<   2019年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 06月 21日

朝からドライブみたいだった18日の火曜日。

今年初めてのドライブだった今週の火曜日を、朝からご紹介です。
とても爽やかないい天気。
9時半の予約で向かったこちら。
e0133780_11390410.jpg
ホテルの受付みたいでしょ?

e0133780_11411159.jpg
e0133780_11413104.jpg
緑いっぱいのロビー。

e0133780_11414110.jpg
この日は90歳のおばあさんは居ませんけど、昨年までもう何度も4人で旅行に行ってました。
まるでその時の気分です。

簡単に説明を聞いてからいったん外へ出ました。
別棟にも素敵な建物。

外側を撮りそこねたので、中に入ってから。
e0133780_11442282.jpg
この左下の柵の中には、うさぎがいます。

木の香で満たされてます。
e0133780_11442501.jpg
薪ストーブも。
e0133780_11442722.jpg
e0133780_11454378.jpg
ちょうど今、NHKのひるまえほっとで、軽井沢が紹介されてましたが、信州にドライブ旅行に来たみたいですよね。

そう、この建物は何かというと、温泉なんです。
e0133780_11463747.jpg
温泉です。
泉質は単純アルカリ泉。
e0133780_11465869.jpg
どう見ても、ホテルの温泉にしか見えません。

そう、この施設は何かというと、リハビリ病院なんです。

先週水曜日の訪問リハビリの際、担当者の作業療法士の方が、「入院でリハビリを行うということは、お考えになられますか?」と質問されました。

最初、なんの意味か分からず、しばらく答えるのに時間かかりました。
というのも、市立病院入院中の1月26日、退院後の回復期リハビリ病院ということで、八王子みなみ野まで行って見学をしましたが、ソーシャルワーカーからも、誰からも、母の状態ではやはりリハビリ病院へ入院は無理だと言われていたんです。

病院が無理なので、老健、でも、大きな老健だと私がNZに行ってる間、母を預けるには心配だからと、小規模多機能の介護施設を見つけたんでした。(結局、3月NZ行きの時は、まだ入院中でしたけど)

そして、回復期リハビリ病院への入院は、病気発症後60日以内ってことでしたので、いまさら入院できるとは思ってなかったんです。

療法士の方いわく、あの頃の母の状態だったとしても、入院はまったく問題なかったし、60日以内というのもあくまで原則で、違った条件で対応すればまったく問題ないってことなんです。

いったいあの、1月から3月の病院生活はなんだったんでしょう…?
3ヶ月間、無駄な時間を過ごしました。

療法士の方も、その頃受けた母への対応に、首を傾げてましたし…。

そう、ですから、リハビリ病院へ入院できるなら、こんな嬉しいことはないです。
もちろん、「入院」自体への心配はありますけど、病気で入院するのと違い、毎日中身の濃い、リハビリ治療がありますし、あの頃よりは落ち着いた母の状態ですから、きっと大丈夫と信じます。

喜んで手配を進めていただき、18日の火曜日に見学へ行ってきたんでした。
案内してくださったのは、こちらの病院のソーシャルワーカーです。


話戻って、この温泉が病院建物とは別棟にあるのは、患者さんが外へ出て、あの温泉へ入りに行こう!という、励みにして、リハビリを頑張ってもらおうという配慮からだそうなんです。

この病院ですが、先月5月にリハビリ目的で探して、ホームページを見た所、「そもそも病院でリハビリするより、自宅の環境でリハビリする方が、ずっと効果がある」っていう理事長の考えが記されてました。
脳神経の病院の方も、入院は極力短く、不要の点滴もしないという様子で、まさに自分の考える病院像とぴったりの所。
ほんと、なんで昨年12月、ここを見つけなかったんだろう。

リハビリ病院内も、この後、案内してくれましたが、随所に、患者本位の配慮が見て取れます。
いくら自宅の環境がリハビリに良いと言っても、やはり病院施設でないと出来ないことがあるのは当たり前ですものね。
入院中も、頻繁に自宅を訪れ、自宅の環境にあったリハビリを行うそうです。
もし、家族が旅行など長期不在の場合、自宅の鍵を預かって、自宅でのリハビリを行うこともあるそうなんです!

そのため、病院を少しでも自宅のような落ち着く環境に、そして、働いている人数も、療法士、看護師、介護士、患者さんと同じくらいの印象、それだけ親身にお世話してました。

ひとつの小さな例ですが、病室のベッド脇には、カレンダーと時計が置かれてます。入院時、自宅から持ってくる指定の物の中のひとつなんです。
常に日にちと時間を意識して生活する。
市立病院で、母のベッドの横に、自分でカレンダーを持っていって、無理やりかけられそうな場所に吊るして、時計も置いてました。
時計はともかく、カレンダーを置いてる他の患者んさんは見ませんでしたからね。
こんな所ひとつとっても、自分にぴったりの病院です。


病院本館に戻って、見学の続きです。
e0133780_12144114.jpg
こちらレストラン、奥が厨房と配膳場所。
ここで面会者も、一緒に食事して良いそうです。
値段も一般的な価格です。

各階全部回りました。
それぞれに階が、「森」とか「林」のようなイメージを持った内装になってるそうです。

リハビリルームでは、マンツーマンで10人近く?の患者さんが療法士の方と治療されてました。

e0133780_12155907.jpg
中庭の緑が光ってます。

e0133780_12181603.jpg
友達が、地中海のホテルみたいって♪

1時間半ちょっと、丁寧に説明してくださいました。
そう、エレベーターで各階を移動する際、顔認証システムなんです。
これは、患者さん、面会者がそれぞれ登録しておけば、自分たちで勝手に移動できます。
他の病院、施設では、パスワードを関係者が入れないと、出入り出来ない仕組みでした。
もちろん、勝手に外に出ては危険な患者さんは、移動できないようにしているそうです。

1月に見学へ行った、みなみ野の病院も、まだ新しい建物で、まるでSF映画の中に出てくるような素敵な内装にびっくりしました。
そこのソーシャルワーカーもとても親切な方で印象は良かったのですが、その未来的な雰囲気が何か落ち着かない印象もありました。
高齢者の患者さん達が座ってるシーンとした雰囲気に違和感もあったんです。

同じく木のダークブラウンを基調にした内装をしていても、感じた違和感が、こちらの病院ではまったく無く、温かい雰囲気でいっぱいでした。
それも、随所に見られる患者さんへの配慮からだと思います。

まだ日程は決まっていませんし、先月末から、ショートステイの手配も開始していたので、それらの調整もあります。
ショートステイに決めた老健は、老健の中でも規模の小さいところで、担当者の方もとってもいい方なんです。
先週に、こちらへ入院可能性の話をしたら、「母のために是非そちらの方を優先してください」と、とてもありがたいことを言ってくださってます。
とはいっても、迷惑にならないよう、調整が必要なので、この先うまく進められるようにしていきます。


帰る前に、まだこちらの病院の特徴が。
セラピードッグという程まではいきませんが、ワンちゃんもたまに訪れるよう。
先程のうさぎもそうですし、外にはヤギもいるんです。

それがこちら。
e0133780_12314362.jpg
e0133780_12324996.jpg
昨年10月、ロトルアでの羊以来のこのシチュエーション。


e0133780_12334549.jpg

e0133780_12340495.jpg
そしてこちらが、病院外観。

e0133780_12341776.jpg
今日の写真、何も文章なければ、リゾートホテルの紹介みたいですよね!

e0133780_12350103.jpg
e0133780_12351686.jpg
まだ2ヶ月位かな?

もっと小さいのもいました。
e0133780_12353782.jpg
e0133780_12355152.jpg
e0133780_12360301.jpg
さすがに車椅子なので、入院中に病院からここまで連れてきてくれるかどうかまでは分かりませんが、少なくとも面会時間に自分で連れてくることは可能です。
きっと良い効果あるでしょう!

あ、そうそう、肝心の料金。
これだけ見てると、高いお金払っても来たいって感じもしてくるでしょうが、通常の医療保険の料金体系です。
むしろ、1月に見学したみなみ野にある病院よりも、安い見積もり料金でした。
もちろん、特別食とか、プラス料金はありますけど、普通に過ごしていれば関係なし、本当に良心的な病院です。


11時半です。
お腹も空いてるので、どこか食べに行こう。
昨晩はお蕎麦でしたから、洋食に。
スマホで近くの洋食レストランを探し、2軒電話してみると、1軒は火曜日定休日、もう1軒は、車椅子は空いてる時間ならってことでしたので、やめて、さてどうしよう?
西の空は曇っているので、富士山を見に行っても意味ないかな、奥多摩湖にしようか、でも、お蕎麦屋はあるけど、洋食に心当たりなし。

ってことで、中央高速ドライブも意味あるので、河口湖へ行っちゃおうと、出発でした。

e0133780_12372175.jpg
談合坂です。
トイレも上手にできました。
これで、今後のドライブへの不安点がひとつ消えました。

河口湖周辺で、スマホに引っかかったレストラン3軒回りましたが、観光地なら車椅子はどこも問題ないだろうと思っていたら、お店への入り口がどこも階段です。
聞くまでもなく、入店不能。

さてどうしよう?と、さらに検索進めて、ちょうど湖畔に面したカフェを見つけました。
それがこちら。
e0133780_12462845.jpg
ここ、北原ミュージアムのカフェです。
外のテラス席は、ペット可能。
そういえば、2015年の12月22日、ブログにもちらっと書いてましたが、ジョンとの最後のドライブ。
河口湖のドッグカフェにも電話して、テラスで可能だけどこの日は寒いのでテラスはクローズしてるって言われたカフェがありました。
それがどうもここのような記憶があります!
あとで聞いたら、冬でもテラスはオープンしてるそうなので、たまたまだったのかもしれません。

e0133780_12523485.jpg
ということで、ドライブのもうひとつの不安、食事も解決しました!

e0133780_12533320.jpg
スタッフが写真撮ってくれましたが、背景を考えて言ってくれたら良かったのに!

北原ミュージアムのショップで買い物。
ロトルアの近所のおばさんやQE病院のおばさんに、良いお土産を見つけました♪
ブリキのおもちゃで有名ですよね。
e0133780_12543205.jpg
なかなかカメラ目線にならず、周りをキョロキョロ。

そう、ちょうどこの翌日水曜日、BS12で、北原コレクションって番組やってました。
e0133780_12572169.jpg

先月から変わった病院、リハビリ病院、そしてこの日のドライブ、具体的に書いてませんけどちょっと調べていただければすぐに分かります。
いろいろ見えない力が働き、不思議な縁で結ばれた、そんな感じがしています!


カフェからもしょっちゅうテラスで寝転ぶ様子が見えてたネコちゃん。
e0133780_12591424.jpg
プジョーの下で寝てました。
写真を撮ってるのは、店内では日本人かと思っていたら、中国か台湾の人みたい。


e0133780_13005167.jpg
ロトルアのおばさんに見せたら喜びそうな写真です。


3時半、富士山が見えるような空ではありません。
せっかくなので、これだけでも撮っておこう。
e0133780_13012813.jpg
河口湖大橋と。



e0133780_13032787.jpg
ほんとは、真正面に、文字通り、どかーんと見える富士山だったんですが!

今度富士山を見る時は、もうちょっと回復しているでしょう!

そんな良い一日を過ごせた18日火曜日でした。



一昨日夜から昨日一日、なんだか情緒不安定で落ち着かず、自分の現状に対してなのか、泣き出すとなかなか泣き止まない母でした。
昨晩9時に寝て、12時トイレに連れ行った時も、ベッドでごろごろ、シーツはぐちゃぐちゃでした。
その後、3時、6時とトイレに行くときは、同じ姿勢でぐっすり寝ていて、トイレもちゃんと出来ました。
今日の通所リハビリデイサービスは、落ち着かず無理かな?とも心配でしたが、反対に、やっと眠れてぼーっと眠たげに過ごしてるかも。

なかなかほっと安心する毎日が過ごせませんが、健康に過ごしているので、それが一番の感謝です。
今日は歌の日ですので、楽しんで元気に帰ってくてくれますように。


by masaya-iwata | 2019-06-21 13:37 | 日本 | Comments(0)
2019年 06月 19日

吉報

昨日は西へ、今日は東へ。
e0133780_20542921.jpg
羽田空港へ行ってきました。
e0133780_20551062.jpg
5階のカフェ、アミーチデルテでランチ。

e0133780_20574899.jpg
今日はパスタで。
母は好物のカルボナーラ。

e0133780_20582497.jpg
第2旅客ターミナルです。
母の世話の手伝いや植木カットと、たくさん助けてくれたいつもの友達の見送りでした。
もうちょっと母の調子が戻れば、いつもの4人で旅行に行きたいです!

e0133780_21004811.jpg
どうもありがとう!

帰りについ寄り道、羽田空弁。
e0133780_21011979.jpg
しばらく悩んで買ったのは?
e0133780_21014787.jpg
こちらでした。
羽田空港限定販売というのに釣られて、松阪牛と梅ちりめんのひとくちおこわ。
柿の葉寿司や鯖寿司、鱒寿司と悩んだのですが、石狩鮨を選んでみました。

e0133780_21070605.jpg
うーん、わざわざ写真にするほどのことでもなかったか。
先週京王ストアーで買ってたワンタンスープも。
美味しいのは美味しかったですが、そう大きな感動は無く…。

3時半頃に帰宅すると、郵便受けに嬉しい知らせでした。


先週ちょっと書いてましたが、先週の水曜日の午前に保健所へ行って血液検査だったんです。
e0133780_21113608.jpg
12日午前の写真です。
なんの検査かというと、結核感染でした。

4月に、市立病院の感染予防科から電話があり、母の入院中の同室者に結核患者が居たことが判明したとのこと…。
それも、3月終わり頃ですから、退院1週間前のことです。

そこでまず、以前から結核に感染していたかどうかの検査をしたいとの連絡でした。

結核って、感染してても、免疫で抑えられて発病しないことが多いそうなんです。
そして、もし感染したとしても、その抗体ができるのに2−3ヶ月かかるそう。
なので、3月後半にもし感染したとして、それが判明するのは6月になってからなんですって。

ですからまず、もともと結核に感染していたかどうかを調べるのが4月の血液検査、それは病院が行うと、なんだか恩着せがましく言われました。
要は、責任の所在をはっきりさせるということなんでしょう。

さらに、通常この検査は、入院患者に限り、面会者は対象外とか。
ただ、私の場合、毎日10時間以上の面会でしたし、膠原病ですから免疫抑制剤を飲んでいます。
これまた、恩着せがましく、私の検査も行ってくださるとのこと。

4月の検査当日、医者が出てきたら文句の一つでも言ってやろうと思っていたら、感染予防科のナースのみの対応。
彼女が謝罪しても、なんの意味も無いですし、文句を言ってもしょうがない。
これまた、絵に描いたような白衣の天使、優しいナースさんなんですからね。
非常にずるいやり方です!

その検査の結果連絡は何もなかったので、もともとの感染はなかったってことなんでしょう。


そして、あとは保健所任せ、それが先週水曜日の検査だったんです。

その結果が今日帰宅時に届いていた訳です。
e0133780_21113865.jpg
結果は無事、母も私も「陰性」。
あー、良かったです!

そう、もし陽性だったとして、感染から発病に至るのは、10人に1−2名ってことだそうなので、そう大きな心配は無いってことだったのですが、問題は、いったん感染すると、たとえ発病しないとしても、保有した結核菌を殺すことは出来ないんですって。
一生モノになっちゃうんだそうです。

ドクター以外のお世話になった方達、特に療法士の方々には申し訳ないのですが、恨みだらけの市立病院…。
こんな贈り物はもらいたくないですものね。
この結核に関しても、せめてその患者の担当ドクターから直接説明を聞いていれば印象は違ったでしょうしね。

これでスッキリ、市立病院とはキッパリ縁を切ることができました♪
ちょうど明後日、退院後のフォローアップ診察がありますが、以前から明日キャンセル連絡する予定でした。
まさに絶好のタイミングでもあった訳です。
これでもう、この病院を話題にするマイナスパワーともおさらばです!


別れがあれば出会いがある。

今日帰宅後、ひと休みしてすぐ午後4時から訪問リハビリでした。
この訪問リハビリは、自分で探して、ケアマネジャーにお願いして手続きしてもらった病院からの派遣。
そして、今の脳神経外科のかかりつけ医も、この病院にしています。

昨日の午前もこの系列病院へ行ってきて、とっても嬉しい出来事があったんでした。
その話はまたのお楽しみ!


by masaya-iwata | 2019-06-19 22:17 | 日本 | Comments(0)
2019年 06月 18日

今年初めての外食v^^v

ロトルアに居るみたい!
e0133780_23370016.jpg
日本でヤギに会うのは久しぶり。
e0133780_23365823.jpg
ここは東京です。

午前中に用事が終わりました。
この話はまた後日!

お昼を食べようか、どこに行こうか?と相談し、昨晩は愛子さんのチャリティーコンサートで買った、猪苗代の美味しいお蕎麦を食べましたので、何か洋食にしよう。
ついでだから、富士山見に行こうか?
西の空は曇っているけど…、まあ、今年初のドライブだし!



e0133780_23370397.jpg
河口湖です!

e0133780_23370521.jpg
母にとって退院後、つまり、今年初めての外食です♪
オムハヤシ!

ドライブ&レストラン、ちゃんと出来た嬉しい一日でした!


by masaya-iwata | 2019-06-18 23:53 | 日本 | Comments(0)
2019年 06月 17日

土曜の愛子さんコンサートから庭仕事の月曜まで

一昨日の土曜日、ひどい雨でしたね。
車椅子に雨は大迷惑!
びしょ濡れになりながら、七生公会堂へ入りました。

e0133780_22155695.jpg
一番乗りの車椅子席。
隣には、市長さんもいらっしゃいました。

第2回目の福島応援チャリティーコンサートへ行ってきたんです。

e0133780_22185061.jpg
タイトルにちっとも書かれてませんが、これは岩崎愛子さんのコンサートなんです。
昨年に続き、彼女が全面プロデュース。
福島からの物産展も受付ロビーで行われました。

昨年はNZに行ってる時で、見に行くことが出来ませんでした。
今回、車椅子参加ですけど、無事参加できました。


e0133780_22205677.jpg
コンサート終わってロビーにて。
日野市在住、津軽三味線奏者の三好のぶちかさんと、三田貴之さん。


e0133780_22280952.jpg
テレビでおなじみ、ものまねの坂本冬休みさんと、ものまねでも演歌歌手でも有名な西尾夕紀さん。
坂本冬休みさん、30分のステージ時間だったようですが、ほぼメインのような圧巻のステージ。
テレビよりずっと面白かったです。
西尾夕紀さんも、テレビよりずっと美人、歌はもちろん上手ですし、とっても気さくで魅力たっぷりのお二人でした。

e0133780_22330294.jpg
そして、徳間ジャパンからメジャーデビューの岩崎愛子さん。
いつもは発売日前のイベントで買う新譜でしたが、今年はやっと買えました。

e0133780_22341637.jpg
なかなか落ち着かないなぁ。

ちょっとコンサートでは興奮気味で落ち着かなかったのかも。
そのせいではありませんが、帰宅後、いつものように、テラスからスロープを使って車椅子ごと母を部屋に入れ、スロープを片付け、そのまま車のテールゲートを閉め、部屋に戻る準備をしていたら、後ろからガシャンとすごい音…。

テラスを背に、部屋の入り口に車椅子のまま置いてた母が、左足をばたつかせて、部屋の中にあったテーブルを蹴り、そのまま後ろ向きにテラスへ落ちたんです…。
いつも、車椅子のロックをしたり、下がらないように車輪の近くに障害物を置いておくのが、この時に限って何もせず、さらにあのヘッドギアも付けず…。

最悪と思っていた落ち方をしてしまいました。

後頭部にすごいコブが出来てます。

すぐに病院に電話して、土曜夕方ですから、救急外来に連れていきました…。

e0133780_22240331.jpg
火曜日と同じ場所、あの時はレントゲン、この時はCTです。

とんでもない頭の打ち方をしましたけど、母はいたって普通でした。
入院覚悟で行ったんですけど、母は、大丈夫よーと、珍しくちゃんと喋ってます。

結果は、骨にも脳内にも異常なし。
奇跡的に今回も、無事にクリアー出来ました。
ただ、2−3ヶ月後に、硬膜下血腫の可能性があります。
また不安の毎日になってしまいました。

・・・

余談ですが、この病院は、24時間救急はいつでも対応してます。頭の問題だからということで。
1月3日に母の脳内出血が始まりましたが、あの時は市立病院の救急に電話し、混んでるからということと、緊急度低そうという判断で、4日の外来初日に連れて行ったんです。
もし、1月3日にここの病院のことを思いつき、連れて行ったなら、今とはまったく違う生活送っていたでしょう。
何度も繰り返しますが、本当に残念、後悔です。



昨日は、午後に美容院へ。
昨年10月終わり頃に行って以来。前回3月は市立病院の理容室でしたからね。
e0133780_22462395.jpg
すっきりショートです。
満足げでした。

この後、京王ストアー内のレストランで何か食べて帰ろうかと思ったんですけど、どこもすごい行列です。
ちょうどお昼時でしたし、前日の雨の後の晴れ日で、道路も混んでましたし、駐車場もたくさん。
今年はじめての外食は諦め、買い物をして家でランチ。
e0133780_22492654.jpg
冷やし中華でした。

3人前、いつもの友達が助っ人に来てくれてます。

e0133780_22495208.jpg
ランチ終わってひと休み、その後は庭仕事です。
荒れ放題、伸び放題の植木をバッサバッサと切っていきました。

e0133780_22505408.jpg
35年前のつなぎです。
大学の研究室で作ったもの、着るのもその時以来です。

e0133780_22521760.jpg
枝が伸びて、電話線にかかっていたので、大物から切っていきました。
ロトルアの家ならチェーンソー一発なんですが、こちらにはありません。
ただ、木が柔らかいので、割と簡単に進められました。
e0133780_22532459.jpg
買ったのは4月中頃、やっと脚立の出番でした。


左足はまだ痛いので、作業はゆっくり。
でも、短い時間でかなりの進捗でした。




今日も朝からいい天気。
これ、ごく一部です。
e0133780_22541211.jpg
まずは、整形外科に行かないといけないので、あれこれ段取りしてから、病院へ行ってきました。
母は通所リハビリテーションの日です。

タイミング悪く、病院は混んでいて、往復含めて1時間半ちょっと、貴重な時間をロスしちゃいました。

お昼前にレンタカー屋へ行って、近くのコインパーキングへ停めて、軽トラに乗り換えて戻ってきます。
速攻で作業開始。
e0133780_22574343.jpg
市のクリーンセンターは午後1時から4時半までです。
レンタカーで家に戻ったのが12時半。
とにかく第一弾を運ばないと落ち着きません。
写真を撮る余裕もなく、1回目は80kgの計量でした。
処理代金は3,360円。
上の写真は、帰宅後2回目の積み込み作業。
1回目よりたくさん載せましたが、軽い木が多かったので、重さは70kg。
e0133780_23030307.jpg
こちら、クリーンセンターで荷降ろし前。


帰宅して遅いお昼はサッポロ一番醤油味。

第3弾が最終弾です。

e0133780_23033041.jpg
やはり、4月中頃にコーナンで買ってた、ヘッジトリマー出動です。
ロトルアではもう20年以上前に買って使ってましたが、新機種はまったく違いますね。
とにかくよく切れる。
もう満開を過ぎたツツジを、速攻大胆カットで、ガンガン行きました。

e0133780_23045061.jpg
形を整えている時間はありません。
もう3時半過ぎてますから。

細かい葉っぱまで載せて、重さは60kg。
e0133780_23051494.jpg
荷台も綺麗になりました。

e0133780_23083746.jpg

全部で210kg、合計8,820円。

ニコニコレンタカー代は3,800円、コインパーキング代は900円。
ガソリン代は511円。
14,000円の出費でした。

業者に処分頼むのとどっちが安かったんだろう?
思ったより出費になりました。
木はやはり重たいですね。
あと、計量は大雑把なので、軽トラなどで回数増やすと結果損しますね。
2トントラック一発の方が多分安いと思います。

まあでも、植木屋さんにこれだけ切ってもらったら、10万円はかかってたでしょうから、節約にはなりました。

e0133780_23085639.jpg
帰宅後カーポートを掃き掃除、まだ庭には散らかった葉っぱも落ちてますけど、とてつもなくスッキリしました。
全体の写真も撮らないといけないですね。
午後5時に母が帰ってきて、しばらく外で友達と待っていてもらい、軽トラを返してきました。

かばいながらも、よく動きましたから、左足はまた少し腫れました。
整形の先生は、原因は良く分からないってことでした。
もしかすると膠原病からくる関節炎かもしれないしと。
まだ1週間なので、もうちょっと消炎鎮痛剤で様子見です。
9年前もとりあえず痛みが引くのに2週間かかってましたから、まだもうちょっとかな。

ということで、疲れて肩がこりました。
お疲れ様でした。


by masaya-iwata | 2019-06-17 23:33 | 日本 | Comments(0)
2019年 06月 11日

病院日

今日は、脳神経外科としてのかかりつけ医を変更してから2回目の受診日でした。
昨日電話があり、今、市役所に要介護の区分変更申請を出していて、そのための検査をするので、診察時間30分前に来てくれとのことでした。
11時半前に受付をして、検査のため4階のリハビリルームへ。
広くて綺麗でとても良い感じの空間に、若くて丁寧で感じの良い理学療法士の男女2人。
あー、こんな所で、退院後の回復期リハビリテーションとして転院も出来ていたらなぁ。

検査はほぼ問診だけの簡単なもので、すぐに終わりました。

そして診察。
先月の初診時に、たまたま担当になった医者がこれからの主治医ということになるんでしょうが、年配の優しそうなおじさんです。
最近なんとなく感じるのは、ドクターは自分より確実に年上の世代か、二回りまでは厳しいかな?40そこそこくらいまでのドクターの方がいろんな面で良い。
一回り年下くらいの40半ばくらいから50代くらいのドクターはボツ。
ちょうど部長世代のドクターはだめってことなのかな?

まあ、それは良いとして、とにかくホテルみたいな病院です。
e0133780_23280839.jpg
ずっと向こうが玄関と受付ロビー。
こちらが待合室、左につながってます。右側にはカフェテリアがあります。

診察の時、抗てんかん薬のイーケプラを減量できないか質問してみました。
この質問、なんて返事されるだろうと、この1ヶ月ずっと心配してたことなんです。

もともと、市立病院で、2月に入って尿路感染から腎盂腎炎で熱を出し、39℃以上が2週間弱、その後38℃も2週間だったかな?
その後37℃台が続いて、合計1ヶ月以上の熱に苦しんだのが、非けいれん性てんかんって見立てだったんです。
そのため、あーだこーだと、実験動物みたいに、抗てんかん薬の点滴や内服薬をころころ変え、一向に良くならず、いつもどんより、暴れたりを繰り返す母の様子に絶望的になっていたのが、実は、「薬の影響だから、そんなに気にすることないですよ。」っと、さも想定内ってしたり顔で後出し説明したドクター。

頑張ってこの薬に落ち着きましたっていう薬が、抗てんかん薬のテグレトールで、それが退院後、先月この病院に変わるまでの母の内服薬でした。

市立病院のドクターは、やっと母に合った薬を見つけたと自慢げでしたが、なんのことはない、1ヶ月以上もかかってやっと平熱に落ち着いたのは、薬が効いたからでなく、母が自然治癒したからなんですよね。
1月入院中、さんざん睡眠薬漬けにされ、体力消耗したところで尿路感染でしたから。
もともと免疫力に長けてる母ですから、自分の体が総攻撃で、「薬毒」と戦って打ち勝つまで1ヶ月かかったってことだったんでしょう。

この壮大なミステイクの代償はとてつもなく大きかったってことなんです・・・。

先月、新しいこのドクターに、テグレトール飲み続けて大丈夫でしょうか?って質問したら、すぐに、イーケプラに変えましょうってことで、さすがにすぐには、「イーケプラを飲み続けて大丈夫でしょうか?」って質問は出来ず、この1ヶ月の間、ちょこちょこっと分量を減らして母に飲ませてたんです。

実はこのイーケプラって薬、市立病院のドクターから、介護保険の関係で4月に新しく変わったかかりつけ医への紹介状には、「イーケプラの点滴は有効ではなかった」って書かれていたんですよね。

ま、いずれにしろ、不要な薬と言っても良いと思ってます。

で、ドクターの返事はなんだったかというと、

「それじゃやめましょうか?」って!

え? いきなりやめても良いんですか?
って聞いたら、

「心配でしたら、朝1回にします?」って言うので、ちょっと考えて、そしたらやめときましょうって。

なんと、あっさりストップすることが出来ました。

ドクターは笑顔で、「もしてんかんになったら、すぐ救急車呼んでくださいね」って。

これで十分です。
もしこうなったら?のために飲んでる薬の副作用で、腎臓が悪くなる方が困ります。
余計な薬は飲まない方が良い、って、ロトルアのドクターも言ってましたしね。

ああー、ほんと、昨年12月、筋を通すつもりで、昔からの母のかかりつけ医で相談した結果、市立病院を紹介されてしまったのがこの結果に。
ここに最初から来ていれば、どんなに良かったことか・・・。

昨日ネットで、悪い医者と悪い病院って記事読んで、やたらに綺麗な病院はだめって書かれてたんですが、この病院は、ホテル並みに綺麗でも、患者はたくさん、医者もたくさん、効率よく待ち時間もそう長くない、常に活気に満ちててほんとに良い病院って印象です。
ほんと、何度でも悔やみますね。

そう、それに、救急車で運ぶ必要のあるてんかんって母に起こるんだろうか?
だって、非けいれん性てんかんってのは、泡吹くようなてんかんでなく、意識障害とか、不明な行動を取るとか、判断に難しい範疇の症状なんです。
そんな症状になったことは、市立病院入院中にありませんでしたしね。
脳出血直後に、急性のてんかんになるようで、母もなりましたが、確かに手が痙攣してました。
これもでも、救急車で呼ぶような深刻な様子ではなかったです。

そんな訳で、これでまたひとつ薬が減った。良かったです。


この後、ショートステイに必要な診断書作成のため、検査をすぐに入れてもらいました。

e0133780_23281027.jpg
採血、採尿、採便って言うのかな?です。
それと心電図も。
採尿はばっちりできたんですけど、大きいのが無理でした・・・、
容器を持ち帰ったので、果たしていつ持っていけることになるのか・・・。

e0133780_23281380.jpg
そしてレントゲン。
今度は車椅子に座ったままでした。

さすがに全部終わるのに時間かかり、
e0133780_23281550.jpg
全部終わったのは午後2時15分。

e0133780_23281624.jpg
薬局を出る頃には2時半とっくに過ぎちゃいました。

スーパーで買物をして、お腹はペコペコ。
4時過ぎに帰宅してやっと遅いお昼ご飯。
e0133780_23281839.jpg
冷凍食品でした。
あまり体によくなさそうですけど、外食したと思えば同じことですね。

明日は保健所に行ってこないと。
結構忙しい毎日です!


by masaya-iwata | 2019-06-11 23:57 | 日本 | Comments(0)
2019年 06月 10日

レントゲンでは綺麗

今日は母を通所リハビリへ送り出してから、車を高幡不動の京王ストア駐車場に停めて、久しぶりの京王線で都内へ行ってきました。
母のウォーキングポールと父の使ってた小さなデイバッグを背負って。
左足は相変わらず腫れてますけど、なんとなく峠は越えた感じ。
昨日の朝晩の、布団の上げ下げは大変でしたから!

一応、ロトルアからたくさん持ち帰ってる痛み止めのパラセタモールを飲んでいるので、ゆっくり歩けばなんとかなりました。
都内では左手に傘、右手に2本を束ねたウォーキングポール、足は靴が履けないのでトレッキングサンダル。
びしょ濡れになりました・・・。

昼過ぎに帰宅して、午後3時からの整形外科へ。
一応レントゲンは見ておいた方が良いなと思い、母の通っていた、ジョンとも一緒に行ったいつもの整形外科です。

e0133780_22262130.jpg
以前は、ここで母の撮影を待ってましたが、今日は一人。

結果はというと、左足はとっても綺麗な骨をしてました。
なのに、腫れはひどいです。
特に衝撃も無く、歩き過ぎたり走ったわけでもないので、先生も首を傾げてます。
膠原病の皮膚筋炎の影響なのかどうか?も、よく分からないけど、とりあえず炎症を止めましょうと。

ステロイド系のとっても痛い注射を、腫れてる左足の甲にブスッと!
さすがに、痛い!と唸りました。

とりあえずでも、骨が折れて無くてよかった。
疲労骨折の初期はレントゲンだと分からない場合があるので、この場合もそうな気がしますが、先生は腫れ方がちょっと変だな?と思ってるようです。
ただ、9年前も確か、こんな感じで腫れてたと思ったんですけども。
写真を撮っておけばよかったかな。
今回も撮ってませんが。
そうそう、レントゲン写真を撮ろうと思いましたが、タッチの差で撮りそこねました。
綺麗な足の骨は記念になったのに!

9年前と同じく、2週間後はなんともなくなれば良いんですけど。
血液検査もしてるので、また来週行ってきます。

って、また、明後日、別件で血液検査があるんですよね。
この件は書いていたっけ?
またその時に。とんでもない理由ですから!


時間を戻して、午後3時からの診察で、3時前に受付したんですけど、保険証を出そうとして、財布ごと忘れていたのに気がついたんです。
悲しく家にいったん戻り、往復30分、3時半に再び受付。
そのため、診察終わり、湿布薬とジクロフェナクナトリウムの消炎鎮痛剤をもらった頃は、午後4時45分。
e0133780_22262419.jpg
雨はずっとザーザーぶり。
今日はとことんずぶ濡れでした。

急いで帰って、母が帰ってくるのと同時、ぎりぎりセーフでした。
先に電話しておいて、母の送り順番を一番最後にしてもらってたんです。

整形外科の先生も看護師さん達も、母のことを長年よく知ってるので、今回の話で残念そうにしてました…。
その内、挨拶代わりに、骨密度検査にまた連れてきてみようかな?


by masaya-iwata | 2019-06-10 23:03 | 日本 | Comments(3)
2019年 06月 09日

歯医者とスカウト広場

今日の更新は報告事項2件アップのためです!

まずは昨日、これはロトルアの友達に。
昨日で2回目だったんですが、歯医者へ行ってきました。
e0133780_20353777.jpg
おなじみ、藤本歯科です。
母の歯医者もこちらへ変わり、昨年10月の帰国時にすぐ連れていきましたが、今回は、先月28日に、私と2人揃って受診しました。
その時写真を撮り忘れていたので、今回は帰るときの写真のみです。

車椅子で連れていけるかと心配だったのですが、先月プジョーの車検の帰り道、夕方にちらっと寄ってみたら、ちょうど藤本先生が受付にいらして、大丈夫ですよってこと。
入り口から待合スペースまでも、車椅子のままいけそうですし、そのような患者さんもいらっしゃるってことだったので、予約して28日に行ってきたんでした。
私はといえば、はじめての保険治療、国保利用です。
結果は、母と2人揃って奥歯1本に虫歯がありました。
削って型取りをして、昨日が被せ物でした。

また今月終わり頃に行ってきます。
藤本先生、とってもいい人です!
友達へのメッセージ:今度日本に帰ってきたら、こちらに連れて行ってあげますから遠慮なく連絡くださいよ♪


そして今日、
e0133780_20353955.jpg
とーっても久しぶりに地元の教会、11時のミサにあずかり、懐かしい人達とご挨拶。
そしてスカウト広場へ一緒に行き、またまた懐かしい人と対面。
この写真はその前だったので、ちょっと不安げな顔ですが、母にとってはとても馴染みの場所。
私は中学生以来。
少し昔と建物が違ってますが、周りの森の様子は同じでした。

と、昨日今日の報告でした♪

さて、もう1件、9年前に、ロトルアマラソン目指してレッドウッドの森を走りすぎ、左足指を疲労骨折しましたけど、同じところが水曜夜に突然痛くなりました。
多分、トイレで膝をついてつま先立ちの姿勢がとても長かったのと、この1月からの疲労が蓄積された結果だと思います。
疲労骨折って、繰り返すようですね。
正確には、中足指疲労骨折って呼ぶようです。
金曜から腫れてきて、昨日今日はパンパンです。
以前のブログを見返しましたが、ロトルア病院の救急に行って、ギプスされそうになり、慌てて断って、伸縮性の綿サポーターにしてもらったと書いてました。
その後を読むと、2週間ちょっと後の2回目の診察では痛くないって書いてました。

途中の腫れ具合と痛さを書いてないのは、病院行って安心してたせいなのか?
今回やけに痛いので、ひび通り越して折れてるのかも?

ギプスつけたら母の世話に支障きたすし、どうせ安静にするだけならこのままで良いかなと思ってましたが、明日の様子見て、整形に行ってみようか・・・。

なんでこうピンチが続くんでしょうねぇ。


by masaya-iwata | 2019-06-09 21:03 | 日本 | Comments(0)
2019年 06月 02日

感謝の一日

今日は本当にありがたい一日でした。

昨日の午後、ガールスカウト関係の方からお誘いの連絡をいただいた時は、まだ出かけるのは無理と思っていたのですが、夜になって調べてみて、また、母に聞いてみると、なんとなく行けそうな感じ。

今朝は6時に起きて支度をして、8時に出発しました。
ただ、以前都内へ出ようとして、車中落ち着かない母の様子に断念し、中央高速を途中で下りて引き返したこともあるので、連絡はせずに向かったんです。
世田谷区赤堤へ。
日曜の渋滞なしでしたので、下を通っても1時間足らず。
9時に到着しました。

e0133780_22425800.jpg
赤堤教会です。

ロワゼール神父様、叙階60周年のお祝い。
ミサにあずかるのも久しぶり…。



e0133780_22494377.jpg
閉祭のお知らせになりました。

やはり心安らぐ時間でした。

e0133780_22523192.jpg
母はまだ不安げな様子。


今、こちらの主任司祭のガブリ神父様。
e0133780_22530987.jpg
40年以上ぶり?の再会でした。
母はどれくらいだったのだろう?
当時から比べて、すっかり落ち着かれたなーという印象♪

e0133780_22551864.jpg
そしてロワゼール神父様。
私は、やっぱり30年?、もっとかな?。母は10年ちょっとくらいかと思いますが。
初めてお会いしたのは、50年前になりますね!
もうしばらくで、カナダへお帰りになります。
さつき祭の時に行きそびれしてしまったので、今日お会いできて本当に良かった。
挨拶の方々がとっても多く、長いこと待って、私服に着替えられた一番最後の、御聖堂での写真となりました。


あまりに大勢の人で、どこにいらっしゃるのか分からなかった、ガールスカウトの方と、やっと電話が繋がり、庭で会うことができました。
市立病院で2月にお見舞いに来てくださって以来でした。
e0133780_23005418.jpg

そして、これまた嬉しい再会でした。
e0133780_23024605.jpg
私にとっては、45年近く?ぶり。にこにこマークは特別2個です♪
母ともかなり久しぶりと思いますが、「やんちゃ坊主」とずっと気にかけていた、ボーイスカウト時代の同級生。
彼と長いこと話してる間、母もずっと、何やらしゃべってました。

e0133780_23054380.jpg
ずっと手を握ったままで♪
昨年までは、彼のFB投稿をいつも母にも見せていて、あれこれ母からのコメントも返してましたから。
入院前に会っていれば、彼ともちゃんと話せただろうに…。
なんとかそうなるよう、諦めずに頑張っていこう。

結局、いちばん最後まで居ました。
e0133780_23094517.jpg
なかなか目線を合わせるのは難しい。



皆さんから神父様へのプレゼントの花でしたが、母にくださいました。
e0133780_23110498.jpg
ずっと、ボーイスカウトの彼が、最後まで付き合ってくれました。


その後もしばらく駐車場で話しをして、教会を出たのは1時半頃。

帰りは1時間ちょっとで帰宅でした。
食事もトイレも行ってないので、家に入ってすぐにトイレ。
そして急いでテレビを付けると、まさに絶好のタイミングでした。
e0133780_23135077.jpg
早慶戦、ちょうど7回裏、早稲田攻撃の前の、校歌斉唱です。

母に、「都の西北だよ!」ってボリューム大きくしたら、なんと!
e0133780_23172206.jpg
一緒に口ずさんでました!

母が歌を口ずさむのは、1月の入院中、小畑実の「長崎のザボン売り」を気持ちよさそうに歌って以来、はじめてのことです!!
これはほんと、びっくりしました。
いくら演歌番組見せても、ちっとも興味示さなかったのに。
母の兄は、学徒出陣でしたから、都の西北への思いもひとしおなんでしょう。
あ、無事帰還されてます。


花の力も大きい!
e0133780_23261104.jpg
綺麗な花束を解く前に。
母が笑顔です♪


e0133780_23272548.jpg
すごーく高いでしょうね…!
申し訳ありません、我が家に来ちゃいました。
神父様、どうもありがとうございます。


母をベッドに寝かせた後、先程10時過ぎ、今日、教会に居ながら、すれ違いでお会いできなかった、やはりボーイ・ガール関係の方がお電話くださいました。
是非、みんなでカナダへ神父様に会いに行きましょうね!と。
この方とも、近い内にお会いすることになりました。
こうやって、少しずつでも回路を修復していかないと。

とても良い一日でした。
神に感謝。


by masaya-iwata | 2019-06-02 23:53 | 日本 | Comments(0)