広場。
23日に次いで2回目です。

e0133780_23442236.jpg
新緑はさらに眩しく。

e0133780_23444087.jpg
春のもみじ。

e0133780_23445796.jpg
目的はまたこちら。

e0133780_23451953.jpg
お知らせの通り、「岩崎愛子コンサート」。
13時と15時の2ステージあります。

そう、山も登らず、歌を聞きにやって来ました♪

た~かたかたか高尾山♫


e0133780_23462312.jpg
カンカン照りのステージ。
そして、静かに座るにはちょっと恥ずかしく、また、申し訳無さ感もある最前列駅側(-_-;)。

後方からは、もうすっかり聴き馴染んだ、「あーいちゃーん♡」の声援。

e0133780_23474517.jpg
元気いっぱい笑顔いっぱい。
e0133780_23482665.jpg

この日は、13時から30分、15時から30分の予定だったんですが、なんでも合間のステージが空いているので、延長してもOKという話とのこと。
途中5分間のお色直しで、

「高幡雨情」の前奏にのってドレスで登場です。

e0133780_23564139.jpg
子供も走るこどもの日。
そうそう、岩崎愛子って誰? 高幡雨情って何?って初めて読む方は、4月24日更新の記事をご覧ください♪


e0133780_23592874.jpg

新曲の「ひとり高幡橋」や7月29日ユニバーサルミュージックからのメジャーデビュー曲「曼珠沙華咲く高幡で」も熱唱。
28日に高幡不動尊でじっくり聴きそびれましたので、今回はしっかりと。
今までとはひと味違った、憂いを帯びた歌声に哀愁を感じる演歌歌謡。
百草慕情や高幡雨情などの路線ではなく、この曲でメジャーデビューを飾るチーム岩崎愛子に、並々ならぬ意気込みを感じます。
テレビで見られる日も、そう遠い話ではないでしょう!
CD発売が実に待ち遠しいところです♪


そして、ドレス姿でも「若葉まつり」を盛り上げるこのポーズで、
e0133780_00150367.jpg
e0133780_00162840.jpg
「高尾の子天狗」気合十分♪
見てるこちらも日光直撃でしたが、ステージ上も同じく、背中の日焼けが心配になります!

そんな中で50分間の力唱でした。
e0133780_00170548.jpg
来年は紅白出場でしょう♪


そんな「近い」将来の紅白歌手の間近で、
e0133780_00223227.jpg
サインをいただきます♪
ちなみに、左端のおじさん、前回も今回も最前列でビデオ撮影ばっちり、デジイチでもばっちり。
フェイスブックにも綺麗な写真をアップされてました。羨ましい。


e0133780_00240994.jpg
さあ、CDにサインしていただきます。
手前は16日ベアトリーチェでのアコースティックライブの時に買ったのと同じ、「岩崎愛子全曲集」。
そちらには、4月16日の日付、今回は5月5日の日付で♪
左の赤いのは、前回23日に買ったCDシングル「高尾の子天狗」、4月23日の日付。

今回のは、もうちょっと後に登場ですよ。


e0133780_00260051.jpg
母も嬉しくて舞い上がってます。
今回は忘れずに写真撮影でした。

この写真、もうちょっと左後から太陽を背に真っ直ぐ撮れば良かったんですけど、看板右側が喫煙場所になっていて、タバコおじさん達が大勢写り込んじゃうんです。
この写真でもかすかに入ってるんですが、黒く消しちゃいました!
まあでも、この古い、きみまろズームのLumixとしては頑張ってる方ですよね。


次のステージまで、1時間程、山登りの時間はありませんので! お土産物屋さんをうろうろしました。
あ、ちょうど良い物発見。
近所のおばさんや羊のおじさんには、いつもとてもお世話になってますし、QE病院のペイトリ先生や受付のおばさん等々。
3年前から頻繁に帰省なので、もうネタも尽きてきて、どうしようかと思っていたので助かった。

e0133780_07064597.jpg
最初、この、もみじのクロス?が目に入り、いくつか色違いで選んで、店の奥に入ると、天狗の下駄とお面発見です。
いつもの京王百貨店やアートマン、成田のお土産物屋さんとかには無い、新しいパターン!
嬉しくなるとつい買い過ぎるのが悪い癖…。
とはいっても、アートマンとかで買っても結構お金かかりますし、必需品です。

これら、結構なお手頃価格で、おばさん2人に、「あ、これも、これもまた!」と渡していたら、「こんなに買ってくださってありがとうございます♡」と、やけに感謝されてしまいました。菜箸と天狗シールのおまけ付きです。

そんなに最近のお客さんの財布は固いんでしょうか?
我が家よりは余裕だと思うんですが…。
こちらの方が、「ちょうど良い物見つかって良かったー♪」と喜んでお店を後に。

昨晩ふと、これら安物の粗悪品?とか心配になったのもあって、開けて写真撮ったのもあるんですが、お面もちゃんとしっかりした良い物でした。

と、余計な話でした。



さて、2ndステージ開幕です。
e0133780_06560463.jpg
そろそろ右側へ太陽が移動ですから、後方の木陰から出て、また炎天下のベンチへ座ります。
徐々に日陰になり助かりました!
e0133780_07232955.jpg
ステージも影になって良かった。


e0133780_07244885.jpg
左がさっきのおじさんのビデオカメラ、前の頭は男の子、おじいさんはステージ前でカメラ調整。
幅広いファン層です♪


e0133780_07255192.jpg
まだまだ元気いっぱい。

e0133780_07260321.jpg
今度は予定通り30分で終了でした。

次の予定は、本日午後3時過ぎ辺りから短い時間の登場のようですが、高幡不動尊で行われる「ひの新選組まつり」に。
明日もまた同じく「ひの新選組まつり」で、10時40分辺りから、今度は日野駅近くの八坂神社前ですよ。
今日も良い天気ですしね、連休最後の週末ですよ♪


お別れ前に、また声をかけてくださり母もまた感激。

そして、急いで次の目的地へ!

交通情報ですと、中央自動車道の上り渋滞予想は5km程度。
ほんとかなぁ?と疑っていて、直前まで予約をしないで残り席数の様子だけ見ていたブルーノート東京。
まあなんとか大丈夫だろうと、駐車場へ向かいながら電話で予約。
ジャズ・レジェンド、ベニー・ゴルソンの日本公演最終日、まだチケットに余裕あるなんてびっくり。
とはいっても、どうしようかなぁと思っていてのもそうなんですけど、ここらでまたブルーノートしないと。

勿体無いですけど、下を使わず、圏央道高尾山ICから向かいます。

e0133780_07384823.jpg
あれ?
八王子ジャンクションも中央道に入ってもガラガラです。

e0133780_07474289.jpg
稲城インターチェンジ辺りでこんな感じですけど、速度はそんなに落ちません。
午後4時に高尾山を出て、6時半までに表参道の駐車場に入れればギリギリ間に合うなとの計画だったんですが、現在の到着予想は4時50分、早すぎです!

e0133780_07545230.jpg
そうそう、こちらが先程購入の「高尾山に登ろう」
おそらく、「た~か、たかたか高尾山♪」って、どんな歌なんだろう?と気になっているでしょうから!
高尾山の景色と一緒に、こちらでお楽しみください。
一昨年公開されてる公式動画です。

(3分37秒)

高尾山に行かれた方も、懐かしい景色だったんじゃないでしょうか?



どっちにしろ、古いカーナビも、首都高は使わない指示ですので、高井戸で下りました。
e0133780_08011378.jpg
これは単に、一般道合流前に信号待ちです。
もうちょっと渋滞してくれても良いのになーと、贅沢な話です。

山手通りも井の頭通りもガラガラ。
まだ早すぎるので、代々木公園通過中に停車。
荷物整理をしておきます。
e0133780_08021178.jpg

原宿駅前は人だけ混雑、表参道も人だけいっぱい、車はガラガラ。

e0133780_08115003.jpg
e0133780_08151390.jpg

いつものスパイラルホールに停めて、まだ5時過ぎ。
ゆっくり腹ごしらえ。
e0133780_08170823.jpg
やや久しぶりの千吉つけざるカレーうどん。

e0133780_08183011.jpg
青山通りでこんな写真を撮っても恥ずかしくない年齢になってます♪


昨年10月以来のブルーノート東京。
e0133780_08193645.jpg
女性ばっかりです。
御年87歳のベニー・ゴルソン、なかなかもてます♪
e0133780_08212678.jpg
もう何度目だろう?
ここでの記念撮影。
e0133780_08221837.jpg
開場5分前なんですが、もう入場始まってました。
受付後、すぐにフロアーへ。

e0133780_08232139.jpg
今回は、アリーナ・センター席。真正面ですし、4人テーブルの2人は居ないよう。
ここしばらくよく座っていたペアーシート・センターはすぐ後ろですけど、今回は安いこっちの方がベストでした。

e0133780_08260801.jpg
飲み物と、値段的にもお手頃で味も良い、本日のパニーニサンド、フォアグラですって。
それと、マンゴーパフェを注文。
e0133780_08285958.jpg
トイレに行くついでに、通路から。
すると、女性スタッフが、撮りましょうか?と声をかけてくれました。
この方、ブログで大分前に書いた、「ジーンズにビールがこぼれたので、お詫びに2ndの時にボックスシートに変えてくれた」って、あの方です。
今までも何度か見かけてましたが、久々に話をして、その時の事も。
今調べたら、2009年9月12日の記事でした。ホールチーフの女性社員って書いてましたね。そう、偉い方でした。
この時の記事は、数年間Google検索の「ブルーノート東京 服装」とかって検索キーワードで、トップページを飾っていて、当ブログの検索数トップの記事でした♪
もうこの何年のトップは、「デジカメ 黒いシミ」とかですけど!

e0133780_08400000.jpg
日焼け止めを鼻に塗り忘れ赤ら顔になってます。
紫外線は大敵なんですけど、すっかり焼けちゃいました…。

e0133780_08414567.jpg
こちら、マンゴーパフェ。

あと、そういえば先程のチーフの話で、新入社員に、パーマストンノースにあるIPUって大学の卒業生がいらっしゃるそうです。
NZとブルーノート東京がちょっと近づきましたね♪



午後7時、ベニー・ゴルソン登場です。
とても87歳とは思えません。それに、よく喋ります!
かの有名な、キラー・ジョーの由来、今までちらっと何かで読んだ記憶はありますが、本人からの説明を聞けるとはなんと贅沢な話なんでしょう!
とっても面白い話でした。
pimp,ポン引きのジョーなんですけど、ドラムの人が「ジョー・ファーンズワース」。同じ「ジョー」なので、その話の後に、「ごめん、ジョー」って♪

「会場の皆んなを連れてニューヨークへ帰りたいけど、そんな大きな飛行機無理だから、自分がまたやって来れば良いんだ」と。
最後は「アーノルド・シュワルツェネッガーの言う通り、アイル・ビー・バック」。

1時間20分の公演時間はあっという間でした。
1日2ステージを連続5日間、なんてこった!

そうそう、ベニー・ゴルソンを知らない方でも、映画を好きな方なら、「ターミナル」でトム・ハンクスが探していたのがこの人ですよ。
あ、ネタバレかな?って、もう随分前の映画だから良いですね♪

とっても有意義な時間でした。

そう、最初の写真の背景、パット・メセニーがそろそろ公演ですけど、あっという間に満席。
今は、小野リサですね。
e0133780_08590190.jpg
こちらも、先日話題にした、「天才女性ピアニスト」・山中千尋。
日本にいると、お金いくらあっても足りないですね!

e0133780_09013518.jpg
やはり夜の雰囲気が良い。

e0133780_09020091.jpg
骨董通りの一つ裏道を歩いて駐車場へ。


e0133780_09022755.jpg
そう、このCDを買いました。
5月11日?発売の新譜を、先行発売です。
今回サイン会は無かったですが、CDを預けておけばサインをしてくれ(確約ではないけど)、後日自分で取りに行けばよいそう。
ブルーノート東京へ来る予定は当分無いので、しばらく考えて、CD買うだけにしたんですけど、車に戻ってから、こんな偉大な人のサインは貰うべきだろう!って、急いでカーナビ・オーディオのHDDに録音しながらブルーノート東京へ車を走らせ、店員さんと話しましたが、時既に遅し…。
残念ながらサインの機会は逸してしまいました。

e0133780_09054692.jpg
まあでも、本人の目の前で話しながらいただくのが本当のサインなので、別にいいや。
ところで、帰りの車中聞いてたCD、終わりの方で急に本人のナレーション。
それも長い!
よく見たら、9曲目、2分39秒も話してます。
やっぱり会場で話す英語よりは早口で、運転しながらだと全部は分かりませんでしたけど!


という事で、今朝6時起きでしたが、やっと更新終了。

あ、ついでにこちら、昨晩作った餃子です。
餃子を作ると写真を撮りたくなりますよね♪
e0133780_09092857.jpg





by masaya-iwata | 2016-05-07 09:17 | 日本 | Comments(0)
2016年 04月 28日

高幡不動尊の春季大祭国宝まつりで新曲お披露♪

予報通り今日は雨です。
お昼過ぎ、久しぶりに歩いて出かけました。
e0133780_19573963.jpg
藤の花が綺麗です。


e0133780_20004589.jpg
程久保川をテクテクと。
前方には、
e0133780_20011453.jpg
アオサギです。

e0133780_20025086.jpg
道路脇のツツジも満開。

e0133780_20061861.jpg
ハナミヅキの先には五重塔。

この五重塔下のホールが今日の目的地です。

e0133780_20064719.jpg
ものすごく久しぶりの高幡不動尊。
仁王門と五重塔。

e0133780_20081282.jpg
春季大祭国宝まつりが開催中です。

e0133780_20084131.jpg
中へ入るのはいつ以来だろう?
小学生以来かな??

このすぐ左側に、手水舎があるんですが、その写真を撮っておけば良かった!



e0133780_20091415.jpg
土方歳三像もあります。

菩提寺の石田寺もすぐ近く。
去年撮ってる、浅川の向こう側、日野高校のすぐ裏にあるんですよ。


時刻は2時前、五重塔下ホールに入ります。

e0133780_20213843.jpg
こちらで、岩崎愛子さんの新曲お披露を見に来たんですが…、午後3時からの落語会しか書かれてない。
カメラマンの女性に尋ねてみると、3時からの落語会の後に歌があるとの事。
あれ?2時20分からの予定だと思ったのに、まだ1時間以上も後になるのかな?
それにしては、会場の横の方に、着物姿の岩崎愛子さんがちらっと見えてます。
とりあえず座っておこうと待っていたら、お坊さんのアナウンスが始まり、そろそろ歌の開始だそう。
あー良かった。

携帯電話は切ってくださいとの案内ですが、写真は何も言ってなかったので撮っても大丈夫そう。
もう古いデジカメできついですけど、報告のために撮っておこうっと♪

e0133780_20291872.jpg
1曲目は「高幡雨情」。
今日はもちろん、着物姿。

e0133780_20345346.jpg
たかはーた雨〜情〜♪


動きがあるとやっぱりブレちゃいます。
2曲目、題名は「ひとり高幡橋」、だったかな?
高幡橋をテーマにした楽曲。
16日にベアトリーチェで行われたアコースティックライブでも披露してくれた曲です。
e0133780_20355033.jpg
e0133780_20382569.jpg

e0133780_20383415.jpg
連続で撮ってみました♪

e0133780_20422157.jpg
心を込めて歌ってます。


そして3曲目、こちらがメインになるのかな。
7月27日メジャーデビュ、全国発売される新曲「曼珠沙華咲く高幡で」お披露目です♪
e0133780_20425110.jpg
e0133780_20462470.jpg
e0133780_20463622.jpg
丁寧に歌いあげます。

って、しまった。
ブレない写真撮るのに集中して、歌の印象が薄れてしまった…。

ユニバーサル・ミュージックから7月27日(水)全国販売。DAMとJOYSOUNDでカラオケ配信もされるとの事です。

次の岩崎愛子さん登場は、5月5日(木)高尾山若葉まつりへ再び。
13:00〜13:30/15:00〜15:30で、高尾山清滝駅前広場ですよ♪


そしてこの後、3時からは、二つ目の柳家花いちさん、そして師匠の柳家花緑さんの落語です。
柳家花緑って、五代目柳家小さんのお孫さんです。
以前、永谷園あさげ、とか、ひるげ、ゆうげ、とかの味噌汁のCMに一緒に出演されてましたよね。
こちらの落語前は、写真撮影ご遠慮くださいってお坊さんからアナウンスでしたので、写真は無しです。
どっちにしろ会場が超満員になったので、前の頭が邪魔になって撮れなかったですけど。

落語を生で見るのは2回目だったかな?
初めてって事はないと思いましたが、どっちにしろものすごい久しぶり。
さすが花録師匠の落語はとっても上手かった。
最初のポスターの写真と違い、舞台のために髪の毛短くされたそうで、橋下さんみたいな顔してました、って、自分で最初に喋ってました。
弟子の花いちさんも、目が錦織選手に似てるとかって話から始まりましたし、落語は両方とも、自己紹介からスタートでした。

それにしても、客席の大部分はご年配。
岩崎愛子さんも若いですし、花いちさんも30代、花録師匠も40代、その人達が会場を沸かせるんですから皆さん大したもんです。


e0133780_20224337.jpg
という事で、午後4時終了。
ここは五重塔の下です!

e0133780_21104396.jpg
新緑が綺麗。
晴れていれば、眩しいでしょうね。

e0133780_21112096.jpg
この下にあのホールがあるんですよ。

e0133780_21120591.jpg
今日はずっと雨。

e0133780_21122329.jpg
緑がほんと綺麗。
晴れた日にまた歩きに来たいですね。

e0133780_21125886.jpg
秋の紅葉も綺麗でしょうね。

紫陽花の頃もとっても良いでしょう。

e0133780_21134403.jpg
僅かに紅葉もしてます。
このアングル、後でご紹介の動画にも出てきてます。



e0133780_21143756.jpg
虚空蔵院から大師堂、聖天堂へ進みます。
e0133780_21162398.jpg
奥の階段へも行けば良かった。
そう、後でご紹介する動画を、行く前に再確認しておけば、同じ場所を撮ったんですが!
いつかまた行ってみよう。

e0133780_21174570.jpg
観音様。

e0133780_21180358.jpg
ここもちらっと動画に出てるかな?



という事で、高幡不動尊の景色を、岩崎愛子さんの「高幡雨情」とともに、どうぞお楽しみください♪


(4分11秒)






帰りも歩こう。
e0133780_21210720.jpg
e0133780_21212578.jpg
モノレール通過。


e0133780_21214105.jpg
まだチューリップも咲いてました。

そしてまた、藤の花。
e0133780_21220618.jpg


そういえば、世の中はゴールデンウィークですね…。




by masaya-iwata | 2016-04-28 22:03 | 日本 | Comments(0)
2016年 04月 26日

Swingで女子JAZZ

昨日25日の午後5時半。
e0133780_19242389.jpg
やっと工事の終わった新宿南口、バスタ新宿。
皆さんお仕事お疲れ様でした…。



e0133780_19254703.jpg
バスが停まってなかったので歩道外から撮れましたけど、歌舞伎座を撮るのは道路反対側から、車のいないタイミングでないと全容を撮れないですよね。

向かった先はいつもの銀座インズ2。
e0133780_19274949.jpg

の、2階端っこ。
e0133780_19290905.jpg
今年3回目の銀座Swingでした。

e0133780_19303627.jpg
銀座Swingのフェイスブックから、
〜 今宵のスウィンググライブは、新進気鋭の若手ジャズメンがお送りする、スタイリッシュな jazz night☆
tp.市原 ひかり
as.纐纈 歩美 / p.松本 茜
b.塩田 哲嗣 / dr.加納 樹麻  〜

写真が良く分からないので、HP(銀座Swing)から♪
e0133780_19384581.jpg

「神」や天才の多い、最近の日本ですが、ここにも天才サックス奏者と天才ピアニスト、2人も天才が居ます♪
そして3人の美人ジャズ奏者、どうせ予約でいっぱいだろうなぁーと、昨日の昼に電話してみたら予約取れたので、急遽行ってきました。
やはり消費しないと元気にならないですしね♪


e0133780_20305164.jpg
座席はまた、正面後のテーブル席。バッチリです。
カウンター席には70代か80前後のおじいさんが一人で。入る前にトイレですれ違いましたが、とっても紳士な方でした。

続々と席は埋まりますが、若い女性は4、5人かな?、あとはおじさん中心、さすがスイングです♪

お腹ペコペコでしたし、いつものMALTAより料金が安いので、セットメニューを頼んでみました。
e0133780_20350975.jpg
飲み物もついてきます♪

e0133780_20355605.jpg
前菜のカルパッチョを、取り分ける前に撮り忘れました。

e0133780_20363473.jpg
メインはパスタとすずきかな?
全部とっても美味しい。3,400円と3,600円。
ミュージックチャージも安めですから、かなりお得なセット価格です♪

7時開演、メンバーが入ってきましたが、MALTAの時みたいな拍手と歓声は無し。あれ?良いのかな?
さすが大人のスイングです。

実は、「若手美人ジャズプレーヤー」って事で、見に行くと複雑な心境になり、妙に落ち込むだろうなー、でも貴重な機会なので、行ったら頭空っぽで聞こうと、当日予約で急に行ったのもそんな理由だったんですけど、メンバー見たら、意外と普通…(失礼)
しかも、トランペッターはワンレン刈り上げ(って言いましたっけ?)のベレー帽、なんだか酔っぱらってるみたい!?
これなら安心して楽しめそう♪

やはりサックスが好きなので、行く前にYouTubeで、纐纈歩美をいくつか見てましたが、生で聞いてみると一味も二味も違います。
そして、もろに好みの音色。

そう、バリバリ元気なアート・ペッパーって感じ。
微妙にヘタれてる所がアート・ペッパーの魅力なんですけど、そこは若さゆえ、頭はちゃんとオフセットされます。
そこに気がついてから、ずっとお気に入りサウンドで楽しんでました。

ピアノの松本茜も話題の人。ものすごく正確な打鍵です。もっと前に出てもいいですけど、サックス・トラペットのフロント2人に、控えめサポートって感じ。

天才って書かれてませんけど、トラペットの市原ひかり、八の字から一文字、そして逆八の字にころころ変わる眉に見とれて、誰の音に似てるだろう?と、結局思いつかないままにファーストセットがあっという間に終わりました。

ほとんどMCが市原ひかりでしたが、3人の中で一番ベテランだからか、話し好きなのか?
それでもまだ33歳、うーん、やはり恐ろしい、今の日本のジャズ界。

そうそう、ファースト終わる前に、纐纈歩美が挨拶してましたが、来月発売のアルバムの名称が、「Art(アート)」。
芸術のアートの意味の他に、アート・ペッパーの意味もあるんだと。好きなジャズマンとの事!
これはもう、予約しないとね♪


そしてセカンドセット1曲目は、Chasin' the Bird。
これがまったくチャーリー・パーカーじゃないサックスに、凄い、本物だ!と、思わずにんまり。
あー、誰かと語りたい、そんなご機嫌なセッションでした。

多分、リードを変えたらもっとアート・ペッパーになるような気がするんですが、もう本人のスタイル確立してる一流ジャズプレイヤーですもんね。ほんと、どえらい時代です。

そして、天才ってネット検索では見つからない、トランペッターの市原ひかりですけど、名前の通り今晩一番光ってました。
その際たるのが、ヴォーカルも聞かせてくれた、It could happen to you
映画の題名にもありましたが、フランク・シナトラも歌ってるし、チェット・ベイカーでも有名なスタンダード。
これがとっても良かったです。スキャットも抜群。

本人の動画はありませんけど、探してみたら、これがその時のに一番良く似てました。

(9分18秒)


ほんと、日本のジャズは女性の時代ですね。

他にも、ちょうどもうそろそろ来日の御大ベニー・ゴルソンの名曲、Are you real?もありましたが、もうすでにいろいろ書きすぎなので、最後の1曲、ラストの曲は、Jubilation。
残念ながら動画が無いので、音だけで。
もちろん、キャノンボールで。

(5分11秒)

これを演奏してるのが黒人のおっさん達ではなく、普通に街を歩いてるような女の子達ですからね、くどいようですが。
これを経験しないなんて、勿体無いですよほんと。
せっかく日本に住んでるんですから是非ライブに行きましょう♪


という事で、やっとつまらない語りはやっと終わり。
そうそう、会場出る前に、ベースの人と目があって、「良かったです!」って話しましたが、このメンバーですから男は霞みます…♪

帰り道、吉野家で豚丼を食べ、帰宅後もYouTube見てたので、寝たのは深夜2時半になっちゃいました。



今日は、一昨日注文してたCDがamazonから到着でした。
e0133780_21400158.jpg
今回帰省してから、NHKでもよく見かける福田こうへい。
15日にNHKの「歌謡チャリティーコンサート」を、相模女子大グリーンホールへ見に行ってきましたが、その時最初に登場がこの人の「南部蝉しぐれ」。
そして、16日に見に行ってきた「岩崎愛子アコースティックライブ」でもこの曲を。
この曲も、この人の民謡もとっても良いです。

日本の音楽、いいね👍




by masaya-iwata | 2016-04-26 22:03 | 日本 | Comments(0)
2016年 04月 24日

高尾の天狗と子天狗

今朝は雨、昨日は曇り空から晴れ間ものぞくちょうど良い天気の中、とっても久しぶりに高尾山へ行ってきました。
e0133780_13391371.jpg
更新も1ヶ月半振り、写真準備はたまにしていたのですが、3月後半から無気力状態が続いて結局先延ばし、メールもほったらかしで久しぶりに開けてみると収拾のつかない状態でした。
やはりジョンのいない毎日はきついですね。
フェイスブックも開けてないと、やたらに友達申請が届くようになってるようで?、NZ人中心の知らない人から20人近くになってます。全部スパムなんでしょうけど。

という事で、
e0133780_14054669.jpg
ジョンの留守番を気にする必要もないので、今回の帰省時は高尾山へ行こうと思っていて、やっと実現でした。
薬王院駐車場に停めて、清滝駅へ向かいます。

e0133780_14064335.jpg
上りはケーブルカーで高尾山駅まで、そこから歩いて高尾山頂へ、帰りはどうしよう?
真ん中下辺りが高尾山駅、左上の富士山の右下辺りが山頂です。
駅から吊り橋コースも行ってみたかったんですが、出発も昼過ぎになるので、順当に薬王院を通る表参道コースで山頂へ。
下りはケーブルカーを節約して、びわ滝コースの、3.3kmで80分という、6号路にしました。
5つ星の内、難易度は3つの☆、なんとかなるかな?と思ったんですが…。



e0133780_14205111.jpg
新緑、若葉の時期。
暇な毎日なので、本来は平日の空いてる時に行けば良いんですが、今日はもう一つ目的がありました。
4月9日から5月29日まで行われている高尾山若葉まつりのメインイベント♪ 11時から12時までの「岩崎愛子ショー」です。
e0133780_14372172.jpg
ターカ、タカ、タカ、高尾山♫

NZに居るときのブログでもご紹介の歌手、岩崎愛子さんです。
日野市百草在住、「多摩地区を中心として活動する演歌歌手」とネットで紹介されてますが、今年はいよいよメジャーデビューとの事。

「百草慕情」「深大寺旅情」、そして「高幡雨情」、多摩動物公園応援ソング「パラダイス」など、ご自身作詞・全オリジナル12曲の全曲集も昨年4月に発売されています。
そして、「高尾山に登ろう」、それから第7弾シングルの「高尾の子天狗」が昨年7月に発売。
もう、紅白も射程圏内です♪

と、久しぶりの更新でなかなか指が上手く進まいので、詳細はHP参照ください!


前半終わって、後半の演歌タイム、
e0133780_17194307.jpg
モンベルの登山スタイルから、演歌師・ドレス姿で熱唱です。

5月5日にもまた登場ですよ。
そして、4月28日は高幡不動尊で新曲のお披露目があります。
地元の方、行かないと損します! 是非ご参加を♪

サインもいただいて、いよいよ「高尾山に登ろう」。

出迎えはサブちゃんです。
e0133780_17322016.jpg
こちら、実物大の銅像だと思います。
e0133780_17341101.jpg
小学生以来の高尾山ケーブルカー。
ずい分前に、テレビドラマで見てからもご無沙汰でした。

e0133780_17354043.jpg
新緑でまぶしい。
ちらっと見える道路が、帰りに歩いた6号路です。



e0133780_17360939.jpg
日本一の急勾配を上り、高尾山駅へ。


ここで記念スタンプ。
e0133780_17374948.jpg
先程購入の、「高尾の子天狗」CDに押しました。
スタンプには、「シャガ」の花。どんな花かは、後程登場します。
ケースが反射して見えなくなってしまったので、先程撮った写真でもう一度。

e0133780_17390019.jpg
日付入りでサインでした。
e0133780_17412171.jpg
こちらが高尾の子天狗!

もう一度また、岩崎愛子さんのご紹介です。
e0133780_17422367.jpg
4月16日のサインで、全曲集♪
豊田駅北口、イオンモール多摩平の森近くの喫茶店、ベアトリーチェへ、アコースティックライブを見に行ってきました。
e0133780_17460611.jpg
カレーが絶品だそう。今度食べに行ってみよう。
この日は、コーヒーとケーキでした。
e0133780_17455944.jpg
その時の記念写真、母とです。
e0133780_17471157.jpg
母はこの時3回目、私は2回目でした。
最初は、3月26日、日野市役所前の日野中央公園で行われた、「スプリングフェスタひの」で。
e0133780_17494027.jpg
着物姿も艶やかです。

母が最初に知ったのは、2013年8月25日、百草団地商店会主催の夏祭りの時。
多分、老人会の盆踊りで参加した時じゃないかと思います。
e0133780_17541782.jpg
この日以降、ロトルアに居る時は、スカイプ中に実家から聞こえてくるCDで、ロトルアからはYouTubeを画面共有で母に見せてという事で、この「高幡雨情」、名曲ですよ、ほんと。


さて、高尾山駅に戻って、いよいよ山登りスタートです。
e0133780_18001140.jpg
なんとなく、テレビドラマで記憶のある建物。
それにしても、すごい人の数です。

e0133780_18004370.jpg
タコ足みたいな、蛸杉。樹齢が、およそ450年だそうです。

e0133780_18043149.jpg
薬王院参道をテクテク。
まだまだ快調。

e0133780_18091600.jpg
右がゆるやかな上り坂の女坂、右が108段の男坂。

e0133780_18104448.jpg
男坂で行きます!


e0133780_18110717.jpg
こんな所にラーメンが。
左側のデッキテラスで森を見ながらチュルチュルです。

e0133780_18140147.jpg
外人さんも多かった。
正面左は、天狗様が腰掛けたという、
e0133780_18150502.jpg
天狗の腰掛杉。

ずらっと並ぶ奉納札の中に、
e0133780_18153400.jpg
北山たけし発見です。
北島ファミリーで節分会に出席されてますもんね。

e0133780_18173768.jpg
階段を上って、薬王院へ。

e0133780_18180364.jpg
高尾の天狗。


e0133780_18200636.jpg
また階段。
桜がまだ綺麗です。
e0133780_18202964.jpg

e0133780_18204094.jpg
仁王門。


e0133780_18205316.jpg
本社、ここで豆まきがあるんですよね?


e0133780_18212189.jpg
またまた階段。

e0133780_18214811.jpg
この参道コース、全面舗装路で歩きやすいんですけど、ここ薬王院の階段で一気に疲れますね!


e0133780_18224417.jpg
階段は続く。


e0133780_18230156.jpg
こちらにも天狗様。
e0133780_18231767.jpg
とにかく、人だらけで、良いアングルで写真が撮れないです。


e0133780_18241549.jpg
またまた階段。
e0133780_18243296.jpg
奥の院。


e0133780_18244802.jpg
山頂目指して歩きます。
杉並木は、レッドウッドの森を思い出しますけど、人の多さで大違い。

e0133780_18265093.jpg
あともう一息!

e0133780_18273061.jpg
山頂広場です。

e0133780_18280108.jpg
なんだか駅前広場みたいです。
e0133780_18291694.jpg
標高599.15m

ケーブルカー乗り場の清滝駅が201m、高尾山駅が472mです。
麓からの標高差が398m、高尾山駅から登った高さが127m。
下から登ったとしたら、レインボーマウンテン登山と同じくらいでしょうか?


e0133780_18323843.jpg
午後2時前、まだ皆んなお弁当を広げてますけど、場所探しが大変…。


e0133780_18361884.jpg
山頂にもお店、お蕎麦も売ってます。
関係者だけですけど、車でも上れるんですからね。東京の山は違います!

e0133780_18362161.jpg
雲霞で富士山は見えず。
ここからの眺めも見てみたかった。


e0133780_18362824.jpg
空いてる場所を見つけて、遅いお昼ご飯。
せっかくプジョー椅子を持ってきたので、ベンチをテーブルにして。
2月のトンガリロと同じ、おにぎりと卵焼き、唐揚げです。
今回は、にしんの昆布巻きもあります♪
e0133780_18383241.jpg
美味しいようです♪


e0133780_18393854.jpg
都会方向。
e0133780_18395084.jpg
どこら辺りだろう?
久しぶりの更新で、書くのに時間かかってるので、調べるの省略です…!


さあ下りだ。

e0133780_18403624.jpg
6号路、びわ滝コースです。
午後2時37分スタート。
80分という事ですけど、到着は何時になるか!?

e0133780_18451303.jpg
スタートは楽ちん。

e0133780_18451869.jpg
木の根っ子でだんだん歩きにくくなります。
e0133780_18460948.jpg
ここからの階段が予想外、かなり手こずりました。

やっと長い階段を終わって、
e0133780_18464213.jpg
これがシャガです。
e0133780_18470861.jpg
アヤメの仲間ですね。4月9日にジョンの写真を持って桜ヶ丘公園へ行ってきたんですが、そこでもたくさん咲いてました。


e0133780_18505628.jpg
長い階段の疲れもやや回復して、ゆっくり下っていきます。しかし、まだまだ先は長い。

e0133780_18513942.jpg
これは厳しい!
e0133780_18521855.jpg
足場も最悪。雨にならなくて良かったです。
e0133780_18525645.jpg
この辺りで両足に力が入らなくなり、速度はさらに低下です。
こちらも、手を支えて狭い道を体ひねって降りていたので、かなり両足が疲れてきましたけど、5年前の病気からは信じられない回復ぶりです。

e0133780_18552828.jpg
それにしても、これで☆3つの難易度。
NZのトレッキング道は、とても良く整備されてるんですけど、歩く人数の多さや人口を考えても、NZはかなりこういう面で進んでいたんですね。あらためて実感しました。
e0133780_18581688.jpg
山の様子はNZと同じです。この、苔やシダの様子が懐かしかった。
e0133780_18585075.jpg
そして杉の様子も。
e0133780_18591001.jpg
傾斜が緩くなってきて、徐々にペースを取り戻してきました。
e0133780_19001723.jpg
e0133780_19005371.jpg
大勢に追い抜かれ、この時間から登ってくる人達ともすれ違いましたけど、最高年齢は確定でしたね!

e0133780_19024120.jpg
もう大丈夫。

e0133780_19032049.jpg
沢のすぐ近くでお茶タイム。

e0133780_19034869.jpg
あ、写真をしまったままだった!



e0133780_19041547.jpg
建物が見えてきました。
このコースの名称になってるびわ滝ですね。

e0133780_19050414.jpg
滝行も行われるようですけど、中に入れません。

e0133780_19052375.jpg
せっかくのびわ滝コース、遠くから眺めるだけなんて…。


e0133780_19061626.jpg
もうゴールも間近。


e0133780_19084559.jpg
到着です♪
午後4時53分。80分コースを136分で完歩。
まあ、良い成績でしたね!

天狗パワーのおかげで、やっとブログも復活でした。




by masaya-iwata | 2016-04-24 19:37 | 日本 | Comments(2)
2015年 02月 21日

一段落、と音楽も

ぶり返した暑さも、今日で一段落のようです。
羊達も涼しげにしてます。
e0133780_18080854.jpg
って、いつもと変わらないか。
e0133780_18275708.jpg
予報通りのどんより空。
e0133780_18282181.jpg
つい今さっき、外でどんどん音がしていたのでデッキへ出ると、雨でした。
そういえば、今晩はロトルア湖畔で野外コンサート、「Lakeside Rotorua - The Night Fantastic」というイベントが行われていたんでした。
午後7時半開演だったようなので、エンディングの花火だったのかな?
一日違いで、雨降りの中でのコンサートだったんでしょうか…。

これから予報はかんばしくありません。
大分伸びてきた、芝刈りじゃなくてタンポポと雑草刈りのタイミングを逃しちゃいました。
乾いた日があれば良いんですけども。

昨日月曜日以来の郵便物を私書箱で取ってきましたが、先週の血液検査結果も届いてました。
CK値は、74
今回も大丈夫でした。
クレアチニンは95、正常値が60-105なので問題ないですけど、検査前にいつもたくさん水を飲んでこの値を維持することって、良いのかな?と、今更気が付きました。
今回のナトリウム値は135,正常値は135-145なのでぎりぎり正常範囲。
ダメ押しの水を飲まなかったのが功を奏したかな?
前回も前々回も134でしたので。
まあでも、何をしたって正常は正常なので、普段から水分摂っておけば良いという事なんでしょうね?

昨日までの熱気は無くなり、でもTシャツでちょうど良い部屋の中。
以前なら音楽を聞いてくつろぐところですが、まだちっとも音楽を楽しむ気分になれません。
その代わり、パソコン前に座ったまま、容量を気にすること無く見られるYouTubeで、適当に音楽を拾ってました。

マッサンの音楽、主題曲ではなく、メインテーマや挿入曲ですけど、てっきり、「作曲家先生」がケルト音楽風にさくっとこしらえたのかと思っていたら、こんな若い女性音楽家の作品なんですね。

(3分57秒)

富貴晴美さんって方、他にもドラマ、映画にCMなど、すでにたくさん作曲されてるよう。
マッサンの音楽では、140曲も作曲されたそうです!
とても心地良い曲ばかりですよね。

作曲家先生に変わりは無いのかもしれませんが、なんかイメージ違います。
40代の頃は感じなかったですが50を過ぎると、時代は変わったなーといろんな面で感じます。

歴史はまったく不勉強なので、アイルランドもイングランドもスコットランドも、違いが良く分からないんですが、もう一曲紹介されてるこの、「Slapstick in the POT STILL」、ポットスチルって、あの蒸留器ですよね、この音楽はなんだかアイルランド民謡っぽい感じがしますよね?

(4分19秒)

あの、足をばたばたするアイリッシュダンスを思い浮かべます♪
ちょっと気になって、スコティッシュダンスってあるのかな?と調べたら、やはり足をバタバタ踊ってました。手も同じく動かしてましたけど。
音楽はもうちょっとフォークダンスっぽかったですね。

うーん、アイルランド民謡、イングランド民謡、スコットランド民謡、違いが気になります…。

それにしても、演奏してる人達も皆若者で、もう二世代くらい違う感じ。
なんだか寂しいよなぁ。


そんな事を気にせず、自分のジャンルに戻ろう。
急にジョーイ・デフランセスコが見たくなって、最近の演奏を見てました。
ブルーノート東京では、1mの至近距離で眺めていたこの巨体、さらに大きくなった感じですけど、この人もまだ43歳だって。
という事は、以前見た時はまだ30代だったのか!

それにしても、どうしてこんな弾き方が出来るんでしょう。
左手はずーっとベースラインをアップテンポで弾きっぱなし、右手が自由にメロディー奏でてます。
どんな神経してるんだろう?

(49秒から5分27秒まで4分38秒間)

これでオルガンの場合は、足でもベースラインを演奏しますからね。
この人はお父さんもオルガン奏者で、共演してる様子もアップされてます。
もう頭で考えなくても、両手両足勝手に動くんでしょうね。
以前は音楽聞くのが心の栄養でしたが、それもすっかりご無沙汰です。
お腹も空いたなぁ。




by masaya-iwata | 2015-02-21 20:03 | 生活 | Comments(0)