2008年 03月 10日

またまたサファイア

8日に続き、今年に入って4回目!
今日もまた、サファイア・プリンセス号で到着したお客さんのロトルア観光でした。
今回は、前回と逆コースのクルーズになります。
9日オークランド港にてシドニーから13日間のクルーズを終えたサファイア・プリンセスに、新たに日本から到着したお客さんが乗り込みました。
オークランド出港後、タウランガ港に寄港し、一日観光となります。
この後、クライストチャーチ-ダニーデン・・・と寄港していき、オーストラリア・シドニーへと向かいます。

旅行社ツアー、団体のお客さんの内、10名がロトルア観光に参加されました。
添乗員さんと合わせて11人、今までの大型バスと違い、今日はミニバスでの観光になります。
私は普通免許しか所持していませんので、今日はロトルア在住、ニュージーランド人ドライバーの運転でタウランガに向かいました。
e0133780_2002593.jpg
もう10年以上前から顔なじみのドライバーですが、自宅に来た事はありません。
当初は住宅地を出た通りを、さらに湖の方に向かった大通りで落ち合う予定でしたが、住宅地を出たところの通りで待っていてくれました。
ここまでは家から5分。
実は、ここから先は歩いた事がありません。
今日は初めて歩くつもりでしたが、その必要も無く7時過ぎに2人で出発しました。
標識にあるように、住宅地を出た通りは、速度制限100kmになります!

今日は予報では晴れ時々曇りです。
上の写真では分かりにくいですが、この空、雲が全く無いんです!
今日もまた、予報より遙かに良い、雲の全くない快晴の空でした。

一昨日と代わり映え無い写真ですが・・・!、今日は船首方向、マウント・マウンガヌイの朝8時の景色もご紹介します。
e0133780_2024948.jpge0133780_2033570.jpg

e0133780_2045090.jpgふと空を見上げると、モーターハンググライダーが上空から覗くようにやってきました。
e0133780_2054553.jpg
グライダーも良く上空を旋回していますし、皆、豪華客船に興味津々のようです。

全員揃ったところで、8時半過ぎに出発しました。
今日の内容は、いつもと違ってとても盛りだくさんです。
e0133780_207190.jpg
ロトルア到着後、まずはレッドウッドの森で軽くお散歩でした。

久しぶりのレッドウッドの様子です。
いつ来ても気持ちの良いところ。
朝日の差し込む木漏れ日がとても綺麗でした。

ご年配の方もいらっしゃいますし、短いコースをゆっくり周り、森の空気をたくさん吸っていただきました。

e0133780_208735.jpg
ガバメント・ガーデンズでも、ご覧のような見事なお天気。
バス内では物静かなお客さん達も、この時はカメラを次々手渡されて、たくさん写真撮影を行いました。
パターン化する事は良くない事なのですが、何年かガイドをしていますと、団体旅行の方は地域によって雰囲気が違っている事に気がつきます。
今日の方達は、どちらかというと「クール」なタイプ(地方)の方達。
それでも、この景色ですから、はしゃがずにはいられないですよね!

私は「バスガイド」を職業として訓練した訳ではありませんから、実のところ得意ではありません。
お客さんの雰囲気に合わせてしまうところがあります。
バスでご案内中、少しでも反応があれば、それに乗じて会話を弾ませていけますが、物静かですと応対に窮して黙々と語り続ける事になってしまいます。
しかし、「クール」タイプの方達は、反応は無いようでも、話は良く聞いていらっしゃいます。
バスを降りて面と向かえば、「先程の話で・・・」と質問などをされますので、バス内の話もないがしろには出来ません。
特に、今日のようなツアーは、船旅の間に行われるオプションツアーです。
通常の観光以上に、短い時間で情報を提供するのも必要な事になってきます。

ただ、黙々としゃべり続ける事に、どうも後ろめたさのような物を感じてしまいます。
あ、なんでこんな事を語っているかというと、ご案内終わって帰り道にあくびをしていたら、もちろん日本語の分からないニュージーランド人ドライバーに、「それだけしゃべり続けたら、疲れるのも当たり前だよね!」(ロトルアからの帰り道、音楽をかけて聞いていただいたりもしましたけど)と言われて、ふとそんな事に気がついたからです。

何年やっても、ガイドというのは難しいものです。
今後、そういう「クール」な方達でも、話題を振って雰囲気を弾ませるようにしていかないと。
もうちょっ「間」も必要かなぁーと・・。
実を言うと、私もこの「クール」な方達と同じ出身ですからね・・・!

逆に言うと、お客さんの立場に立てば、私も大勢の中で話の最中合いの手を入れるのは大の苦手ですが、もし、少しでもガイドの話に、声をかけたり何かすれば、自分の(お客さんの)ペースに引き込む事も出来るという事です。
そういう事が自然に出来る地方の方もいらっしゃいますしね!
なかなか、そんな人間観察も、面白いものです・・・。
と、話が変な方向にそれました。
疲れて朦朧とした意識で書いていますので、お許しを。。。

e0133780_20111035.jpgさて、続いて訪れたのが、アグロドームです。
今日は、羊の毛刈りをしているところを撮ってみました。

もこもこの羊が、ヤギのようにすっきりした様子がお分かりになりますか!?

ステージに並んでいる羊たちは、寝たり隣と遊んだり勝手気ままにしています。
e0133780_20124278.jpg
ショーが終了して、屋外で行われるドッグ・トライアルです。

見事、羊を柵に囲い込みました!

e0133780_20133396.jpgお昼ご飯は、スカイライン・ゴンドラ・レストランです。
これで3日連続やってきました。

お昼過ぎて少し雲も出てきましたが、それでも見事な景色です。
草の上で昼寝も気持ち良さそうです。
が、紫外線たくさん浴びて、あまり大丈夫でもなさそうかな!?

e0133780_20143928.jpg
そして今日最後の観光地、テプイアです。
今日も間欠泉観光の後、マオリ・コンサート見学のため、マラエでポフィリの儀式を受けました。

カランガの儀式の様子を、横から撮ってみました。
ご先祖様の家、ファレヌイに入り、コンサート見学です。
e0133780_20153822.jpg
写真は、ポイ・ダンスの様子です。
紐につながれた玉を、歌いながらくるくる回します。

片手に2つ、合計4つを一度に回したりもします。
簡単そうにやっていますが、とても難しいんですよ!
元々は、マオリ戦士が戦闘の訓練で利用したポイですが、今では女性の遊び道具という事で、子供の頃から慣れ親しんでいます。

コンサートが終わって午後4時過ぎ、ロトルアを出発し、タウランガ港へ戻ってきました。
午後5時15分到着、長い一日観光が終了です。

e0133780_2017392.jpg
皆さん、タラップを渡り、サファイア・プリンセス号へ戻られました。

今日の添乗員さんは、テレビに出ているニュースキャスターのように知的で綺麗な方でした。
お別れ前に、ちょうどタイミング良く記念撮影をさせていただきました。
小さいサイズでご紹介です!
クルーズ専門で添乗されているとの事でしたが、この後まだまだ長い航海が続きます。
いつも思いますが、添乗員さんは本当に大変な仕事です。
最近は、添乗業務に加えて、ガイド業務も兼ねる場合も増えてきましたし、海外をお客さんを従えて自分一人で切り盛りしていく訳ですから・・・。
日本女性も、ほんと大したものです p(^^)q
これからもお元気で (^-^)/~~

by masaya-iwata | 2008-03-10 20:33 | 観光 | Comments(0)


<< アイ復活☆      高校生とハイキング♪ >>