2018年 11月 14日

返納と取得

昨晩も今晩も、BS1で放送されてる、「シリーズ人体」、再放送ですけど、とても勉強になります。
今晩は腎臓、まさに今回の母の病気に関わるところです。
昨日も今晩も見ながら書いてるけど、今日は写真も少ないので、すぐ終わりそう!
母も理解できるかどうか分かりませんけど、ちゃんと見させてます!

さて、今日の午後1時、
e0133780_21231228.jpg
府中試験場です。
3年前もここで写真撮りました。
あの時は、母の免許更新、ジョンは駐車場で留守番でした。
あれからもう3年、本当にあっという間です。

今回は、さすがに更新はもう無理ですから、長きに渡って大活躍した母の免許、とうとう返納することとなりました。
50歳を過ぎてから頑張って撮った免許です。
父の単身赴任先の前橋にも何回も往復しましたし、香川県に運転していったこともありました。
国際免許証取って、NZでも走りましたね。

深く考えるととても寂しいことですが、母はそんなにピンとは来てないみたい。
まあ、それで良かったのかな。

同時に、運転経歴証明書も申請です。

そして同時に、私の日本の免許証。
もう15年くらい前?、失効したまま放ったらかしでしたから、もう無効になってます。
さらに、ロトルアの自宅のどこかに置いてると思ったんですが、もう何年か前から探していても見つかりません。
日本かもしれませんが、もう見つけるのは不可能ですし。

そんなんで、今回は、転入届を出して、20数年ぶりの自分の住民票を持って、NZの免許から日本の免許への切り替え申請をしました。
すでにJAFに、NZの免許証コピーを郵送して、翻訳書類も準備してました。
その手数料と送料で3,500円。

切り替えの手数料で4,600円です。

NZの免許は、筆記・実技試験とも免除、視力と色覚検査のみで日本の免許に切り替えられます。

私の申請場所は3階、母の方は1階、手続きに時間がかかるので、途中から両者同時に行いましたが、わざわざ3階から出来上がった書類を持って、1階の母の手続き中の待合室に係の人が来てくれるという、実に親切な対応です。

午後4時、
e0133780_21410023.jpg
無事に全部終了、試験場を後にします。
3年前は、免許交付を待っている間、ジョンと散歩で、ぐるっと試験場の裏の公園を歩いたんでした。
今回は、私の免許交付を待っている間に、母の手続きもちょうど終わり、散歩の時間は無くなりました。

e0133780_21431000.jpg
お疲れ様の母の免許、そして、運転経歴証明書、そして久しぶりに見る私の日本の免許。
残念なことに、ゴールドラインではなく、さらに、大学時代に取った中型二輪も消えてますし、昔の免許なら中型・8トンまで運転できましたけど、今の制度なので、3.5トン未満までしか運転できないのも残念。
NZで大型を取っておけば、日本の大型にも書き換えられたはずなので、その方がずっと安く取れたかもしれませんね。
ま、仕事探しのできない今、大型は不要ですけどね。
でも、なんか運転のバイトでもあればいいよなぁ。

昔の日本の免許を紛失してますけど、免許番号を見ると、どうも昔の番号のようです。
母の番号は、免許と経歴証明書と同じ番号になっていて、私の番号よりずっと後の番号になってます。
以前の記録から、番号も継続になってるんでしょうね。
それにしては、わざわざ申請書類の中に、過去に違反切符を切られたことがあるか?という欄があったのはなぜだろう?
書かなくても記録で分かるはずなんですけどね、正直テストだったのかな?
私は確か?30年以上前に一度、免許不携帯で武蔵境駅南口交番のおまわりさんにお説教食らったことがあり、それが唯一の日本の免許の失点だったという記憶でした。
その時に一緒に居たのが、高校時代のK島ですが、同級生の方達、ここまで読んでるかな!?

そんなんで、テレビも終わりました。
今晩は昨晩よりさらに寒くなりました。
いよいよ冬の到来ですね。


by masaya-iwata | 2018-11-14 22:03 | 日本 | Comments(0)


<< 御岳山途中までと、奥多摩湖から檜原村      日曜日の行楽地 >>