2019年 06月 11日

病院日

今日は、脳神経外科としてのかかりつけ医を変更してから2回目の受診日でした。
昨日電話があり、今、市役所に要介護の区分変更申請を出していて、そのための検査をするので、診察時間30分前に来てくれとのことでした。
11時半前に受付をして、検査のため4階のリハビリルームへ。
広くて綺麗でとても良い感じの空間に、若くて丁寧で感じの良い理学療法士の男女2人。
あー、こんな所で、退院後の回復期リハビリテーションとして転院も出来ていたらなぁ。

検査はほぼ問診だけの簡単なもので、すぐに終わりました。

そして診察。
先月の初診時に、たまたま担当になった医者がこれからの主治医ということになるんでしょうが、年配の優しそうなおじさんです。
最近なんとなく感じるのは、ドクターは自分より確実に年上の世代か、二回りまでは厳しいかな?40そこそこくらいまでのドクターの方がいろんな面で良い。
一回り年下くらいの40半ばくらいから50代くらいのドクターはボツ。
ちょうど部長世代のドクターはだめってことなのかな?

まあ、それは良いとして、とにかくホテルみたいな病院です。
e0133780_23280839.jpg
ずっと向こうが玄関と受付ロビー。
こちらが待合室、左につながってます。右側にはカフェテリアがあります。

診察の時、抗てんかん薬のイーケプラを減量できないか質問してみました。
この質問、なんて返事されるだろうと、この1ヶ月ずっと心配してたことなんです。

もともと、市立病院で、2月に入って尿路感染から腎盂腎炎で熱を出し、39℃以上が2週間弱、その後38℃も2週間だったかな?
その後37℃台が続いて、合計1ヶ月以上の熱に苦しんだのが、非けいれん性てんかんって見立てだったんです。
そのため、あーだこーだと、実験動物みたいに、抗てんかん薬の点滴や内服薬をころころ変え、一向に良くならず、いつもどんより、暴れたりを繰り返す母の様子に絶望的になっていたのが、実は、「薬の影響だから、そんなに気にすることないですよ。」っと、さも想定内ってしたり顔で後出し説明したドクター。

頑張ってこの薬に落ち着きましたっていう薬が、抗てんかん薬のテグレトールで、それが退院後、先月この病院に変わるまでの母の内服薬でした。

市立病院のドクターは、やっと母に合った薬を見つけたと自慢げでしたが、なんのことはない、1ヶ月以上もかかってやっと平熱に落ち着いたのは、薬が効いたからでなく、母が自然治癒したからなんですよね。
1月入院中、さんざん睡眠薬漬けにされ、体力消耗したところで尿路感染でしたから。
もともと免疫力に長けてる母ですから、自分の体が総攻撃で、「薬毒」と戦って打ち勝つまで1ヶ月かかったってことだったんでしょう。

この壮大なミステイクの代償はとてつもなく大きかったってことなんです・・・。

先月、新しいこのドクターに、テグレトール飲み続けて大丈夫でしょうか?って質問したら、すぐに、イーケプラに変えましょうってことで、さすがにすぐには、「イーケプラを飲み続けて大丈夫でしょうか?」って質問は出来ず、この1ヶ月の間、ちょこちょこっと分量を減らして母に飲ませてたんです。

実はこのイーケプラって薬、市立病院のドクターから、介護保険の関係で4月に新しく変わったかかりつけ医への紹介状には、「イーケプラの点滴は有効ではなかった」って書かれていたんですよね。

ま、いずれにしろ、不要な薬と言っても良いと思ってます。

で、ドクターの返事はなんだったかというと、

「それじゃやめましょうか?」って!

え? いきなりやめても良いんですか?
って聞いたら、

「心配でしたら、朝1回にします?」って言うので、ちょっと考えて、そしたらやめときましょうって。

なんと、あっさりストップすることが出来ました。

ドクターは笑顔で、「もしてんかんになったら、すぐ救急車呼んでくださいね」って。

これで十分です。
もしこうなったら?のために飲んでる薬の副作用で、腎臓が悪くなる方が困ります。
余計な薬は飲まない方が良い、って、ロトルアのドクターも言ってましたしね。

ああー、ほんと、昨年12月、筋を通すつもりで、昔からの母のかかりつけ医で相談した結果、市立病院を紹介されてしまったのがこの結果に。
ここに最初から来ていれば、どんなに良かったことか・・・。

昨日ネットで、悪い医者と悪い病院って記事読んで、やたらに綺麗な病院はだめって書かれてたんですが、この病院は、ホテル並みに綺麗でも、患者はたくさん、医者もたくさん、効率よく待ち時間もそう長くない、常に活気に満ちててほんとに良い病院って印象です。
ほんと、何度でも悔やみますね。

そう、それに、救急車で運ぶ必要のあるてんかんって母に起こるんだろうか?
だって、非けいれん性てんかんってのは、泡吹くようなてんかんでなく、意識障害とか、不明な行動を取るとか、判断に難しい範疇の症状なんです。
そんな症状になったことは、市立病院入院中にありませんでしたしね。
脳出血直後に、急性のてんかんになるようで、母もなりましたが、確かに手が痙攣してました。
これもでも、救急車で呼ぶような深刻な様子ではなかったです。

そんな訳で、これでまたひとつ薬が減った。良かったです。


この後、ショートステイに必要な診断書作成のため、検査をすぐに入れてもらいました。

e0133780_23281027.jpg
採血、採尿、採便って言うのかな?です。
それと心電図も。
採尿はばっちりできたんですけど、大きいのが無理でした・・・、
容器を持ち帰ったので、果たしていつ持っていけることになるのか・・・。

e0133780_23281380.jpg
そしてレントゲン。
今度は車椅子に座ったままでした。

さすがに全部終わるのに時間かかり、
e0133780_23281550.jpg
全部終わったのは午後2時15分。

e0133780_23281624.jpg
薬局を出る頃には2時半とっくに過ぎちゃいました。

スーパーで買物をして、お腹はペコペコ。
4時過ぎに帰宅してやっと遅いお昼ご飯。
e0133780_23281839.jpg
冷凍食品でした。
あまり体によくなさそうですけど、外食したと思えば同じことですね。

明日は保健所に行ってこないと。
結構忙しい毎日です!


by masaya-iwata | 2019-06-11 23:57 | 日本 | Comments(0)


<< 土曜の愛子さんコンサートから庭...      レントゲンでは綺麗 >>