2014年 05月 01日

洞窟じゃないワイトモ紹介

今日も寒い朝。
いつも夕暮れ景色の写真ばかりなので、貴重な朝焼けの写真です。
e0133780_17471789.jpg
午前7時10分、門から東を向いて撮った写真です。

道路に出て、我が家と牧場と羊たち。
クリックの大きな画面でご覧くださいね。(CLICK on photo)
e0133780_17483463.jpg

羊たちは、100%天然ウールで暖かそう。
e0133780_1750797.jpg
また1匹だけお休み中。
これだけ年上なのかもしれないですね。

大通りに出て、西側、モコイア島にかかる雲に朝日が反射しています。
e0133780_17513128.jpg
道路にも朝日が当たり始めました。
もう明後日がロトルアマラソンですものね。早いです。
この辺りは、29km地点くらいかな?
土曜日は、スタート地点に行く用事も仕事も無いので…、この辺りに写真を撮りに行こうかと思ってます。

ホテルの駐車場にアイを置いて、観光局まで5分程歩いて行きました。
ワイシャツにベストだけだと、さすがに寒いです。

7時45分、グレートサイトのバスがやって来ました。
e0133780_17585938.jpg
これに乗って、ワイトモ洞窟まで。
今日の仕事は、グレートサイトのガイドですけど、ロトルアからワイトモまでは、移動だけです。

何度か説明していますが、グレートサイトは、乗り合いの観光バスで、ロトルア−ワイトモ洞窟−オークランドへ向かうバス(夕方早くオークランド発でロトルアへ戻る)と、オークランドーワイトモ洞窟ーロトルアへ向かうバス(夕方遅くロトルア発でオークランドへ戻る)の2台が毎日行き来しています。

この2台は、中間地点のワイトモ洞窟で合流します。
このバスに日本人観光客が、日本語ガイドを希望する場合に、私のようなガイドが付きます。
今日の仕事は、オークランドからロトルアへいらっしゃるお客さん1名。
オークランドからワイトモ洞窟観光までは、オークランドガイドがご案内です。
ワイトモ洞窟観光を終えたお客さんを、私が引き継いで、ロトルアへ向かうバスに同乗してご案内という内容。
ご案内といっても、乗り合いバスですから、バスの道中は、マイクで説明するわけではありません。せいぜい雑談程度です。
その他は、ロトルアに入ってから、バスの乗換えなどありますから、そのご案内ですね。というか、これがメインの仕事となります。

そんな訳で、非常に簡単な仕事。

ロトルアからオークランドへ向かうお客さんの場合は、ワイトモ洞窟のご案内もあるので、少しは仕事をしたという気分になるんですけどね!

という事で、バスの中ではボケーと、運転手さんの話を聞きます。
運転しながら説明の運転手さんですけど、
e0133780_1813140.jpg
40人乗りのバスに、アジア系の母娘2人と私だけ。
ちなみに、ワイトモ洞窟からオークランドまでは、オークランドから日帰りのお客さん3人と、私の代わりのオークランドガイドがこれに加わり、合計6人だそうです。
観光業界も冬に入ってきました…。

8時50分、アラプニダムです。
e0133780_18191351.jpg
日の出は綺麗でしたが、その後はずっと曇り空。
途中で雨も降りましたけど、徐々に雲は晴れていってます。

ワイカト川に向かって橋の上から、
e0133780_1820574.jpg
3人のおじさんが釣りをしてます。

運転手さんが、成果は?と聞いたら、
e0133780_1821589.jpg
喜んで見せてくれました。
e0133780_18212043.jpg
レインボー、ニジマスです。


キウイフルーツ農園が見える隙間でバスを止めてくれました。
e0133780_18215960.jpg

どんな様子かな?
e0133780_18231436.jpg
収穫直前ですね。
多分、日本へ向かうキウイフルーツは、もう収穫していると思います。


10時、ワイトモ洞窟到着です。
まだオークランドからのバスは到着していません。
しばらく日の当たる入り口でウロウロして、1時間弱空き時間もありますから、久し振りのカルスト牧場見晴台(って勝手に名前付けてますけど)へ行くことにしました。

e0133780_18245816.jpg
レインフォレスト、雨林の中を歩きます。

原生林の森は雨林ですから、気持ちいいというよりも、オドロオドロしいという感じもして、近くに人気が無ければ、怖くもなりますよね。
e0133780_18304665.jpg
さらに、カルストの奇岩もゴロゴロしているんですから。

すっかり晴れ上がった空。
ワイトモホテルの眺めです。
e0133780_1833172.jpg


パノラマにしました。
クリックの大きな画面でどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18394212.jpg


さらに、スマホのスイングパノラマで広い範囲を撮りました。
こちらもクリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_1844525.jpg
あれ?広い範囲と思ったら、同じでしたね!

北側は、強い日差し。
e0133780_18445880.jpg


こちらもスイングパノラマにしました。
クリックでどうぞ。(CLICK on photo)
e0133780_18452857.jpg


なんだか毎度同じ写真ですよね。
今朝も一人テクテク、撮影目的に歩きながら、これで最後かもしれないから、まあいいかな?と考えていました。
このブログも、そういう意味では、一期一会の気分なんですよ♪


ワイトモ洞窟へ戻って、オークランドガイドとお客さんを迎えます。
11時15分発のバスが、インド人夫婦のご主人が、洞窟内で転んで頭を打ってしまい、30分程出発が遅れました。
その方は、そのままロトルア観光、そして夕方発でオークランドへ戻られるようですが、バスの中では大丈夫なようで良かったです。


ロトルア到着ですけど、お客さんの止まっているモーテル・ホステルへは、グレートサイトは止まってくれないようです。
観光局終点ですが、そこからホステルへは、スーツケースを引きずって歩くには、晴れているとはいえ、かなり大変なことになります。

そう、仕事を回してくれたガイド友達も、今日の仕事は、お客さんへロトルア観光のオプションを売れる、つまり、小遣い稼ぎにちょうど良いんですよと言われ、たまにそういうご希望のお客さんもいらっしゃることもあり、仕事用の車で出かけても良かったんですけどね。
自分の場合、そういうご希望のお客さんに当たることはほとんど無く、というのも、最初からご自身で予定がある方の場合が多く、今は、家にも早く帰りたいこともあって、今日はアイで行ってました。

それで、そのお客さんなんですが、40才前後の男性とはいえ、そのまま歩いて行かせるには、どうも放ってはおけないと…、余計な提案で、「まったくプライベートな話なんですけど、良かったら、車でお送りしますよ」って事で、観光局ではなく、アイを止めておいたホテルで降りていただき、スーツケースを小さなアイに載せ、お送りしました。
旅行社の仕事でこれをおおっぴらにしたら、ちょっとまずいんですけどね、今回はもともとがフリーの旅行者ですから、問題なしです(念のための説明♪)。
でも、小遣い稼ぎが、ボランティアになりました。
この、仕事に向かない性格は、もう治らないですね。

で、そのお客さんですが、男一人、3泊ロトルアで何をされるのかと思ったら、ロトルアマラソン参加って事でした!
フルマラソン10回経験されてるそうで、今回もサブ4(4時間切り)目標だそうです。

「ここのコースは、前半も起伏があって、中盤にはきつい上りがありますよ」

『そしたら、前半抑え気味の方が良いですね』

「そうですよね」

なんて、自分ではまだマラソン実現してないのに、偉そうに話しちゃいました。

カメラ持って撮影行くので、もし見かけたら手を振りますよって事で、お別れでした。


パックンセーブで買い物。
e0133780_19182073.jpg
とことん良い天気です。
今日の日当の半分を出費しました…。

今日の収穫は、
e0133780_19191477.jpg
初めて見つけました。
以前パックンセーブにあった、mama san(ママさん)ってオーストラリアブランドのお米、その会社のゆで麺です。
讃岐うどん、さらに、メイド・イン・香川って書かれてます!

香川のどの会社かな?と、裏のパッケージを読みましたが、オーストラリアの会社と、ニュージーランドの販売会社表示しかありません。

これって、オーストラリアの小麦粉が香川県に渡り、そこで製麺・真空パックしたうどんが、また海を渡ってオークランドへ、そしてニュージーランドへって事なんでしょうね。
今や、讃岐うどんも、オーストラリアの小麦粉が多く利用されてますものね。
ちなみに、1袋$1.09、今の円安レートで96円です。
5袋買いました。

晩御飯作るの面倒なので、今晩はうどんしよう。
夕寝したので、もう10時半になります。

by masaya-iwata | 2014-05-01 19:37 | 観光 | Comments(0)


<< いつもの眺めとヨーロッパの景色      快晴の救出 >>